F1に6輪車が存在していた驚くほど合理的な理由 ティレル「P34」

一目見て「なんじゃこりゃ?」という印象を持つ人がいる一方、「懐かしいなぁ」と思う人もいると思います。ラジコンカーを持っていた人もいるかもしれません。今回はそんな特定の年代の人には有名なF1カーを紹介します。

ティレル「P34」

ティレル「P34」は、かつてイギリスに存在していたレースチーム「ティレル」(当時の日本ではタイレルと表記)が、1976年から1977年までのF1世界選手権に用いたフォーミュラー1カーです。
発表当時は、異例の6輪F1カーということで大変注目を集めました。

1975年9月、衝撃的なマシンがロンドン市ヒーローズ・ホテルで発表されました。発表の日、マシンに掛けられていたカバーが外された時、会場全体が一瞬、静まり返ったそうです。現れたのが、フロントタイヤが異常に小さい、フロント2軸の6輪車だったからです。4輪のフロントタイヤは、スポーツカーノーズとボデーモノコックの間にすっぽりと収まっていて、リヤタイヤとのアンバランスさに、驚かずにはいられなかったのでしょう。

出典:http://park3.wakwak.com/

実際の走行動画

誕生の経緯

最大の特徴である6輪になった経緯は、空気抵抗の減少を目的として、フロントタイヤを小さくしたことから始まります。
フロントタイヤを小さくすると、タイヤ接地面積が減少してしまいます。
これを補うために、フロントタイヤを4輪にしたことで史上初の6輪F1カーが誕生しました。

6輪の意味

当初の目的である、空気抵抗の減少によるスピードアップは上手くいきませんでした。
しかし、その過程でタイヤを6輪にしたことで、副産物的な効果が得られました。
接地面積が増えたことでグリップ力が上がり、ブレーキ性能とコーナリング性能が飛躍的に向上したのです。

結果を出す

運用されたのは2年という短い間でしたが、その間に1度の優勝、2位に9回入賞するという結果を残しています。
これを受けてか、他チームも6輪車の開発をしていましたが、実戦投入には至りませんでした。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す