初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ポルシェ新型カイエンターボ最新情報】12月16日受注開始!スペックや価格など

ポルシェ新型カイエンターボ最新情報!フルモデルチェンジした3代目新型カイエンがついに受注開始しました。新型カイエンに設定されたハイエンドモデル「カイエンターボ」のスペックや価格といった最新情報についてまとめています。

ポルシェ新型カイエン ターボ【最新情報】

ポルシェ新型カイエン ターボ 12月16日より受注開始

ポルシェは新型カイエン ターボの予約受注を2017年12月16日より開始しました。

また、新型カイエン ターボの左ハンドルモデルの予約受注を、2017年12月16日〜2018年1月15日の期間限定で行います。

ポルシェ新型カイエン ターボ 東京モーターショーにて日本初公開

10月25日から11月5日まで開催されていた東京モーターショー2017において、ポルシェはフルモデルチェンジして3代目となる新型「カイエン」を日本初公開しました。
ラインナップは「カイエン」「カイエンS」「カイエンターボ」の3種類が用意されており、すでに国内販売価格も明らかになっています。

本記事では、新型カイエンターボのスペックや価格、発売日などの最新情報をまとめました。

東京モーターショー2017についての記事はこちら

ポルシェ新型カイエン ターボ フルモデルチェンジの注目ポイントは?

新型カイエンターボのフルモデルチェンジの注目ポイントは、以下の6点となります。

・よりスポーティとなったエクステリア(外装)
・人間工学的に洗練されたインテリア(内装)
・ダウンサイジングしつつも強力になったV8ツインターボエンジンを搭載
・SUVで初のアダプティブルーフスポイラーとエアブレーキを装備
・運転支援システム「ポルシェ・イノドライブ」を搭載
・歩行者保護ブレーキや車線維持支援機能など安全装備の充実

新型カイエンターボは標準モデルのカイエンと比較して、内外装やパワートレインなどのさまざまな面で強化されており、SUV全体で見ても屈指の性能を誇ります。

フルモデルチェンジした新型カイエンについてはこちら

ポルシェ新型カイエン ターボのエクステリア(外装)デザイン

新型カイエンターボのボディは、スポーツカーのDNAを受け継ぐ軽量設計となっており、ポルシェブランドとしてのアイデンティティーを強調したスポーティなデザインを特徴としています。

ホイールベースは先代のカイエンターボから変更されていませんが、全長が延長され全高も下げられたことで、カイエンのエレガントな流線形の印象を強調しているとのことです。

また、大型のエアインテークや21インチのホイール、リアのツインテールパイプなど、カイエンターボのみに設定される仕様によって、標準のカイエンと差別化されています。

SUV初のアダプティブルーフスポイラーとエアブレーキ

新型カイエンターボには、SUVセグメントで初のアダプティブルーフスポイラーとエアブレーキが装備されました。
アダプティブルーフスポイラーは、高速走行する新型カイエンターボのエアロダイナミクスにおいて効果的に働き、エアブレーキは高速走行時の安全性を向上させます。

ポルシェ新型カイエンターボのボディスペック

全長全幅全高
4,9261,983
2,194(ドアミラー含む)
1,673
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8952,1755
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ポルシェ新型カイエン ターボのインテリア(内装)デザイン

新型カイエンターボの内装は、広さや快適性などが先代モデルから改善され、より人間工学的に優れたものへと進化しました。
インフォテインメントシステムも進化しており、ポルシェ コミュニケーションマネージメントシステム(PCM)と12.3インチのタッチディスプレイを通じて、さまざまなデジタル機能とサービスにアクセスすることが可能です。

また、新型カイエンターボは新世代アダプティブスポーツシートを標準装備しています。
シートバックと一体化したヘッドレストとユニークなステッチを備えたこのシートは、デザインがスポーティなだけでなく、人間工学的にも優れた設計となっています。

ポルシェ新型カイエン ターボのパワートレイン

新型カイエンターボには、4.0LのV型8気筒ツインターボエンジンが搭載されます。
先代モデルの4.8L V8エンジンからダウンサイジングされていますが、最高出力は30PS向上して550PSとなり、最大トルクは2kgf・m向上して78.5kgf・mとなりました。

