初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型アバロン公式発表!日本発売日は?燃費や価格なども予想

トヨタ新型アバロン最新情報!北米トヨタのフラッグシップセダン・アバロンが、2018年に新型へとフルモデルチェンジされ、デトロイトモーターショーで発表されました。5代目となる新型アバロンの日本発売はあるのでしょうか?新型アバロンの性能や燃費、価格などについての予想と最新情報をまとめました。

【最新情報】トヨタ新型アバロンがデトロイトモーターショーで発表

新型アバロンがデトロイトモーターショーにて発表されました。
プレスカンファレンスではAIの搭載をはじめ、エクステリアデザインやパワートレイン、トヨタセーフティセンスPの搭載などが発表されています。
また、開発と生産が米国で行われることや、米国での発売日が来春になることも明らかになりました。

デトロイトモーターショーについてはこちら

デトロイトモーターショーでの発表に関する記事はこちら

トヨタ新型アバロン フルモデルチェンジ最新情報

北米トヨタのフラッグシップセダン・アバロンが、フルモデルチェンジを行います。
新型アバロンは、2018年1月に開催されるデトロイトモーターショーでのワールドプレミアが行われており、それに向けて一点のティーザーイメージが公開されていました。

日本国内におけるアバロンは、初代モデルが逆輸入車として導入され、2代目モデルはプロナードという車名で販売されていました。
しかし、国内にはライバル車種が多く、思ったような人気が得られなかったため、2代目以降のモデルは販売されていません。

5代目となる新型アバロンの日本発売は、行われるのでしょうか?
新型アバロンの性能や燃費、価格、発売日についての予想を紹介しています。

公開されていたティザーイメージ

トヨタ 新型アバロンの変更点

・新しいV6エンジンとハイブリッドシステム(THSⅡ)の採用で走行がパワフルに。
・新しいTNGA Kとマルチリンクリアサスペンション、ファーストアダプティブヴァリアブルサスペンションの採用。
・人工知能「アレクサ」の搭載。
・トヨタセーフティセンスPの搭載

トヨタ新型アバロンのエクステリアデザイン(外装)

Touringのエクステリア

トヨタ 新型アバロン Touring

トヨタ 新型アバロン Touring

トヨタ 新型アバロン Touring

トヨタ 新型アバロン Touring

新型アバロンのエクステリアは高級車らしさを保ちつつ、旧型よりサイズアップしています。
新型アバロンにはTouring、XSE、Limited Hybrid、XLEの4つのグレードがあり、TouringとXSEのエクステリアはアグレッシブさを感じさせるデザインとなっています。
ピアノブラックのメッシュグリル、光沢のあるブラックホイールやブラックのサイドミラーがこれまでのアバロンには無かったようなイメージを演出します。

Limited Hybridのエクステリア

トヨタ 新型アバロン Limited Hybrid

トヨタ 新型アバロン Limited Hybrid

トヨタ 新型アバロン Limited Hybrid

上位グレードとなるLimited HybridとXLEのエクステリアデザインはTouringやXSEと明確に差別化されています。
クロムボーダーのダークグレーのフロントグリル、シルバーのLEDヘッドライトベゼル、直径17~19インチの個性的なホイールなどが特徴です。

新型・旧型アバロンのボディサイズ比較

新型アバロンのボディサイズ

全長全幅全高
4,9781,8491,435
ホイールベース車両重量乗車定員
2,870--
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

旧型アバロンのボディサイズ

全長全幅全高
4,9611,834(ミラー含まず)
2,093(ミラー含む)
1,460
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8201,570~1,605(ガソリン)
1,630~1,650(ハイブリッド)
5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ新型アバロンのインテリアデザイン(内装)

Touringのインテリア

トヨタ 新型アバロン Touring

トヨタ 新型アバロン Touring

トヨタ 新型アバロン Touring

新型アバロンのインテリアはシンプルで実用性の高いデザインとなっています。
ピアノブラックを基調としたインテリアは、ヤマハ製の木製パーツとアルミニウムパーツで構成されており、ドアやコンソールには職人技が感じられます。
リアシートのカップホルダーは折りたたみが可能で、USB充電ポートも付属しています。
グレード感でインテリアの差はあまり無いのですが、TouringとXSEのキャビンはアルミ製、シートの素材はグレー/ブラックのスエードです。

Limited Hybridのインテリア

トヨタ 新型アバロン Limited Hybrid

トヨタ 新型アバロン Limited Hybrid

トヨタ 新型アバロン Limited Hybrid

Limited Hybridのインテリアはコニャック色のレザーシート、XLEのインテリアはグレー、ベージュ、ブラックのレザーが高級感を醸し出しています。
また、Limited Hybridはリアルウッドトリム、XLEにはエンジニアリングウッドトリムが採用されています。
それ以外の装備については差は無いようです。

トヨタ新型アバロンのパワートレイン

トヨタ 新型アバロン Touring

新型アバロンのパワートレインは、新型カムリから採用されている「ダイナミックフォースエンジン」の搭載が予想されていましたが、予想されていたとおりダイナミックフォースエンジンが搭載されることが発表されました。

