初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型メルセデスAMG C43 マイナーチェンジ最新情報!スペックと価格など徹底予想

メルセデスベンツ・Cクラスクーペのハイパフォーマンスモデル、メルセデスAMG C43クーペがマイナーチェンジを計画しているようです。本記事では、新型メルセデスAMG C43クーペのスペックや価格などマイナーチェンジに関する最新情報と予想についてまとめています。

【最新情報】メルセデスAMG C43クーペがマイナーチェンジか?

メルセデスベンツ・Cクラスクーペのハイパフォーマンスモデル、メルセデスAMG C43クーペの新型プロトタイプ車両がスクープされました。
本記事では、マイナーチェンジされる新型メルセデスAMG C43クーペのスペックや価格などの予想と最新情報についてまとめています。

メルセデスAMGとは?

新型メルセデスAMG C43クーペ マイナーチェンジの注目ポイントまとめ

新型メルセデスAMG C43クーペの注目ポイントは、以下の3点です。

・ヘッドライトのデザイン変更
・フロントグリル、バンパーのデザイン変更
・V型6気筒エンジンから直列6気筒エンジンへ変更

今回のマイナーチェンジは、エンジンの変更を含むビッグマイナーチェンジとなるようです。

新型メルセデスAMG C43クーペのエクステリア(外装)デザインを予想

新型メルセデスAMG C43のプロトタイプ車両のスクープ画像からは、ヘッドライトのデザインが「Eクラス」に近いものに変更され、フロントバンパーのエアダクトに横フィンが2本追加されていることが確認できます。

また、フロントグリルには、1952年の「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」レースで優勝した伝説的スポーツカー「300SL」に由来する、メルセデス最強の証「パナメリカーナグリル」が装着されることも予想されています。

300SL"カレラ・パナメリカーナ・メヒコ"

参考:現行型メルセデスAMG C43クーペのボディサイズ

全長全幅全高
4,7051,8101,405
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8401,7204
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

Eクラスについてはこちら

新型メルセデスAMG C43クーペのパワートレインを予想

新型メルセデスAMG C43クーペのパワートレインは、現行型の3.0L V型6気筒ツインターボエンジンから、新開発の直列6気筒エンジンに変更されると予想されています。
また、エンジンの変更に合わせて、最高出力も現行型の367PSから向上されるようです。

参考:現行型メルセデスAMG C43クーペのパワートレインスペック

エンジン種類V型6気筒DOHCツインターボエンジン
排気量3.0L
最高出力270[367]/5,500~6,000
最大トルク520[53.0]/2,000~4,200
トランスミッション9速AT
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型メルセデスAMG C43クーペの燃費を予想

新型メルセデスAMG C43クーペに搭載されるという直列6気筒エンジンが、次世代エンジンの「M256」であれば、現行型からの大幅な燃費の向上が期待できます。

直列6気筒エンジン「M256」とは?

M256とは、ダイムラーが2016年の春に発表した次世代の直列6気筒エンジンです。
モーター機能付き発電機「ISG」と電動スーパーチャージャー「eZV」を搭載したことで、直列6気筒でありながらもV8エンジンに匹敵する動力性能を発揮し、それでいて燃費性能にも優れるという特長を持ちます。

現在M256を搭載しているモデルは、メルセデスベンツ・Sクラスの「S450」と「S500」の二つであり、日本国内では2018年3月以降の発売を予定しています。

参考:現行型メルセデスAMG C43クーペの燃費性能

JC08モード燃費11.8
実燃費7~9
[単位]km/L

新型メルセデスAMG C43クーペの価格を予想

新型メルセデスAMG C43クーペの価格は、新エンジンの搭載やエクステリアの変更があることを考慮すると、現行型から値上がりすることが予想されます。

参考:現行型メルセデスAMG C43クーペの新車価格

メルセデス AMGC43クーペの新車価格
メルセデスAMG C43 4MATIC クーペ921万
[単位]円(消費税込み)

メルセデスAMG C43クーペとは?

AMG C43クーペ

メルセデスAMG C43クーペとは、メルセデスベンツ・Cクラスクーペのハイパフォーマンスモデルです。
メルセデスベンツのサブブランド、メルセデスAMGが開発を手掛けており、標準のCクラスクーペよりもスポーティなデザインとチューニングを特徴としています。

パワートレインには、3.0LのV型6気筒エンジンが搭載され、四輪駆動システムの「AMG 4MATIC」と組み合わされることにより、0-100km/h加速4.7秒というパフォーマンスを実現しました。

メルセデスAMG C43クーペについての記事はこちら

メルセデスベンツ Cクラスとは?

4代目 Cクラスセダン

Cクラスとは、ダイムラーがメルセデスベンツブランドで販売している乗用車です。
1993年に初代モデルが登場して以降、ベンツの主力モデルとして世界中で販売が続けられており、現行型で4代目モデルとなります。

現行型のボディタイプには、セダン、ステーションワゴン、2ドアクーペ、カブリオレの4タイプが用意されており、直列4気筒のガソリンエンジンとディーゼルエンジンが搭載されます。

メルセデスベンツ Cクラスについての記事はこちら

新型メルセデスAMG C43クーペの発売は2018年の末!

カレンダー

©iStockphoto.com/ Daft_Lion_Studio

新型メルセデスAMG C43クーペのスペックや価格などの最新情報と予想についてお伝えしました。

新型メルセデスAMG C43クーペの発売は、2018年の末頃になると予想されています。
そのため、日本での発売は2019年以降になるでしょう。

MOBYでは、今後も新型メルセデスAMG C43クーペに関する最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

メルセデスAMGの新型車に関する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す