初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【2017年版】コンパクトSUV人気おすすめランキングTOP10比較|日本で人気の車種は?

コンパクトSUVとはオフロード走行を想定したコンパクトサイズの多目的自動車のことです。最近ではホンダ ヴェゼルやトヨタ C-HRなどが販売され、国内市場でも販売台数の伸びてきているカテゴリーになります。2017年上半期の新車販売台数を基に、トップ10ランキングを紹介していきます。

コンパクト(小型)SUVおすすめ人気ランキング発表!

スズキ ジムニーシエラ 特別仕様車 ランドベンチャー 2008年

ホンダ ヴェゼルやトヨタ C-HRの販売が好調なコンパクトSUV市場には、ライバル車がひしめいています。
オフロードに強いSUV(多目的自動車)の人気は年々増加してきており、メーカーも徐々に力を入れてきているカテゴリーです。

SUV車の中でも全長4,500mm以下のコンパクトサイズのSUVは、狭い道路の多い日本において人気があります。
本記事では軽自動車を除くコンパクトSUV車を、2017年上半期の新車販売台数をもとにランキングしました。

その他のおすすめSUVランキングはこちら

【第1位】コンパクトSUV人気おすすめランキング

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR

トヨタ C-HRは、2017年上半期の自動車のランキングで6位、SUV車の中では1位の7万9,303台を売り上げた人気車種です。
コンパクトSUVの中でもヴェゼルと双璧を担う近未来的で鋭角的なフォルムは、C-HRに強烈な存在感を与えています。

パワートレインは1.2Lのターボエンジンと、1.8Lのエンジンとモーターの組み合わせのハイブリッドの2種類です。
トヨタの先進安全補助機能トヨタ セーフティセンスPを搭載しており、安全性能にも抜かりはありません。
C-HRは、日本市場で売れ続けているコンパクトで使い勝手のいいSUV車といえるでしょう。

トヨタ C-HR 車体サイズ

全長全幅全高
4,3601,7951,550 ~1,565
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6401,440~1,4705
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ C-HR 価格と燃費

トヨタ C-HR
車両本体価格252万~293万
JC08モード燃費15.4~30.2
[単位]円(消費税込み)[単位]km/L

【第2位】コンパクトSUV人気おすすめランキング

スバル XV

3代目スバルXV

スバル XVは、新型のプラットフォーム「スバル グローバル プラットフォーム」を採用したインプレッサの兄弟車です。
コンパクトサイズSUVの中でも大きめの車体(全長4,465全幅1,800mm)で、比較的ゆったりとした室内空間をもたらしています。

パワーユニットはNA(自然吸気)エンジンの1.6Lと2.0Lの水平対向4気筒の2種類です。
インプレッサと同じ構成のパワーユニットですが、1.6Lで最大出力115PS、2.0Lで154PSと充分以上のスペックがあります。
トランスミッションは、CVTのみで定評のあるスバルの4WDとの組み合わせで、悪路や雪道での走行性能は高いSUV車です。

スバル XV 車体サイズ

全長全幅全高
4,4651,8001,550
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6701,410~1,4405
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

スバル XV 価格と燃費

スバル XV
車両本体価格214万~268万
JC08モード燃費16.0~16.4
[単位]円(消費税込み)[単位]km/L

【第3位】コンパクトSUV人気おすすめランキング

ホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼル ハイブリッドRS SENSING 2016年型

ホンダ ヴェゼルはトヨタ C-HRが販売されるまでの2014~2016年でSUV新車販売台数1位だった人気車種です。
フィットをベースにしたコンパクトな車体(全長4,299mm全幅1,770mm)と、200万円台の価格設定、先進的なスタイリングは、コンパクトSUVのお手本ともいうべきものでした。

パワーユニットは1.5Lのi-VTECとハイブリッドの2種類です。
また、ヴェゼルには、ガソリン、ハイブリッドの両方に4WD仕様があります。
トランスミッションは、ガソリンがCVT、ハイブリッドが7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)です。

顧客のニーズを的確につかみ人気車種となったヴェゼルのパッケージングは、今後販売されるSUVのベンチマークとなったのです。

ホンダ ヴェゼル 車体サイズ

全長全幅全高
4,295~4,3051,770~1,7901,605
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6101,270~1,3905
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ホンダ ヴェゼル 価格と燃費

ホンダ ヴェゼル
車両本体価格192万~289万
JC08モード燃費19.0~27.0
[単位]円(消費税込み)[単位]km/L

【第4位】コンパクトSUV人気おすすめランキング

スズキ イグニス

スズキ イグニス 2016年型

スズキ イグニスは車両重量850~920kgと、軽規格のSUVを除いて1tを切る最も軽量なコンパクトSUV車です。
コンパクトな車体に1.2Lのガソリンエンジンの組み合わせでキビキビ走ります。

イグニスは「マイルドハイブリッド」と呼ばれる、減速時に生じる回生エネルギーを蓄電してモーターアシストするシステムを搭載しています。
これにより、イグニスの燃費はJC08モードで25.4~28.8km/Lとなっており、低燃費による維持費の安さでも群を抜いています。

スズキ イグニス 車体サイズ

全長全幅全高
3,7001,6601,595
ホイールベース車両重量乗車定員
2,435850~9205
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

スズキ イグニス 価格と燃費

スズキ イグニス
車両本体価格138万~188万
JC08モード燃費25.4~28.8
[単位]円(消費税込み)[単位]km/L

【第5位】コンパクトSUV人気おすすめランキング

マツダ CX-3

新型 CX-3 2017年 マイナーチェンジ0

マツダ CX-3は、デミオと共通のプラットフォームをベースにしたコンパクトSUV車です。
CX-3は全長4,275mm全幅1,765mmのサイズに200万円台と、前述のC-HRやヴェゼルと直接のライバル関係になるSUV車です。

パワーユニットは1.5Lディーゼルターボと、最近追加された2.0Lのガソリンエンジンの2種類です。
CX-3はスカイアクティブという、マツダの独自技術により、SUVでありながらも走りに定評があります。
また、日本メーカーのコンパクトサイズSUVで、トルクのあるクリーンディーゼルを採用している唯一の車種でもあります。

マツダ CX-3 車体サイズ

全長全幅全高
4,2751,7651,550
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5701,240~1,2905
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

マツダ CX-3 価格と燃費

マツダ CX-3
車両本体価格211万~303万
JC08モード燃費(レギュラー)16.6~17.0
JC08モード燃費(軽油)21.0~25.0
[単位]円(消費税込み)[単位]km/L

【第6位】コンパクトSUV人気おすすめランキング

日産 ジューク

日産 ジューク 15RX Vセレクション Style Blackパッケージ

日産ジュークは、ポップなエクステリアとハイオク仕様の1.6Lエンジンによる元気のいい走りが特徴のコンパクトSUVです。
ジュークには、レギュラー仕様の1.5Lエンジンが用意されています。
1.5L仕様車はFFのみですが、1.6L仕様にはFFと4WDが用意され、さらに走りのいいNISMO仕様もあります。

また、ジュークは、パーソナライズゼーションというインテリアやエクステリアのカラーを自由にセレクトできるパッケージがあります。
ヘッドランプ周りやドアノブ、パネル類、シートなどにカラフルなアクセントを加えることで、自分だけの車に仕上げることができます。

日産 ジューク 車体サイズ

全長全幅全高
4,135~4,1651,765~1,7701,565~1,570
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5301,200~1,4105
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

日産 ジューク 価格と燃費

日産 ジューク
車両本体価格198万~347万
JC08モード燃費(レギュラー)18.0
JC08モード燃費(ハイオク)12.6~14.2
[単位]円(消費税込み)[単位]km/L

【第7位】コンパクトSUV人気おすすめランキング

三菱 RVR

三菱 RVR G 4WD 2017年

三菱 RVRは2017年2月にマイナーチェンジされ、10月には一部改良されたばかりのコンパクトSUV車です。

1.8LのSOHC(シングルカム)エンジンのみで、最高出力はDOHCエンジン並みの139PSです。
回生システムによるバッテリーへの蓄電や、燃費のいい1.8LのSOHCのMIVEC(可変バルブタイミング)エンジンにより、リッターあたり14.4~15.4kmの燃費性能を持っています。

フロントグリルのデザインの変更や、先進安全運転補助機能である「三菱e-Assist」を搭載、グレードも2種類に統一するなど、様々な改良が施されています。

三菱 RVR 車体サイズ

全長全幅全高
4,3651,7701,630
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6701,350~1,4305
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

三菱 RVR 価格と燃費

三菱 RVR
車両本体価格206万~254万
JC08モード燃費14.4~15.4
[単位]円(消費税込み)[単位]km/L

【第8位】コンパクトSUV人気おすすめランキング

スズキ ジムニーシエラ

ジムニーシエラ

ジムニーシエラは、軽自動車のオフロード車ジムニーの普通自動車バージョンです。
ラダーフレーム(はしご型フレーム)にFR(フロントエンジン後輪駆動)ベースのパートタイム4WDで、ジムニーと同様にオフロード走行性能の高いSUV車です。
ジムニーとの違いは、ワイド化されたボディと88PSの最高出力の1.3Lエンジンを搭載していることです。

ヨーロッパでは現在も、「サムライ」という名でジムニーシエラを販売しています。
長い期間海外では、車体のワイド化や排気量の拡大されたジムニーが販売されており、ジムニーといえば「サムライ」のイメージを持つ人が多いです。

ジムニーシエラ 車体サイズ

全長全幅全高
3,6001,6001,705
ホイールベース車両重量乗車定員
2,2501,050~1,0704
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ジムニーシエラ 価格と燃費

ジムニーシエラ
車両本体価格167万~187万
JC08モード燃費12.6~13.6
[単位]円(消費税込み)[単位]km/L

【第9位】コンパクトSUV人気おすすめランキング

スズキ エスクード

スズキ エスクードは1988年に1.6Lエンジンを搭載してデビューした、「ライトクロカン」というジャンルを築いた画期的な車です。
現在のコンパクトSUVの元となったといっても過言ではありません。

ジムニー(サムライ)とは異なり、オフロード走行性能と街乗りや高速道路にも使える車体構成となっています。

現行エスクードは4代目となっており、パワートレインには1.4Lターボと1.6LのNAエンジンの2種類がラインナップしています。

スズキ エスクード 車体サイズ

全長全幅全高
4,1751,7751,610
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5001,210~1,2205
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

スズキ エスクード 価格と燃費

スズキ エスクード
車両本体価格234万~259万
JC08モード燃費16.8~17.4
[単位]円(消費税込み)[単位]km/L

【第10位】コンパクトSUV人気おすすめランキング

トヨタ RAV4

トヨタ RAV4 STYLE S Package 2012年

トヨタ RAV4はコンパクトSUVの中でも海外で人気のあるモデルで、日本では2016年7月に生産終了となりました。
2017年度の上半期では数台残っていた在庫車が販売されたため、今回のランキングに入りました。

RAV4の特徴はワイドなボディ(全幅1,815mm)と2.4Lと大きめの排気量です。
ゆったりとしたサイズと最大出力170PS、最大トルク22.8kgf・mの余裕のあるパワーにより、クラス上位の快適さがあります。

日本国内ではサイズが大きすぎたため、よりコンパクトなC-HRに代替わりしましたが、海外では人気があり、モデルチェンジし継続販売しています。


トヨタ RAV4 車体サイズ

全長全幅全高
4,3351,8151,685
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5601,460~1,5205
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ RAV4 中古価格


中古車情報
システムメンテナンス中


コンパクトSUV人気おすすめランキング一覧表

2017年上半期の新車販売台数 コンパクトSUV

順位メーカー・車名販売台数
1トヨタ C-HR79,303
2スバル インプレッサ/XV41,222
3ホンダ ヴェゼル38,278
4スズキ イグニス7,145
5マツダ CX-36,679
6日産 ジューク3,517
7三菱 RVR1,212
8スズキ ジムニーシエラ693
9スズキ エスクード238
10トヨタ RAV44
2017年上半期(1~6月)の新車販売台数

コンパクトSUVと言っても、様々な個性があります。
本格的なオフロード走行ではジムニーシエラがダントツですが、街乗り・高速走行を含めたトータルな使い勝手では、C-HRやヴェゼルなどの人気車種が上位に入ります。

パワートレインもハイブリッドやクリーンディーゼルさなど多様で、外車のためランキングには入りませんでしたが、BMW i3のようなEVも出始めています。
ますます競争が過熱するコンパクトSUV市場から、今後も目が離せません!

おすすめSUVランキング記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK