生産台数85台!歴史に消えた幻の車 富士自動車「フジキャビン」とは?

わずか85台しか製造されず、歴史の中に消えた幻の車「フジキャビン」。高級すぎて製造台数が少なかったわけではなく、むしろ安いくらいの車でした。今回はそんな「フジキャビン」の性能と少数生産の理由について紹介します。

富士自動車「フジキャビン」

出典:https://www.toyota.co.jp/

「フジキャビン」は、富士自動車(現・小松製作所)が1956年から1957年まで生産していた、二人乗りの超小型車です。
戦後の物不足の時代、少ない資材で生産できる安価な乗用車として開発されました。

車両データ / Vehicle Data

全長 / Length  2950mm
全幅 / Width  1270mm
全高 / Height  1250mm
車両質量 / Vehicle Mass 150kg
ホイールベース / Wheelbase 2000mm
エンジン形式 / Engine Type 空冷単気筒2サイクル Air-cooled, single-cylinder, 2-cycle
総排気量 / Total Displacement 121cm3
最高出力 / Maximum Output 5/3.7/5000((hp/kw/min-1)

出典:https://www.toyota.co.jp/

画期的な設計

出典:http://blog.ap.teacup.com/

出典:http://blog.ap.teacup.com/

「フジキャビン」の設計は、「ダットサン」「フライングフェザー」をデザインした工業デザイナー「富谷龍一」が行いました。
ボディは当時としては画期的なFRP(繊維強化プラスチック)の一体成型で作られており、軽量かつ一定の強度を持つことに成功しています。

エンジンは自社で生産していたオートバイ用エンジン(当時のバイクでは主流だった122㏄のもの)を流用しており、カタログスペックでは60km/hを出すことができるとしています。
馬力はなんと5.5馬力という、今の常識で考えたら考えられない数字ですが、130~150㎏という車体の軽さが幸いし走行は問題なかったといいます。

空冷単気筒2サイクルエンジンを備えたボディは、わずか130kgで最高速度は時速60km。限られたスペースを生かした室内や空力的なボディデザインなど革命的な試みではあったが、FRPの製作技術がこれに伴わず、わずか85台製作されただけであった。

出典:https://www.toyota.co.jp/

富谷龍一(とみや りゅういち)とは?

彼は、日本の自動車工学の草分けともいわれる人物で、千葉大工学部を卒業後、昭和9年に自動車製造株式会社(後の日産自動車)に入社し、ダットサンなど、数々の名車の設計に関わってきました。後にトヨタ自動車の技術顧問も務めるなど、まさに日本の自動車技術の歴史そのもののような人物でした。

出典:http://otonanokagaku.net/

実物の動画

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す