初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【一度使えば戻れない】洗車フォームガンの使い方からおすすめランキングTOP5まで!

洗車フォームガンは、ホースに接続するだけで水道水とカーシャンプーなどの洗剤を混ぜ発泡する、洗車に便利なアイテムです。洗車フォームガンを使うと泡洗浄やすすぎを車全体に手早く行うことができるので、正しい使い方で手間と時間を節約することができます。

洗車フォームガンとは?

洗車

©Shutterstock.com/ welcomia

洗車フォームガンは、ホースを通して水道水とカーシャンプーなどの洗車溶剤を混合して、放水することができる洗車用品です。
泡(フォーム)になった洗車溶剤をまんべんなくボディに放水することができますので、洗車が手早く行えます。
水を高圧で放水することが可能な製品では、ホイールのブレーキダストやボディ下の泥汚れ、海に出かけた際に錆の原因となる塩水なども簡単に洗い流すことができます。
セルフ洗車場にある高速洗浄洗車システムの簡易機と考えてもいいでしょう。

洗車フォームガンとホース洗車との違い

洗車

©iStockphoto.com/ bluecinema

蛇口にホースをつないで放水するだけのホース洗車では、洗車溶剤を含んだ泡(フォーム)をノズルから放出することはできませんので、バケツにて水と洗車溶剤を配合した泡をスポンジに取り、手で塗りつけて洗うことになります。
洗車フォームガンによっては、洗車溶剤を混合せず水だけを勢いよく放出することもできるので、汚れを簡単に落とすこともできます。
洗車フォームガンを一度使うと手放させないという理由を理解いただけるのではないでしょうか。

洗車フォームガンの使い方

洗車

©Shutterstock.com/ welcomia

洗車フォームガンを使って洗車する場合には、いくつか注意しなければならない点があります。
洗車の方法によっては塗装のダメージにもつながりかねません。
簡単な洗車手順を追って、その注意点について説明していきます。

時間と場所

暑い夏の日差しの中では、車全体に掛かった水がすぐに乾いてしまい、汚れがそこに残ったまま乾燥してしまうと拭き取る際に傷が入る可能性があります。
またボディに当たった水は勢いよく跳ね返り、霧状になって飛散します。
近くに洗濯物や濡れて困るようなものがある場所は不適切と言えます。
日が当たらない時間(天候)、水が掛かって問題がない場所を考えて洗車フォームガンを使うように心掛けてください。

まずは汚れをほぐす

ボディにこびりついて乾ききった汚れに勢いよく放水すると、かさぶたを無理やり剥がすような状態になり、塗装にダメージが残る可能性があります。
まずはボディ全体に優しく水をかけて汚れに水分を含ませ、ほぐしておきます。
その際に窓とドアがしっかりしまってることを確認しましょう。
汚れの具合や、ボディにある傷などを確認しながら、上から下に向けて水をかけてください。

一気に水洗い

次に一気に水をかけます。
水の流れを考えて、屋根 > ガラス > ボンネット/ドア/トランク > バンパー > ホイールの順に放水します。
これで汚れは水と一緒に下に流れます。

樹脂部分の薄い部分は一時的に凹む場合がありますので、あまり長時間同じ場所に放水しないように注意します。
またステッカーは、水圧によって剥がれてしまう可能性がありますので注意しましょう。
ホイールやタイヤに放水する場合、ずれると地面に勢いく水があたり、ゴミや砂利を巻き上げてしまいボディに当たることがありますので、地面に水を当てないように注意してください。

泡シャンプー

車全体の汚れをキレイに洗い流した後はカーシャンプーです。
水と洗車溶剤を混合し作られた泡をそのまま放出することができますので、あっという間にシャンプーすることができます。
汚れがひどい部分はスポンジで汚れを落としてください。
そして水だけの放出にて、シャンプーをきれいに洗い流してください。

洗車フォームガン:おすすめランキングTOP1

放水できるパターンは8種類あります。
泡洗浄のタンク(大容量100ml)付きで、汚れに合わせて泡と水の流れを制御できます。
ホースから簡単に取り外すことができるため、持ち運びが簡単で保管に場所を取りません。
車の洗車以外にも、家の外構周り、窓の清掃などに利用できます。

洗車フォームガン:おすすめランキングTOP2

フォームガンによって生成された、泡だれしないムース状の泡を車に直接噴射することで、ボディに洗剤を保持して洗浄効果を持続させます。
ムートンクロスで優しくボディを撫でるような感覚で撫で洗いをすることで汚れを落とします。
ボディへの刺激を最小限に抑え、傷を防ぎます。

洗車フォームガン:おすすめランキングTOP3

6段階(0〜5)のパターンで放出することができます。
0で水だけを放水することができ、5は泡が一番多い混合比率になります。

直接蛇口につなぐだけで高圧で放水することがでるので、汚れを一気に洗い流します。
車やバイク、自転車の洗車だけではなく、窓のガラス、外構周りの清掃、草花への水やりにも使用できます。

洗車フォームガン:おすすめランキングTOP4