初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ポルシェ新型カイエン ターボ最新情報】スペックや価格や発売日など

ポルシェ新型カイエンターボ最新情報!3代目となる新型カイエンの詳細が明らかになりました。この記事では、新型カイエンに設定されたハイエンドモデル「カイエンターボ」のスペックや価格、発売日といった最新情報についてまとめています。

ポルシェ新型カイエン ターボ【最新情報】

ポルシェ 新型 カイエンターボ

10月25日から11月5日まで開催されていた東京モーターショー2017において、ポルシェはフルモデルチェンジして3代目となる新型「カイエン」を日本初公開しました。
ラインナップは「カイエン」「カイエンS」「カイエンターボ」の3種類が用意されており、すでに国内販売価格も明らかになっています。

本記事では、新型カイエンターボのスペックや価格、発売日などの最新情報をまとめました。

東京モーターショー2017についての記事はこちら

ポルシェ新型カイエン ターボ フルモデルチェンジの注目ポイントは?

書類 チェックリスト

新型カイエンターボのフルモデルチェンジの注目ポイントは、以下の6点となります。

・よりスポーティとなったエクステリア(外装)
・人間工学的に洗練されたインテリア(内装)
・ダウンサイジングしつつも強力になったV8ツインターボエンジンを搭載
・SUVで初のアダプティブルーフスポイラーとエアブレーキを装備
・運転支援システム「ポルシェ・イノドライブ」を搭載
・歩行者保護ブレーキや車線維持支援機能など安全装備の充実

新型カイエンターボは標準モデルのカイエンと比較して、内外装やパワートレインなどのさまざまな面で強化されており、SUV全体で見ても屈指の性能を誇ります。

フルモデルチェンジした新型カイエンについてはこちら

ポルシェ新型カイエン ターボのエクステリア(外装)デザイン

ポルシェ 新型 カイエンターボ 2017
ポルシェ 新型 カイエンターボ 2017
ポルシェ 新型 カイエンターボ 2017

新型カイエンターボのボディは、スポーツカーのDNAを受け継ぐ軽量設計となっており、ポルシェブランドとしてのアイデンティティーを強調したスポーティなデザインを特徴としています。

ホイールベースは先代のカイエンターボから変更されていませんが、全長が延長され全高も下げられたことで、カイエンのエレガントな流線形の印象を強調しているとのことです。

また、大型のエアインテークや21インチのホイール、リアのツインテールパイプなど、カイエンターボのみに設定される仕様によって、標準のカイエンと差別化されています。

SUV初のアダプティブルーフスポイラーとエアブレーキ

新型カイエンターボには、SUVセグメントで初のアダプティブルーフスポイラーとエアブレーキが装備されました。
アダプティブルーフスポイラーは、高速走行する新型カイエンターボのエアロダイナミクスにおいて効果的に働き、エアブレーキは高速走行時の安全性を向上させます。

ポルシェ新型カイエンターボのボディスペック

全長全幅全高
4,9261,983
2,194(ドアミラー含む)
1,673
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8952,1755
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ポルシェ新型カイエン ターボのインテリア(内装)デザイン

ポルシェ 新型 カイエンターボ 内装 2017

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK