初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アウトバーン時速300km/hで日産 GT-Rとポルシェ ターボがバトル!勝者は?

伝説のカービデオマガジン「ベストモータリング」が復刻!今回はベスモで最も見られている動画の1つである、アウトバーンでの日産 GT-Rとポルシェ 911ターボのバトルをご紹介します。当時のメーカー最速モデルだった両車は、どんな走りを見せるのか!?

日本最強のスポーツカー・日産 GT-Rとは?

アウトバーンバトル02

©YouTube / Best MOTORing

日産 GT-Rは「スカイライン GT-R」からなる日産伝統のスポーツカーです。
現行のGT-Rはいわゆる「R35」で、2007年から販売されています。
4WDの持ち味であるトラクションとパワーによりGT-Rはレースでも活躍し、日本最強スポーツカーの一角を担ってきました。
2007年からフルモデルチェンジはされていませんが、毎年「イヤーモデル」を発売し、着実に時代とともに進化しています。

現行モデルであるR35型は、歴代GT-Rとして初めて左ハンドルの外国仕様が発売されたことでも話題になりました。
さらに2009年モデルからはヨーロッパだけでなく中東での発売が決定し、国外でもオーナーを増やしています。

日産 GT-R ヨーロッパ仕様モデルのポイント

・スペックは日本仕様モデルと変わらず
・ヘッドライトウォッシャー装備
・バックフォグランプ装備
・牽引フック装備
・ドイツでの販売価格は標準モデルで8万1800ユーロ(2009年当時約1063万円)

日産 GT-Rについてはこちら

欧州で販売されるGT-Rは欧州車に対抗できるのか?

アウトバーンバトル03

©YouTube / Best MOTORing

2009年のBest MOTORing(ベストモータリング)では、GT-Rが実際にハイポテンシャルな欧州車に対抗できるのかを明らかにすべく、アウトバーンでのバトル企画を用意。
ハイスペックのドイツ車に対し300km/hのスピードレンジでどこまで対抗できるかを、実際にアウトバーンを走行してチェックします。

ドイツの高速道路 アウトバーンとは?

アウトバーンバトル01

©YouTube / Best MOTORing

アウトバーンは、ドイツにある車専用道路として有名です。
ドイツ国内に張り巡らせられており、ドイツの人々の生活や流通を支える主要交通網として機能しています。

アウトバーンの特徴は、何と言っても制限速度がないこと。
厳密に言えば、市街地に近い雑区間や合流分岐付近、急な坂道などでは130km/h程度の制限速度が設けられているのですが、それ以外は何km/hで走行してもOKという道路です。

2~3車線からなり、トラックやゆっくり走りたい車は一番右車線を走ります。
中央車線(2車線の場合は左車線)はいわゆる「飛ばす」人用で、主にフェラーリやポルシェなどスピード自慢の欧州車が走っているそうです。
ドイツは左ハンドル右車線走行ですので、日本の高速道路とは追い越し車線が反対になるイメージですね。

ライバル車はポルシェ 911ターボ

今回、GT-Rのライバルとして登場するのはポルシェ 911ターボです。

ポルシェはドイツの老舗自動車メーカーで、911は1964年以来、ポルシェのフラグシップモデルとして販売されているモデルです。
RR(リアエンジン・リアドライブ)方式を採用している、今では珍しいスポーツカーでもあります。

今回動画で登場する911は、2009年当時最速のポルシェと言っても過言ではない「911ターボ」です。
RRレイアウトはそのままに加速性能を高めるために4WDとなった911ターボは、ツインターボも搭載しており、まさにアウトバーンの申し子とも言えるスペックでした。

【2009年時】日産 GT-Rとポルシェ 911ターボのスペック

日産 GT-Rポルシェ 911ターボ
全長4,6504,450
全幅1,8951,850
全高1,3701,300
ホイールベース2,7802,350
車両重量1,6801,595
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
日産 GT-Rポルシェ 911ターボ
エンジン種類V型6気筒DOHCツインターボ水平対向6気筒24バルブツインターボ
排気量3,8003,800
最高出力485[357]/6,400500[368]/6,000
最大トルク60[588]/3,200~5,20066.3[650]/1,950~5,000
トランスミッション6AT7AT
駆動方式4WD4WD
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

アウトバーンで発見したポルシェ 911ターボとバトル開始!