ダイナミックフォースエンジンは、TNGAに基づいて開発された次世代エンジンであり、このTNGAをもとにした2.5L 直列4気筒エンジンと、3.5L V型6気筒エンジンが搭載されます。
なお、TNGAはパッケージングが改善されTNGA Kとなり、バッテリーをリアサイドシート下に置くことにより、低重心化を実現します。
また、サスペンションにマルチリンクリアサスペンションとアダプティブヴァリアブルサスペンションを採用します。

ハイブリッドシステムも予想されていたとおり、プリウスと同様の最新式ハイブリッドシステム「THSⅡ」が採用、650V電動モーターで動きます。
また、トランスミッションCVTです。

参考:現行型アバロンのパワートレインスペック

3.5L ガソリン2.5L ハイブリッド
エンジン種類V型6気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量3.5L2.5L
最高出力200[272]/6,200116[158]/5,700
最大トルク336[34.3]/4,700211[21.5]/4,500
モーター最高出力-105[143]/4,500
最大トルク-270[27.5]/0~1,500
トランスミッション6速AT電気式無段変速機
駆動方式FFFF
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

TNGAについてはこちら

ダイナミックフォースエンジンとは?

トヨタ新型アバロンの安全装備

トヨタ 新型アバロン XSE

新型アバロンの安全装備には、トヨタセーフティセンスPが搭載されます。
レーダークルーズコントロールやオートマチックハイビーム、リアクロストラフィックアラート、ブラインドスポットモニターといった機能が装備されるほか、パノラマビューモニターも使用できます。
また、10個のエアバッグとトラクションコントロール、電子ブレーキ制御、ブレーキアシストなどを含むうスターセーフティシステムが装備されるとのことです。

トヨタ新型アバロンが人工知能(AI)アレクサを搭載

新型アバロンには、Amazonの人工知能、アレクサが搭載されます。
アレクサの搭載は「Toyota Remote Connect」の一環で、スマートウォッチやAmazonアレクサに対応したデバイスから車の遠隔操作、音声操作が可能になります。
ドアのロックを施錠/解錠やエンジンのON/OFF、燃料レベルの確認といった一般的な遠隔操作のほか、家庭と車をつなぐデバイス接続機能として、車内から自宅のエアコンのスイッチを入れる、車内からAmazonの商品を注文するといったことも可能です。

トヨタ新型アバロンの燃費性能を予想

新型アバロンの燃費性能に関しては、まだはっきりとしたことは分かりません。
仮に新型アバロンにダイナミックフォースエンジンが搭載された場合、その燃費性能は現行型アバロンから飛躍的に向上すると思われます。

参考:現行型アバロンの燃費性能(アメリカEPA燃費をkm/Lに換算した数値)

3.5Lガソリン2.5Lハイブリッド
都市部:約9km/L
ハイウェイ:約13km/L
複合:約10km/L
都市部:約17km/L
ハイウェイ:約17km/L
複合:約17km/L

トヨタ新型アバロンの価格を予想

新型アバロンの価格がどうなるかは、まだ分かりません。

現行型アバロンは、33,500ドル(約380万円)から42,800ドル(約486万円)という価格設定で販売されています。
新型アバロンでは、フルモデルチェンジに伴う価格の上昇が予想されます。

トヨタ アバロンとは?

アバロンとは、北米トヨタが製造・販売している大型高級セダンです。
車名はアーサー王伝説に登場する楽園の島「アヴァロン(avalon)」に由来しています。

1994年に登場した初代アバロンは、北米トヨタのフラッグシップモデルとして開発されており、全長4,845mmという大型のボディを特徴としていました。
日本国内では、1995年に逆輸入という形で販売が開始されています。

2000年に発売された2代目アバロンは、日本ではプロナードという車名で販売されました。
しかし、日本には同クラスのライバル車種が多く、大型のボディも取り回しが不便だったために、プロナードは人気を得られないまま販売を終了しています。

3代目アバロンは、2005年に発売されました。
全長は5mを超え、初代と2代目よりもさらに大型のボディとなっています。
日本国内での販売は、3代目アバロンから行われなくなりました。

現行型の4代目アバロンは、2012年に発売されました。
ボディは3代目から若干小さくなり、5m未満のサイズに収まっています。
パワートレインは、3.5LのV型6気筒ガソリンエンジンと、2.5Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンが用意されています。

2代目アバロンの日本仕様モデル「プロナード」についてはこちら

トヨタ新型アバロンは2018年に登場!日本発売はあるのか?

デトロイトモーターショーの会場

トヨタ新型アバロンの性能や燃費、価格などの予想と最新情報についてお伝えしました。

新型アバロンは、2018年1月のデトロイトモーターショーで初公開されました。
同時に、北米での発売日は2018年の春になることも明らかになっています。

日本発売に関しては、3代目モデル以降が国内で販売されていないことを考慮すると、5代目となる新型アバロンの発売も見送られる可能性が高いですが、日本のトヨタ公式からの発表に注目していきましょう。

MOBYでは、今後もトヨタ新型アバロンの最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください。

トヨタやその他のメーカーの新型車についてはこちら

セダンを検討中の方はこちらの記事も必見

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!