初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

CCIのスマートミストが尋常じゃない!使い方や効果から他製品との比較評価まで

CCIのスマートミストは洗車後水滴を拭き取る前にボディにスプレーし、水滴と一緒に拭き取るだけでコーティング効果を発揮します。繰り返し使用することで強固な皮膜を形成することができる CCIのスマートミストについて、効果や使い方、他製品との比較評価をまとめました。

CCIとは?

CCI_Logo

CCIは「シーシーアイ株式会社」の略称名であり、ロゴに使用されています。
1949年に中央化学工業株式会社として設立し、1988年に現在のシーシーアイ株式会社に社名を変更しました。

自動車ケミカル/ケア用品、樹脂/ゴム製品、防音材、制振材、高機能セラミックスなどの開発・製造・販売を手掛けています。
特に「ゴールデンクルーザー」ブランドのブレーキオイルとエンジンクーラントは国内約50%以上、世界約20%のシェアを確保しています。

CCI スマートミストとは?

・洗車後の濡れたボディにスプレーして拭くだけです。
・乾いたボディにも使用可です。
・繰り返し施工することで効果が向上します。
・全てのボディ色に使用可能です。
・容量180ml
・拭き上げ専用マイクロファイバークロス付き。

CCI スマートミストは、洗車後の濡れたボディに直接スプレーして拭き取るだけでボディの保護とツヤ出しができるスプレータイプのボディーケア用品です。

ボディの塗装面は、微細な凹が光を乱反射することで、ツヤがない状態となっています。
そこに2種類の特殊ガラス成分を浸透させ、ボディ表面の凹みを埋めることにより、ボディ表面の平滑度が増すことで乱反射が抑えられます。

CCI スマートミストはコーティング施工車にもそのまま使用することができます。

洗車に関する記事はこちら

CCIのスマートミスト:使い方

ワックスがけ

©Shutterstock.com/Andrey_Popov

CCI スマートミストの使い方は簡単です!

1)洗車にて汚れをきれい落とします。
2)洗車後の濡れたボディに直接スプレーします。
  ・目安はドア1枚あたり(約80cm四方)にワンプッシュです。
3)クロスで水滴を拭き取ります。
  ・その際、塗り広げるイメージで拭き上げてください。

塗装されたボディの他にも、ホイール、未塗装の樹脂部分、ガラス、ダッシュボードなどにも使用することができます。
ただし、ハンドル、シフトレバー、ペダル類など、滑って運転に支障をきたす恐れがあるところや、マフラーなど高温になるところには使用しないでください。

ガソリンスタンドでの洗車に関する記事はこちら

CCIのスマートミスト:尋常じゃない効果

CCI スマートミストの耐久性は、天候や走行距離、路面状況などに左右されますが、概ね1ヶ月です。
定期的な使用することにより、コーティングの性能は維持されます。
乾いた状態のボディにも使用することはできますが、ボディが熱い状態では、ムラになる可能性がありますので使用は避けてください。

CCIのスマートミストのラインナップ

・洗車後の濡れたボディにスプレーして拭くだけです。
・乾いたボディにも使用可です。
・繰り返し施工することで効果が向上します。
・全てのボディ色に使用可能です。
・容量280ml(中型車約12台分相当)
・拭き上げ専用マイクロファイバークロス付き。
撥水タイプEX親水タイプ傷消し撥水タイプ
ツヤ(光沢)
撥水(水はじき)--
親水(水きれ)------
傷消し------

CCI スマートミストのスプレータイプは4種類で、各タイプおすすめの用途があり、お持ちの車によって使い分けることができます。

・撥水タイプ:初めて使用する方におすすめです。
・EX:濃いボディ色、経年車に使用してください。
・親水タイプ:ウォータースポット対策に使用してください。
・傷消し撥水タイプ:洗車キズが目立つ車におすすめです。

洗車に関する記事はこちら

CCIのスマートミスト:耐久性の比較

CCIのスマートミストと、他社製品との違いはどのようなものなのでしょうか。
スマートミスト2種と、シュアラスター社から発売されている「ゼロプレミアム」という商品を、
動画も交えてご紹介します。

スマートミスト撥水タイプ

スマートミスト撥水タイプのレビュー

洗車後の濡れたままのボディへ吹き付けて、乾いた洗車用タオルで拭き上げ、大変かんたんです。
白いボディで使用していますが、ムラになることもなく、よく輝きます。水はじき効果も十分。効果が持続する期間は分かりませんが、1ヶ月程度は保っており、それ以上はまた洗車し施行するので要らないかなと思います。

出典:https://www.amazon.co.jp/

スマートミスト親水タイプ

スマートミスト親水タイプのレビュー

コートした後、ドアハンドルをもってドアを開けようとしたら、ツルッと滑ってしまいました。
キズ消し性能も結構なレベルです。
深みはありませんがピカピカになってます。
簡単にコート出来るのにこのピカピカ感は結構感動モノでした。
ただ、親水となっていますが、コートして約一月立ちますが、未だに撥水してます。
けど、結構気に入ってます。

出典:https://www.amazon.co.jp/

ゼロプレミアム

ゼロプレミアムのレビュー

新車を購入後にこちらを使うようになりました。
自分で手洗いした後に、本商品で被膜を作る感じ。
2~3カ月はつるつるピカピカです。
価格もお手軽で使用も簡単。
半年は保たないかな。
4カ月に一度使っています。
汚れをしっかり落としておかないと、
汚れの上に被膜ができて汚れが取れなくなります

出典:https://www.amazon.co.jp/

スマートミストのメリットはバリエーション

CCIスマートミストの撥水タイプ、親水タイプ、そしてシュラアスターのゼロプレミアムをご紹介しました。
どの動画も洗車前の状態で、それぞれの効果がよく表れています。

洗車をすると、CCIスマートミストの撥水タイプ/親水タイプはその耐久性が失われてしまいます。
ゼロプレミアムは1回の洗車ではその耐久性に影響はほとんどありませんでした。
レビューをみても、ゼロプレミアムの耐久期間の方が長いように見受けられます。

CCI スマートミストは、撥水タイプ、EX、親水タイプ、傷消し撥水タイプと用途によって選べるというメリットがあります。
洗車後の再作業を欠かさなければ、4タイプから選べる CCI スマートミストは自分の車に合った効果を発揮するでしょう。

CCIのスマートミストを使ってみよう!

車 コーティング

©Shutterstock.com/ Bhakpong

CCI スマートミストは、洗車後の濡れたボディに直接スプレーして拭き取るだけで、余計な時間が掛かることなく、また力を必要とせず女性でも簡単に作業をすることができます。
洗車をするたびに同じ作業を繰り返すだけなので、ピカピカ、ツヤツヤなボディをキープすることができるでしょう。
他社からも、濡れたボディにスプレーして拭き取るだけという同様なコーティング製品が発売されています。
まずは一度試して効果をみた上で、自分の車に合った製品を探してください。

カーコーティングによるおすすめ記事はこちら!

車のお手入れ用グッズのおすすめはこちら

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す