初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ダイハツ メビウスとは?価格や装備とプリウスαとの違いなどまとめ

メビウスとプリウスαの違いを徹底解説!ダイハツ・メビウスは、トヨタのハイブリッドステーションワゴン・プリウスαのOEM車種です。12月1日にはマイナーチェンジモデルが発売されました。メビウスの価格や装備、プリウスαとの違いなどについてまとめています。

ダイハツ・メビウスが新型にマイナーチェンジ!

新型メビウス S ツーリングセレクション

ダイハツ 新型 メビウス S ツーリングセレクション 2017

ダイハツ・メビウスがマイナーチェンジを行い、2017年12月1日から販売を開始しました。
メビウスは、トヨタ・プリウスαのOEM車として、2013年から販売されているハイブリッド5ドアステーションワゴンです。

今回のマイナーチェンジでは、衝突被害軽減ブレーキなど先進安全装備の全車標準装備化に加えて、ボディカラーに新色が追加されました。
メビウスの価格や安全装備、プリウスαとの違いなどについてまとめています。

OEM車とは?

ダイハツ・メビウスのエクステリアデザイン(外装)【 プリウスαとの違いは?】

メビウス

ダイハツ 新型 メビウス S 2017

プリウスα

トヨタ プリウスα

メビウスとプリウスαのエクステリアデザインは、エンブレム以外に違いはありません。
ただし、メビウスのボディが5人乗りのステーションワゴンタイプのみ設定されているのに対し、プリウスαには7人乗りのミニバンタイプも設定されています。

メビウスのボディカラーに新色が追加!

メビウス ダークレッドマイカメタリック

ダイハツ 新型 メビウス ダークレッドマイカメタリック

メビウス スティールブロンドメタリック

ダイハツ 新型 メビウス スティールブロンドメタリック

今回のマイナーチェンジによって、メビウスのボディカラーに新色が追加されました。
メビウスのボディカラーは、新たに「ダークレッドマイカメタリック」と「スティールブロンドメタリック」の2色を加えた、全9色の設定となります。
なお、メビウスとプリウスαでボディカラーの設定に違いはありません。

■メビウスとプリウスαのボディカラー
・ダークレッドマイカメタリック(新色)
・スティールブロンドメタリック(新色)
・スーパーホワイトⅡ
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・シルバーメタリック
・グレーメタリック
・アティチュードブラックマイカ
・ダークシェリーマイカメタリック
・ダークブルーマイカ

メビウスとプリウスαのボディスペック

全長全幅全高
4,630
4,645(ツーリングセレクション)
1,7751,575
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7801,450~1,460(メビウス)
1,450~1,470(5人乗り)
1,460~1,480(7人乗り)
5(メビウス)
5/7(プリウスα)
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ダイハツ・メビウスのインテリアデザイン(内装)【 プリウスαとの違いは?】

メビウス

ダイハツ メビウス S ツーリングセレクション 内装
ダイハツ メビウス S ツーリングセレクション 内装

プリウスα

トヨタ プリウスα Sツーリングセレクション 内装 2017

メビウスとプリウスαのインテリアデザインは、ハンドルのエンブレム以外に違いはありません。
また、メビウスとプリウスαの5人乗り仕様は室内の広さも同じです。

メビウスとプリウスαの室内寸法

メビウス・プリウスα
室内長1,910(5人乗り)
2,690(7人乗り)
室内幅1,520
室内高1,220
単位[mm]

ダイハツ・メビウスのパワートレインとスペック【 プリウスαとの違いは?】

メビウスとプリウスαのパワートレインには、1.8Lの直列4気筒ハイブリッドエンジンが搭載され、トランスミッションには電気式無段変速機が組み合わされます。
駆動方式はFF(前輪駆動)です。
どちらも同じパワートレインですので、動力性能にも違いはありません。

メビウスとプリウスαのパワートレインスペック

エンジン種類直列4気筒DOHC
排気量1.8L
最高出力73[99]/5,200
最大トルク142[14.5]/4,000
モーター最高出力60[82]
最大トルク207[21.1]
トランスミッション電気式無段変速機
駆動方式FF
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ダイハツ・メビウスの燃費性能【 プリウスαとの違いは?】

メビウスとプリウスαの燃費性能は、どちらも26.2km/Lという低燃費になっています。

メビウスとプリウスαの燃費性能

JC08モード燃費26.2
実燃費19~21
[単位]km/L

ダイハツ・メビウスの安全装備【 プリウスαとの違いは?】

トヨタセーフティセンス

メビウスは今回のマイナーチェンジによって、先進の衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」が全車で標準装備となりました。

トヨタセーフティセンスPは、ミリ波レーダーと単眼カメラを用いた運転支援システムであり、自動ブレーキや車線維持支援機能、自動制御ハイビーム、クルーズコントロールなどの機能によって、高い安全性能と快適性を実現しています。

また、プリウスαも同様に、トヨタセーフティセンスPが全車標準装備となっています。

トヨタセーフティセンスPについての記事はこちら

ダイハツ・メビウスの評判【 プリウスαとの違いは?】

評価

©Shutterstock.com/ Sofi photo

メビウスとプリウスαは、どちらもプリウス譲りの高い燃費性能が高く評価されています。
デザインや価格、装備などもほぼ同じなので、両車の評価にあまり違いはないようです。

メビウスの評判

【総合評価】
車そのものはプリウスなんで街中で見かけますね。
ひねくれものなのでメビウスという名前も好きですししっかり遊んでます。

【良い点】
EV走行は静かで力強い走りも体感できます。
やはり燃費を意識する車ですが状況にもよりますがとてもいいですね。

【悪い点】
静かですが静粛性がいいのとは別、ロードノイズなどもっと軽減してほしいものです。

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】
プリウスそのものなので性能もとてもよく満足してます

【良い点】
燃費がいい・静かさ・ナイトモード

【悪い点】
高級感に欠ける質感

出典:http://www.goo-net.com/

プリウスαの評判

【総合評価】
走行距離も少なく安定性も優れている。
装備も充実し満足している。

【良い点】
燃費が良い。

【悪い点】
出だしの加速や瞬発性に欠ける。

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】
 室内が広く、静かで乗り心地が良く、非常に運転しやすい。

【良い点】
 燃費、静かさ、カッコよさ、安全性(衝突安全装置等セット)、すべて二重丸。軽量パノラマルーフは、走りが安定するとともに、室内が明るくなって非常に解放感あり、家族からも非常に好評。

【悪い点】
 今のところ、特になし。

出典:http://www.goo-net.com/

ダイハツ・メビウスの価格【 プリウスαとの違いは?】

自動車 金額 価格 円

メビウスのグレードは、プリウスαにも設定されている「S」「S ツーリングセレクション」「S Lセレクション」の3種類が設定されており、価格もプリウスαと同じとなっています。
ただし、プリウスαに設定されている「G」や「GRスポーツ」の設定は存在していません。

メビウスとプリウスαのグレード別価格

メビウスとプリウスαの価格
メビウス・プリウスα
S Lセレクション
257万(5人乗り)
メビウス・プリウスα
S
271万(5人乗り)
291万(7人乗り)
メビウス・プリウスα
S ツーリングセレクション
302万(5人乗り)
322万(7人乗り)
プリウスα
G
305万(5人乗り)
326万(7人乗り)
プリウスα
G ツーリングセレクション
326万(5人乗り)
347万(7人乗り)
プリウスα
S ツーリングセレクション GRスポーツ
335万(5人乗り)
356万(7人乗り)
[単位]円(消費税込み)

ダイハツ・メビウスとは?

ダイハツ メビウス

メビウスとは、ダイハツがトヨタ・プリウスαのOEM供給を受けて販売しているハイブリッド5ドアステーションワゴンです。
ダイハツでは2車種目となるハイブリッドカーとして、2013年に発売されました。

メビウスは、OEM元であるプリウスαと同様の低燃費と広い室内空間で人気を博しています。
車名は永遠を象徴する「メビウスの輪」に由来しており、低燃費と広い空間で、どこまでも走っていける車であることを表しているとのこと。

トヨタ・プリウスαとは?

トヨタ プリウスα Sツーリングセレクション 2017

プリウスα(アルファ)とは、トヨタが2011年から製造・販売しているハイブリッド車です。
同社の3代目プリウスをベースに開発され、ボディタイプは5人乗り仕様のステーションワゴンと、7人乗り仕様のミニバンが用意されます。

基本的には3代目プリウスと変わらず、高い燃費性能を発揮しますが、ホイールベースの延長やレイアウトの変更などによって、機能性ではプリウスを上回っています。

トヨタ プリウスαについての記事はこちら

ダイハツ・メビウス

ダイハツ 社名ロゴ

ダイハツ・メビウスのスペックや装備、価格などについての解説と、メビウスのOEM元であるトヨタ・プリウスαとの違いをご紹介しました。

メビウスはグレード体系がシンプルな構成となっていること以外、プリウスαとほぼ同じ仕様ですので、どちらかを選んで損をするということもありません。

そのため、ダイハツが好きならメビウス、トヨタが好きならプリウスαといった風に、単純な理由で購入を決めてしまってもいいでしょう。
また、メビウスはプリウスαと比べて流通数が少ないので、他人とは違う車に乗りたいという人にも、おすすめの車種かもしれません。

ダイハツの新型車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!