ホンダ新型NSX全最新情報!ついに日本で発表|性能比較や海外の評価と価格は?

日本が誇る唯一のスーパーカー「NSX」。初代の生産が終了され、長らく新型NSXの復活が待望されていましたが、2016年8月25日に待望の新型「NSX」が日本で発表されました。日本のみならず世界が待ち望んだ新型NSXの気になる性能、スペック、価格や発売日を今回はお伝えします。そこにはホンダの驚くべき挑戦がありました!

ホンダ新型NSX全最新情報【目次】

《1ページ目 NSX基本情報》
■ホンダNSXとは?
■新型NSXついに発売!
■新型NSXの納車時期とは
■新型NSXが試乗できる!?
■新型NSXの性能
■新型NSXの燃費
■新型NSXのエクステリア・外観デザイン
■新型NSXの価格は?
■新型NSXのオプション装備は?

《2ページ目 NSX性能情報》
■新型NSX新システム「SH-AWD」
■新型NSXのドライビングシステム
■新型NSXの構造・設計
■新型NSXの空力特性
■新型NSX製造中!

《3ページ目 新型NSX 最新ニュース&動画まとめ》
■新型NSXの競合車紹介
■新型NSX最新ニュースまとめ
 ┗サーキットモデルタイプR登場!?
 ┗新型NSXロードスターモデル出るか!?
 ┗新型NSXがパイクスピークで優勝!
 ┗プロレーサー達が新型NSXを運転!
 ┗新型NSX サーキット走行動画
 ┗新型NSX 地上絵再現神業動画

ホンダ NSXとは?

出典:http://wall.wallrage.com/

日本で唯一の最強スーパーカー

「NSX」はホンダが1990年9月から2005年12月まで製造・販売していたスポーツカーです。
日本が世界に誇るスーパーカーです。2015年現在は生産が終了されている車でもあります。
日本で唯一といって良いくらいの車であり、世界のスーパーカー達、フェラーリポルシェランボルギーニ等と闘う為に開発された車です。

発売当初はその当時異例ともいえるマニュアル車(MT)で一台800万円、オートマ(AT)車で一台860万円という乗用車としては非常に効果な価格で販売されていました。
マイナーチェンジをするたびに機能追加やスペックの向上を伴い、結果として900~1,300万円という価格まで値上がりを続け、国産スポーツカーとしては最も高価なモデルでした。

ホンダNSXはなぜ高額だったのか

オールアルミボディで機械ではなく全て人の手で造られていたのも高額な理由の一つです。
値段もさることながら、NSXが持つ性能、技術も素晴らしい車です。当時のスポーツカーは車中心での開発が主流でしたが、ホンダのNSXはドライバー中心の開発に重きを置いていました。

ステアリングポジションやそこから車にいかに伝わるのか、装備はドライバーにとって快適か?視界は?等、あらゆる面で他のスーパーカーとは違う魅力の詰まった車でした。

発売か生産終了まで全くモデルチェンジをしなかった車で有名でもあります。
F-1等にも参加しており、その走行性は世界でも闘い合える事は立証済みです。
まさに日本が日本らしさを生かした世界と闘える唯一のスーパーカーがホンダの「NSX」なのです。

NSXの中古車価格

そんなNSXですが、中古車市場でも出回っています。
高いものでは1000万円を超えるものも多く、NSXの価値の高さが伺えます。
気になった方はぜひ、以下の中古車情報もご確認ください。


NA1純正アルミ…
695.0万円
本日の在庫
13
平均価格
434.3 万円
本体価格
278 ~ 695 万円

NSXに関連するおすすめの記事

新型NSXついに発売!

2016年8月25日11時に公式プロモーション動画も公開

2016年8月25日の11時より、ついに日本での新型NSXの発売が開始されました。
上記の動画は、発売開始同日11時から、ライブ中継で公開された新型NSXのプロモーション動画です。

新型NSXは多種多様なオプションからカスタマイズ可能

新型NSXはプレミアムカーらしく、多種多様なオプション(無料オプションあり)が用意されており、公式サイトから(購入するかは別として)自由にNSXをWEB上でカスタマイズと見積を行えるようになっています。

将来的に購入を検討される方や欲しいと思っている方は是非とも下記公式サイトから自分の新型NSXをつくってみてみると良いでしょう。

自分の好みにカスタマイズしたNSXは、ギャラリーとして多数の写真を保存することも可能となっており、様々なNSXをつくってみるのも面白いです。

新型NSXの取り扱いディーラーも公開

公式HPでは、新型NSXの購入やメンテナンスをサポートする店舗が発表され、また資料請求(国内限定)やメールマガジン登録も開始されています。
全国のホンダ車を取り扱うディーラーの中でも、NSXについての専門知識をもち、認定されたエンジニア「NSXスペシャリスト」が在籍する133店舗で販売されるそうです。

新型NSX納車はいつになる?

