初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダ新型NSX全最新情報!2月27日発売|性能比較や海外の評価と価格は?

日本が誇る唯一のスーパーカー「NSX」。初代の生産が終了され、長らく新型NSXの復活が待望されていましたが、2016年8月25日に待望の新型「NSX」が日本で発表されました。日本のみならず世界が待ち望んだ新型NSXの気になる性能、スペック、価格や発売日を今回はお伝えします。そこにはホンダの驚くべき挑戦がありました!

ホンダ NSXとは?

ホンダ NSX Acura 新型

日本で唯一の最強スーパーカー

「NSX」はホンダが日本が世界に誇るスーパーカーです。
2015年に生産が終了されていましたが、新たに新型にフルモデルチェンジし登場しました。
日本で唯一といって良いくらいの車であり、世界のスーパーカー達、フェラーリポルシェランボルギーニ等と闘う為に開発された車です。

発売当初はその当時異例ともいえるマニュアル車(MT)で一台800万円、オートマ(AT)車で一台860万円という乗用車としては非常に効果な価格で販売されていました。
マイナーチェンジをするたびに機能追加やスペックの向上を伴い、結果として900~1,300万円という価格まで値上がりを続け、国産スポーツカーとしては最も高価なモデルでした。

ホンダNSXはなぜ高額だったのか

オールアルミボディで機械ではなく全て人の手で造られていたのも高額な理由の一つです。
値段もさることながら、NSXが持つ性能、技術も素晴らしい車です。当時のスポーツカーは車中心での開発が主流でしたが、ホンダのNSXはドライバー中心の開発に重きを置いていました。

ステアリングポジションやそこから車にいかに伝わるのか、装備はドライバーにとって快適か?視界は?など、あらゆる面で他のスーパーカーとは違う魅力の詰まった車でした。

発売から生産終了まで全くモデルチェンジをしなかった車で有名でもあります。
F-1等にも参加しており、その走行性は世界でも闘い合える事は立証済みです。
まさに日本が日本らしさを生かした世界と闘える唯一のスーパーカーがホンダの「NSX」なのです。

NSXの中古車価格

そんなNSXですが、中古車市場でも出回っています。
高いものでは1000万円を超えるものも多く、NSXの価値の高さが伺えます。
気になった方はぜひ、以下の中古車情報もご確認ください。


中古車情報
システムメンテナンス中


NSXに関連するおすすめの記事

ホンダ新型NSXついに発売!

公式プロモーション動画も公開

2016年8月25日の11時より、ついに日本でのホンダ新型NSXの購入受付を開始しました。
上記の動画は、予約開始同日11時から、ライブ中継で公開されたホンダ新型NSXのプロモーション動画です。

ホンダ新型NSXは多種多様なオプションからカスタマイズ可能

ホンダ SNX 新型 2015年

ホンダ新型NSXはプレミアムカーらしく、多種多様なオプション(無料オプションあり)が用意されており、公式サイトから(購入するかは別として)自由にNSXをWEB上でカスタマイズと見積を行えるようになっています。

将来的に購入を検討される方や欲しいと思っている方は是非とも下記公式サイトから自分の新型NSXをつくってみてみると良いでしょう。

自分の好みにカスタマイズしたNSXは、ギャラリーとして多数の写真を保存することも可能となっており、様々なNSXをつくってみるのも面白いです。

ホンダ新型NSXの取り扱いディーラーも公開

ホンダ NSX Acura 新型 2016年

公式HPでは、ホンダ新型NSXの購入やメンテナンスをサポートする店舗が発表され、また資料請求(国内限定)やメールマガジン登録も開始されています。
全国のホンダ車を取り扱うディーラーの中でも、NSXについての専門知識をもち、認定されたエンジニア「NSXスペシャリスト」が在籍する133店舗で販売されるそうです。

NSX GT3が発売開始

NSX GT3

ホンダ NSXをベースに開発された、FIA-GT3規則に合致した全てのGTレースに参戦可能な専用車両である「NSX GT3」が2017年7月28日より受注を開始しました。

NSX GT3はホンダとJ.A.S Motorsportが共同に開発したモデルとなっています。

「NSX GT3」は北米、ヨーロッパ、日本、オーストラリアなど全世界で開催されているFIA公認GTレースに出場可能となります。

ホンダ NSX GT3についてはこちら

ホンダ新型NSXが試乗できる!?

