初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【2017年版】4WD(四駆)のスポーツカー人気車種TOP10!外車がやっぱりかっこいい

スポーツカーの中でも最新の4WDシステムを採用した車は、コーナーも直線も四輪に無駄なくトラクションが掛かり、どこを走っても速い車に仕上がっています。国産車、外車を問わず2017年現在、新車で購入できるかっこいい4WDスポーツカーの人気ランキングをお届けします!

4WDとは?

オフロードのイメージも強い4WD

4WDとは”4 Wheel Drive”のことで、日本語では「四輪駆動」と表記します。
メーカーによっては、AWD(All Wheel Drive)と表記することもあります。
「フルタイム方式」「パートタイム方式」「スタンバイ式」「フルタイム/パートタイム複合式」など様々な種類があり、最近はモーター駆動を組み合わせた4WDも登場しました。

いずれの方式であっても4WDは「エンジンからの出力を、四輪すべてに伝達して駆動する方式」であるといえます。

4WDは悪路走破性の高さが注目されることが多いため、山道や雪道などのオフロード走行が可能な車が連想されがちです。
しかし現代では、舗装された路面だけを目的とした4WDスポーツカーも登場してきました。

4WDやAWDの詳細はこちら

4WD(四駆)のスポーツカーの魅力

速く安全に走行できる4WD

日本の4WDスポーツカーとして有名な 日産 GT-R

日産 GT-R EGOIST 2010年代のスーパーカー

車の駆動方式である「FF」「FR」「MR」「RR」は、前輪もしくは後輪のみの駆動です。
いずれも路面状態、天候、重量バランスなどの違いによって特有の運転スタイル、スキルが必要になります。

対して4WDは、前輪/後輪のどちらかではなく四輪で駆動することにより、前輪駆動/後輪駆動の運動性能の弱点を補うことができます。
それにより誰が運転しても、速く安全に走行することが可能です。

4WDの悪路走破性の高さが注目されるのも、前輪駆動/後輪駆動の車よりも多彩なシーンで安全で安定した走りをすることができるからです。

なぜスポーツカーに4WDが必要なのか?

オフロード車で注目されがちな4WDですが、舗装された道路を走るスポーツカーに採用されるのにも理由があります。

前述したとおり、4WDはエンジンからの出力を四輪すべてに伝達して駆動するシステムです。
エンジンからのパワーが前輪のみ/後輪のみに伝わる「FF」「FR」「MR」「RR」と比べて、4WDは路面を捉えて車を前に進める力が大きくなります。
路面をしっかり踏みしめる&蹴る力が強い4WDは、タイヤが空転しにくく、砂や雪の上でも、舗装された道路でも走ることができるというわけです。

また、昔「4WDは曲がらない!」という定説があり、FFやFRなどに比べ4WDはコーナーリングが苦手とされていました。
しかし、車のコンピューター制御技術が向上した現代においては、各タイヤへのパワーの配分や伝え方も緻密にコントロールすることができるようになりました。
そのため、スペックの面では苦手なコーナーリングを克服したうえ、路面や天候に左右されずにエンジン出力を四輪に無駄なく伝達することができるという点で、4WDスポーツカーが人気となってきているのです。

以上のことから、4WDは現代における最速のスポーツカーにとって必要なシステムになりつつあります。

外車が優勢?最新の4WD(四駆)スポーツカーをランキング

日本の4WDスポーツカーとして有名な 三菱 GTO

三菱 GTO

©everystockphoto.com/Tom@HK

現在の日本では、そもそもスポーツカーと呼べる国産車が非常に少なく、外車勢に一歩及ばずといった感じです。
さらに4WDスポーツカーとなると、対象となる車は圧倒的に少なくなります。

