初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【高級ミニバン 徹底比較】トヨタ新型アルファード・エスティマ

2018年1月に発売される新型アルファードと、ロングセラーモデルのエスティマを徹底比較します。アルファードとエスティマは、どちらもトヨタ製高級ミニバンとして人気の車種ですが、スペックや価格、グレード構成など、両車にはどのような違いがあるのでしょうか?

【トヨタ新型アルファード VS エスティマ】高級ミニバン徹底比較!

アルファードとはどんな車?

新型アルファードハイブリッド Executive Lounge ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク

新型アルファードの発売日

アルファードは、トヨタが販売している高級ミニバンです。
初代アルファードは2002年にデビュー、現行型の3代目アルファードは2015年に発売が開始されました。

さらに2017年の12月25日にはビッグマイナーチェンジが発表され、2018年の1月8日から全国のトヨペット店にて新型アルファードの販売を開始します。

アルファードの開発コンセプト

現行型アルファードは「大空間高級サルーン」をキーワードに、これまでにない新たな高級車の概念を創り出すことを目指して開発されました。

アルファードの特長

・高い基本性能
・高級セダンに匹敵する乗り心地と操縦安定性
・ゆとりに満ちた広い室内空間
・充実した快適装備
・高い安全性能

エスティマとはどんな車?

エスティマ ハイブリッド AERAS PREMIUM-G ブラック×アイスチタニウムマイカメタリック

エスティマの発売日

エスティマは、トヨタが販売している大型ミニバンです。
初代エスティマは1999年に、現行型の3代目エスティマは2006年に発売されました。

最近のマイナーチェンジは2016年の6月に行われています。

エスティマの開発コンセプト

現行型のエスティマは「全てを革新し洗練させる」ことをテーマに、内外装のデザインや動的性能を追求した「新世代のミニバン」として開発されました。

エスティマの特長

・先進的なデザイン
・開放的かつ機能的なインテリアと装備
・滑らかな動的性能
・クラストップレベルの安全・環境性能

アルファードとエスティマの違いは?

華やかなデザインと逞しいシルエットを持つアルファードに対して、エスティマはシンプルかつ先進的なデザインの流線型シルエットを特徴としています。

また、パワートレインや装備の種類はアルファードの方が多く、上級モデルではアルファードとエスティマでかなりの価格差が生じています。

そのため、アルファードとエスティマはトヨタ製の大型ミニバンという点では共通していますが、対照的な部分も多いと言えるでしょう。

【トヨタ新型アルファード VS エスティマ】エクステリア(外装)比較

新型アルファードのエクステリアデザイン(外装)

【標準ボディ】新型アルファードハイブリッド X グラファイトメタリック

【エアロボディ】新型アルファードハイブリッド Executive Lounge S スパークリングブラックパールクリスタルシャイン

アルファードのエクステリアは「豪華・勇壮」をテーマとしてデザインされています。
華やかで存在感があり、迫力満点です。

マイナーチェンジにより「エアロボディ」と「標準ボディ」という明確なデザイン分けが行われ、グレード選択時に反映させることができるようになりました。
エアロボディでは、バンパーやリヤシーケンシャルランプなどに専用パーツを装着しています。

また、今回の新型アルファードには、エアロボディの最上級グレード「Executive Lounge S」が新たに設定されました。

エスティマのエクステリアデザイン(外装)

エスティマ AERAS PREMIUM-G ブラック×ダークシェリーマイカメタリック

エスティマ AERAS SMART レッドマイカメタリック

エスティマのエクステリアは、スタイリッシュさと先進性を追求してデザインされています。

薄型ヘッドランプと大開口のアンダーグリルによる特徴的なフロントマスクは、エスティマ独自の存在感を際立たせ、ボンネットからルーフへと続くワンモーションフォルムによって、スタイリッシュさを表現しています。

【トヨタ新型アルファード VS エスティマ】インテリア(内装)比較

新型アルファードのインテリアデザイン(内装)

新型アルファードハイブリッド Executive Lounge S 専用内装色:ブラック&ホワイト

上:ダッシュボード、下:全席

アルファードは「大空間高級サルーン」というコンセプトの通り、高い天井と低床設計による、ゆとりある広さの室内空間を備えています。
また、本革シートや木目調パネルで彩られたインテリアの高級感も抜群です。

ゆとりのセカンドシートを備える「Executive Lounge S」には、専用の内装色やインテリア加飾が用意され、先進的でモダンな室内空間を演出しています。

エスティマのインテリアデザイン(内装)

エスティマ AERAS PREMIUM-G 内装色:ブラック/シート色:バーガンディ

上:ダッシュボード、下:全席

エスティマのインテリアは、上質さとモダンさを追求してデザインされています。
ステッチを施した合成皮革のインパネや、サテン調のステアリングホイールによって、モダンで上質な室内空間を演出しました。

また、最大800mmの超ロングスライドセカンドシートや、6:4分割の電動床下格納機能付サードシートを装備しているので、シートアレンジの自由度も高く、普段使いからレジャーまでのさまざまな場面で活用することができます。

【トヨタ新型アルファード VS エスティマ】ボディサイズ比較

新型アルファードエスティマ
全長4,945(標準ボディ)
4,950(エアロボディ)
4,820
全幅1,8501,810
全高1,935(2WD)
1,950(4WD)
1,730~1,745(2WD)
1,760(4WD)
ホイールベース3,0002,950
車両重量1,920~2,150(2WD)
1,980~2,240(4WD)
1,730~1,800(2WD)
1,800~2,020(4WD)
乗車定員7/87/8
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

アルファードはエスティマよりも、ボディサイズが大きいです。
これは両車の室内空間の広さにも関係しており、アルファードの室内高はエスティマより145mm、室内長では200mmも大きくなっています。

【トヨタ新型アルファード VS エスティマ】エンジンスペック・パワートレイン比較

アルファード 3.5Lアルファード 2.5Lエスティマ 2.4L
エンジン種類V型6気筒DOHC直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量3.5L2.5L2.4L
最高出力206[280]/6,200134[182]/6,000125[170]/6,000
最大トルク344[35.1]/4,700235[24.0]/4,100224[22.8]/4,000
トランスミッション8速ATCVTCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料ハイオクレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
アルファード ハイブリッドエスティマ ハイブリッド
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量2.5L2.4L
最高出力112[152]/5,700110[150]/6,000
最大トルク206[21.0]/4,400~4,800190[19.4]/4,000
モーター最高出力フロント:105[143]
リヤ:50[68]
フロント:105[143]
リヤ:50[68]
最大トルクフロント:270[27.5]
リヤ:139[14.2]
フロント:270[27.5]
リヤ:130[13.3]
トランスミッション電気式無段変速機電気式無段変速機
駆動方式4WD4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

アルファードのパワートレインには、2.5Lの直列4気筒エンジンと3.5LのV型6気筒エンジン、そして2.5L 直列4気筒ハイブリッドエンジンの3種類が用意されています。

エスティマのパワートレインには、2.4L 直列4気筒のガソリンエンジンとハイブリッドエンジンの2種類が用意されています。

全体的にアルファードの方が高出力ですが、ハイブリッド車ではアルファードとエスティマでそれほど出力は変わりません。

【トヨタ新型アルファード VS エスティマ】燃費比較

新型アルファードエスティマ
JC08モード燃費2.5Lハイブリッド車:18.4~19.4
2.5Lガソリン車:11.4~12.8
3.5Lガソリン車:10.4~10.8
2.4Lハイブリッド車:17.0~18.0
2.4Lガソリン車:11.2~11.6
実燃費-2.4Lハイブリッド車:12
2.4Lガソリン車:9.0
[単位]km/L

