MOBY

【裏技】バック駐車・車庫入れのコツ3選|初心者はミラーを見過ぎている?

免許を取りたての方や、運転に不慣れな方はバックでの駐車に自信がないとう方も多いはず。車両感覚がうまくつかめず難しいバックですが、コツをつかめば上達するかもしれません。今回はバックのコツについてまとめてみました。

目次

・バック駐車も車庫入れ教習所で習ったはず
・バック駐車・車庫入れのコツ①入車するときの車の角度への意識
・バック駐車・車庫入れのコツ②車が停止した状態でハンドル操作
・バック駐車・車庫入れのコツ③ピボットエリアへの意識
・バック駐車・車庫入れの参考動画
・これでバック駐車・車庫入れは完璧!

バック駐車も車庫入れ教習所で習ったはず

バック駐車も車庫入れ教習所で習ったはず

出典:http://kyoushujo.com/

バック駐車、つまりバックで駐車をする方法も車庫入れ(やっていることとしてはバック駐車と何ら変わりはありませんが)も誰もが一度は必ず免許取得前に教習所で教わっているはずです。

怖い教官に怒られながら黄色のポールやサイドミラーに写るポールなどを必死に凝視していた思い出が誰にでもあるはずです。

それなのにいざドライブの小休止といった具合にサービスエリアの込み入った駐車場に駐車するとなると鬼のテンパりをしてしまうという人も少なくないはずです。

何度も何度も窓から顔を出して前に後ろに何度もバック駐車をやり直す様は不格好以外の何物でもありません。

今回はそんな無様な姿をさらしたくないというビギナードライバーのあなたにバック駐車・車庫入れのコツを解説させていただきたいと思います。

バック駐車・車庫入れに苦手意識を持つ人は多い

バック駐車・車庫入れのコツ①入車するときの車の角度への意識

大事になのは駐車する角度

車の角度は45〜50度がベスト。
車の角度が決まればバック駐車も成功率が上がります。

大事なのは駐車する角度

出典:http://www.carsensor.net/

注意するべきは死角となっている左側。
右ハンドルの車だと、左側は見え辛いです。
左側はミラーを駆使して位置確認をするようにしましょう。

ミラーを見ても見えにくい場合は、ミラーの角度を変えるのも一つの手です。
乗る人によって見えやすい角度は違いますので、乗車時に調節してから運転するといいかもしれません。

しかしサイドミラーばかり見過ぎてもいけません、コツその③でご紹介しますがあくまで大事なのはピポッド位置と入車の角度。

大事なのはバック駐車も車庫入れも俯瞰で車体の状態を常に意識してゆっくりと車を動かすことです。

バック駐車・車庫入れのコツ②車が停止した状態でハンドル操作

車庫入れのポイントは停車させること

車のアクセルを踏んだままのバック運転は、ハンドル操作が追いつかないことがあります。

もし車を走らせたままバックをするのであれば、10km/hくらいの速度がいいでしょう。参考としてはオートマ車のクリーピングくらいの速度です。

AT車の場合はクリープを上手く使って操作すると、ハンドルが追いつかないということもなくなるでしょう。

それでも難しい場合は、車を完全にストップさせた状態でハンドル操作をするとうまくできます。

いつでもブレーキを踏めるように足はブレーキペダルに乗せて置くのがベスト。
この時、間違えてアクセルペダルに足を乗せていて事故を起こしてしまったというケースもあるので、乗せるペダルは目視で確認するようにしましょう。

これによって何回か切り返しを行う必要がありますが、焦らず落ち着いて車を操作することで成功率が上がります。

下手に駐車を一度で成功させようとこだわらないことが案外コツだったりもします。

バック駐車・車庫入れのコツ③ピボットエリアへの意識

バック駐車のコツはピポッドエリアの意識

出典:http://www.honda.co.jp/

教習所でもバック駐車の際に「あそこを目印にして」という風に教わった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その目印となるのがピボットエリア。

左バックの場合は左後輪を、右バックの場合は右後輪をピボットエリアに合わせるのがポイント。
後輪をピボットエリアに近づけるだけで成功率が上がります。

ミラーや目視でピボットエリアを確認することが大事ですが、そちらばかりに注意がいってしまうと逆側への注意ができなくなってしまうので、周囲を確認しながら運転することも忘れないようにしましょう。

バック駐車・車庫入れの参考動画

動画そ見てイメージトレーニングすることも上達への一歩です。

運転するイメージが深まると、実際に運転する時の恐怖心や不安感が和らぐかもしれません。

しかしなんといっても実践にまさる経験はないので運転経験をひたすら積むことをおすすめしま。

これでバック駐車・車庫入れは完璧!

デパートなどの駐車場だと後続車が続いているため焦ってしまうこともあるかもしれませんが、焦りは逆効果なので自分のペースで運転するといいでしょう。

運転も練習すればコツを掴んでくるので、自宅の駐車場で練習したり、動画などを見てイメージトレーニングをしたりして、バック運転の感覚を掴むようにしましょう。

なんども言いますがこのバック駐車・車庫入れにおいて重要なことは一つ、前輪と後輪をピポッド位置に前進時と後進時に俯瞰で意識することです。

初心者に限って横に駐車してある車にこすってしまわないようにサイドミラーばかりみてしまいますが、目視でピポッド位置を意識することをこれからは気をつけてみてください。

運転や駐車に関するおすすめ記事はこちら!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す