初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【三菱 アウトランダー】新型フルモデルチェンジは?評価や燃費と中古車価格からカスタムまで

三菱 アウトランダーはアウトドア好きが注目するミドルサイズ・クロスオーバーSUVの1つです。PHEVも人気ですが、走破性の高いガソリン車もおすすめ!アウトランダーの評価や燃費、中古車価格からカスタム例、そして気になる今後のフルモデルチェンジ情報まで紹介します。

三菱 アウトランダーとは?

三菱・アウトランダー

三菱 アウトランダーは、ミドルサイズのクロスオーバーSUVです。
気持ちのよい走りだけでなく、アウトドアにピッタリの居住性や実用性も備えている本格SUVといえます。
三菱はアウトランダーだけでなく、長い歴史のあるパジェロやRVR、2018年にはコンパクトSUVのエクリプス クロスも投入するなど、これまでもこれからもSUVに力を入れ続けるメーカーといえます。
近年ますます人気が高まっているSUV。
アウトランダーも多くのアウトドアファンから愛されている車種といえます。

三菱 アウトランダーの歴史

三菱 アウトランダー 初代

三菱 アウトランダー 初代

2005年10月に発売された初代アウトランダー。
車名は「遠く未知なる地へ向かう冒険者」という意味で、いろいろな場所でワクワクするような体験ができる、旅のお供として心強い1台となりそうです。
三菱 エアトレックに変わるSUVとして新設計されました。
運転の楽しさやボディ設計などは「ランサーエボリューション」で培った技術が採用されています。
もちろん、大人数での旅行やアウトドアに便利な装備も充実、人気のモデルとなりました。

そして2012年には2代目が発売、2013年には「アウトランダー PHEV」が発売となりました。

アウトランダーの前身・三菱 エアトレックとは?

三菱 エアトレック

三菱 エアトレック 2001年

2001年6月に発売されたクロスオーバーSUVです。
RVの走破性、居住性をあわせ持った発売当時にはない新しいカテゴリーの車でした。
広い車内や乗り降りのしやすさはもちろんですが、都会でも使いやすいように全高を1,550mmを抑え、立体駐車場でも入れるといった配慮もありました。
初代アウトランダーよりも一回り小さいサイズは、日常でも使いやすい1台と言えるでしょう。

アウトランダー
(初代)
エアトレック
全長4,640mm4,410mm
全幅1,800mm1,750mm
全高1,680mm1,550mm
エンジン2.4L2.0L / 2.4L

三菱 アウトランダーのエクステリア(外装)デザイン

現行の2代目アウトランダーは、2012年にフルモデルチェンジ、2015年にマイナーチェンジがありました。

フロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」のフロントフェイス

アウトランダーPHEV 2015年

「機能にのっとった形」を大切にしている三菱のデザインは、アウトランダーのデザインにも表れています。
バンパー側面と下方の3方向から人と車を守る形・機能として「ダイナミックシールド」が生まれました。
三菱らしいフェイスデザインの力強さはもちろんですが、「盾」のように人を守るといった優れた機能面にも注目です。

アウトランダーは「よりSUVらしい」デザイン

三菱 アウトランダー 2017

アウトランダーのコンセプトは「よりSUVらしく」、ということでPHEVモデルよりもガーニッシュなどの使い方で力強さを表現しています。
フロント下部のシルバーの大型スキッドプレート状のプロテクション、ボディサイドのガーニッシュが目を引きます。

アウトランダーは幅広感のあるデザイン

三菱 アウトランダー G

SUVらしいどっしりした印象を出すために、ライトやフロントグリルの位置、リヤ周りのデザインに工夫があります。
また、フロントからサイドにかけて回り込んでいるデザインも幅広感の演出に一役買っています。

2代目 前期型は少しおとなしいデザイン

三菱 アウトランダー 2012年 フロント

現行のアウトランダーに比べると、2012年に2代目が発売した当初(前期型・マイナーチェンジ前)の方が落ち着いた印象です。それはダイナミックシールドがまだ採用されていないことが一番の理由といえるでしょう。
ですが、こちらの落ち着いたデザインも走りの軽快さを感じさせる魅力的なデザインです。

三菱 アウトランダーのインテリア(内装)デザイン

ブラックを基調としたインテリア

三菱 アウトランダー 2015年 内装

ブラックのインテリアは落ち着きと風格のある印象で、普段の会社通勤などビジネスの場でも使いやすくなっています。
その上、ブラックはアウトドアで汚れてしまっても、汚れが目立ちにくいので安心ですね。
シートはファブリックが標準ですが、オプションで本革を選ぶこともできます。

シートアレンジで広々空間作り・7シーターも可能

三菱 アウトランダー 2015 シートアレンジ

お出かけする人数に合わせて自由にシートアレンジできることも人気の理由です。
2列目・3列目を収納するとフラットな広々空間ができるため、荷物を載せるだけでなく、横になって休むことも可能です。
アウトランダー PHEVは5人乗りのため、6人以上で移動したいときは、こちらのアウトランダーがおすすめです。

オプションのSDAでスマートフォンと連携できる

三菱 アウトランダー 2015年 内装

SDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ)をつけることでスマートフォンからの音楽再生やっぱりハンズフリー通話もできます。
音声操作もできるため、ハンドルを握りながら操作できることも特長です。
現地到着までの長い道のりも楽しく移動できそうですね。

三菱 アウトランダーの性能・スペック

ボディサイズ

全長全幅全高
46951,8101,710
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6701,480~1,5707
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

スペック

三菱・DBA-GF8W三菱・DBA-GF7W
エンジン種類SOHC 16バルブ 4気筒SOHC 16バルブ 4気筒
排気量2.359L1.998L
最高出力124[169]/6000110[150]/6000
最大トルク220[22.4]/4200190[19.4]/4200
トランスミッションINVECS-III 6速スポーツモード CVTINVECS-III 6速スポーツモード CVT
駆動方式4WD2WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ガソリン車のアウトランダーは軽快な走りが魅力

三菱 アウトランダー 2015

アウトランダーは、デリカやパジェロを作る三菱らしく力強い、オンロード走行にも適した車です。
人気のPHEVモデルは環境面・機能面で魅力は高いですが、こちらは軽快に走りたいときに特におすすめといえます。
重量は1,500kg前後、PHEVと比較して300kg程度軽い設計で、フットワークよく運転できます。
他にもサードシートがあることも大きな違いの1つです。
7人乗車可能でより大人数でのお出かけに適しています。

全車エコカー減税対象でお財布にも優しい!

エコカー ハイブリッド

アウトランダーのエンジンは三菱独自の「MIVEC SOHC 16VALVE エンジン」で、走行性能が高いだけでなく環境性能も高くなっています。
ガソリン消費を抑制するアイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー(AS&G)」などの機能もあり、維持費の面でも嬉しいですね。
全車エコカー減税対象となっていて、購入時、その後の維持費も安心です。

三菱 アウトランダーの実燃費は?

三菱 アウトランダーの燃費は以下のとおりです。

JC08モード燃費14.6~16.0
実燃費10
[単位]km/L

実燃費に関するレビューはこちらです。

満足しています。
実燃費は燃費を意識しなければ7~8キロ
発進や加速で燃費を意識すれば9~11キロ
※高速道路は未利用

出典:http://www.goo-net.com/

 LEDポジションランプのヘッドライト、LEDリヤランプなど先進的な外観、安全性も三菱最先端の技術を「e-Assist」を装備しています。燃費はPHEVほどではないにしろ、実測で12km/l前後をキープ。このクラスなら上々でしょう。

出典:http://www.goo-net.com/

燃費を意識した運転をすることで実燃費は10km/L程度になるようです。
最近のSUVのラインナップはハイブリット車が多く見られるようになったため、残念ながらアウトランダーは少し燃費が悪く感じる、ということもあるでしょう。
ですが、SUV自体、パワフルな走りで悪路などもガンガン走れることが魅力のため、他の車種と比べると燃費が悪くなってしまうことがほとんどです。

「よりエコな車に乗りたい!」という場合は、アウトランダー PHEVがおすすめです。

三菱 アウトランダーの評価は?

見た目も走りも力強い、といった評価が多いアウトランダー。
乗り心地、デザイン、車内の広さも評判は上々です。
オフロード走行の動画でも、安定した走りを見せています。

以下にレビューを紹介します。

【総合評価】
 先日のマイナーチェンジでエクステリアが大幅に変わって、力強さが増しましたね。最初からこの顔ならよかったのに……と思うのは僕だけではないでしょう。しかし、それは変更内容の一部にすぎません。実はサスペンション設定、ボディ剛性の強化、インテリアの上質化、そしてシート内部構造の変更など商品力を磨き上げたのです。その成果は、乗ればしっかりと分かります。

【良い点】
 ラゲッジルームは広くて使いやすいですね。そしてマイナーチェンジで刷新された走りは、乗ればわかるほどの違い。走りはシャープさが増し、乗り心地は安定感が増しました。三菱の気合がひしひしと伝わってきます。