ホンダ新型NSXの納車時期は少なく見積もっても1年〜2年かかります。納車時期まで待ちきれない方や、NSXを一目見たい方、運転してみたい方におすすめのNSXを展示している施設や試乗可能な施設を紹介します。

ホンダ新型NSXの試乗についての情報についてはこちら

【展示場詳細】
・展示場所 : Honda ウエルカムプラザ青山
・展示期間 : 10:00~18:00
・アクセス : 東京都港区2-1-1Honda青山ビル1階
・最寄駅 : 青山一丁目駅

栃木ツインリングもてぎ

ホンダ NSXをベースに開発された、FIA-GT3規則に合致した全てのGTレースに参戦可能な専用車両である「NSX GT3」が2017年7月28日より受注を開始しました。

NSX GT3はホンダとJ.A.S Motorsportが共同に開発したモデルとなっています。

「NSX GT3」は北米、ヨーロッパ、日本、オーストラリアなど全世界で開催されているFIA公認GTレースに出場可能となります。

【展示場詳細】
・展示場所 : AUTOBACS SUPER Rd.8 Motegi 250km@ツインリングもてぎ
・展示期間 : 2016年11/12(土)~13(日) 8:00~
・アクセス : 栃木県芳賀郡茂木町120-1

和製スーパーカーNSXは有名人にも大人気!

ホンダ新型NSXの性能は?

ホンダ NSX Acura 新型 2016年

ホンダ新型「NSX」の基本性能

全長 4,470mm
全幅 1,940mm
全高 1,215mm
ホイールベース 2,630mm
エンジン V型6気筒 3.5Lツインターボ
最大出力 550ps
ミッション 9速デュアルクラッチ

ホンダ新型NSXのパワートレイン!

ホンダ SNX 新型 2015年

【展示場詳細】
・展示場所 : AUTOBACS SUPER Rd.8 Motegi 250km@ツインリングもてぎ
・展示期間 : 2016年11/12(土)~13(日) 8:00~
・アクセス : 栃木県芳賀郡茂木町120-1

ホンダ新型NSXの燃費性能は?

ホンダ新型NSX開発者公式インタビュー動画

新型「NSX」はハイブリッドカーです。
以前の仕様では欧州での環境規制に対応できなくなった為とも言われています。
今回のNSXは先に紹介した新型モーター等で、速さや性能だけでなく、低燃費の実現も可能にしました。

新型NSXはボディも炭素繊維や超高度鋼板等を合わせたモノが使用され、強く、しかも、かなりの軽量化を可能にしました。走りも安定しており、カーブ性能の安定感へに評価は高いです。
これによりJC08モード燃費 12.4km/Lというスーパーとしては非常に低燃費となり、欧州でも自信を持って戦える車になったのです。
ハイブリッド走行ということもあり、いつの間にかスピードが得ていることに気付かないほどだとも言われています。

ホンダ新型NSXのデザイン

以下が、ホンダ新型NSXのエクステリア・外観デザインの詳細です。

ホンダ新型NSXはハイブリッドとなるため、フロントに荷物を格納する空間がありません。
そのためにリアにトランクが設置されています。スポーツカーと言えど役2人分の荷物が収納出来ないと、ユーザーが満足しないと言われており、割と大きめのトランクが設置されています。

ホンダ新型NSXのエクステリア

ホンダ SNX 新型 2015年
ホンダ SNX 新型 2015年

走行性や機能性が目立ちますが、新型NSXは見た目と内装も素晴らしい姿を見せてくれています。
フェラーリやポルシェといった海外高級スポーツカーにも負けず劣らずの姿です。

ホンダ SNX 新型 2015年

新型「NSX」はハイブリッドカーです。
以前の仕様では欧州での環境規制に対応できなくなった為とも言われています。
今回のNSXは先に紹介した新型モーター等で、速さや性能だけでなく、低燃費の実現も可能にしました。

新型NSXはボディも炭素繊維や超高度鋼板等を合わせたモノが使用され、強く、しかも、かなりの軽量化を可能にしました。走りも安定しており、カーブ性能の安定感へに評価は高いです。
これによりJC08モード燃費 12.4km/Lというスーパーとしては非常に低燃費となり、欧州でも自信を持って戦える車になったのです。
ハイブリッド走行ということもあり、いつの間にかスピードが得ていることに気付かないほどだとも言われています。

