初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【錦織圭も】ジャガーXFのステーションワゴン「スポーツブレイク」 11月27日発売!価格など最新情報

錦織圭選手も出席した「スポーツブレイク」初公開イベントの模様をリポート!11月27日、ジャガーXFのステーションワゴン「スポーツブレイク」発売に伴い、渋谷ヒカリエで日本初公開されました。スペックや価格とともにご紹介します。

11月27日 ジャガー新型XF スポーツブレイクがヒカリエで日本初公開!

マグナス・ハンソン氏と錦織圭選手

マグナス・ハンソン氏と錦織圭選手

2017年11月27日に渋谷ヒカリエにて、ジャガーXFの新型ステーションワゴン「スポーツブレイク」の発表会が開催されました。
この発表会には、ジャガーの公式アンバサダー、錦織圭選手が登場しました。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンの代表取締役社長、マグナス・ハンソン氏は、新型XF スポーツブレイクを「Ready to Play」と形容、現在けがで療養中の錦織圭選手の状況と重ね合わせて紹介しました。

この記事の後半に、錦織圭選手のフリートークの様子などをご紹介します。

ジャガー・ランドローバー・ジャパン広報部若林氏と錦織圭選手

ジャガー・ランドローバー・ジャパン広報部若林氏と錦織圭選手

MOBY編集部ごめす がXFスポーツブレイクの発表会から速攻レビュー

ジャガー新型XF スポーツブレイクのエクステリアデザイン(外装)

XF スポーツブレイクの前後ライト

ジャガー XFスポーツブレイク

© MOBY

ジャガー XFスポーツブレイク

© MOBY

ジャガーの新しいアイコンである‘J’ブレードのシグネチャーライトを組み合わせたアダプティブLEDヘッドライトは、F-TYPEからインスパイアされたLEDテールランプとあわせて実用性と美しさを兼ね備えたものになっています。

フロントマスクはセダンタイプと変わらず、縦型グリルとボンネットの深いパワーバルジが特徴的です。

XF スポーツブレイクのサイド&リアビュー

ジャガー XFスポーツブレイク

© MOBY

ジャガー XFスポーツブレイク

ジャガー新型XF スポーツブレイクは、ワゴンにも関わらず、低めに抑えられたDピラーによりクーペを思わせるスタイルになっています。
オプションによりクラス最大級であるパノラミックサンルーフを選択可能です。

5人乗りの室内は十分な広さを持ち、ラゲッジルームは通常で565L、リアシートを折りたたんで最大1,700Lになります。
大積載量に対応しており、性格なハンドリングを維持するセルフレベリング機能付きリアサスペンション裝備しています。

ジャガー新型XF スポーツブレイクのインテリアデザイン(内装)

XF スポーツブレイクの前席とセンターコンソール

ジャガー XFスポーツブレイク
ジャガー XFスポーツブレイク

ナビゲーションシステムには10.2インチタッチスクリーンを搭載。
直感的な操作とボイスコントロール機能によりスムーズな運転をアシストします。

XF スポーツブレイクの後席

ジャガー XFスポーツブレイク

キャビンにはレザーが使われ、カーボンファイバーやウッドパネルフィニッシュと合わせて上質さを感じさせるものに仕上がっています。

リアシートの足元と頭上にはゆとりある空間が用意されています。
また、インテリアムードランプやLEDインテリアライトなど、車内を快適に使うための照明も充実しています。

豊富なオプション機能

ハンズフリーパワーテールゲート作動を試す錦織圭選手

ジャガー XFスポーツブレイク

ジャガー新型XF スポーツブレイクには以下のようにオプション機能も充実しています。

・室内を快適に保つイオン空気清浄機
・足をかざすだけで開閉するハンズフリーパワーテールゲート
・クラス最大級を誇る1.6㎡のパノラミックサンルーフ
・ジェスチャールーフブラインドの裝備で、パノラミックサンルーフは軽く手を振るだけで開閉が可能
・鍵を車内においたまま車両の施錠と解錠が可能なリストバンド型アクティビティキー

ジャガー新型XF スポーツブレイクのスペックと燃費

ジャガー XFスポーツブレイク

ジャガー新型XF スポーツブレイクの寸法・重量

全長全幅全高
4,9551,8801,495
ホイールベース車両重量乗車定員
2,9601,8205
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ジャガー新型XF スポーツブレイクのパワートレイン

ターボチャージドクリーンディーゼルターボチャージドガソリン
エンジン種類1,995cc水冷直列4気筒 DOHC1,995cc水冷直列4気筒 DOHC
排気量1,9991,999
最高出力180(132)/4,000250(184)5,500
最大トルク430/1,750365/1,200
トランスミッション電子制御8速AT電子制御8速AT
駆動方式FRFR
使用燃料軽油ガソリン
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ジャガー新型XF スポーツブレイクの予防安全装備