【悪い点】
 今回乗った4WD車は2.4Lエンジンを積むので問題ありませんが、FF車のエンジンはひとまわり小さな2.0L。通常は気になりませんが、たくさん載って高速道路や峠道を走るシーンになると動力性能的にはちょっと不足を感じることもあります。

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】
 本格的な悪路走破能力にゆとりある居住空間を備えたクロスオーバー。2代目は2012年10月にデビューし、先代の特徴であった7人乗り3列シートを踏襲する。エンジンはFFに2Lを4WDに2.4Lを搭載し、6速スポーツモード付きCVTが組み合わされる。4WD化でボディはやや重くなっているものの、実用域で扱いやすい2.4Lユニットのおかげで余裕のある走りが確かめられる。安定性を高めながら乗り心地を向上させた足まわりも良好。先代と比べるとインテリアの質感も大幅に高められている。

【良い点】
 サードシートはやや狭いものの、ミニバン的に乗りこなすこともできる。3モードの電子制御4WDののおかげで悪路でも高いトラクション能力を発揮。あらゆるシーンで使えるモデルだ。

【悪い点】
 経済性は並み。とくにプラグインハイブリッドの実力を知ってしまうと物足りなさを感じるだろう。

出典:http://www.goo-net.com/

【総合評価】
ただ大きいだけじゃなく安全面でも走行面でも一流。

【良い点】
大きな車体ですが軽快に走らせるエンジンがいいですよ。
車内は広くて結構静かなのでとても快適です。
剛性がしっかりしてそうできしみ音がないのが質の高さを感じます。

【悪い点】
まぁ大きい車なので小回りは苦手ですね。

出典:http://www.goo-net.com/

パワーの物足りなさや、アウトランダー PHEVとの違いが気になるといった意見もありますが、総じて満足度は高い印象です。

三菱 アウトランダーの中古車価格は?

車 税金

人気のアウトランダー、お手頃価格で手に入れたいと思いますよね。
マイナーチェンジ後の現行アウトランダーの中古車価格は230万円からが相場となっています。
「新車価格と大きな差がないのでは?」と感じる方も多いでしょう。
マイナーチェンジ後から2年しか経っていないので、まだ中古であっても年式が新しい部類に入ります。
マイナーチェンジ前のモデルであれば、200万円以下の価格も多く出ています。

現行モデルをどうしても中古で欲しい、という場合は、もう少し待ったほうがよさそうです。

(参考)新車価格

新車価格
24G Navi Package[4WD]328万円
20G Navi Package[2WD]299万円
24G Safety Package[4WD]296万円
20G Safety Package[2WD]266万円
24G[4WD] 283万円
20G[2WD]253万円
[単位]円(消費税込み)

三菱 アウトランダーは安全装備も充実

後側方車両検知警報システム

三菱 アウトランダー 2015 後側方車両検知警報システム

Navi PackageかSafety Packageを選ぶことで、三菱の安全装備e-Assistがつきます。以下がその内容です。

・衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]
・車線逸脱警報システム[LDW]
・レーダークルーズコントロールシステム[ACC]
・オートマチックハイビーム[AHB]
・誤発進抑制機能(前進&後退時)[UMS] ※
・後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA] ※
・後退時車両検知警報システム[RCTA] ※
・マルチアラウンドモニター※
※はグレードによってはオプション

オプションでつけられる「後側方車両検知警報システム」は、車の斜め後方の車を検知します。
車線変更時に死角にいる車を点滅とブザー音で知らせてもらえます。
他にも「後退時検知警報システム」は、前向き駐車からバックで出る状況で、後ろから車が近づいて来たらブザー音と警告メッセージが出ます。
狭いコンビニの駐車場などでも安心して車が停められます。

衝突安全性も確保

衝突安全強化ボディ「RISE」

三菱 アウトランダー 2015 衝突安全強化ボディ「RISE」

7つのSRSエアバッグ

三菱 アウトランダー 2015 エアバッグ

衝突安全性を確保するために衝突安全強化ボディ「RISE」が採用されています。
「7つのSRSエアバッグ」は、運転席と助手席の正面のエアバッグだけでなく、カーテンエアバッグという側面を覆うエアバッグなど7種類あるため、もしものときにも安心です。

三菱 アウトランダーで車中泊はできる?