日本では2017年2月27日より納車開始

新型NSXはアメリカ市場において、納車を開始していますが、北米では約2年も納車待ちとなっているとのことです。新型NSXは技術者が14時間を費やして内装部品から電子部品、パワートレイン、サスペンションやボディパネルを組み立てているそうです。このように製造過程は多くの手作業によって行われるために、1日に生産される台数はわずか3台となっています。

北米では新型NSXの納車に2年も待つことになっており、今後も入手困難な状態が続くことが予想されます。世界規模で見ても、かなりレアな車になるのではないでしょうか。

また日本でも発売が開始されていますが、日本での年間販売台数は100 台を予定。アメリカで予定されている生産台数800台に比べ非常に少ないです。生産される納車開始日に関しては日本もかなり遅く、2017年2月27日から納車を予定しています。

アメリカで新型NSX第一号が納車!

出典:http://goo.gl/

2016年1月に第1号車のオーナーとなる権利をかけたチャリティオークション(Barret-Jackson)が開催されました。
2016年5月、ホンダは同オークションで1億5000万円(120万米ドル)で、権利を落札したリック・ヘンドリック氏に、記念すべき新型NSX第1号を納車したと発表しました。

ヘンドリック氏は「この最高に素敵な新型NSXの第1号オーナーになること、同時にチャリティに貢献できることをとても特別な瞬間であると実感しています。」とコメントしました。

またアメリカン・ホンダモーターの副社長でありアキュラ担当役員のジョン・イケダ氏は「新型NSXはアキュラのDNAをまさに体現するモデルで、この夢のような製品をほかのお客様にも早くお届けしたいと思っており、これを契機として今後もさらにアキュラを発展させていきます」とコメントしました。

気になる新型NSXの量産についてですが、同車専用工場としてオハイオ州メアリズビルに設立された「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター」で行われ、北米仕様車から順に随時各地域に向けた生産を開始するとのことです。

新型NSXが試乗できる!?

新型NSXの納車時期は少なく見積もっても1年〜2年かかります。納車時期まで待ちきれない方や、NSXを一目見たい方、運転してみたい方におすすめのNSXを展示している施設や試乗可能な施設を紹介します。

ホンダ東京青山本社ビル展示

【展示場詳細】
・展示場所 : Honda ウエルカムプラザ青山
・展示期間 : 10:00~18:00
・アクセス : 東京都港区2-1-1Honda青山ビル1階
・最寄駅 : 青山一丁目駅

栃木ツインリングもてぎ

【展示場詳細】
・展示場所 : AUTOBACS SUPER Rd.8 Motegi 250km@ツインリングもてぎ
・展示期間 : 2016年11/12(土)~13(日) 8:00~
・アクセス : 栃木県芳賀郡茂木町120-1

和製スーパーカーNSXは有名人にも大人気!

新型NSXの性能は?

新型「NSX」の基本性能

全長 4470mm
全幅 1940mm
全高 1215mm
ホイールベース 2630mm
エンジン V型6気筒 3.5Lツインターボ
最大出力 550ps
ミッション 9速デュアルクラッチ

新型NSXのパワートレイン!

先ず注目すべき所はパワートレイン部分でしょう。
V型6気筒 3.5Lツインターボエンジンにモーター×3(前2基、後1基)、冷却に、ラジエーター3基、インタークーラー2基、空冷式熱交換器10基、9速DCT用熱交換器2基を採用しています。

素晴らしいパワーを持つエンジンを機能でよりハイブリッド機能を高め、最大出力は550psになりました。エンジン位置も先代は横置きでしたが、縦置きに変更されています。

また、前輪には左右一つずつにモーターがついて駆動し、4輪を独自に駆動できるようにもなっています。これはホンダ独自の4輪駆動システム”SH-AWD”であり、世界に誇る技術の採用です。これにより、パワフルに、速く、そしてドライバーが思いのままに操れる事が可能になりました。

新型NSXの燃費性能は?