ホンダ新型NSXのエンジン

ホンダ SNX 新型 2015年

ホンダ新型NSXの内装

ホンダ SNX 新型 2015年
ホンダ SNX 新型 2015年

走行性や機能性が目立ちますが、新型NSXは見た目と内装も素晴らしい姿を見せてくれています。
フェラーリやポルシェといった海外高級スポーツカーにも負けず劣らずの姿です。

ホンダ SNX 新型 2015年

まずエクステリアは、製作者が語るように、無駄なものを省き、洗練されたデザインです。フロントはヘッドランプが切れ長で、鋭く、風を切り裂くような顔付。フロント、リアグリルも低い位置に大きく開いており、それをメッシュ加工することにより、軽さと、風の通りを良くしています。

シンプルながらも、複雑に、また成熟されたかのようなエクステリアです。風を操り、風で走っているかのような錯覚にさせてくれるでしょう。

ホンダ新型NSXの価格は?

ホンダ SNX 新型 2015年 内装

日本車過去最高価格の2370万円〜

インテリアは、車の運転席とは思えない仕上がりです。シートはドライバーをしっかりと包みこんでくれ、ステアリングもドライバーの手であるかのような馴染みやすさを実現しています。
アルミ構造を、要所でむき出しにして、機械的な要素を敢えて出しています。
装置類もドライバーが扱いやすい場所に位置にされており、思いのままに操れるでしょう。

米国価格が最安?各国の新型NSX販売価格を比較

新型NSXの価格は、各国でかなり離れているようです。
為替の影響などもあるかと思いますが、現状で日本円に換算すると、日本での販売価格が最も高く、アメリカでの価格が最安となっています。
各国の価格については以下の通りです。

・日本:2,370万円
・アメリカ:16万ドル(約1,800万円)
・ドイツ:18万ユーロ(約2,240万円)
・イギリス:13万,000ポンド(約2,090万円)

なんど、最安値のアメリカと日本での販売価格を比べると500万円近い価格差となっています。

ホンダ新型NSXのオプションは?

外装(エクステリア)のオプション

NSX 外装 オプション
NSX 外装 オプション

以下のオプションが世界でいち早くカーボン素材を使用した製品を売り出したホンダならではのオプション装備です。
NSX本来のデザインの美しさを際立たせるだけでなく、ダウンフォースの強化にも繋がる機能も備えています。

・カーボンファイバーエクステリアスポーツパッケージ
・カーボンファイバーフロントスポイラー/リアディヒューザー
・カーボンファイバーサイドシルガーニッシュ
・ダーククロームエキゾーストフィニッシャー
・カーボンファイバーリアデッキリッドスポイラー
・カーボンファイバーエンジンカバー
・カーボンセラミックブレーキローター

内装(インテリア)のオプション

NSX 内装 オプション
NSX 内装 オプション

内装の一部をカーボン素材にするカーボンファイバーメーターバイザーやスポーツペダルをアルミ製の素材で加工するカーボンファイバーインテリアスポーツパッケージ、ルーフの素材をアルカンターラ製にするアルカンターラルーフライニングなどのオプションを用意しています。スポーティかつ上品な内装にすることができるオプションです。

外装(エクステリア)のオプション

ホンダ新型NSXの新システム「SH-AWD」とは

NSX 内装 オプション

3つのモーターでタイヤをコントロール

内装の一部をカーボン素材にするカーボンファイバーメーターバイザーやスポーツペダルをアルミ製の素材で加工するカーボンファイバーインテリアスポーツパッケージ、ルーフの素材をアルカンターラ製にするアルカンターラルーフライニングなどのオプションを用意しています。スポーティかつ上品な内装にすることができるオプションです。

ホンダ新型NSXのドライビングシステム

NSXの技術プロモーション公式動画

そして最後に注目する点は、全く新しいドライビングシステムを体験できることです。
それはインテグレーテッド・ダイナミック・システムと呼ばれるもので、ドライバーはエンジンスタートボタン付近にあるダイヤルを回せば、「Quiet」「Sport」「Sport+」「Trac」4つのモードで走行が可能になります。

「Quiet」モードは電気モータでEV走行が可能で、静かにそして軽快に走ることが出来ます。

「Sport」はデフォルトで設定され、新型NSXの性能を十分体感できるモードで、さらに「Sport+」にすると、よりシャーシやレスポンス、エンジン音がスポーティになり、NSXを走らせることが出来ます。