また、すでに生産を終了した国内外4WDスポーツカーについては、最新の4WDシステムを搭載したモデルとは技術的な差が大き過ぎます。

ここでは2017年に新車で購入することができる、最新の4WDシステムを採用した国内外の4WDスポーツカーを、MOBY編集部のdくじ調査やネットの口コミなどをもとにランキング形式でお届けします!
外国産4WDの多数ランクインが予想されますが、日本産4WDはどこまで対抗できるでしょうか。

【第1位】4WD(四駆)のスポーツカー人気車種

ランボルギーニ アヴェンタドールS LP740-4

ランボルギーニ アヴェンタドールS 2016

ランボルギーニ アヴェンタドールS LP740-4は、ランボルギーニのフラッグシップです。
ランボルギーニの4WDモデルは、1993年に登場したディアブロ VTから採用されましたので、ランボルギーニはスポーツカーの4WDとして20年以上の実績があります。

車名の数字「740」は740psを、「4」は4WDを意味します。
ミッドに搭載したV型12気筒エンジンのハイパワーは、4WDだからこそ四輪すべてで受け止めて無駄なく路面に伝えることができるのです。

【第2位】4WD(四駆)のスポーツカー人気車種

ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ

ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ

ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテは、2017年春のジェネーブショーで発表されました。
出力は640psに達する V10エンジンの最新型4WDスポーツカーです。

マイナーチェンジでフロントのデザインが一新され、アヴェンタドールのフロントにも採用されている牙のように見えるデザインとなりました。

多くのカーボンパーツを使用することにより、従来モデルより40kgのダイエットに成功。
軽量化は重さが仇となりがちな4WDにとって大きなポイントです。

【第3位】4WD(四駆)のスポーツカー人気車種

アウディ R8

アウディ R8

アウディ R8は、5.2L V10エンジンをミッドに搭載した、アウディでは史上最高となる610psを発揮する4WDスポーツカーです。
アウディ傘下となったランボルギーニ ウラカンと共通するプラットフォームですが、ウラカンとは異なる次元の走りを追求した車に仕上がっています。

5.2L V型10気筒というハイパワーエンジンを搭載しているにも関わらず、とても扱いやすい車に仕上がっているというR8。
街中でも高速道路でも高級セダンのような乗り心地で静かな安定した走りを実現します。

なお、R8にはアウディスポーツ初の後輪駆動車「R8 V10 RWS」が台数限定でラインナップする予定です。

【第4位】4WD(四駆)のスポーツカー人気車種

ホンダ NSX(New)

ホンダ NSX 130R ホワイト

1990年に登場した初代NSXから26年の歳月を経て、2016年に登場した新型NSX。
初代NSXはMRでしたが、新型NSXはハイブリッド システムを採用した4WDスポーツカーです。

デザインは日本人が担当しましたが、開発はホンダ R&D アメリカが担当し、製造もアメリカ(オハイオ州の工場)であるため、日本での販売はアメリカからの輸入となります。
正規ディーラー「ホンダカーズ」でのメンテナンスには専用設備が必要で、認定されたサービスエンジニアだけが作業するという万全な体制でユーザーをバックアップします。

【第5位】4WD(四駆)のスポーツカー人気車種

ポルシェ カレラ4

ポルシェ 911 カレラ4

ポルシェを代表する車種と言えば、やはり「カレラ」でしょう。

ポルシェの4WDシステムは1970年代後半から開発が始まり、1986年に限定車として生産されたポルシェ959で採用されました。
その後4WDシステムは改良が加えられ、市販車のカレラ4に搭載されました。

4WDシステムはカレラ4だけではなくターボモデルにも採用されています。
RRのリアヘビーであったカレラのウィークポイントを補う4WDシステムとして、速さと安定さを両立した走りを実現します。

【第6位】4WD(四駆)のスポーツカー人気車種

日産 GT-R

日産 GT-R 2017年型

日本を代表する4WDスポーツカーと言えば、日産GT-Rを挙げる方も多いのではないでしょうか?
4WDとなったのは、1989年の3代目R32型と呼ばれるタイプで、車名は「スカイラインGT-R」でした。
車名が「GT-R」となったのは、2007年からの6代目R35型からです。