また、エンジンの強化によって走行性能も大幅に向上しており、0-100km/h加速のタイムは4.1秒(スポーツクロノパッケージ:3.9秒)、最高速度は286km/hにも達します。

トランスミッションは新開発の8速ティプトロニックS、駆動方式はフルタイム4WDシステムの「PTM(ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム)」となります。

ポルシェ新型カイエンターボのエンジンスペック

エンジン種類V型8気筒ツインターボ
排気量4.0L
最高出力404[550]/5,750-6,000
最大トルク770[78.5]/1,960-4,500
トランスミッション8速AT
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ポルシェ新型カイエン ターボの燃費性能

新型カイエンターボの燃費性能は以下の通りです。
※km/L表記の燃費データは、L/100km表記の数値をもとに独自で算出した数値であり、ポルシェ公式の燃費データではありません。

市街地16.4-16.2L/100km
約6.1-6.2km/L
郊外9.5-9.3L/100km
約10.5-10.8km/L
複合11.9-11.7L/100km
約8.4-8.5km/L

ポルシェ新型カイエン ターボの安全装備と運転支援システム

新型カイエンターボの安全装備

新型カイエンターボは、以下の安全装備を搭載することで、安全性を高めています。

■予測歩行者保護システム(カイエン初搭載)
・歩行者に対応した自動ブレーキと警告機能です。

■交通標識識別を含むレーンキーピングアシスト
・交通標識を識別してドライバーに注意を促す機能を持った車線逸脱防止機能です。

■リアターンアシスト付レーンチェンジアシスト
・車線変更の際、後方から接近する車両を検知して、ドライバーに警告を促します。

■熱探知カメラを備えたナイトビジョンアシスト
・熱探知カメラを使用して夜間でも人や動物を検知し、その位置をドライバーに警告します。

■アダプティブマトリックスヘッドライトを備えた新しいLEDライトシステム
・カメラを使用して対向車両を検知し、ハイビームや光軸の位置を制御するヘッドライトです。

新型カイエンターボのアシスタンスシステム

新型カイエンターボは、以下の運転支援システムを搭載することで、快適性を高めています。

■リアビューカメラとサラウンドビューを備えたパークアシスト
・4つカメラと超音波センサーを使用して、駐車操作を補助する機能です。

■スタート&ゴー機能を備えたアダプティブクルーズコントロール
・30-240kmの速度で作動するアダプティブクルーズコントロール機能です。
 スタート&ゴー機能により、停車していても自動で発進します。

■電子制御コパイロットのイノドライブ
・「ポルシェ・イノドライブ」は、電子制御されたコパイロット(副操縦士)として機能する運転支援システムです。
 走行状況に応じてカイエンの車両機能を統合的に制御し、快適なドライブを支援します。

ポルシェ新型カイエン ターボの価格

新型カイエンターボの価格は、税込みで1,855万円に設定されました。
1,749万円という価格で販売されていた先代モデルから、100万円程度値上がりしています。

新型カイエンのグレード別価格は以下の通りです。

ポルシェ 新型カイエンの価格
カイエン976万
カイエンS1,288万
カイエンターボ1,855万
[単位]円(消費税込み)

ポルシェ カイエンとは?

新型 3代目カイエン

カイエンとは、ポルシェが製造・販売しているクロスオーバーSUVです。
ポルシェ初のクロスオーバーSUVであるカイエンは、高いオフロード性能とスポーツ性能を併せ持つ「新しい形のスポーツカー」として登場しました。
初代が2002年、2代目は2010年に発売され、今回のフルモデルチェンジで3代目となります。

ポルシェ カイエンについての記事はこちら

ポルシェ新型カイエン ターボに期待!

ポルシェ新型カイエン ターボの最新情報についてご紹介しました。
東京モーターショー2017でも注目されていた、新型カイエン ターボがついに受注開始となりました。

カイエンのファンも新型の発売を待ち望んでいたことでしょう。
これまでのカイエンで最強のモデルとなる新型カイエンターボに期待ですね!

ポルシェの新型車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!