初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【レクサスLS vs メルセデスベンツSクラス】ライバル車徹底比較!

フルモデルチェンジされ発売されたレクサス新型LS。安全性能も格段に上がっています。レクサス新型LSと、最上級セダンと言われるメルセデス・ベンツSクラスを、スペックや燃費、価格、さらには最先端の安全性能の違いなどの面から徹底比較していきます。

レクサスLSとメルセデスベンツSクラスを徹底比較

左:レクサス新型LS、右:メルセデスベンツSクラス

レクサス新型LS500 エグゼクティブ メルセデスベンツ S560 long 2017

2017年10月19日にフルモデルチェンジされたレクサス新型LSは、従来モデルから全面改良され、レクサスの最新技術が注ぎ込まれたレクサス史上最強のセダンといえます。
一方で、ドイツ高級車ブランド・メルセデスベンツの最上級セダンであるSクラスは、世界で最もブランド力が高く、世界中のセレブから愛されている車です。
レクサスLSはデビュー当時から、メルセデスベンツSクラスを最大ライバルとして開発された経緯があり、今回のフルモデルチェンジでもメルセデスベンツSクラスに負けないスタイル・運動性能・乗り心地を実現しています。

そこで、ここでは同価格帯のレクサス新型LS500h エグゼクティブ(以下:新型LS500h エグゼクティブ)とメルセデスベンツS 560 ロング(以下:S 560)を対象に比較していきます。

レクサスLSとは

レクサス LS500h エグゼクティブ

レクサス新型LS 500 エグゼクティブ 2017

レクサスLSは、1989年にトヨタの高級車ブランド「レクサス」から米国で発売された大型セダンです。
レクサスLSはメルセデスベンツSクラス、BMW7シリーズ、アウディ V8(アウディA8の先代モデル)に対抗できる高級セダンを目指して開発されたモデルです。
発売されたときは走行時の静粛性と良質な乗り心地で、世界中の高級セダンのユーザーや自動車メーカーから注目されました。
日本では、1989~2006年までにトヨタブランドから「セルシオ」という車名で販売され、レクサスが日本に上陸した1年後の2006年にトヨタ セルシオからレクサスLSの名前で発売されました。
新型LSは5代目となり、日本では2017年10月19日から発売されています。

レクサス新型LSについてはこちら

メルセデスベンツSクラスとは

メルセデスベンツ S500

メルセデスベンツ Sクラス S500 2017

メルセデスベンツSクラスは、ドイツのダイムラー社が展開する高級車ブランド「メルセデスベンツ」から販売されている車です。
欧州の乗用車分類方法ではFセグメントに属し、セダン以外にクーペやリムジン、カブリオレといったスタイルが用意されています。
メルセデスベンツのセダンで最上級モデルとされており、デザイン・性能において最高峰のレベルの高級大型セダンとして、世界で最も高いブランド力があります。

初代Sクラスが登場したのは1972年であり、現行モデルは6代目になります。
日本ではガソリン車のみが販売されていますが、海外ではディーゼルターボエンジンやハイブリッド、プラグインハイブリッドモデルも販売されています。

メルセデスベンツSクラスについてはこちら

レクサスLSとベンツSクラスのエクステリア(外装)で比較

レクサス新型LSの外装

レクサスLS500 エグゼクティブ 2017

レクサス新型LSのエクステリア(外装)は、GA-Lプラットフォームを搭載し、先代より低く構えた4ドアクーペスタイルになりました。
フロントマスクは、印象的なデザインのスピンドルグリルと、切れ長の3眼LEDランプでアグレッシブな雰囲気になっています。

メルセデスベンツSクラスの外装

メルセデスベンツS 560 ロング

メルセデスベンツ S560 2017

メルセデスベンツSクラスは落ち着いた雰囲気で、セダンらしい王道のスタイルといった感じです。
全体的に丸みがあり、アグレッシブな印象の新型LSとは対象的に、ドイツ車らしくスマートで大人っぽい雰囲気を出しています。

レクサスLSとベンツSクラスのインテリア(内装)で比較

レクサス新型LSの内装

レクサス新型LS500 エグゼクティブ

レクサス新型LS 500 Executive Package 2017

新型LSの内装は、先代からインパネ・センターコンソールのデザインを一新し、高級車としての上質感が増しました。
特に、インパネに奥行きを持たせ、運転席はドライバーを中心に操作系を配置しています。

メルセデスベンツSクラスの内装

メルセデスベンツ S550 ロング

メルセデスベンツ S560 2017

Sクラスのインテリア(内装)は、メーターパネルに2枚の12.3インチのワイド液晶ディスプレイを連結して搭載し、メーター・ナビゲーション表示をドライバーが見やすいように配置されています。
デザインはメルセデスベンツらしいエレガントさが際立ちます。
インパネ、ダッシュボード下部から前席、後席のドアトリムとセンターコンソールにかけて、64色から選べる間接照明を設けており、ラグジュアリー感を高めています。
SクラスにはApple CarPlayやAndroid Autoも装備され、新型LSとの機能性の違いといえるでしょう。

Apple CarPlayについてはこちら

Android Autoについてはこちら

レクサスLSとベンツSクラスをエンジン性能・スペックで比較

新型LS500hエグゼクティブのパワートレイン

レクサス新型LS500h のハイブリッドパワートレイン

レクサス新型LS 500h マルチステージ ハイブリッドシステム 2017

ハイブリッドの新型LSは、先代モデルの5.0L V型8気筒エンジンから3.5L V型6気筒エンジンへサイズダウンをし、幅広いエンジンの回転域でモーターのアシスト力をアップしています。
トランスミッションにおいては、電気式の無段階変速機(CVT)によりリズミカルなシフトアップを可能とし、先代からダウンサイジングターボになった新エンジンでも力強くスムーズな加速を実現しています。

S 560のパワートレイン

メルセデスベンツS 560 ロングのエンジンルーム

メルセデスベンツ S560 エンジンルーム 2017

S560のパワートレインは、4.0L V型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載し、全回転域でハイパワーなレスポンスを実現しています。
クルージングなど低負荷での走行時は、4つの気筒を休止して、燃費消費を抑えるシリンダーマネジメントシステムを採用しています。

スペックの比較

レクサスLS500h エグゼクティブメルセデスベンツ S560 ロング
全長5,2355,255
全幅1,9001,899
全高1,450(1,460)1,494
ホイールベース3,1253,165
車両重量2,320-
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
レクサスLS500h エグゼクティブメルセデスベンツ S560 ロング
エンジン種類V型6気筒DOHCツインターボV型8気筒DOHCツインターボ
排気量3.5L4.0L
最高出力220[299]/6,600345[469]/5,250~5,500
最大トルク356[36.3]/5,100700[71.4]/2,000~4,000
モーター最高出力132[180]-
最大トルク300[30.6]-
トランスミッションCVT9速AT
駆動方式FR、4WDFR
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

レクサスLSとベンツSクラスを安全性能で比較

2017年 レクサスLS500h “version L” 2013年 メルセデスベンツ S 350 BlueTEC

新型LSに搭載される「プリクラッシュセーフティ」は、歩行者の存在する方向を表示する歩行者注意喚起、プリクラッシュブレーキアシスト、自動で操舵を制御するアクティブ操舵回避支援を段階的に作動させ、運転者の安全を支援する機能です。
他にも「フロントクロストラフィックアラート」、「上下2段式アダプティブハイビームシステム」など、世界初となる機能が盛り込まれています。

Sクラスの安全装備にある「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)&アクティブステアリングアシスト」、「アクティブステアリングアシスト」などは、新型LSにもほぼ搭載されており、安全性能の比較では、新型LSのほうが世界初の搭載となる機能やトータルの機能数から上回ると見られます。

レクサス新型LSとメルセデスベンツSクラスの安全機能一覧

レクサス新型LSメルセデスベンツ Sクラス
安全機能一覧●大型カラーヘッドアップディスプレイ
●Lexus Safety System +
・歩行者検知付きプリクラッシュセーフティ(PCS)
・レーダークルーズコントロール
・レーンディパーチャーアラート
 (LDA)/レーンキーピングアシスト(LKA)
・オートマチックハイビーム(AHB)

●Lexus Safety System +A
・Lexus CoDrive(レーダークルーズコントロール/LTA/LCA)
・レーントレーシングアシスト(LTA)
・ドライバー異常時停車支援システム(LTA連動型)
・上下2段式アダプティブハイビームシステム(AHS)
・フロントクロストラフィックアラート(FCTA)
・ロードサインアシスト(RSA)

●パーキングサポートアラート(PKSA)
●パーキングサポートブレーキ(PKSB)
●パノラミックビューモニター
(サイドクリアランスビュー/コーナリングビュー付)
●デジタルインナーミラー
●ドライブスタートコントロール
●後席自動リクライニング機能
●デジタルインナーミラー
●LEDコーナリングランプ/マルチウェザーライト
●後方車両への接近警報
●タイヤ空気圧警告表示
●ランフラットタイヤ
●運転席・助手席イージーアクセスバックル
●アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック
(自動再発進機能付)&アクティブステアリングアシスト
●アクティブステアリングアシスト
●アクティブレーンキーピングアシスト
●アクティブブレーキアシスト
(歩行者/飛び出し検知機能付)
●渋滞時緊急ブレーキ機能
●緊急回避補助システム
●トラフィックサインアシスト
●最先端のマルチビームLED(ウルトラハイビーム付)
●アクティブブラインドスポットアシスト
●アクティブエマージェンシーストップアシスト

レクサスLSとベンツSクラスを燃費で比較

ガソリンスタンド 給油 クラシックカー

©everystockphoto.com/ reynermedia

2台のパワートレインは、新型LS500hエグゼクティブはハイブリッド、S560がガソリンエンジン車であるため、新型LS500hエグゼクティブの方が燃費性能で優ります。
新型LS500hエグゼクティブの実燃費に関する情報はまだありませんが、レクサスLSの先代モデルでカタログスペックから2割落ちとなっています。
新型LS500hエグゼクティブの燃費も、パワートレインの違いはあるものの、カタログ燃費値から2割り落ちの約12.0〜14.0km/Lと予想されます。

レクサス新型LS500h エグゼクティブメルセデスベンツ S560 ロング
JC08モード燃費15.6(14.4)非公開
実燃費【予想値】12.0~14.0(11.0~13.0)5.0~7.0
[単位]km/L

レクサスLSとベンツSクラスを新車車両価格で比較

金 キャッシュ

レクサス新型LSとメルセデスベンツSクラスのすべてのモデルで新車車両価格を比べると、新型LSとS400からS560 4MATIC ロングまでは同価格です。
しかしSクラスは、AMGモデル、マイバッハなどもラインナップされており、ユーザーの選択肢を広げていることが、長きに渡り大型セダンの頂点となっている理由ともいえます。

レクサス新型LSメルセデスベンツ Sクラス
ガソリン車LS500:980万(1,020万)
LS500“I package”:1,042万(1,082万)
LS500“F SPORT”:1,200万(1,210万)
LS500“version L”:1,320万(1,360万)
LS500“EXECUTIVE”:1,500万(1,540万)
S 400:1,128万
S 560 ロング:1,646万
S 560 4MATIC ロング:1,681万
S 600 ロング:2,331万
ハイブリッドLS500h:1,120万(1,160万)
LS500h“I package”:1,180万(1,220万)
LS500h“F SPORT”:1,310万(1,350万)
LS500h“version L”:1,460万(1,500万)
LS500h“EXECUTIVE”:1,640万(1,680万)
-
[単位]円(税込)( )内は4WD

メルセデスAMG Sクラスについてはこちら

マイバッハ Sクラスについてはこちら

レクサスLSとベンツSクラスのどちらが好み?

レクサス LS500 エグゼクティブ 2017 メルセデスベンツS560long 2017

レクサス新型LSとメルセデスベンツSクラスについて紹介してきました。
ブランド力や人気を世界基準で見ればSクラスが圧倒的に上ですが、北米や国内ではレクサスの人気が高まっており、新型LSはSクラスに負けないブランドとして認知されつつあります。
ハイブリッドモデルも用意されている新型LSは、環境を考える方にとっても有力な選択肢といえます。
Sクラスは外車が好きな方や、AMGなどスポーツ感のあるエンジンが好みの方にはうってつけのモデルといえるでしょう。

新型LSもSクラスもセダンの最高峰であり、どちらを選んでも最高の乗り心地を楽しめることは間違いありません。

レクサス LSの関連記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!