初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ブラックパンサー 実写版2018年3月1日公開決定!劇中車レクサスLC500も発表

2018年3月1日に公開されるマーベルの最新アメコミヒーロー映画『ブラックパンサー』に、レクサスの最新クーペ「LC500」が劇中車として登場します。はたしてLC500は実写版『ブラックパンサー』の劇中において、どのような活躍を見せてくれるのでしょうか?

レクサス LC500がマーベル新作映画『ブラックパンサー』の劇中車として登場!

ブラックパンサー レクサスLC500

『アイアンマン』など、アメコミヒーローの実写作品で知られるマーベル・スタジオの新作映画『ブラックパンサー』に、レクサスの最新クーペ「LC500」が登場します。
これまでのマーベル映画でも、アキュラ「NSX ロードスター」やアウディ「R8」などの新型車やコンセプトカーが劇中車として登場しており、ヒーローたちの活躍を支える役割を与えられてきました。

そして今回の新作映画『ブラックパンサー』においては、アフリカのハイテク国家・ワカンダの王である主人公・ティチャラの愛車として、LC500が登場するといいます。
『ブラックパンサー』の劇中において、LC500に主人公を助ける役割が与えられることは間違いありませんが、はたしてどのような活躍を見せてくれるのでしょうか?

映画に登場する車についてはこちら

『ブラックパンサー』とは?

『ブラックパンサー』とは、アメリカの出版社「マーベル・コミック」が発刊しているアメリカンコミックのタイトル、および主人公のヒーロー名です。
今回の新作映画は『ブラックパンサー』を原作とした実写版となります。

他国と隔絶し、高い技術力を持ったアフリカのハイテク国家・ワカンダの王である主人公のティチャラは、マーベル初の黒人ヒーローです。
歴代の王に受け継がれてきた黒豹を模したスーツを装着し、神秘のハーブによって得られる超人的な力と高潔な精神で戦います。

ティチャラをブラックパンサーたらしめるスーツには、ワカンダで産出される特殊な金属「ヴィヴラニウム」が編み込まれています。
スーツに高い防弾性と柔軟性を与えるほか、振動や音も吸収してしまうヴィヴラニウムの性質による隠密性も備えています。

また、ティチャラは超人的な身体能力だけでなく、科学者としても優秀な頭脳を持っており、数々の発明品によって、仲間や自身のピンチを幾度となく救ってきました。
とくにヴィヴラニウムに関連する技術と知識に関しては、マーベル世界でティチャラの右に出るものはいないといってもいいでしょう。

実写版『ブラックパンサー』について

チャドウィック・ボーズマン ※2017年コミコン サンディエゴでの写真

マーベル・スタジオによる実写版『ブラックパンサー』では、俳優のチャドウィック・ボーズマンが主人公のティチャラ役を務めます。

2016年に公開されたマーベル作品『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』には、今回の新作映画に先んじて、チャドウィック・ボーズマン扮するブラックパンサーが出演。
新作に関係する登場人物や出来事についても描かれているので、ぜひチェックしておきましょう。

『ブラックパンサー』に登場するレクサス LC500とは?

レクサス LC500『ブラックパンサー』仕様

レクサス LC 映画 ブラックパンサー仕様 SEMA 2017

LCとは、トヨタがレクサスブランドで2017年から販売しているスポーツクーペです。
レクサス初のFセグメントクーペであるLCには、TNGAに基づいた次世代プラットフォーム「GA-L プラットフォーム」が初採用されています。

ラインナップは、5.0L V型8気筒エンジンを搭載したガソリンモデル「LC500」と、3.5L V型6気筒エンジンのハイブリッドモデル「LC500h」の2種類です。
LC500には、乗用車として初のダイレクトシフト式10速オートマチックトランスミッションが採用されています。
また、LC500hには、世界初の「マルチステージハイブリッドシステム」が搭載されており、高い走行性能と環境性能の両立を実現しました。

『ブラックパンサー』の劇中車として登場するLC500には、高度なリモート操縦機能のほか、ヴィヴラニウムに由来する防弾や加速機能など、映画の中でしか実現できないような設定が盛り込まれているといいます。

レクサス LCのスペックと価格

全長全幅全高
4,7701,9201,345
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8702,000~2,0204
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
レクサス LCの新車価格
LC500h1,350万
LC500h Lパッケージ1,350万
LC500h Sパッケージ1,450万
LC5001,300万
LC500 Lパッケージ1,300万
LC500 Sパッケージ1,400万
[単位]円(消費税込み)

実写版『ブラックパンサー』は2018年3月1日に公開! レクサスLC500の活躍に期待!

映画『ブラックパンサー』に劇中車として登場するレクサス LC500についてご紹介しました。

マーベル映画における自動車は、投げられたり潰されたりカーチェイスをしたりと、さまざまな場面で活躍しますが、今回の新作映画に登場するLC500は、どのような活躍を見せてくれるのでしょうか?
日本での『ブラックパンサー』の公開は2018年の3月1日を予定しているので、かっこいいヒーローや車が好きだという人は、ぜひ劇場に足を運んでみてください。

映画の劇中車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す