初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

EveryGo(エブリ・ゴー)ホンダの新レンタカーサービス開始!料金や他との違いを比較

ホンダの新レンタカーサービス「EveryGo(エブリ・ゴー)」がサービスを開始!本記事では、手軽に使えるホンダのレンタカーサービス「EveryGo(エブリ・ゴー)」の特長や利用料金などについて解説し、他社サービスとの違いについても比較しています。

ホンダの「EveryGo(エブリ・ゴー)」がサービス開始!

ホンダの新たなレンタカーサービス「EveryGo(エブリ・ゴー)」が、11月9日より東京と横浜にてサービスを開始しました。また、12月からは大阪でのサービスも開始される予定です。

ホンダは2013年11月より、レンタカーにカーシェアリングの利便性を組み合わせた独自のサービス「Honda Carsスムーズレンタカー」を展開してきました。
そして今回の「EveryGo」は、「Honda Carsスムーズレンタカー」をさらに発展させたものとなります。

本記事では、「EveryGo」の利用料金や他社のレンタカーサービスとの違いをまとめました。

ホンダの「EveryGo(エブリ・ゴー)」の主な特長

ホンダの新レンタカーサービス「EveryGo」には、以下の特長があります。

カーシェアリングとレンタカーを組み合わせた新たなスタイル

「EveryGo」は長時間利用が前提のレンタカーでありながら、ウェブサイトでいつでも予約ができ、無人のステーションから借り出すことができます。

手頃な料金設定

「EveryGo」は8時間利用の基本料金が3,780円からという、手頃な料金設定が魅力です。

会員カードが不要

「EveryGo」では、ICカード運転免許証を使用してレンタル車の解錠を行うので、専用の会員カードが不要です。

充実・安全のホンダ車を用意

「EveryGo」ではN-BOXをはじめとした、さまざまなホンダ車が利用可能であり、先進安全運転支援機能「ホンダ センシング」の搭載車種も導入しているので、安全性も抜群です。

都市部で気軽に利用できる環境

「EveryGo」は、東京地区、横浜地区、大阪地区でサービスを展開し、地区内のホンダ店やコインパーキングなどに無人ステーションを設置することによって、多くの人が気軽に利用することができます。

ホンダの「EveryGo(エブリ・ゴー)」の利用方法

1:「EveryGo(エブリ・ゴー)」に登録

「EveryGo」を利用するには、専用ウェブサイトから登録申請を行う必要があります。
登録申請に必要なものは、ICカード運転免許証とクレジットカードの二つだけであり、所要時間も約10分程度と非常にお手軽です。

免許証写真のアップロードやSMS認証を行うと、通常2~3日程度で登録申請が完了し、「EveryGo」のサービスが利用可能となります。

2:「EveryGo(エブリ・ゴー)」の利用を予約

「EveryGo」を利用するには、事前の予約が必要となります。
予約は会員サイトから24時間いつでも行うことができ、車をレンタルしたい近場のステーションを検索することも可能です。

3:「EveryGo(エブリ・ゴー)」でレンタルした車を利用

「EveryGo」でレンタルした車を利用するには、ICカード運転免許証が必要です。
車の外装に設置されたカードリーダーを確認したら、事前に情報を登録しておいたICカード運転免許証をかざしてドアを解錠しましょう。

4:「EveryGo(エブリ・ゴー)」でレンタルした車を返却

「EveryGo」でレンタルした車は、返却時間までに出発時と同じステーションに返却しましょう。
車内の簡単な清掃を行い、ICカード運転免許証で施錠をした時点で、返却処理は完了です。
利用料金は、入会時に登録したクレジットカードで支払われます。

ホンダの「EveryGo(エブリ・ゴー)」の利用料金

価格 お金 費用 税金 維持費

©shutterstock / Grzejnik

「EveryGo」は月額利用料金が無料で、基本料金も8時間3,780円からと非常にお手頃です。
保険料と燃料費は利用料金に含まれますが、1kmあたり15円の距離料金が発生します。
また、8時間以降は15分毎に75円の延長料金が加算されますが、無断で延長した場合には、15分毎に400円が加算されてしまうので注意しましょう。