アウトランダーで車中泊は、もちろん可能です!
PHEVに比べると機能面で物足りなさを感じることもありますが、ひろびろ・フルフラットな車内空間を活用、寝心地がよくなるための工夫をすれば、ぐっすりと眠れるでしょう。
室内幅は1,495mmと、ダブルサイズのベッド並の広さで、大人2人でもゆったり過ごせるでしょう。

冬は寒さ対策は忘れずに

冬の寒さ対策、グッズ、注意点5選を紹介

冬の車中泊を考えたとき、エアコンや電化製品が使えるアウトランダーPHEVの方が魅力的に映ることは間違いないでしょう。
ですが、軽快な走りのアウトランダーに乗りたい方や、荷物少なめのシンプルな車中泊をしたいという方も多くいます。
その場合はしっかりと寒さ対策をしましょう。

・屋根がついている場所に駐車する
・重ね着をしてしっかり防寒対策
・車中泊用マットの下に冷気を防ぐための銀マットを敷く・窓に貼る
・寝袋を使う(毛布より冷気が入りにくい)
・カイロを使う

このような工夫で、電気を使わない車中泊でも自分の体を保温できます。
大切なのは「熱を逃さない」「冷気を入れない」ということです。

三菱 アウトランダーのカスタム例

雪山仕様&フロント・サイドエアダム

純正アクセサリーのフロントエアダムとサイドエアダムでスポーティかつダイナミックなデザインになっています。
ブラックのホイールもボディカラーと合わせていてクールな印象です。
それに加えて、たっぷり収納できるルーフボックスは見た目にも「おっ!」と感じます。
大人数でウィンタースポーツを楽しむときも、ルーフボックスがあると便利です。


過酷な状況でもタフに走れるカスタム

KADDISのパーツでアウトランダーがさらにタフな印象になりました。
ルーフレールラックやサイドステップ、エアロボンネットなど、さまざまなカスタムがされています。
この装備なら、どんな場所でもガンガン走れそうですね!


三菱 アウトランダー「ACTIVE GEAR」も好評!

三菱 アウトランダー「ACTIVE GEAR」2017
三菱 アウトランダー アクティブギア

SUVの楽しさ、頼もしさを感じさせるデザインの「ACTIVE GEAR」も2017年7月に販売されました。
「アウトドア用品のギア感(道具感)」を表現しているデザインは、オレンジ色がポイントになっています。
オレンジ色はアウトドア用品の登山ロープやバックパックなどにもよく使われています。
そのため「使える道具」感が演出できることや、太陽や炎などの明るい前向きなイメージ、その明るさから「新しいことへの挑戦」といったメッセージも含まれ、乗っているだけでチャレンジ精神も高まりそうです。

グレード「Safety Package」がベース車のため、予防安全技術「e-Assist」が標準装備されていることもポイントです。

三菱 アウトランダー「ACTIVE GEAR」2017 テールゲートスポイラー

ディーラーオプション設定で「ACTIVE GEAR コンプリートパッケージ」も用意されています。
テールゲートスポイラー、アルミホイールにロゴのデカール、専用フロアマットでさらに力強いデザインになります。

三菱 アウトランダーはいつ新型へフルモデルチェンジ?

カレンダー

中国や北米でも販売が好調なアウトランダーは、三菱もこれから力を入れて開発を進めることは間違いありません。

三菱の2017年度第2四半期決算報告によると、「電動化戦略」の項目にアウトランダーPHEVが2020年以降に登場する、といったことが記されていました。
2012年に最後のフルモデルチェンジしたアウトランダーは、これまでのモデルチェンジスパンから考えても、2020年前後に次のフルモデルチェンジがあるという予想は妥当な線といえます。
ただ、残念ながらそのときにPHVではないアウトランダーのラインナップがあるかどうかはわかりません。

三菱はPHVだけでなく、三菱 ミーヴのようなEVにもこれまで力を入れてきました。
日本のみならず、海外への展開を考えたとき、EV、PHVに力を入れることは必須といえます。
ガソリン車のアウトランダーのファンにとっては少し不安な展開となるでしょう。
今後の情報に期待です。

三菱 アウトランダーでアウトドアを楽しもう!

三菱・アウトランダー

アウトランダーは今回紹介したガソリンのみのタイプとPHEVがありますが、ガソリンのみのタイプは重量が軽い分、軽快に走れることが魅力です。
PHEVがアウトドアに使いやすいと話題ですが、こちらはガンガン走れるところがポイントです。
もちろん、車中泊やカスタムもおすすめです。
アウトドアの強力なサポーター・アウトランダーで、楽しい思い出を作りましょう!

三菱 アウトランダーに関連するおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!