初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車でコンセントを使う方法とは?シガーソケットの取り付けや変換用品についても

車内でコンセントを使うことができるカーインバーター。カーインバーターは車の12V電源を家庭用100V電源へと変換できる優れものです。簡易的なものではシガーソケットに差し込むだけで使用可能ですが、使用の際には注意点があります。高度な使い方とともにご紹介します。

車でコンセントを使う方法とは?

家庭用コンセント

電気は生活に欠かせない存在です。
身の回りのあらゆるものが電気で動いていて、燃料を消費して走る車もまた電気がなければ動かすことができません。
それなのに、なぜ車にはコンセントがないのでしょうか。
車内で家電製品が使えれば、旅行やキャンプで大活躍。
また緊急の仕事で長時間にわたりパソコンを使用しなければならないといったシーンでも重宝すること間違いなしです。

そのためには「DC-ACインバーター」という装置が必要になります。
車内で家電製品が使えるインバーターの使用方法を解説します。

家庭用電源に変換するインバーターとは?

・車のバッテリーでDC12V直流電力からAC100V交流電力に変換
・ACコンセント2つとUSB2ポートを搭載
・冷却ファンと使用状況を示すLEDライト付き

電気は直流電源(DC)と交流電源(AC)の2種類に分けられます。
その違いを波にたとえると、プラス(もしくはマイナス)の電気が波打つことなく一定に流れるのが直流電源。
それに対し交流電源は、プラスとマイナスをいったりきたりする波のような電気波形になるのが大きな違いです。
また、車の電気装置は12Vの低い電圧の直流電源で動くのに対し、家電製品は100Vの交流電源で動いています。
車でコンセントが使えるようになるインバーターとは、直流電源を交流電源に変換して、12Vから100Vへと昇圧してやるための装置なのです。

インバーターはシガーソケットに差し込むだけ

ACC電源を取れるシガーライター

市販の車載用インバーターの取り付けには特別な方法は必要ありません。
インバーター装置からでているケーブルの先についているコネクタをシガーライターソケットに挿すだけです。
最近ではシガーライターソケットではなく「パワーアウトレット」と表記されていることが一般的になりました。
たったこれだけで、車から供給された12Vの直流電源が装置内で100V交流電源へと変換され、あとはインバーターのコンセントに電源プラグを挿すだけで家電製品が使えるようになります。

インバーターは電気変換の際に熱を発生させるため、多くの製品には冷却ファンが搭載されています。
ファンの換気口を塞ぐ場所に設置するのは故障の原因になるので避けたいところです。

インバーターを使う際の注意点

注意 警告 看板

©Shutterstock.com/ NEGOVURA

カーインバーターで家電製品を使うには、小難しい電気の知識は必要ありませんが、消費電力については知っておく必要があります。
家電製品には機器どれくらいの電気を消費するかを示すW(ワット)数が記載されています。
家庭用電源でも、同時にたくさんの電気を使いすぎるとブレーカーが落ちるように、インバーターには対応できるワット数の上限が製品によって決まっているため、上限以上に消費電力の高い機器は使用することができません。
多くのカーインバーターが150Wから300Wの電気製品までの対応になっています。
無理に高いワット数の電気製品を使うと、想定以上の電流が流れるため、インバーター内のヒューズが切れて、インバーター装置を保護するようになっています。

なお、家電製品の消費電力は使用方法により変動しますので、最大消費電力を目安にするとよいでしょう。
家電製品の一般的な消費電力を表にまとめてみました。

機器名消費電力機器名消費電力
電動歯ブラシ充電2w家庭用ゲーム機40〜200w
携帯電話・
スマートフォン充電
15〜30wヘアアイロン200〜400w
ポータブルDVDプレーヤー10〜20w電気ポット700〜1000w
小型液晶テレビ50〜80w炊飯器300〜1300w
フットマッサージャー20〜100w電子レンジ700〜1300w
ノートPC50〜120wドライヤー800〜1500w

バッテリー上がりには要注意!

エンジンが動いている状態ならばオルタネーターから電気が供給されますが、エンジンが停止している状態ではバッテリーから電気を持ち出すことになるため、バッテリー上がりには注意する必要があります。
電圧計を取り付けて監視することで、エンジン始動不可能なバッテリー電圧まで低下することを防ぐことができます。
一般的に電圧が10.5Vを下回ると、バッテリーとして完全に機能しなくなるのでご注意ください。

正弦波と短形波

車内で家電製品を使える便利なカーインバーターですが、全ての製品が使えるわけではありません。
家庭用電源では「正弦波」という整った波形の電気が使われています。
カーインバーターのなかには、擬似的な正弦波である「短形波」の簡易的な製品も販売されています。
「短形波」のインバーターでは一部の液晶テレビなどの精密電子機器は使えない恐れがあります。
精密電子機器を車内で使う場合には「正弦波」と表示されたカーインバーターを準備しましょう。

さらにハイレベルなカーインバーター

300Wでは物足りないという方には、さらにハイワットに対応した製品も販売されています。
シガーソケットから電源を取るインバーターの消費電力上限は、車両の電源配線の細さに起因するもので、純正の電源ケーブルでは、ハイワット時の大電流に絶えきれず、ケーブルが溶けるなどのトラブルが発生してしまいます。
車のバッテリーから太いケーブルを直接配線を取る方式のカーインバーターならば、さらに大電力を扱うことも可能です。

さらに本格的な車載電源

・COTEK 正弦波DC-ACインバーター
・G&Yu BATTERY ディープサイクルバッテリー
・COTEK PFC搭載マイコンハイテクチャージャー

インバーターによる家電製品の使用は、大きな電力を使うほどバッテリーへの負担が増えてしまいます。
バッテリー上がりに怯えてエンジョイできないのでは本末転倒です。
そこで、キャンピングカーのようにバッテリーをもう一つ搭載して、インバーター用のバッテリーとして駆動する方法があります。
サブバッテリーを使用することで、バッテリー上がりの心配をすることなく、長時間のインバーター使用を可能にします。
高度な電気配線の知識が必要になりますが、車中泊の長期旅行などには必須装備といえるでしょう。
ただし、通常の鉛バッテリーでは充電時に水素ガスが発生してしまうので、車内に設置する場合には換気設備や密閉式バッテリーを選択するなどの対応が必要です。

車の楽しみ方を広げるカーインバーター

車中泊 夏 キャンプ

©Shutterstock/Dmitry Sedakov

車内で家電製品が使えると、車の楽しみ方がグッと広がります。
電気代としての燃料費は少々割高になってしまううえ、電気の変換ロスも少なくありませんが、屋外で家電を使えるというのは他に換えがたいメリットをもたらします。
キャンプ場で映画を楽しんだり、出先で身だしなみを整えるといった使い方も可能です。
さらに、なににも縛られることのない自由気ままな車中泊の旅というのも夢ではなくなるでしょう。
また停電時や災害時の備えとしても、常備しておきたいアイテムです。

電気は生活に欠かせない存在です。
カーインバーターを利用すれば、車を移動式生活空間としての使い方や楽しみ方ができるようになるでしょう。

キャンプや車中泊に関する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す