初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

「ダイハツ ムーヴコンテ」&「トヨタ ピクシススペース」のおすすめポイント!

大人気のダイハツの軽自動車のラインナップのなかで、もっとも初心者に運転しやすい、シートの座り心地がとてもいいとして人気の「ムーヴコンテ」。トヨタ自動車も、ダイハツからOEM供給を受け、「ピクシススペース」を発売し、軽自動車業界に参入しました。そこで今回は、ムーヴコンテとピクシススペースに乗ってみたいMOBY読者必見の、ムーヴコンテ&ピクシススペースの魅力を徹底解説したいと思います!

トヨタ「ピクシススペース」はダイハツ「ムーヴコンテ」がベース

ホンダのN-BOXとスズキのスペーシアが競合中の軽自動車業界。
そんな中、新型「キャスト」が発売され、今注目を浴びているダイハツ工業。

そんな大人気のダイハツの軽自動車のラインナップのなかで、「もっとも初心者に運転しやすい、シートの座り心地がとてもいい!」として大人気なのが、黒ぶち眼鏡をかけたマスコットキャラクター「カクカクシカジカ」の可愛くユニークなテレビCMでお馴染みの「ムーヴコンテ」です。

ダイハツ工業の親会社であるトヨタ自動車も、このクルマの影響を受け、2011年にダイハツからOEM供給を受けることとなり、「トヨタ ピクシススペース」として発売し、軽自動車業界に参入しました。

そこで今回は、ムーヴコンテとピクシススペースに乗ってみたいMOBY読者必見の、ムーヴコンテ&ピクシススペースの魅力を徹底的に調査したいと思います!

【動画】ムーヴコンテCM

直線的で美しい四角いボディ

ダイハツ「ムーヴコンテ」

ダイハツ ムーヴコンテ

「ムーヴコンテ」と聞いてまず思いつくのは、やっぱりCMの「カクカクシカジカ四角いムーヴ、コンテ新登場」という懐かしいフレーズですよね。
「ムーヴコンテ」はそのフレーズ通り、外観は四角く、直線的で美しいボディがなんとも魅力的です。

ボディカラーも多彩で、8色と2トーンカラー4種類で、合計12種類のボディカラーから選択することが可能です。
エクステリアのフロントフェイスは、標準型は四角いヘッドライトと、すっきりしたバンパーでなんだかとぼけた感じのとてもシンプルで可愛らしいデザインになっています。
また、カスタム型は四角いヘッドライトの下に丸いライト、バンパー部には横長の長方形のフォグランプが装備され、メタリックなグリルと合わさり、少々押しの強い大人っぽいフロントデザインとなっており、クルマに詳しい人からみれば、トヨタの初代「bB」をそのまま小さくした印象を受けるかもしれません。

トヨタ「ピクシススペース」

トヨタ ピクシス スペースX 2011年
ダイハツ ムーヴコンテ

ピクシススペースは、ムーヴコンテのダイハツマークを全てトヨタマークにした感じのクルマです。
さらに、ムーヴコンテ&ピクシススペースのドアは、なんと90°も開きます。
妊婦さんが乗る時などは大きく開いたほうが楽ですよね!

トヨタ ピクシススペースの詳しい解説はこちら

装備・インテリアは見どころ満載!

アジャスタブルパック

ダイハツ ムーヴコンテ アジャスタブルチルトステアリング

「アジェスタブルパック」と呼ばれる、それぞれの体格にあったドライビングポジションへと調整することができる機能が装備されています。

運転席のシートは、「運転席電動シートリフター」がついていて、運転席を自分の1番運転しやすいポジションへ動かすことができます。
また、ハンドルは「チルトステアリング」となっており、上下に動かすことができ、自分の1番運転しやすいポジションに移動させることができます。
シートベルトも「アジャスタブルショルダーベルトアンカー」が装備されており、上下移動で、ドライブ時のしっくりくるシートベルトのポジションへと調整ができます。

インテリア

ダイハツ ムーヴコンテ 内装

インテリアカラーは、ダークシルバーとブラックを選ぶことができます。
ムーヴコンテのシートは、フランス人デザイナーが手掛けた上質なソファのように座り心地のとてもよいものになっています。
インパネそのものも四角いクルマだけあって、かつてダイハツで販売されていた「ネイキッド」を思い起こさせる水平基調でとってもシンプルなデザインとなっています。

室内空間及びボディサイズ

ダイハツ ムーヴコンテ 室内空間 ボディサイズ

ムーヴコンテ&ピクシススペースの室内高は1350mmと、ライバルの軽自動車よりも少々高めに設定されています。
そして車体全長は、3,395mm、室内長は、2,000mm、前後乗員間距離は、955mm、ホイールベースは、2,490mm、車体全高は、1,655mm、前輪のトレッドが1,300mm、後輪のトレッドが1,295mmとなっています。

ムーヴコンテの燃費はなんと27.6km!

「ムーヴコンテ」を買う時やっぱり気になるのは燃費の良さですよね!
そんなムーヴコンテの燃費は、カスタムRSを除く全車が27.6km(JC08モード)!
さすが軽自動車と思える燃費の良さですね。

ちなみにカスタムRSは24.0kmとなっています。
ミライースでおなじみの「イーステクノロジー」の第2弾を搭載し、驚きの低燃費を実現しています。

小回り利きまくりでボディの見切りがよく、運転しやすい!?

ダイハツ ムーヴコンテ

「ムーヴコンテ」と「ピクシススペース」は、四角いクルマなので、運転席からのボディの見切りがとてもいいです。
更に軽自動車なので、小回りがよく利きます。

その最小回転半径は、なんと4.5m!
優れた小回り性に加え、広い前方視界で、車両感覚が掴みやすく、車庫入れや、縦列駐車もラクラクです!

ムーヴコンテ&ピクシススペースじゃなきゃ味わえないポイント!

「アルトラパン」「N-WGN」「モコ」といったライバルと比較してみると、やはりボディの見切りが一番イイのはやっぱり「ムーヴコンテ」と「ピクシススペース」でしょう。

他のライバル車たちは、形や使い勝手こそ「ムーヴコンテ」と「ピクシススペース」によく似ているものの、ボディがま四角ではないのでそのあたりが負けてしまっていますね。
それだけでなく、シートの座り心地ややわらかさも、「ムーヴコンテ」と「ピクシススペース」がダントツにいいと言えるでしょう! 

発進がとてもゆるやかで、初心者に1番運転してほしいクルマ!

「ムーヴコンテ」は、元気いっぱいでキビキビ走る普通の「ムーヴカスタムRS」と異なり、ゆるやかで優しい発進をします。
それから、カドがあるので、曲がるときとても安心です! 初心者が記念すべき人生初のマイカーとして手に入れるのには1番ふさわしいクルマだと言えるでしょう!

発売からすでに7年が経過し、今さらながらムーヴコンテについて調査してまいりましたが、みなさん、いかがでしたか?
やはり7年の歴史の中で、マイナーチェンジや様々な改良が施され、従来のムーヴコンテとは全く違うクルマとなっていますので、ダイハツとトヨタの最新車もいいですが、ここはぜひ初心者の方もそうでない方も、ムーヴコンテ&ピクシススペースをご検討ください!

この記事の執筆者

T.TAKUMIこの執筆者の詳細プロフィール

車やアウトドア、ファッションなどメンズライフスタイルについて執筆しているフリーランスライター。幼い頃に、父親とトヨタのルシーダで愛知から秋田まで10時間以上かけて里帰りしたことが車を好きになったきっかけ。趣味は靴磨きと旅行。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK