初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【レクサスLS vs BMW5シリーズセダン】ライバル車徹底比較!

フルモデルチェンジしレクサスから10月19日に発売された新型LSと、BMW5シリーズを徹底比較。世界初の安全機能も搭載されているレクサス新型LS500エグゼクティブと、王道スポーツセダンであるBMW540iラグジュアリーを、スペックや燃費、価格の面から比較していきます。

レクサスLSとBMW5シリーズセダンを徹底比較

レクサス新型LS 500 エグゼクティブ

レクサス新型LS 500 エグゼクティブ 2017

レクサスは、2017年10月19日にレクサス新型LSを発売しました。新型LSは11年振りとなるフルモデルチェンジであり、エンジン、ミッション、プラットフォームなどすべてが一新され、デザイン性や運動性能、乗り心地などが飛躍的に向上しました。
そこで気になるのは、ドイツ高級自動車メーカーが販売するライバル車と比べ、デザインの違い以外に、性能差、価格差がどれほどあるかでしょう。

レクサス新型LSがFセグメント、BMW5シリーズセダンがEセグメントと、ボディサイズの違いはありますが、価格が近いレクサス新型LS500(以下:新型LS500)とBMW540iラグジュアリー(以下:540iラグジュアリー)を対象に比較していきます。

レクサスLSとは

レクサス新型LS500 エグゼクティブ

レクサス新型LS500 エグゼクティブ 2017

レクサスLSは、トヨタが展開する高級車ブランド「レクサス」から販売される大型セダンです。
日本ではトヨタから「セルシオ」の名で販売され、レクサスが日本に上陸した翌年である2006年に「レクサスLS」として市場に登場しました。
レクサスLSは、トヨタ自動車がドイツ高級車ブランドに対抗すべく作り出したFセグメントの高級セダンです。
ライバル車はメルセデスベンツSクラス、BMW7シリーズ、アウディA8、国産では日産 シーマ、ホンダ レジェンドになります。

MOBY編集部 ごめすがレクサスLSの展示をリポート!

レクサス新型LS500についてはこちら

BMW5シリーズセダンとは

2017年モデル BMW5シリーズ ラグジュアリーモデル

BMW 5シリーズ ラグジュアリー セダン 2016

BMW5シリーズは、BMWから販売されるEセグメントの高級セダンです。
レクサスLSよりワンサイズ小さく、メルセデスベンツEクラス、アウディA5、レクサスGSと同クラスになります。
1972年に登場し、現行モデルで7代目となりました。
セダン以外にツーリングワゴンやハイパフォーマンスモデルのM5セダンなど、5シリーズにさまざまなモデルを揃えています。

BMW5シリーズについてはこちら

レクサスLSとBMW5シリーズをエクステリア(外装)で比較

レクサス新型LS500のエクステリア(外装)

レクサスLS500 エグゼクティブ

レクサスLS500 エグゼクティブ 2017

新型LS500は、新プラットフォームのGA-Lプラットフォームを採用し、車体全体が低く構えたクーペシルエットとなっています。
印象的なのは、フロントから見たときのスピンドルグリルで、CADモデリングにより、線一本、面一つひとつに至るまでコンピューターで綿密にバランスされています。
ヘッドランプは、切れ目の3眼LEDランプとLEDクリアランスランプ、LEDシーケンシャルウインカーがL字型の形状で配置され、力強く躍動感のあるスタイルです。

BMW5シリーズセダンのエクステリア(外装)

BMW 5シリーズ ラグジュアリー セダン 2016

BMW5シリーズは、BMWのデザインアイコンであるキドニーグリルとヘッドランプがつながっており、前から見た時にBMWらしい力強さと俊敏な雰囲気が感じられる王道のスポーツセダンです。
5シリーズは今年のフルモデルチェンジで先代モデルより若干ボディが大きくなり、3シリーズと7シリーズのデザインがほぼ共通となったため、ひと目見た時のBMWらしさがより感じられるでしょう。
クーペらしい雰囲気にエッジを効かせたレクサス新型LS500と比較して、落ち着いた印象のセダンです。

レクサスLSとBMW5シリーズをインテリア(内装)で比較

レクサスLSのインテリアデザイン(内装)

レクサス新型LS 500 Executive Package 2017

新型LS500の内装は、国産高級車メーカーらしい日本の美意識と工芸品のような精緻な造り込みを意識して設計されています。
欧州車のようなスタイリッシュさよりも、ドライバーやゲストのくつろぎ感を重視したトヨタの意向が伺えます。

BMW5シリーズセダンのインテリアデザイン

BMW 5シリーズ ラグジュアリー セダン 2016

5シリーズのメーターパネルは、計器類に昼間でも視認性に優れるデジタル式を採用し、大径の計器はエンジン回転計の他にナビ画面や車両状況を表示する役目も果たします。
インパネのナビゲーションモニターの大きさは10.2インチです。
新型5シリーズは、先代よりも若干ボディサイズが大きいこともあり、Eセグメントの中でも居住空間が広く、新型LS500よりもシンプルでスタイリッシュな印象です。

レクサスLSとBMW5シリーズをエンジン性能・スペックで比較

新型LS500のエンジン・トランスミッション

レクサス 新型 LS 3.5L V型6気筒ツインターボエンジン 2017

540iラグジュアリーのエンジン

BMW 5シリーズ ラグジュアリー セダン エンジン 2016

新型LS500と540iラグジュアリーをエンジン性能で比較

2台のパワートレインは、新型LS500が3.5L V型6気筒DOHCツインターボ、540iラグジュアリーが3.0L 直列6気筒DOHCターボです。
最高出力で比べれば、新型LS500は422PS、540iラグジュアリーは340PSで、新型LS500のほうが優ります。
車重は540iラグジュアリーが約400kgも軽いため、カーブの多い道では540iラグジュアリーの走行性能に期待できます。
新型LS500の0-100km/L加速性能は未公開ですが、BMW540iはFRだと5.1秒、4WDのxDriveだと4.8秒です。

新型LS500のトランスミッションは、新開発の「Direct Shift-10AT(電子制御10速AT)」により同一回転帯域でリズミカルなテンポの良い変速を実現し、Dレンジ・Mレンジとも世界最速レベルの変速スピードを実現しています。
540iラグジュアリーのトランスミッションは「8速スポーツ・オートマチック・トランスミッション(スポーツ・オートマチック・セレクター・レバー、ステップトロニック、シフト・パドル付)」を搭載しています。

ギア数では新型LS500より少ないものの、クロス・レシオのギア比でスポーティーな加速性能があり、素早いシフトチェンジでストレスの少ないドライブが可能です。

新型LS500と540iラグジュアリーをスペックで比較

新型LS500540iラグジュアリー
全長5,2354,945
全幅1,9001,870
全高1,450(1,460)1,480
ホイールベース3,1252,975
車両重量2,1501,760
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 ( )内は4WD
新型LS500540iラグジュアリー
エンジン種類V型6気筒DOHCツインターボ直列6気筒DOHCターボ
排気量3.5L3.0L
最高出力310[422]/6,000250[340]/5,500
最大トルク600[61.2]/1,600~4,800450[45.9]/1,380~5,200
トランスミッション10速AT8速AT
駆動方式FR、4WDFR、4WD
(4WD:BMW 530i xDriveラグジュアリー)
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

レクサスLSとBMW5シリーズを安全性能で比較

BMW ジェスチャー・コントロールの操作姿

BMW 5シリーズ 2016 ジェスチャーコントロール

新型LS500は、以下のような安全機能が装備されていますが、ベースグレードであるLS500は「Lexus Safety System +A」が搭載されていません。
一方で、5シリーズセダンは全モデルで以下の機能が備わっているため、これらを加味すれば、安全性能や半自動運転システムは、5シリーズが優ると考えられます。
BMW ジェスチャー・コントロールは、車内のコントロール・ディスプレイの前で手を動かすジェスチャーだけで操作が可能で、新型LS500にない機能です。

レクサスLSとBMW5シリーズセダンを安全機能一覧

レクサス新型LSBMW 5シリーズセダン
安全機能一覧●大型カラーヘッドアップディスプレイ
●Lexus Safety System +
・歩行者検知付きプリクラッシュセーフティ(PCS)
・レーダークルーズコントロール
・レーンディパーチャーアラート
 (LDA)/レーンキーピングアシスト(LKA)
・オートマチックハイビーム(AHB)

●Lexus Safety System +A
・Lexus CoDrive(レーダークルーズコントロール/LTA/LCA)
・レーントレーシングアシスト(LTA)
・ドライバー異常時停車支援システム(LTA連動型)
・上下2段式アダプティブハイビームシステム(AHS)
・フロントクロストラフィックアラート(FCTA)
・ロードサインアシスト(RSA)

●パーキングサポートアラート(PKSA)
●パーキングサポートブレーキ(PKSB)
●パノラミックビューモニター
(サイドクリアランスビュー/コーナリングビュー付)
●デジタルインナーミラー
●ドライブスタートコントロール
●後席自動リクライニング機能
●デジタルインナーミラー
●LEDコーナリングランプ/マルチウェザーライト
●後方車両への接近警報
●タイヤ空気圧警告表示
●ランフラットタイヤ
●運転席・助手席イージーアクセスバックル
●衝突回避・被害軽減ブレーキ (事故回避ステアリング付)
●3Dビュー・カメラ
●トップ・ビュー+サイド・ビュー・カメラ
●BMW ヘッドアップ・ディスプレイ
●BMW ジェスチャー・コントロール
●インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング
●ステアリング&レーン・コントロール・アシスト
●レーン・ディパーチャー・ウォーニング
●レーン・チェンジ・ウォーニング
●アダプティブ LED ヘッドライト
●アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)
●アクティブ・サイド・コリジョン・プロテクション
●クロス・トラフィック・ウォーニング
●前車接近警告機能
●衝突回避・被害軽減ブレーキ
●後車追突警告機能
●リモート・コントロール・パーキング
●パーキング・アシスト
●パーク・ディスタンス・コントロール
●リヤ・ビュー・カメラ

リモート・コントロール・パーキング搭載

BMW 5シリーズ ラグジュアリー セダン リモート・コントロール・パーキング

5シリーズには、3Dビュー・カメラとリモート・コントロール・パーキングという新型LS500にない機能が搭載されています。
3Dビュー・カメラは、スマートフォンのアプリで自車の周囲の映像を確認できるサービスです。
リモート・コントロール・パーキングは、ドライバーの代わりに駐車を車が自動で行う機能です。
ドライバーは、駐車スペースの前方中央にクルマを停めて外に出た後、車外からBMWディスプレイ・キーを操作するだけで、狭いスペースの駐車も簡単に行えます。

レクサスLSとBMW5シリーズセダンを燃費で比較

新型LS500と540iラグジュラリーの燃費を比較すると、エンジン排気量が小さく、車重も軽い540iラグジュアリーのほうがJC08モード燃費値で優ります。
新型LS500はデビュー間もないため実燃費の情報がありませんが、
先代モデルでカタログスペックから約2割落でした。
パワートレインやプラットフォームの違いがあるものの、新型LS500でも2割落ちとすれば、540iラグジュアリーと同等な7.0~9.0km/Lの実燃費と予想されます。

新型LS500と540iラグジュアリーの燃費比較

新型LS500540iラグジュアリー
JC08モード燃費10.2(9.8)12.5
実燃費【予想値】7.0~9.0(6.5~8.5)7.0~9.0
[単位]km/L ( )内は4WD

レクサスLSとBMW5シリーズを価格で比較

新車購入 お金 現金 費用

レクサス新型LSとBMW5シリーズセダンのモデル全体で新車車両価格を比較すると、車体サイズやエンジンラインナップの違いからか、新型LSのほうが高額設定です。
国内で販売される5シリーズセダンは、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、プラグインハイブリッドなど、搭載されるパワートレインの違う14モデルがあり、様々なユーザーの用途に合わせて購入が可能です。
一方で、3.5Lガソリンエンジン搭載車、3.5Lエンジンとモーターのハイブリッド車を用意した新型LSは価格が1,000万円以上で、購入するユーザーが絞られます。

レクサス新型LSとBMW5シリーズの価格一覧

レクサス新型LSBMW 5シリーズセダン
ガソリン車LS500:980万(1,020万)
LS500“I package”:1,042万(1,082万)
LS500“F SPORT”:1,200万(1,210万)
LS500“version L”:1,320万(1,360万)
LS500“EXECUTIVE”:1,500万(1,540万)
523i:617万
523i Luxury:763万
523i M Sport:761万
530i Luxury:782万
530i M Sport:807万
540i Luxury:994万
540i M Sport:1,008万
540i xDrive Luxury:1,025万
540i xDrive M Sport:1,039万
ディーゼル車523d:716万
523d Luxury:786万
523d M Sport:784万
ハイブリッドLS500h:1,120万(1,160万)
LS500h“I package”:1,180万(1,220万)
LS500h“F SPORT”:1,310万(1,350万)
LS500h“version L”:1,460万(1,500万)
LS500h“EXECUTIVE”:1,640万(1,680万)
プラグインハイブリッド530e iPerformance Luxury:796万
530e iPerformance M Sport:821万
[単位]円(税込)( )内は4WD

レクサスLSとBMW5シリーズのどちらがお好み?

レクサス新型LS 2017 BMW5シリーズ セダン 2016

レクサス新型LS500とBMW5シリーズセダンをさまざまな観点から比較してきましたが、レクサス新型LS500は排気量やパワーも大きく、ラグジュアリーさや日本人好みの快適性は上でしょう。
一方でBMW5シリーズは、40年以上も販売される伝統とスポーツセダンとして雰囲気や性能が高いモデルです。
ドライブを楽しみたい方や、メーカーとしての独自性を感じたいのであればBMW5シリーズセダンがおすすめです。

レクサス LSの関連記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す