初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

LEDウィンカーの取り付け方や自作とハイフラなどから車検・人気商品まで

エコロジーかつ、キレのある光り方が魅力のLEDウィンカー。取り付けの問題となるのがウィンカーが高速点滅してしまうハイフラッシュ現象です。ハイフラ対策の方法を解説するとともにLEDウィンカーの車検での注意点や、おすすめのLEDウィンカーパーツをご紹介します。

LEDウィンカーとは?

車 ウインカー

©Shutterstock.com/ JNP

多くの車のウィンカーなどの灯火類にはフィラメント電球が使われています。
フィラメント電球とは、ガラス球の中のフィラメント材の電線に、電気を流すことによって赤熱化し発光する現象を利用したものです。
それに対しLEDバルブとは、電気を直接光に変換する機能を持つ発光ダイオードを使うことにより、発熱プロセスを省くことで省消費電力と高輝度、高寿命を実現した次世代光源です。

LEDはウィンカーに最適?

かつてのLEDバルブは光の収束が強く、スポットライトのような特性から、車の灯火に使用するのは難しいとされていました。
しかし、長年の改良により現在ではほぼフィラメント電球と変わらない特性を与えられています。

橙色の光が実現できるようになり、オンオフを繰り返しても電球のように球切れすることも少ないLEDは、独特の鋭い発光特性もあって、高い視認性の要求されるウィンカーに最適な光源といえます。
フィラメント電球に比べて高いコストが難点ですが、普及が進むにつれて低価格で量産できるようになり、近年ではメーカー純正品にも採用されるようになってきました。

LEDウィンカーにするには?

フィラメント電球は通電してから発光温度に達するまで時間がかかるため、ぼやっとしたアナログ的な光り方をします。
LEDウィンカーにすると、瞬時に点灯・消灯が繰り返されますので、キレのあるデジタル風な点滅が特徴です。
古い車をLEDウィンカーにすると、車全体が新しくなったような印象を受けるでしょう。

車にLEDウィンカーを搭載するには多くの方法があります。

レベル1 既存のウィンカーバルブをLEDバルブに交換する
レベル2 ドアミラーなどに、新たにLEDウィンカーを取り付ける
レベル3 ヘッドライト、テールランプを加工してLEDを取り付ける


レベルが上がるほど難易度も上がります。
車をLEDウィンカーにするその方法をご紹介していきます。

ハイフラ対策はこちらの記事もチェック

LEDウィンカーバルブに交換する(難易度レベル1)

バルブ交換を解説した動画です。

LEDウィンカーにするもっとも簡単な方法は、既存のウィンカーバルブをLEDバルブに交換する方法です。
バルブ交換の要領で規格のあったバルブに交換するだけで、手軽にLEDの輝きを手にすることができます。

このときに注意したいのが、LEDバルブに交換して省消費電力となった状態を車はバルブ切れと判断してしまい、ウィンカーが高速点滅を繰り返してしまいます。
これは車の警告機能の一つで、ドライバーに球切れしているので交換を促す「ハイフラッシャー現象(略してハイフラ)」と呼ばれるものです。

これを回避するためには、3つの方法があります。
ひとつは、ウィンカーの点滅周期を決定しているウィンカーリレーをLED用のものに交換する方法。
もうひとつが、ウィンカー配線回路に抵抗を挟みこみ、抵抗値を純正と同じにする方法です。
そして3つ目が「LEDレギュレーター」という製品を装着する方法です。

ハイフラ対策1 ウィンカーリレーを交換する

メーター裏にリレーが配置されている車種のリレー交換動画です。

ウィンカーリレーとは、ウィンカーの点滅周期を作り出す部品です。
ウィンカーリレーをLED対応のものに交換することで、LEDバルブに交換した際のハイフラを回避することができます。

多くの車種のウィンカーリレーはヒューズボックス内やメーター裏に設置されていますが、車種、メーカーごとに違う大きさ、ピン数などの適合規格がありますので、ご自身の車に適合するウィンカーリレーに交換してください。
ウィンカーリレーの交換方法は、引き抜いて、差し替えるだけで完了です。

ウィンカーリレーは抵抗を挟み込むハイフラ対策に比べて費用はかかりますが、リレーを1個だけ交換するだけで、LEDの個数や交換箇所に関わらずハイフラを防止できる手軽さがメリットです。
しかし、最近の車ではウィンカーリレーを使わず車両制御基盤に点滅回路が設けられた車種が増えてきているので、その場合は後述する抵抗器やレギュレーターを設置作業が必要になります。

ハイフラ対策2 ウィンカー配線に抵抗を挟み込む

抵抗の取り付け方を解説した動画です。
動画では、あらかじめ抵抗が仕込まれた延長ケーブルの製品が使用されています。

電球のウィンカーバルブの消費電流は、車の12V電圧では1.75Aほど。
それに対して自動車用の市販LEDバルブはおよそ0.1A程度の消費電流で駆動しており、この少なすぎる消費電流がハイフラを起こす原因となります。

配線に抵抗を挟み込むことで消費電流を増やし、車にフィラメント電球が付いていると思わせ、ハイフラが起きないようにするのが抵抗の役割です。
しかし、抵抗を挟んでハイフラを解消するということは、消費電流を増やしてフィラメント電球と同程度の消費電流で駆動させるため、LEDの省消費電力というメリットが潰れてしまうことになります。

またハイフラ対策によく仕様されるメタルクラッド抵抗やセメント抵抗は、電気を流すと180〜300℃の熱を発します。
取り付け箇所を慎重に選ばないと、車両火災などの原因になりかねません。

各種抵抗は、ウィンカーの+配線にエレクトロタップで並列に接続して接続します。
そして、発熱する抵抗器は車体ボディの金属部分にしっかりとネジ止めする必要があります。
適当な設置場所が確保できないときは市販のステーなどを使うとよいでしょう。

ハイフラ対策3 LEDレギュレーターを装着する

PIAA LEDレギュレーターの取り付け動画です。

抵抗器でもリレーでもない、新しいハイフラ対策パーツとして販売されているのが、自動車部品メーカーの「PIAA」より販売されている「LEDレギュレーター」という製品です。
レギュレーターとは「規制」や「調整」といった意味があり、ウィンカーの点滅周期をLEDレギュレーター本体が調整してハイフラを抑える効果があるようです。

製品を介してバッテリとウィンカーの+配線にLEDレギュレーターの回路を割り込ませることで使用できます。

また、構造は異なるようですが「GARAX」より販売されている「ハイフラバスター」という製品もあります。

どちらの製品も、激しく発熱する抵抗を接続する必要もなく、ウィンカーリレーを使用しない車種にも対応できる優れた製品です。

参考価格: ¥ 8,280
(2017年11月21日現在)

新規にウィンカーを取り付ける(難易度レベル2)

近年よく見かけるようになったドアミラーウィンカー。
ドアミラーウィンカーは、全方向からのウィンカー視認性が良くなる恰好の取り付け場所です。
純正オプションという選択もありますが、ドアミラーの曲面に貼り付けられるように工夫された商品や、LEDウィンカー付きのドアミラーカバーなどが市販されています。

取り付けにはドアミラーに配線を通す穴を空け、ウィンカー配線に接続する必要があるため少々作業難易度は高めです。

自作LEDウィンカーハウジングをデザインする(難易度レベル3)

自作シーケンシャルLEDウィンカー。
18個のLEDをマイコンで制御しているそうです。

LEDを自由自在に扱える方なら、殻割りしたヘッドライトやテールランプ内部にLEDを仕込んで、オリジナルヘッドライトなどをデザインできてしまうようです。
中には、切り出した基盤にLED無数に配置し、マイコン制御でシーケンシャルウィンカーなども制作してしまう強者もいらっしゃいます。

最近はシーケンシャル機能の付いたLEDテープなど、LEDを使ったさまざまな製品が販売されていますので、それらを組み合わせても十分なクオリティの作品を造ることができます。
高難易度ですが、完成したときの達成感は何物にも代えがたいものでしょう。

LEDウィンカーと車検

車検 メンテナンス

LEDウィンカーであるため車検に通らないということはありません。
ただしLEDの光は直進性が強いため、角度によっては暗いと検査官に判断される場合があります。

そのため、LED単体の製品や粗悪品には注意してください。
現在市販されているオレンジ色のLEDであれば問題はないでしょう。

ただし、しっかりとハイフラ対策ができていない場合は車検には通りません。
道路運送車両保安基準によるウィンカーの規定では「毎分60回以上120回以下の一定間隔で点滅すること」とされています。
つまり、LEDが問題なのではなく、ハイフラッシュ状態であることが問題なのです。

流れるウィンカーの車検は大丈夫?

連鎖式点灯(シーケンシャル点灯)のウィンカーは以前であれば車検は通りませんでした。
しかし、2014年10月の保安基準一部改正により、シーケンシャルウィンカーが合法となりました。
海外自動車メーカーでは以前からシーケンシャルウィンカーを導入しており、ようやく日本も足並みを揃えたといった経緯です。
トヨタ C-HRなど、一部車種ではすでに純正シーケンシャルウィンカーを搭載した車が登場しています。
しかし、シーケンシャルウィンカーにもルールはありあます。

・内側から外側に光が流れること
・内側から点灯し、すべてランプが点灯した段階で消えること
・それらが一定周期で繰り返されること

以上がシーケンシャルウィンカーの作動条件ですが、最終的には車検の検査官の判断にゆだねられることになります。
あまりに派手なもの、奇抜なものは控えた方が無難かと思います。

無限に広がるLEDの可能性

LEDテープライト ブルー

LEDの特性である高輝度、省消費電力、小型化がもたらすメリットはエコロジーなだけではありません。
LEDの登場で、以前では考えられなかった個人での自動車のカスタムが可能になり、車の楽しみ方が広がったといえます。

ただし、D.I.Y.の際は怪我、火傷などにはご注意ください。
また、車の12v程度では感電はないと思いますが、ハイブリッド車やEVは高電圧が流れる箇所がありますので、危険箇所を把握した上で作業をおこなうようにしてください。

ウィンカーについてはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す