車種別の利用料金は以下の表の通りです。

基本料金(8時間まで)8時間以降15分毎
軽自動車・福祉車両3,780円+75円
コンパクトカー4,780円
ミニバン・SUV5,780円
距離料金1kmあたり15円

ホンダの「EveryGo(エブリ・ゴー)」で利用可能な車種

「EveryGo」で利用できるホンダの軽自動車

ホンダ 2代目N-BOX

「EveryGo」で利用できる軽自動車は、2代目N-BOXをはじめとしたNシリーズになります。

・N-BOX ホンダセンシング搭載モデル(2017年9月~)
・N-BOX(~2017年8月)
・N-BOX SLASH
・N-BOX +
・N-BOX + 福祉車両
・N-ONE
・N-WGN

「EveryGo」で利用できるホンダのコンパクトカー

ホンダ フィットハイブリッド

「EveryGo」で利用できるコンパクトカーは、ホンダセンシングを搭載した最新モデルのフィットハイブリッドと、旧型のフィットハイブリッドの2車種です。

・フィットハイブリッド ホンダセンシング搭載モデル(2017年6月~)
・フィットハイブリッド(~2017年5月)

「EveryGo」で利用できるホンダのミニバン・SUV

ホンダ 2代目フリード ハイブリッド

「EveryGo」で利用できるミニバンとSUVは、フリード ハイブリッドの初代モデルと2代目モデル、そしてヴェゼル ハイブリッドの3車種となります。

・フリード ハイブリッド ホンダセンシング搭載モデル(2016年9月~)
・フリード ハイブリッド(~2016年8月)
・ヴェゼル ハイブリッド ホンダセンシング搭載モデル

ホンダ「EveryGo(エブリ・ゴー)」と他社を比較!

以下の表は、「EveryGo(エブリ・ゴー)」と他社のレンタカー・カーシェアサービスの料金や仕様の違いを比較したものです。
軽自動車のN-BOXをレンタルすることを想定した料金を表示しています。

EveryGoタイムズカープラス
(カーシェア)
ニッポンレンタカー
(レンタカー)
月額料金-1,030円
※毎月同額の無料利用分あり
-
貸出時間24時間24時間8時~20時
※場所により24時間営業
貸出方法ネット予約
ICカード運転免許証で無人レンタル
ネット予約
専用会員カードで無人レンタル
ネット・電話予約
店舗で契約書を作成後、支払いを行ってレンタル
保険料基本料金に含む基本料金に含む基本料金とは別に発生
燃料費基本料金に含む基本料金に含む満タンから減った分だけ支払う
基本利用料金8時間まで:3,780円6時間パック:4,020円
短時間利用:15分毎206円
6時間まで:5,400円
距離料金1kmあたり15円1kmあたり16円
※6時間パック、短時間利用では発生しない
-
夜間料金-18時から24時:2,060円
24時から翌9時:2,060円
18時から翌9時:2,580円
23:00~4:59までの夜間手数料:1,080円

カーシェアの比較についてはこちら

ホンダのカーレンタル「EveryGo(エブリ・ゴー)」は手軽さが魅力!

ホンダの新レンタカーサービス「EveryGo(エブリ・ゴー)」の特長や利用料金、他社サービスとの違いについてお伝えしました。

他社のレンタカー・カーシェアサービスと比較すると、「EveryGo」は料金体系がシンプルで分かりやすく、利用料金も比較的手ごろな設定です。
また、月額料金が必要ないので、頻繁にレンタルを利用しない人が登録しても損にはなりません。

他社サービスの煩わしい料金体系や会員グレードにうんざりしているという人は、シンプルさが魅力の手軽なレンタカーサービス「EveryGo」を利用してみましょう。

レンタカーサービスについての記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!