ストリートだけではなく、レースシーンでも大活躍のGT-Rはマイナーチェンジごとに進化を遂げており、R32型の280psから最新のR35型は565psまで引き上げられました。

【第7位】4WD(四駆)のスポーツカー人気車種

ジャガー Fタイプ(AWD)

ジャガー新型F-TYPE

2013年に登場したジャガーのスポーツラインナップ「Fタイプ」は、基本モデルはFRですがAWDの設定があります。
AWDシステムは、Fタイプ RとFタイプ SVRには標準装備となっています。

独自のインテリジェント・ドライブ・ラインダイナミクスを備えたAWDシステムは、あらゆる路面状況でも完璧なバランスで安定したハンドリングにて安心して走行することができます。

【第8位】4WD(四駆)のスポーツカー人気車種

フェラーリ GTC4 ルッソ

フェラーリ GTC4 ルッソ

フェラーリ GTC4ルッソは、フェラーリ市販車の中で唯一の4WDシステムのV12エンジンを搭載しています。

先代のフェラーリFFから引き継がれたデザインをよりエレガンスに仕立てたGTC4ルッソは、スポーツ・クーペとステーションワゴンを合体させたような「シューティングブレーク」というボデイです。
サーキットなどを想定した4WDスポーツ勢とは少しジャンルは異なりますが、走行性能は折り紙付き。
前身車「FF」の「フェラーリでスキーに出かける」というコンセプトはそのままに、雪道を力強く駆け抜けることができます。

また、フェラーリ GTC4ルッソTはエンジンがV8となり、駆動方式は4WDではなくFRとなっています。

【第9位】4WD(四駆)のスポーツカー人気車種

スバル  WRX STI

スバル WRX STI 2017

スバル WRX STIは、2010年に「インプレッサ WRX STI」から「WRX STI」に改名されました。

4ドアセダン、5ドアハッチバックというスタイルは、いわゆるスポーツカーやスポーツクーペのイメージとは少し異なるかもしれません。
しかし、WRX STI(インプレッサ)は、スバルがWRC(世界ラリー選手権)や24時間耐久レースなどの世界トップクラスのタフなレースで勝利するために作られたモデルです。
ラリーシーンを席巻したその雄姿は立派なスポーツカーと言えるでしょう!

日本を代表するラリーカーのカラーリングを模したWRX STIを路上で見かけたことがあるという方もいるかもしれません。

【第10位】4WD(四駆)のスポーツカー人気車種

アウディ TT

アウディ TT RS クーペ 外装

アウディTTは1998年に登場した初代のデザインが話題になりました。
1995年に発表されたスタディ・モデルがほぼそのままに市販された姿は斬新で、TTの印象を決定付けるデザインでした。

現在は2015年から発売されている3代目となりましたが、そのデザインはアウディTTとわかる独特な雰囲気を残しています。
よき伝統にエレガントで高級なイメージが融合した、新しいTTを演出するデザインです。

4WD(四駆)のスポーツカー人気車種一覧表

順位メーカー車種
1ランボルギーニアヴェンタドール
2ランボルギーニウラカン
3アウディR8
4ポルシェカレラ4
5ホンダNSX (New)
6日産GT-R
7ジャガーFタイプ
8フェラーリGTC4 ルッソ
9スバルWRX STI
10アウディTT

現在、日本には4WDどころか、スポーツカー自体が少ないのが非常に残念です。
対して、外国産4WDスポーツカーはその性能だけではなく、スポーツカーとしてかっこいいスタイリングでしたね。

国産の4WDスポーツカーもぜひ、外車に追いつけ追い越せで、かこいい車が出てくることを期待したいです。

スポーツカーに関するおすすめランキング記事はこちら

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!