初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スズキ新型ハスラーマイナーチェンジ最新情報!発売日は2018年?先進安全装備や価格・性能などの変更点は?

新型ハスラー最新情報!スズキの人気軽クロスオーバーSUV・ハスラーが、2018年内にマイナーチェンジを行うと噂されています。先進安全装備が全車標準装備になるという噂もあるようです。新型ハスラーの価格や性能など、マイナーチェンジによる変更点について予想しました。

スズキ新型ハスラー マイナーチェンジ【最新情報】

スズキ・ハスラーが、2018年内に新型へのマイナーチェンジを行うという噂をキャッチしました。

2014年に発売されたハスラーは、普段使いからレジャーまで使える実用性の高さと、ポップで個性的なデザインによって、幅広い層から支持を集めている人気の軽クロスオーバーSUVです。
2017年上半期の新車販売台数が軽自動車全体で9位にランクインするなど、売れ行きも好調なことから、先進安全装備が全車標準装備になるといった仕様変更が予想されています。

新型ハスラーの価格や性能など、マイナーチェンジによる変更点の予想をまとめました。

スズキについての記事はこちら

スズキ ハスラーとは?

現行型ハスラー

ハスラーとは、スズキが製造・販売している軽クロスオーバーSUVです。
軽トールワゴンとSUVの要素を組み合わせた、新しいジャンルの軽自動車として開発され、2014年の1月に発売されました。

ハスラーは高い積載性能と走行性能を持ち、マイルドハイブリッドシステムによって、ターボ車でも27.8km/Lという優れた燃費性能を発揮します。
また、ポップで個性的なデザインは、女性ユーザーからの支持も集めました。

ライバル車になることが予想される新型ミラトコットについてはこちら

スズキ新型ハスラーのエクステリアデザイン(外装)の変更点は?

ハスラー J STYLE Ⅱ

新型ハスラーのエクステリアデザインに関する有力な情報は、まだありません。

今回はマイナーチェンジということなので、デザインが大きく変わるようなことはないと思われますが、ボディカラーの追加程度の変更はあるかもしれません。
また、一部ネット上では、専用デザインのエクステリアパーツを装着した特別仕様車「 J STYLE Ⅲ」が発売されるという噂も囁かれているようです。

参考:現行型ハスラーのボディサイズ

全長全幅全高
3,3951,4751,665
ホイールベース車両重量乗車定員
2,425750~8704
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

スズキ新型ハスラーのインテリアデザイン(内装)の変更点は?

現行型ハスラーのインテリア

新型ハスラーのインテリアデザインに関する有力な情報は、まだありません。

今回はマイナーチェンジということなので、大きな変更はないと思われます。
ただ、一部ネット上においては、同社の6代目ワゴンRに軽自動車で初採用された「ヘッドアップディスプレイ」が、新型ハスラーに搭載されるという噂も囁かれています。

スズキ ワゴンRのヘッドアップディスプレイ

参考:現行型ハスラーの室内寸法

現行型ハスラーの室内寸法
室内長2,160(X、G)
2,035(A)
室内幅1,295
室内高1,250
単位[mm]

スズキ ワゴンRについての記事はこちら

スズキ新型ハスラーのパワートレイン性能の変更点は?

新型ハスラーのパワートレインに関する有力な情報は、まだありません。

今回はマイナーチェンジということなので、パワートレインの大きな変更はないと思われます。

参考:現行型ハスラーのパワートレイン性能

ハスラー ターボエンジン
ハイブリッド
ハスラー NAエンジン
ハイブリッド
ハスラー NAエンジン
エンジン種類直列3気筒DOHCターボ直列3気筒DOHC直列3気筒DOHC
排気量660cc660cc660cc
最高出力47[64]/6,00038[52]/6,50038[52]/6,500
最大トルク95[9.7]/3,00063[6.4]/4,00063[6.4]/4,000
モーター最高出力1.6[2.2]/1,0001.6[2.2]/1,000-
最大トルク40[4.1]/10040[4.1]/100-
トランスミッションCVTCVTCVT/5速MT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

スズキ新型ハスラーの燃費性能の変更点は?

新型ハスラーの燃費性能に関する有力な情報は、まだありません。

今回はマイナーチェンジということなので、燃費性能の大きな変更はないと思われます。
ただ、エンジンのチューニングによっては、燃費がわずかに向上する可能性もあります。

参考:現行型ハスラーの燃費性能

ハスラー ターボエンジン
ハイブリッド
ハスラー NAエンジン
ハイブリッド
ハスラー NAエンジン
JC08モード燃費26.2(4WD)
27.8(2WD)
30.4(4WD)
32.0(2WD)
24.2~25.6(4WD)
24.8~26.6(2WD)
実燃費181919
[単位]km/L

スズキ新型ハスラーの先進安全装備の変更点は?

安全装備

©iStockphoto.com/chombosan

新型ハスラーの先進安全装備に関する有力な情報は、まだありません。

今回のマイナーチェンジでは、衝突被害軽減ブレーキの「デュアルカメラブレーキサポート」が、全車で標準装備になると予想されています。

「デュアルカメラブレーキサポート」とは?

デュアルカメラブレーキサポートとは、2つのカメラを用いて他車や歩行車
を認識し、警報や自動ブレーキで衝突被害を軽減する先進安全装備です。

また、ハスラーにはデュアルカメラブレーキサポートのほか、誤発進抑制機能や車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能なども用意されています。

自動ブレーキについての記事はこちら

スズキ新型ハスラーの価格の変更点は?

新型ハスラーの価格に関する有力な情報は、まだありません。

今回のマイナーチェンジでは、デュアルカメラブレーキサポートの全車標準装備化が噂されていますので、噂が事実であった場合、ハスラーの価格は若干値上がりすることになるでしょう。

参考:現行型ハスラーの価格

スズキ ハスラーの新車価格
A110万~122万
G118万~144万
Gターボ136万~153万
X146万~163万
Xターボ155万~172万
[単位]円(消費税込み)

スズキ ハスラーについての記事はこちら

スズキ新型ハスラーのマイナーチェンジモデルは2018年内に発売か?

現行型ハスラー

スズキ・ハスラーのマイナーチェンジに関する噂と最新情報についてお伝えしました。

新型ハスラーの発売日に関しては、2018年内になると予想されています。
2017年も12月を迎えてしまっているので、年内に発売されることはないでしょう。
非常に人気の高いハスラーですが、マイナーチェンジによって「デュアルカメラブレーキサポート」が全車で標準装備されることになれば、その人気はさらに高まるはずです。

MOBYでは、今後も新型ハスラーのマイナーチェンジに関する最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

スズキの新型車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!