アウトバーンバトル04

©YouTube / Best MOTORing

アウトバーンで念入りにGT-Rの走行フィールをチェックする木下ドライバーですが、前方にポルシェ 911ターボを発見!
日本最強GT-Rの走りを見せつけるべく、追走を開始します。

続きは動画をご覧ください!

※バトルは、1:50から始まります。動画がご覧いただけない方は動画下部のダイジェストをご覧ください。

GT-R VS 911ターボの結果は?

アウトバーンバトル07

©YouTube / Best MOTORing

911ターボに対し、下りのストレートでぐんぐん差を詰めるGT-R。
3車線になったところでポルシェが車線変更し、GT-Rに譲ります。

…と思いきや、ストレートでまた後ろから迫る911!
ストレートの伸びは両車いい勝負ですが、木下ドライバー曰く「こっち(GT-R)は最後どんどん伸びてく感じがする」。

体感としてはGT-Rの方がストレートの伸びがよく、さらに高速コーナー(270~280km/h)でも安定しているようです。
911ターボはエンジンが後ろにマウントしている分、前置きエンジンのGT-Rよりも高速域での挙動が少し不安がありました。

レーサーから見たGT-Rと911の評価

ポルシェのドライバーを務めてくれたダークさん

アウトバーンバトル05

©YouTube / Best MOTORing

レース後の木下ドライバーのネタばらしにより、実はバトルは仕込みだったことが分かりました。
911ターボのドライバーは、木下ドライバーの元チームメイトであるダーク・ショイスマンさん。
レーサー同士のアウトバーンガチバトルは、見ごたえ十分でしたね。

アウトバーンバトル06

©YouTube / Best MOTORing

現在は開発ドライバーなども務めるダークさんの、GT-Rと911ターボの評価は以下のとおりです。

GT-R
・すべてのフィーリングが良く、とてもラクに走れる車
・高速域で安定感がある

ポルシェ
・各部のクオリティはGT-Rより高い
・アウトバーンの道路の継ぎ目を踏んだ時に車体が振られる
GT-Rの方が高速域のダウンフォースが効いていて安定している

結果としてはGT-Rを高く評価してくれましたが、ダークさん曰く「欧州の人々、特にドイツ人はドイツ車が一番だと思っているから、GT-Rが受け入れられるのは時間がかかるかも?」とのこと。

スペックも欧州車に劣らないGT-Rですが、ドイツで受け入れられることはないのでしょうか…
Best MOTORingでは場所をニュルブルクリンクサーキットに移し、さらなる調査を実施しました。

意外にもドイツではGT-Rが人気!

ニュルの走り屋たちのGT-Rの評価は?

アウトバーンバトル10

©YouTube / Best MOTORing

世界的にも有名なドイツ・ニュルブルクリンクサーキット。
実は一般の人も車も1ラップ22ユーロで走行可能です。
Best MOTORingはニュルに走りに来ていた人々に、GT-Rと911どちらが好きかをインタビューしました。

GT-Rは意外と人気という結果に!

アウトバーンバトル11

©YouTube / Best MOTORing

スポーツカーにはうるさそうなカーガイの皆さんにインタビューしたところ、意外にも「GT-Rの方が好き」と答える人が多いという結果になりました。
自国の車ももちろん愛している彼らに日本のGT-Rが受け入れられたということは、とても光栄なことと言えるでしょう。

スペックでも実際の走行でも欧州車に負けないGT-Rは、現在の日本車メーカーが世界でどう戦っていくかの指標となったモデルです。
ライバルがひしめき合う欧州市場での生き残りをかけて、日夜開発に励むメーカーの皆さんにエールを送りたいですね。
日本車の海外での活躍は、今後も見逃せません!

【YouTube】ベストモータリング公式チャンネル

ベストモータリング

©YouTube / Best MOTORing

Best MOTORing(ベストモータリング)は、
YouTube 自動車動画チャンネルでユーザー登録数 No1

スポーツカーを中心に、サーキットや峠でのバトルを多数公開しています!
あの「頭文字D」をオマージュしたシリーズ企画もあります。

毎週金曜・土曜 21時に更新しています!

ぜひ、チャンネル登録してご覧ください!

MOBYは、歴史ある「ベストモータリング」と共にクルマの楽しさを発信していきます。
今後の記事も、どうぞお楽しみに!

ベストモータリング名動画を紹介する記事はこちら