「Trac」は全貌はまだ詳しく分かりませんが、新型NSXの機能を最大限に引き出して走行することが出来るようです。

ホンダ新型NSXの構造・設計(HONDA発表)

ホンダ SNX 新型 2015年

新型NSXは、スポーツカーとしての地に這うような走りを追求する為、コンパクト・低重心の設計が徹底されています。

ホンダ SNX 新型 2015年

上記でも書きましたが、新型NSXにはホンダの新たな挑戦である技術「SH-AWD」が採用されます。
この技術開発の為に当初の予定より発売が遅れたとも言われています。

4本足で走る動物から着想を得たという3つのモーターでタイヤを制御するシステム。
曰く「4本足で走る動物は、曲がる際に曲がろうとする外側の足を内側よりも強く蹴っている」とのことです。

一つで後輪タイヤを後の二つで前輪の左右のタイヤを別々に駆動させ、従来のステアリングでのタイヤコントロールでなく、タイヤの駆動力によって曲がるシステムです。
これによりスムーズに、今までに感じたことのないコーナリングをNSXは実現できるでしょう。これは世界初の試みで、世界中からもこの動力システムに期待が高まっています。

ホンダ SNX 新型 2015年

低速・低負荷で短距離は前輪の左右に装備されているモーターのみ走行可能です。通常走行時は4WDとなり、この前輪の独立したモーターによりトルクを制御し、より鋭いコーナリングの走りが可能となっています。
加速時には前輪2つのモーターを含めて合計3個のモーターが駆動ブースターとして作動し、爆発的な加速を実現しています。

ホンダ SNX 新型 2015年

そして最後に注目する点は、全く新しいドライビングシステムを体験できることです。
それはインテグレーテッド・ダイナミック・システムと呼ばれるもので、ドライバーはエンジンスタートボタン付近にあるダイヤルを回せば、「Quiet」「Sport」「Sport+」「Trac」4つのモードで走行が可能になります。

「Quiet」モードは電気モータでEV走行が可能で、静かにそして軽快に走ることが出来ます。

「Sport」はデフォルトで設定され、新型NSXの性能を十分体感できるモードで、さらに「Sport+」にすると、よりシャーシやレスポンス、エンジン音がスポーティになり、NSXを走らせることが出来ます。

「Trac」は全貌はまだ詳しく分かりませんが、新型NSXの機能を最大限に引き出して走行することが出来るようです。

車体の骨組みは、アルミニウムとスチール、超高強度・高剛性鋼板を組み合わせた骨組みが採用されています。
ねじれや曲げに対する剛性を大幅に高めたフレームを利用することにより、高速でのドライブでも、安定した走りが出来るよう設計されています。
また、フロア及びボディパネルにはカーボンが採用され、軽量化に貢献しています。

ホンダ SNX 新型 2015年

モンスターマシンと言えるスーパーカーのエンジンは、高出力であると同時に排熱量もケタ違いに大きいです。
莫大な熱量をもったエンジンを如何に冷却するかは、スーパーカーにとって重要な生命線とも言えます。

新型NSXでは、モーター及びエンジンの冷却に、空力利用は勿論のこと、ラジエーター3基、インタークーラー2基、空冷式熱交換器10基、9速DCT用熱交換器2基を採用する等、十分な熱対策が施されています。

NSXプロモーション動画 ボディ&シャシー編

ホンダ新型NSXの空力特性

「形態は機能に従う」に沿ったデザイン

ホンダ SNX 新型 2015年

車体の骨組みは、アルミニウムとスチール、超高強度・高剛性鋼板を組み合わせた骨組みが採用されています。
ねじれや曲げに対する剛性を大幅に高めたフレームを利用することにより、高速でのドライブでも、安定した走りが出来るよう設計されています。
また、フロア及びボディパネルにはカーボンが採用され、軽量化に貢献しています。

フローティングCピラー

ホンダ SNX 新型 2015年

新型NSXの空力性能を特徴的に表しているのが、この「フローティングCピラー」です。

窓とウィンドウに若干のすき間をつくっているこの形状は、フェラーリ599やアストンマーティンDB11、マクラーレン570Sなどのスーパーカーでも採用されています。

目的は空気抵抗の減少とダウンフォースの発生です。さらに新型NSXでは、走行風をエンジンエアインテークに誘導する役目も果たしています。エンジンルーム内に効率的に風を流し、冷却効果を高めているのです。