ジャガー XFスポーツブレイク

ジャガー新型XF スポーツブレイクは、ユーロNCAPで五つ星を獲得した高い安全装備を備えています。
搭載されている予防安全装備は以下のとおりです。

サラウンドカメラシステム

車の周囲360度の映像をタッチスクリーンに表示します。
さらに、駐車時に自車および周囲との距離をビジュアル化して表示する「フォワードビークルガイダンス」や、視界が遮られる場所などで前方に進む際に衝突の回避をサポートする「フォワードトラフィックディテクション」を新採用しました。

オートノマスエマージェンシーブレーキ(自動緊急ブレーキ)

ジャガー新型XF スポーツブレイクには自動緊急ブレーキが標準搭載されています。
前方カメラが衝突の危険性を感知すると警告音とインストルメントパネルで知らせて、ドライバーに注意を喚起。
また、衝突の危険性が予測されているにも関わらずドライバーが何も操作しない場合は、自動で緊急ブレーキが作動します。

パークアシスト

センサーがスペースを計測し適切なサイズと判断した場合、車が自動的にステアリングを操作。
ドライバーはブレーキとアクセルを操作するだけのパークアシスト機能です。
縦列駐車の場合は、スペースから出る際のアシストも行ってくれます。

リバーストラフィックディテクション

ブラインドスポットモニターに搭載されたセンサーを使い、ドライバーの死角にある接近車両を検知、警告します。

レーンキープアシスト

意図せず走行中の車線から逸脱しそうになった場合、ステアリングを制御して車線維持をアシストします。

ドライバーコンディションモニター

ドライバーの操作を継続的に分析し、疲労による集中力の低下を検知。
居眠り運転の危険がある場合、ドライバーに休息を促すメッセージを送ります。

ブラインドスポットモニターとブラインドスポットアシスト

ブラインドスポットモニターは、死角にいる車や急速に接近してくる車を検知すると、対応する側のドアミラーに警告ライトを表示します。
ブラインドスポットアシストは車線変更時に死角にいる車を検知し、ステアリングトルクを調整して衝突回避をアシストします。

リバーストラフィックディテクション

視界の悪い駐車場からバックで出庫する際など、動いている車を検知するとタッチスクリーン上で警告します。

ジャガー新型XF スポーツブレイクの価格

ジャガー新型XFスポーツブレイクのエンジン別価格
ディーゼルモデル722万
ガソリンモデル756万
[単位]円(消費税込み)

ジャガー新型XF スポーツブレイクの新車車両価格は722万からとなりました。
ディーゼルモデルで比べると、セダンタイプの一番低価格なモデルと100万以上の差となっています。

ジャガー新型XF スポーツブレイク11月27日発売開始!

ジャガー XFスポーツブレイク

ジャガー新型XF スポーツブレイクの発売は、あらゆるシーンで使えるジャガーXFの誕生といえます。
セダンから受け継ぐ乗り心地と多用途性に優れた室内空間を持つスポーツブレイクは、多様なライフスタイルに対応できる車種といえるでしょう。

次々に新しいスタイルの車種を発表しているジャガーから、今後も目が離せません。

新型XFスポーツブレイク発表会で錦織圭選手のフリートークセッション

フリートークセッションで語る錦織圭選手

新型XFスポーツブレイク発表会のフリートークで話す錦織圭選手

新型XFスポーツブレイクの発表会では、錦織圭選手のフリートークセッションが行われました。
選手が住むフロリダでは、毎日乗るジャガーF-PACEを「相棒」と呼んでいるそうです。
運転中の車内では、邦楽から洋楽、ときにはテンション上げてEDMを聴くとか。
試合前の移動では、集中力を高める空間にもなっているそうです。

けがで療養中の錦織圭選手、2018年への思いをパネルにし語りました。

「力強く復帰」

ジャガー XFスポーツブレイク

錦織圭選手は、半年に及ぶ療養生活を振り返りながら復帰への強い思いを語りました。
「落ちてしまったランキングを取り戻していくのを楽しみながら」とも発言、より強くなって復帰する選手への期待が高まります。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、今後も錦織圭選手とともに「Ready to Play」をキーワードにサポートとすると約束、トークセッションの後にジャガー特製チャームを選手に贈呈するセレモニーが行われました。

特製チャームを記者へ見せる錦織圭選手

ジャガー XFスポーツブレイク

ジャガーは、F-PACEが2017年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、来年には、新型EV「E−PACE」の発売が予定されるなど、今後の展開に期待が高まります。
2018年は錦織圭選手とジャガーの活躍に注目が集まりそうです。

取材・撮影:宇野 智
文:MOBY編集部

ジャガーの新型車についてのおすすめ記事

ステーションワゴンに関するおすすめ記事

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK