初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型コンセプト「FT-AC」初公開!次期ランクルかRAV4か?

トヨタの新型コンセプトカー「FT-AC」が、ロサンゼルスオートショー2017で初公開されます。新型FT-ACは、次期型ランクルや次期型RAV4であるとも予想されていますが、実際はどうなのでしょうか?FT-ACに関する最新情報と噂をまとめました。

トヨタ新型コンセプト「FT-AC」がロサンゼルスオートショーで公開

ロサンゼルスオートショーで世界初公開

トヨタは、ロサンゼルスオートショー2017において、新型コンセプトカーの「FT-AC」を世界初公開しました。

FT-ACはアウトドアを楽しむ人々をターゲットに絞ったコンパクトSUVで、ランドクルーザーなどトヨタSUVの伝統を踏襲した力強いデザインと、車載Wi-Fiなどの便利機能で楽しくアクティブな休日の過ごし方を提案します。

公開前のティザー画像

トヨタ FT-ACコンセプト

FT-ACという車名は「フューチャー・トヨタ・アドベンチャー・コンセプト」の頭文字に由来しており、以前からトヨタ車の未来を示す冒険的なコンセプトモデルであると見られていました。

先行公開された1枚のティーザー画像からは、詳細なデザインこそ判別できないものの、フェンダーが左右に張り出したタフなシルエットから、オフロード車になることが予想されていました。

ロサンゼルスオートショー2017についての記事はこちら

トヨタ FT-ACのエクステリアデザイン(外装)

FT-ACのエクステリアデザインは、20インチホイールを採用したトヨタSUVの伝統を匂わせる力強いデザインに、側面まで回り込んだLEDヘッドライトなど個性的なデザインを追加しています。
フロントとリヤにはアンダーガードが装備されており、悪路での走行性能の高さが再現されています。

アウトドア向けの快適装備が充実

FT-ACには、アウトドア向きの快適装備が多く備わっています。
ルーフラックにはモバイル端末で調光可能のLEDライト、サイドミラーには小型カメラが搭載されており、カメラで撮影した悪路走行の様子などを車載Wi-Fiでストレージにアップ、そこからスマートフォンなどで写真や動画をSNSアップすることができます。
また、フォグランプは取り外しが可能、懐中電灯やマウンテンバイクのライトとして使用できます。
位置情報機能も備わっているので、車をベースとしたキャンプが楽しめるモデルとなっています。

トヨタ FT-ACのパワートレイン

ロサンゼルスオートショーにて、FT-ACの詳しいスペックは公表されませんでした。
しかし、パワートレインとしてはガソリンエンジンと次世代ハイブリッドエンジンの採用を考えていること、さらに駆動方式は左右後輪に駆動トルクを適切に配分するトルクベクトル式4WDを設定するとのことです。

トヨタ FT-ACの新車価格

FT-ACの車両価格

新型FT-ACの車両価格は明らかになっていません。
スペックが不明なため価格予想もできませんが、FT-ACはあくまでコンセプトカーですので、公式から販売価格が発表されることもないと思われます。

FT-ACは次期ランクル?RAV4?

一部メディアにおいて、FT-ACが「ランドクルーザー(ランクル)」もしくは「RAV4」の次期型になるのではないか、という予想がされています。

FT-ACをランクルの次期型と見るか、RAV4の次期型と見るかはメディアによって違いますが、両車ともにフルモデルチェンジの噂があることは事実です。
そのため、FT-ACがランクルとRAV4のどちらの次期型であってもおかしくはないでしょう。

もしくは、FT-ACが既存の車種とは関係のない全く新しい車種として開発されている可能性もあります。
真相はロサンゼルスオートショーで明らかになると思われましたが、結果として明言はされませんでした。
ただし、どちらと言えば次期ランドクルーザーの可能性より、次期RAV4となる可能性の方が高そうです。

現行型ランドクルーザー200

ランドクルーザー200 ZX

ランドクルーザーとは、トヨタが1954年から製造・販売している大型SUVです。
日本では「ランクル」の通称で知られており、同一車名で継続生産されている車種としては、日本車で最も長い63年以上にわたる歴史を持ちます。

頑丈な車体と信頼性の高い駆動系を持ち、あらゆる路面において優秀な走破性能を発揮するランドクルーザーは、雪原や砂漠、紛争地帯など、地球上のあらゆる場所で活用されています。
世界的な評価も高く、特に耐久性に関しては右に出るSUVがいないと言われるほどです。

2007年に登場した現行型のランドクルーザー200は、すでに発売から10年が経過しており、そろそろフルモデルチェンジを行うという噂も聞こえて来ています。
FT-ACが次期型ランドクルーザーになるという予想も、この噂に端を発するものです。
確かにランクルであれば、FT-ACの「冒険」というコンセプトのイメージに合致しますね。

ランドクルーザーのフルモデルチェンジに関する記事はこちら

現行型RAV4(海外モデル)

4代目RAV4 北米仕様車

RAV4(ラヴフォー)とは、トヨタが製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
1994年に登場した初代RAV4は、コンパクトながらも優れたオフロード性能を持つSUVとして人気を博しました。
他社からも対抗車種を発売させる流れを作り出すなどしたRAV4は、後のクロスオーバーSUV市場に大きな影響を与えました。
そのため、初代RAV4はクロスオーバーSUVの先駆けとも言われています。

2013年に発売された現行型の4代目RAV4は、日本国内では販売が行われていません。
なぜかというと、4代目RAV4は同時期にモデルチェンジを発表した3代目「ハリアー」とプラットフォームを共有する姉妹車の関係にあったからです。
姉妹車の競合を防ぐ目的で、日本国内において4代目RAV4は未発売になったというわけですね。
ただ、単にRAV4の国内需要が見込めないから発売されなかったという見方もあります。

海外で4代目RAV4が発売されて以降も日本国内では3代目RAV4が継続販売されていましたが、事実上の後継車種となる「C-HR」の登場によって、国内販売は2016年に終了となりました。
しかし、トヨタでは現在4代目RAV4をフルモデルチェンジして、2019年に日本国内での販売を復活させることを検討しているといいます。
このフルモデルチェンジした次期型RAV4が、FT-ACであると噂されているのです。

RAV4のフルモデルチェンジに関する記事はこちら

FT-ACはどんな車になる?続報に期待!

トヨタの新型コンセプトカー「FT-AC」に関する最新情報と噂についてお伝えしました。

ロサンゼルスオートショー2017で正式発表されたFT-ACですが、このコンセプトモデルがランクルの次期型なのかRAV4の次期型なのか、はたまた全く新しいモデルとなるのかはまだ分かりません。
しかし、トヨタの「未来」と「冒険」を示すコンセプトモデルであるからには、何かしら革新的な機能を持った車であることは間違いないでしょう。

MOBYでは、引き続き最新情報を皆様にお伝えしていくので、どうぞ期待ください!

トヨタの新型車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

愛車の査定はライブオークション
「カープライス」で簡単に高く売る新時代へ!

おすすめポイント4点!

  • WEBのライブオークション最大800社が入札
  • 2018年、ついに全国展開した新サービス
  • ラスト1分が勝負!?愛車の価格がリアルタイムでグングン競り上がる
  • 安心の三井物産グループ