「形態は機能に従う」に沿ったデザイン

ホンダ SNX 新型 2015年
ホンダ SNX 新型 2015年

ホンダ新型NSXの空力へのこだわりは、細部にまで徹底しています。ワイパーやウォッシャーも、時速290kmで走行時に正常に作動する強度で設計されるほどです。
少し長すぎるようにも見えるサイドミラーのステイも、空気抵抗や風切り音を考慮した結果のデザインです。

新型NSXは、ホンダが旋回性能と安定性を発揮する最良の設定と考える、1:3の前後ダウンフォース比を実現しています。

見た目を第一に優先したと思われがちな戦闘機風のデザインは、実はホンダの最新の研究成果を反映したデザインなのです。

ホンダNSXプロモーション動画 エアロダイナミクス編

北米がメイン市場!アメリカにてホンダ新型NSX量産中

生産拠点は米国内陸部の工場

ホンダ NSX 工場

4月下旬、北米仕様の新型NSXの量産がスタートしました。
北米市場での生産拠点となるオハイオ州の専用工場で、熟練の技術者たちが新型NSXを生産しています。ホンダは、北米が新型NSXの最大の市場になると目論んでおり、米国での生産は「需要のあるところで生産をする」というホンダのポリシーに沿っていると言えます。

新型NSXのような高性能なスーパーカーを少量生産していくために、革新的な設備が整った工場で生産が行われています。
そこでは高い技術を持った技術者たちが新型NSXの製造に携わっています。

ホンダ NSX Acura 新型 2016年

約100名の従業員が新型NSXの製造に携わっています。
製造過程では最新技術を有したロボットが配備されており、技術者たちはロボットと協調しつつ、新型NSXを製造しています。
新型NSXは先進的な工場で最先端のロボットと熟練の技術者たちが協力して製造しているからこそ、最高レベルのクオリティが実現していると言えます。

ホンダ NSX ホイール アライメント 調整

新型NSXのパワートレイン、3.5L V6ツインターボエンジンは、熟練の技術を持った技術者の中でも、エキスパートのみが製造を任されています。
エンジンを構成する部品は一つ一つ丁寧に組み立てられています。
そうして正確に組み立てられたエンジンは、すぐに稼働テストが行われ、今すぐにでもサーキットで走らせることができる状態になってオーナーに届けられるそうです。

新型NSXのWEB工場見学【360°動画】

オハイオ州の新型NSXを生産する工場内部の動画がインターネットで公開されました。
スーパーカーを製造するハイスペック工場の内部はどのようになっているのでしょうか。

360°カメラで撮影された映像により、新型NSXが製造される一部の工程を間近に感じることができるようになっています。
※クリック&ドラッグやスマホではスワイプの操作によりカメラの映像の方向を変更することができます。

工場の一般公開はされませんが、新型NSXを注文していたり、注文待ちの方は2016年後半から工場見学ツアーの予約をすることができるようです。

ホンダの新型車に関するおすすめの記事

ホンダ新型NSXの競合車(ライバル車)となるのは?

ポルシェ911

ポルシェ 911カレラ 2015年

1964年から生産され続けているポルシェを代表するスポーツカー。
価格は1,255~2,813万円。

【スペック(ターボS)】
燃費   :7.2~10.7km/L
全長   :4,505mm
全幅   :1,880mm
全高   :1,295mm
重量   :1,680kg
最高出力 :560ps/6,750rpm
最大トルク:71.4kg-m/4,250rpm

アウディ R8GT

アウディ R8 GT 2011年

アウディのフラッグシップ、ミッドシップスポーツカー。
価格は1,857~2,512万円。

【スペック(5.2PSIquattro)】
燃費   :NO DATA
全長   :4,440mm
全幅   :1,930mm
全高   :1,250mm
重量   :1,660kg
最高出力 :525ps/8,000rpm
最大トルク:54.0kg-m/6,500rpm

フェラーリ 488 GTB

フェラーリ 488 GTB

実際に新型NSXがターゲットとしているのは、フェラーリを購入する層です。
価格は2,920~3,390万円。

【フェラーリ 488 GTBのスペック】
燃費   :NO DATA
全長   :4,568 mm
全幅   :1,952 mm
全高   :1,213 mm
重量   :1,370 kg
エンジン :90°V型8気筒DOHC(4バルブ) ツインターボ
最高出力 :670ps/8000rpm
最大トルク:77.5kg-m/3000rpm