燃費の違い

カタログ燃費で比較した場合、アルファードの方がエスティマよりも低燃費です。

【トヨタ新型アルファード VS エスティマ】予防安全装備・先進技術比較

新型アルファードエスティマ
予防安全装備・プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ)
・レーントレーシングアシスト(ハンドル操作サポート)
・レーンディパーチャーアラート(車線はみ出しアラート)
・レーダークルーズコントロール(追従ドライブ支援機能)
・オートマチックハイビーム/アダプティブハイビームシステム
・ロードサインアシスト(標識読み取りディスプレイ)
・プリクラッシュセーフティ
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
先進装備・インテリジェントパーキングアシスト2
・先行車発進告知機能(先行車発進アラーム)
・先行車発進告知機能

予防安全装備・先進技術の違い

新型アルファードとエスティマには、予防安全パッケージの「トヨタセーフティセンス」が全車で標準装備されています。

ただし、新型アルファードは次世代型の「トヨタセーフティセンスP」を搭載しているので、従来型の「トヨタセーフティセンスC」を搭載するエスティマよりも使用できる機能が多く、安全性も向上しています。

【トヨタ新型アルファード VS エスティマ】ボディーカラー比較

新型アルファードエスティマ
ラインナップ数7色モノトーン:7色
ツートーン:3色
ボディカラーブラック
グラファイトメタリック
ダークレッドマイカメタリック(エアロボディ限定色)
スティールブロンドメタリック(標準ボディ限定色)
ホワイトパールクリスタルシャイン
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク(エアロボディ限定色)
ホワイトパールクリスタルシャイン
シルバーメタリック
アイスチタニウムマイカメタリック
ブラック
スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
レッドマイカメタリック
ダークシェリーマイカメタリック

ブラック×レッドマイカメタリック
ブラック×ダークシェリーマイカメタリック
ブラック×アイスチタニウムマイカメタリック

ボディーカラー・ラインナップの違い

アルファードのボディカラーは全7色の設定です。
エスティマのボディカラーはモノトーンが7色、ツートーンが3色の全10色となります。

【トヨタ新型アルファード VS エスティマ】グレード構成比較

新型アルファードエスティマ
グレード数178
グレード名■標準ボディ
・HYBRID Executive Lounge
・HYBRID G“F パッケージ”
・HYBRID G
・HYBRID X
・Executive Lounge
・GF
・G
・X
■エアロボディ
・HYBRID Executive Lounge S
・HYBRID SR“C パッケージ”
・HYBRID SR
・HYBRID S
・Executive Lounge S
・SC
・S“C パッケージ”
・S“A パッケージ”
・S
ハイブリッド AERAS PREMIUM-G
ハイブリッド AERAS SMART
ハイブリッド AERAS PREMIUM
ハイブリッド AERAS
AERAS PREMIUM-G
AERAS SMART
AERAS PREMIUM
AERAS

グレード構成の違い

新型アルファードのグレード数は、エスティマの約2倍です。
アルファードにはボディタイプが2種類、エンジンも3種類あるので、ラインナップするグレードの数も多く、構成も複雑化しています。

【トヨタ新型アルファード VS エスティマ】新車車両価格比較

新型アルファードエスティマ
新車車両価格(税込)335万~751万円327万~493万円

新車車両価格の違い

アルファードとエスティマの新車車両価格は、下位のモデルではあまり変わりません。
しかし、アルファードはグレード数が多く価格の幅も広いので、最上級モデルではエスティマとの価格差がかなり開いています。

【トヨタ新型アルファード VS エスティマ】人気はどちらに?

2017年1月〜9月新車販売台数比較

アルファードエスティマ
販売台数30,667台10,296台

マイナーチェンジ前のアルファードとエスティマの販売台数を比較すると、アルファードはエスティマの約3倍売れているということが分かります。

新型アルファードはまだ発売されていないので、販売台数のデータはありませんが、月販目標台数は3,600台に設定されており、月販目標台数2,200台のエスティマより多く販売するつもりがあるようです。

今後、エスティマがフルモデルチェンジをしない限り、この人気の差が埋まることはないでしょう。
エスティマのフルモデルチェンジは2018年~2019年と予想されています。
FCVモデルがデビューするのではという噂もあり、今後も目が離せません。

新型エスティマに関する記事はこちら

新型アルファードとヴェルファイアに関する記事はこちら

アルファードに関連する比較記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す