新型NSX開発者公式インタビュー動画

新型「NSX」はハイブリッドカー。以前のモデルは欧州での環境規制に対応できなくなった為とも言われています。
今回のNSXは先に紹介した新型モーター等で、速さや性能だけでなく、低燃費の実現も可能にしました。

新型NSXはボディも炭素繊維や超高度鋼板等を合わせたモノが使用され、強く、しかも、かなりの軽量化を可能にしました。走りも安定しており、カーブ性能の安定感へに評価は高いです。
これによりJC08モード燃費 12.4km/Lというスーパーとしては非常に低燃費となり、欧州でも自信を持って戦える車になったのです。ハイブリッド走行ということもあり、いつの間にかスピードが得ていることに気付かないほどだとも言われています。

新型NSXのデザイン

以下が、新型NSXのエクステリア・外観デザインの詳細です。

新型NSXはハイブリッドとなるため、フロントに荷物を格納する空間がありません。そのためにリアにトランクが設置されています。スポーツカーと言えど役2人分の荷物が収納出来ないと、ユーザーが満足しないと言われており、割と大きめのトランクが設置されています。

新型NSXのエクステリア

走行性や機能性が目立ちますが、新型NSXは見た目と内装も素晴らしい姿を見せてくれています。
フェラーリやポルシェといった海外高級スポーツカーにも負けず劣らずの姿です。

まずエクステリアは、製作者が語るように、無駄なものを省き、洗練されたデザインです。フロントはヘッドランプが切れ長で、鋭く、風を切り裂くような顔付。フロント、リアグリルも低い位置に大きく開いており、それをメッシュ加工することにより、軽さと、風の通りを良くしています。

シンプルながらも、複雑に、また成熟されたかのようなエクステリアです。風を操り、風で走っているかのような錯覚にさせてくれるでしょう。

新型NSXのエンジン

新型NSXの内装

インテリアは、車の運転席とは思えない仕上がりです。シートはドライバーをしっかりと包みこんでくれ、ステアリングもドライバーの手であるかのような馴染みやすさを実現しています。
アルミ構造を、要所でむき出しにして、機械的な要素を敢えて出しています。
装置類もドライバーが扱いやすい場所に位置にされており、思いのままに操れるでしょう。

出典:http://nettrend.jugem.jp/

新型NSXはエクステリア、インテリアでもドライバーを中心に、かつスーパーカーの名に恥じない姿に生まれ変わりました。海外でのNSXの評判は、外観デザインはアウディR8BMW i8に似ているという声など総じて高い評価を得られているようです。

新型NSXの価格は?

日本車過去最高価格の2370万円〜

待ちに待った新型NSXの気になる値段ですが、以前より開発責任者から「フェラーリと同レベルの車をポルシェ911と同じ価格帯で提供する」と言われていました。

2016年、8月25日に日本での新型NSXの販売価格は「2370万円〜」と公式に発表されました。

事前の責任者の発言通り、フェラーリやポルシェ911とほぼ同等の価格で、日本車としては、過去最高の価格となっています。

米国価格が最安?各国の新型NSX販売価格を比較

新型NSXの価格は、各国でかなり離れているようです。
為替の影響などもあるかと思いますが、現状で日本円に換算すると、日本での販売価格が最も高く、アメリカでの価格が最安となっています。
各国の価格については以下の通りです。

・日本:2370万円
・アメリカ:$156,000(約1800万円)
・ドイツ:€180,000(約2240万円)
・イギリス:£130,000(約2090万円)

なんど、最安値のアメリカと日本での販売価格を比べると500万円近い価格差となっています。

新型NSXのオプションは?

外観(エクステリア)のオプション

以下のオプションが世界でいち早くカーボン素材を使用した製品を売り出したホンダならではのオプション装備です。NSX本来のデザインの美しさを際立たせるだけでなく、ダウンフォースの強化にも繋がる機能も備えています。

・カーボンファイバーエクステリアスポーツパッケージ
・カーボンファイバーフロントスポイラー/リアディヒューザー
・カーボンファイバーサイドシルガーニッシュ
・ダーククロームエキゾーストフィニッシャー
・カーボンファイバーリアデッキリッドスポイラー
・カーボンファイバーエンジンカバー
・カーボンセラミックブレーキローター

内装(インテリア)のオプション

内装の一部をカーボン素材にするカーボンファイバーメーターバイザーやスポーツペダルをアルミ製の素材で加工するカーボンファイバーインテリアスポーツパッケージ、ルーフの素材をアルカンターラ製にするアルカンターラルーフライニングなどのオプションを用意しています。スポーティかつ上品な内装にすることができるオプションです。

新型スポーツカーと日本の競合車に関連するおすすめの記事

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す