シボレー コルベット

シボレー コルベットC7型 7代目 2014年

最新ハイテク武装したアメリカンマッスルスポーツカー。
価格は942~1,195万円。

【スペック(クーペZ51)】
燃費   :NO DATA
全長   :4,510mm
全幅   :1,880mm
全高   :1,230mm
重量   :1,570kg
最高出力 :466ps/6,000rpm
最大トルク:64.2]kg-m/4,600rpm

新型NSX vs 海外スーパーカー!一番人気なスポーツカーは?

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q. 【新型NSX vs 海外スーパーカー】欲しいのはどれ?フェラーリやポルシェ、アウディなど

ホンダがついに発売した新型NSX。価格は2,000万円オーバーと、フェラーリやポルシェなどの輸入スーパーカーに匹敵する高価格...

  • 新型ホンダ NSX
  • ポルシェ 911
  • アウディ R8
  • フェラーリ 488 GTB
  • シボレー コルベット
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る
Powered by

シボレー コルベット

最新ハイテク武装したアメリカンマッスルスポーツカー。
価格は942~1,195万円。

【スペック(クーペZ51)】
燃費   :NO DATA
全長   :4,510mm
全幅   :1,880mm
全高   :1,230mm
重量   :1,570kg
最高出力 :466ps/6,000rpm
最大トルク:64.2]kg-m/4,600rpm

あの人気俳優もNSXのファン!?

ホンダ新型NSX最新ニュース&動画まとめ

ホンダ SNX 新型 2015年

NSXのライバルはNSX!?

■2016年3月ニュース
┗サーキットモデル新型NSXタイプR開発中!?
┗新型NSXロードスターモデル登場か!?
■2016年6月ニュース
┗新型NSXがパイクスピークで優勝!
■2016年7月ニュース
┗F1ドライバー ジェンソン・バトン選手が新型NSXを運転!
┗フェルナンド・アロンソ選手が新型ホンダNSXを運転!
■2016年9月ニュース
┗新型NSX サーキット走行動画公開
■2016年10月ニュース
┗新型NSX 神業動画公開

サーキットモデル ホンダ新型NSXタイプR開発中?

ホンダは、新型NSXのサーキットモデルとして「タイプR」モデルも開発中です。

やはりフロントバンパーやフロントフフード、サイドステップが廃止されリアウイングが追加されるもようです。

サーキットモデルですので、重量の重いモーターとバッテリー(ハイブリッドシステム)を廃し、後輪駆動モデルとなると予想されています。

ハイブリッドシステムだけで150kgもの重量となっており、この前輪のモーター・バッテリーを外すことにより、大幅に軽量化することができます。

また、NSXのオープンカータイプのモデルも製作中であり、今後は新型NSXの様々なモデルが登場するかもしれません。

ホンダ新型NSXロードスターモデルが登場する!?

■2016年3月ニュース
┗サーキットモデル新型NSXタイプR開発中!?
┗新型NSXロードスターモデル登場か!?
■2016年6月ニュース
┗新型NSXがパイクスピークで優勝!
■2016年7月ニュース
┗F1ドライバー ジェンソン・バトン選手が新型NSXを運転!
┗フェルナンド・アロンソ選手が新型ホンダNSXを運転!
■2016年9月ニュース
┗新型NSX サーキット走行動画公開
■2016年10月ニュース
┗新型NSX 神業動画公開

ホンダ新型NSXがパイクスピークで優勝!

パイクスピークとは?

正式には、「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」という名称のレースで、アメリカ・コロラド州で基本的には合衆国記念日の前後で開催されます。
ヒルクライムということで、「雲へ向かうレース」という別名で呼ばれることもあるようです。

山肌を登る過酷なレースで、スタート地点とゴール地点の標高差は1439mにもなります。
標高の差は、ドライバーの体調だけでなくエンジンにも影響するため非常に特殊なレースと言えるでしょう。

20km「10:28.820」を記録して優勝!

パイクスピークでの走行模様を約1分に収めた映像を公開

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムで優勝した際の走行映像が編集され、Youtubeのアキュラ公式アカウントより公開されました。

プロレーサーがホンダ新型NSXを運転!

20km「10:28.820」を記録して優勝!

アキュラNSXの走る姿をみると心が躍りますね。やはりかっこいいです。

2016年に開催された、同レースでは、アキュラNSXがTA2クラスにて10:28.820というタイムで優勝しました。
また、グランツーリスモスポーツの山内一典氏もNSXに乗りペースメーカーとして参加したようです。
さらに、
電気自動車部門に関しても、山野哲也選手が運転するアキュラNSX EVコンセプトが、優勝こそできなかったものの、3位という輝かしい成績を残しました。
新型NSXが改めて、大きな注目を浴び、同時に実力を証明したレースとなったようです。

パイクスピークでの走行模様を約1分に収めた映像を公開

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムで優勝した際の走行映像が編集され、Youtubeのアキュラ公式アカウントより公開されました。

ホンダ新型NSX サーキット走行動画公開

先日行われた「グッドウッドフェスティバルオブスピード」にて、F1チームのマクラーレンホンダで現在レギュラードライバーを務めるジェンソン・バトン選手がヒルクライムにチャレンジする動画が公開されました。

助手席に座っているのはイギリスのバンド「カイザー・チーフス」のメンバー、リッキー・ウィルソンさんです。2人でNSXに触れ、笑顔でドライブを楽しんでいる様子が印象的です。

以下の動画で、ジェンソン・バトン選手の様子と、新型NSXのエンジンサウンドがご覧いただけます。

ホンダ新型NSX 神業動画公開!

マクラーレンホンダのフェルナンド・アロンソ選手がポルトガルのエストリル・サーキットをホンダNSXで運転しています。
このサーキットは初代NSXの開発にも参加したレジェンドドライバー、アイルトン・セナが初めて勝利したコースです。

フェルナンド・アロンソ選手といえば、マクラーレンホンダのプロレーサーとして有名な選手です。
そのフェルナンド・アロンソ選手がポルトガルのエストリルサーキットにて新型ホンダNSXを運転する動画が公開されたと話題です!

ちなみにこのサーキットは初代NSXの開発に携わった伝説のプロレーサーであるアイルトン・セナ選手が初勝利したコースとしても有名です。

ホンダ新型ホンダNSX VS 日産GT-Rニスモ 夢の対決!

国産スーパースポーツカーの夢の対決が行われました。
この話題の両車をつかったガチンコバトル筑波サーキットで撮影されました。
ドライバーは新型ホンダNSXには土屋圭市、そして日産GT-Rニスモには中谷明彦が運転しました。
その気になる対決の行方はぜひ、動画で確認してください!

ホンダ新型ホンダNSXが公式レースにデビュー!

米国フロリダ州で開催された「IMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピョンシップ(WSCC)」で新型ホンダNSXがデビューしました。
新型ホンダNSX以外にもレクサスRC FもデビューしたGTDクラスですが、アレグラ・モータースポーツのポルシェ911 GT3Rが優勝しました。

新型ホンダNSXは中盤から終盤にかけて走り、ランキング上位に進出しました。
そして、新型ホンダNSXはデビュー戦を5位という好記録を出しました。

ホンダ新型NSX「2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー」実行委員会特別賞を受賞!

ホンダ NSX 新型 2015年 イメージ画像

2016年12月9日、新型ホンダ・NSXが2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤー」において「実行委員会特別賞」を受賞しました!

新型NSXは、2016年8月の発表以降、すでにホンダの初年度販売計画の100台を上回る購入申し込みがあった模様です。

日本カー・オブ・ザ・イヤーの実行委員会特別賞の受賞理由は
「運動性能に優れたハイブリッドスーパースポーツカーとして高い完成度を見せた。日本が得意とするハイブリッド技術で未来のスポーツカー像を提案したことは意義深い。年間販売予定が日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート基準の500台に満たない100台なため特別賞として記録に留めるべきと判断した」
とのことです。

ちなみに、日本カー・オブ・ザ・イヤーの「実行委員会特別賞」とは、文字通り「日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会」が選ぶ、その年に特別なインパクトを与えた福祉車両やモビリティの発展に貢献した施策やイベント、業界に貢献した功労者などに与えられる賞のことをいいます。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

人気のスポーツカーに関連するおすすめ記事!

ホンダに関するおすすめ記事はこちら

ホンダに関するおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK