初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【SEMA Show 2017(セマショー)最新情報】出展者や重大発表まとめ

米国ラスベガス開催される大規模モーターイベント「SEMAショー2017」が開催!毎年、多くのチューニングメーカーと自動車メーカーが共同で制作したカスタムカーから、自動車メーカーから初公開の新型車の展示があり、今年もさまざまな注目ニュースが飛び込んできました。

SEMA Show(SEMAショー)とは?

モーターショー SEMAショー2017

SEMA Show(セマショー|以下:SEMAショー)は、米国自動車用品工業会「SEMA」(Specialty Equipment Market Association)が主催する見本市で、ラスベガス・コンベンション・センターで開催されます。
SEMAに加盟する2,000以上の自動車用部品メーカーや自動車メーカーなどが、100万平方フィート以上の場所に、11,000以上のブースを設け3,000以上のメディアと7万人以上のバイヤーが訪れる世界最大級の自動車アフターマーケットの見本市です。

SEMA show(セマショー)の主旨

SEMAショーの主旨は、世界で最大級の自動車専門製品貿易イベントであり、アフターパーツ部品業界を盛り上げるために、メーカーが最新な情報の提供する場であることと、注目の製品などを見本市会場へ一挙に集め、世界中のユーザーに見てもらうことです。
そこで、SEMAショーでは、来場者向けに教育セミナー、製品デモンストレーション、メーカーそれぞれの特別なイベント、メーカーと来場者のネットワークなど、SEMAショー開催期間中は様々なイベントが行われます。

SEMA Show(SEMAショー)開催概要

SEMAショー ロゴ

SEMA Show(SEMAショー)開催日時

SEMAショーの開催期間は2017年10月31日~11月3日です。
開催時間は、LVCC&WESTゲートで9:00~17:00(11月3日のみ16:00まで)で、ショーケースは 8:00~18:00(3日のみ15:00 まで)まで観覧できます。

SEMA Show(SEMAショー)開催場所

SEMAショーの開催場所はラスベガスコンベンションセンターです。

所在地3150 Paradise Rd, Las Vegas, NV 89109 アメリカ合衆国
TEL+1 702-892-0711

SEMA Show(SEMAショー)チケット

SEMAショーへ来場するには、車業界の人でSEMAの許可がなければチケットを買うことができません。
事前にチケットを買うには、ネットから自らの情報を登録し、SEMA側が車業界の人であると判断できない場合はチケットを入手できません。

SEMA側から参加を認められれば、メールからパス用紙をダウンロードし、それを印刷して開場に持参すれば来場することができます。
その際は、本人確認のものが必要となります。

参加費用は、前売が72ドル(約8,200円|2017年11月2日時点)、当日券が200ドル(約22,700円|2017年11月2日時点)ぐらいと高額で、実際に参加するのであれば旅行会社が提供する飛行機のチケット、ホテル、SEMAツアーのチケットがセットになったツアーで行くのがおすすめです。

【トヨタ】SEMAショー2017

トヨタ C-HR Rチューンド

トヨタ C-HR Rチューンド SEMAショー2017

トヨタは、C-HRのカスタムカー「C-HR Rチューンド」を展示し、米国トヨタ販売が世界最速のクロスオーバーSUVであると自負しています。
C-HRをサーキット仕様にチューニングしたもので、アルファードに搭載されていた2AZ-FE型 2.4L直列4気筒DOHCエンジンをターボ化、大容量インタークーラー、専用ピストンなどでチューニングし、最高出量600PS・最大トルク745N・mを発揮します。
カリフォルニア州にあるサーキット「ウィロースプリングス・レースウェイ」のタイムアタックでは、日産GT-R、ポルシェ911GT3 RS、マクラーレン650Sスパイダーよりも速いタイムを記録しました。

トヨタ新型カムリ NASCARドライバーのよるカスタムカー

左上:Kyle Busch 右上:Daniel Suarez 左下:Martin Truex、Jr. 右下:Denny Hamlin

トヨタ カムリ SEMAショー2017

上画像の4台は、ナスカーに参戦するドライバーそれぞれの意見をと仕入れた、新型カムリのカスタムカーです。
トヨタは、10年前からアメリカの自動車レース「ナスカー(NASCAR)」にカムリで参戦し、好成績を収めています。
展示したカムリの4台は、ナスカーにカムリで参戦する有力選手4名によるものです。

トヨタ C-HR/カムリについてはこちら

【レクサス】SEMAショー2017

レクサス新型LS ローダウンカスタム

レクサス 新型 LS カスタム SEMAショー2017

レクサス新型LSは日本での発売されましたが、北米ではまだ販売開始となっていません。
しかし、レクサスは早くも新型LSのカスタムカーを登場させました。
ベース車両はスポーツ仕様の「F SPORT」であり、変更されたのは、ホイールにSKY FORGED、タイヤにピレリ P-Zeroを装着し、ボディはカーラッピングでシュプリームマットホワイトのカラーになっています。

レクサスLC カスタムカー3台

レクサスLC インスピレーションシリーズ

レクサス LC インスピレーションシリーズ SEMA2017

レクサスLC ブラックパンサー仕様

レクサス LC 映画 ブラックパンサー仕様 SEMA 2017

Gordon Tingと共同制作したレクサス LC

Gordon Ting レクサス 共同 カスタム SEMAショー2017

レクサスは、レクサスLCの新モデル1台とカスタムカー2台を展示しています。
それぞれのLCは、「ブラックパンサー・インスパイアードLC」と「インスピレーションシリーズ」、さらに米国のGordon Tingと共同でカスタムした車です。

インスピレーションシリーズは、レクサスのフラグシップモデルに新しく登場する特別モデルで、今後はLSやLXにもインスピレーションシリーズが登場すると予想されます。

ブラックパンサー・インスパイアードLCは、2018年3月に公開される映画『ブラックパンサー』の中で登場するとことが決定しています。

最後のGordon Tingと共同でカスタムしたLCは、ボディカラーを専用のレッドに塗装し、通常モデルよりワイドになった専用設計のエアロパーツや22インチホイールが取り付けられています。

レクサス新型LS/LCについてはこちら

【インフィニティ】SEMAショー2017

インフィニティ新型Q60 レッドアルファ

日産自動車が展開する高級車ブランドのインフィニティは、新型Q60 レッドアルファというコンセプトカーを登場させました。
新型Q60 レッドアルファは新型Q60をベースに、インフィニティとカスタムメーカー「AMSパフォーマンス」が共同でカスタムしたもので、搭載される新開発の直噴3.0リットルV型6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力405PS/6400rpm、最大トルク48.4kgm/1600-5200rpmを発生します。

インフィニティQ60についてはこちら

【ホンダ】SEMAショー2017

ホンダ シビックRエンジン搭載のフォーミュラマシン

ホンダ シビック タイプR エンジン搭載 フォーミュラレーシングカー SEMAショー2017

ホンダは、SEMAショー2017でシビックタイプRの2.0L 直列4気筒DOHCエンジンを搭載するフォーミュラーを発表しました。
2018年から米国で開始される新しいフォーミュラーカテゴリー「F3アメリカシリーズ」の参戦マシンです。
また、ひとつ下のカテゴリー「F4アメリカシリーズ」のマシンには、シビックタイプRのエンジンに通常あるターボを取り外したものが搭載される予定です。

シビックタイプRエンジン単体で販売予定

ホンダ シビックタイプR エンジン 単体 SEMAショー2017

ホンダはシビックタイプRのエンジン単体の販売することを発表しました。
ホンダが米国でモータースポーツに参戦するプライベーター向けて販売するもので、HPD(ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント)の「ホンダ・レーシング・ライン・プログラム」を通じて、販売が行われる予定で、エンジンの単体価格は6,519ドル(約74万円)と公表しました。

シビックタイプRのエンジン単体での販売は、北米のみだけでなく、日本でも反響が高く、シビックタイプRエンジンをスワップしたデモカーを制作するチューニングショップが出てくるでしょう。

ホンダ NSX ドリームプロジェクト

ホンダ NSX ドリームプロジェクト SEMAショー2017

ホンダは、NSXの「ドリームプロジェクト」として、チューニングメーカー「ScienceofSpeed」と協力して制作したNSXのカスタムカーを制作しました。
エンジンのチューニングにより従来モデルより37馬力大きい最高出力610PSを発揮します。
専用エアロ、大型リアウィング、フロント20インチ/リア21インチのホイールも装着され、サーキットを走行するGTカーのようなカスタムカーです。

ホンダ シビックタイプR/NSXについてはこちら

【BMW】SEMAショー2017

BMW新型M5用Mパフォーマンス パーツ

BMW 新型M5 Mパフォーマンスパーツ SEMAショー2017

BMWは新型M5用の「Mパフォーマンス パーツ」を初公開しました。
Mパフォーマンスパーツは、今までにBMW M3セダンや BMW M4クーペなどの開発・生産を手がけるM社が、BMW主力車のスポーツ性能を引き上げる目的で用意したパーツを指し、BMW車両のオプションパーツで取り付けることが可能です。

M5専用の外装パーツは、フロントスポイラー、サイドスカート、リアスポイラー、ディフューザーなど、軽量なカーボンファイバー製の専用エアロパーツです。
キドニーグリル内部はグロスブラック化され、ドアミラーカバーも、カーボンファイバー製です。

内装パーツも、ステアリングホイール、シフトレバー、ステンレス製ペダルなど、スポーティーなM5をさらに速くするものです。

BMW新型M5についてはこちら

【アウディ】SEMAショー2017

アウディ新型TT クラブスポーツ ターボコンセプト

アウディ新型TT クラブスポーツ ターボコンセプト

アウディ TT RS

アウディは、新型TT クラブスポーツ ターボコンセプトを世界初公開しました。
アウディ新型TT RSをベースに、さらに高いパフォーマンスを発揮することを目的としたコンセプトカーです。
パワートレインは、2.5 L直列5気筒直噴ガソリンターボ「TFSI」で、通常のターボと電動ターボでダブル過給を行います。
パワーは、最大出力600PS・最大トルク66.3kgmを発揮し、0~100km/h加速3.6秒、最高速310km/hのパフォーマンスを誇ります。

アウディスポーツパフォーマンス製 アウディTT RS 専用パーツ

アウディ パフォーマンス

アウディは、アウディ新型TT RSのパフォーマンスをさらに引き出すために、アウディスポーツパフォーマンス製のTT RS専用パーツを初公開しました。
新しいアウディTT RS専用パーツは、サスペンション、排気システム、外装、内装をカスタマイズするパーツで構成されています。

アウディTT RSについてはこちら

【シボレー】SEMAショー2017

コルベットカーボン65エディション

コルベットカーボン 65エディション SEMAショー2017

シボレーは、2018年モデル コルベットの特別モデル「カーボン65エディション」を出展しています。
コルベットカーボン65エディションは、コルベットの発売から65周年を記念し、全世界で650台のみの限定販売で、日本では限定8台のみです。

シボレー新型カマロ ホットウィール 50th アニバーサリー・エディション

シボレー カマロ COPO カマロ ホットウィール 50周年記念エディション SEMAショー2017

シボレーは、ホットウィールのコラボレーションとして、2018年モデル カマロの「ホットウィール 50th アニバーサリー・エディション」を初公開しました。
アメリカの玩具メーカー・マテル社が展開するミニカーブランド「ホットウィール」の生誕50周年を記念したモデルとなっています。

シボレー新型コロラド ZR2 特別仕様 ”ミッドナイト" "ダスク・エディション"

左:ミッドナイト・エディション、右:ダスク・エディション

2018 シボレー新型コロラド ZR2 特別仕様パッケージ ミッドナイト ダスク・エディション SEMAショー2017

シボレーは、ピックアップトラック「コロラド ZR2」に「ミッドナイト・エディション」と「ダスク・エディション」という2つの特別仕様車を初公開しました。
ミッドナイト・エディションは、荷台にスペア・タイヤを装着とZR2のロゴ入り防水フロアマットなどが装備され、3.6L V型6気筒エンジンのインテークとエキゾーストが通常モデルから交換されてます。
ダスク・エディションでは、荷台に折り畳み式トノカバーが装備され、2.8 Lディーゼルエンジンにパフォーマンス・エアインテークが取り付けられています。

ホットウィールについてはこちら

シボレー新型カマロについてはこちら

【ヒュンダイ】SEMAショー2017

BTR エディション エラントラ スポーツコンセプト

ヒュンダイ エラントラ BTR エディション

ヒュンダイは、BTR エディション エラントラ スポーツコンセプトを初公開しました。
ヒュンダイがチューニングメーカーBlood Type Racing(BTR Inc)と提携し、ヒュンダイ エラントラスポーツをベースに制作したコンセプトモデルです。
バイオエタノール燃料で走行ができる仕様にチューニングされ、カスタマイズモデルでありながら、手頃な価格で購入できることを目的としています。

ロックスター・エナジー・モアブ・エクストリーム・オフローダー・サンタフェ・スポーツ・コンセプト

サンタフェ スポーツ

ヒュンダイ ロックスター・エナジー・モアブ・エクストリーム・オフローダー・サンタフェ・スポーツ・コンセプト

ヒュンダイは、ロックスター・エナジー・モアブ・エクストリーム・オフローダー・サンタフェ・スポーツ・コンセプト(以下:サンタフェ スポーツ)を初公開しました。
サンタフェ スポーツは、厳しい条件下にあるユタ州モアブでも耐えられることをコンセプトに制作されています。

バイオエタノールの燃料電池車についてはこちら

【ヘネシー】SEMAショー2017

ヘネシー新型ヴェノム F5

ヘネシー ヴェノム F5

アメリカのチューニングカーメーカー・ヘネシーパフォーマンス社は、11月1日にSEMAショー2017で新型ヴェノムF5を初公開しました。
新型ヴェノムF5は、世界最速ロードカーを目指して2014年にレンダリング画像を公開しましたが、SEMA2017で待望の実車発表となり、現在、世界中の自動車メディアが注目しています。
最高速度は約467km/hを超えると発表されており、発売が楽しみな一台です。

SEMA Show(SEMAショー)ツアーに参加するには?

モーターショー SEMAショー2017

SEMAショーへ行くには、旅行会社が提供するツアーに参加する方法があります。
2017年のSEMAショー視察ツアーは、主要な旅行会社ですと、JTS(日本ツアーサービス)やH.I.Sが行っていました。
価格は、燃油サーチャージ・空港税別途で、5日間で15万9千円~、7日間で23万8千円~です。

自動車業界最前トレンドがまるわかり

SEMAショーでは、フランクフルトモータショーや東京モーターショーといった、世界中の自動車メーカーが一挙にコンセプトモデルや新型車を発表するものとは違いますが、自動車業界に関わる部品メーカーやカスタムメーカーが一挙に集まるため、最新トレンドを掴む絶好の機会です。
2017年も、メーカーの新型モデルや、最新のカスタムカーなど多くの車が展示されました。

自動車業界の方は、遠路となりますが足を運んで見てはいかがでしょうか。

2017年内にこれから行われるモーターショーについてはこちら

モーターショーの関連記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK