初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ロサンゼルスモーターショー2017最新情報】注目車種まとめ!12月1-10日開催

1907年から続く歴史的な展示会であるロサンゼルスモーターショーが、今年の12月1日から開催されます。噂によれば、ロサンゼルスモーターショーで50以上もの新型車がデビューするということです。本記事では、現時点で判明している出展メーカー情報・出展確定車・出展予想を国内から海外まで一挙にご紹介します。

ロサンゼルスモーターショーとは?

ロサンゼルスモーターショー ※画像は2015年

ロサンゼルスモーターショー(ロサンゼルスオートショー,LAモーターショー)は1907年から続く、ロサンゼルス・コンベンションセンターで開催される国際自動車展示会を指します。
北米マーケット中心の自動車が日本を含む世界中の自動車メーカーから出展されることで話題となります。

今年2017年も開催に至り、開催前には主催団体より、50以上もの新型車がデビューするとアナウンスされました。

2017年開催の他のモーターショーはこちら

LAモーターショー2017出展メーカー

国内出展メーカー【LAモーターショー2017】

トヨタ【新型車発表】
スバル【新型車発表】
日産
三菱自動車【新型車発表】
レクサス【新型車発表】
インフィニティ【新型車発表】(日産の海外向けブランド)
ホンダ
アキュラ(ホンダの海外向けブランド)
マツダ【新型車発表】

外車出展メーカー【LAモーターショー2017】

BMW【新型車発表】
メルセデス・ベンツ【新型車発表】
MINI【新型コンセプト発表】
テスラ
ボルボ【新型車発表】
アウディ【新型車発表】
アルファロメオ
ランドローバー【新型車発表】
ポルシェ
フォルクスワーゲン
マセラティ
ジープ
フォード
フィアット
シボレー
キャデラック

上記以外の多くのメーカーからも出展、2017年もロサンゼルスオートショーは多くの車好きの話題をさらいます。
さらに、マイクロソフトの「デザイン&デベロッパーチャレンジ」、スタートアップ自動車メーカートップ10によるコンペ、環境および技術発表、試乗や交流イベントなど、盛りだくさんの内容となっています。

【トヨタ】ロサンゼルスモーターショー2017

【出典確定】トヨタ コンセプトカー FT-AC

トヨタ FT-AC

トヨタより出展された新たなコンセプトカー「FT-AC」。
1枚のティザー画像しか発表されおらず、ボディタイプすらも謎のコンセプトカーでしたが、今回ついにそのヴェールを脱ぎました。

車名の「FT-AC」が「フューチャー・トヨタ・アドベンチャー・コンセプト」の頭文字からできていることから、本格的なオフロード走行に耐えうるようなSUVなのではないか?と予想されていました。
今回の発表によれば、FT-ACはアウトドアを楽しむ人々をターゲットに絞ったコンパクトSUVとのこと。
ランドクルーザーなどトヨタSUVの伝統を踏襲した力強いデザインと車載Wi-Fiなどの便利機能により、楽しくアクティブな休日の過ごし方を提案します。

また、トヨタ FT-ACはランドクルーザー、またはRAV4の後継車ではないかとも噂されていますが、それについての発表はありませんでした。
2モデルの今後にも注目です。

【出展予想】トヨタ 新型RAV4

トヨタ RAV4 現行型

現在主に欧米史上で人気のコンパクトSUV「RAV4」は、2012年にロサンゼルス・モーターショーでデビューした4代目については、国内向けには導入されず現在に至っています。
しかし、トヨタは「RAV4」の国内販売を再開する方針を固めたそうで、2019年とみられるフルモデルチェンジを機に再投入するという情報が入っています。

今回の出展は、そんな「RAV4」の新型(5代目)のお披露目としては絶好の機会だと思われます。

【スバル】ロサンゼルスモーターショー2017

【出典確定】スバル 新型アセント

スバル アセント コンセプト

スバル新型アセントは、3列シートの大型SUVです。
当初、東京モーターショーでの情報解禁に期待されていた注目の新型SUVですが、ロサンゼルスモーターショーでの公開となりました。

新開発の 2.4L水平対向4気筒DOHC 直噴ターボエンジンを搭載し、6気筒よりもさらに上のパワーと燃費を実現しています。
日本での発売については未定ですので、続報を待ちましょう。

【マツダ】ロサンゼルスモーターショー2017

【出展確定】マツダ 新型アテンザ

参考:マツダ 現行型アテンザ

マツダより新型アテンザのセダンモデルが出展されることが公式発表されました。
新型アテンザのパワートレインには、マツダが誇る新技術「SKYACTIV-G2.5」が搭載されることが判明しました。
SKYACTIV-G2.5の「気筒休止」機能の搭載により、燃費性能が大幅に向上することが予想されています。
また、パワートレインラインナップに「SKYACTIV-G2.5T」と呼ばれる2.5L直噴ガソリンターボエンジンを設定。
SKYACTIV-G2.5Tは、ダウンサイジングを行いながらも十分なトルクを確保したエンジンになっています。
ロサンゼルスモーターショーでの追加の情報解禁に期待しましょう。

マツダ新型アテンザに関連するおすすめ記事はこちら

その他のマツダの出展者一覧

2月2日に日本国内販売が始まり、日本カーオブザイヤー「10ベストカー」に選出したマツダ新型CX-5がロサンゼルスモーターショーにて北米初公開を迎えます。

・マツダ CX-5
・マツダ アクセラ
・マツダ CX-3
・マツダ CX-9
・マツダ ロードスター RF

【三菱自動車】ロサンゼルスモーターショー2017

【出展確定】三菱 新型エクリプスクロス

三菱 新型エクリプスクロス

エクリプスクロスは、三菱史上初の挑戦となるクーペタイプのSUVです。
東京モーターショー2017では既に公開され、ダイナミックかつ洗練されたデザインのSUVという点で、北米市場でも活躍しそうです。
ロサンゼルスモーターショーでも発表が予想されます。

【日産】ロサンゼルスモーターショー2017

日産 キックス(北米仕様)

ブラジルで発売、その後中国でも公開された日産のSUV、キックスの北米仕様車が発表されました。
新型キックスは街乗りに特化したSUVで、直列4気筒エンジンを搭載、高い走行性能に加えて安全装備も充実していると北米市場にアピールしました。
日本では一旦生産終了したキックスの復活が期待されていましたが、日本仕様車については特に発表はありませんでした。

【MINI】ロサンゼルスモーターショー2017

【出展確定】Mini エレクトロニック コンセプト

Mini エレクトロニック コンセプト

BMWグループのMINIは、EVコンセプトカーの出展を発表しています。

Mini エレクトロニック コンセプトは、MINIのハッチバックをベースにしたテストEV車両・MINI Eの市販化ベースモデルと言われています。
ホイールデザインをはじめとして、ユニークなデザインが目立ちます。

【インフィニティ】ロサンゼルスモーターショー2017

【出展確定】インフィニティ 新型QX50

新型インフィニティQX50が日産から発表され、ロサンゼルスモーターショーにてワールドプレミアを行いました。
日本で新型スカイラインクロスオーバーとして販売されるかはまだ不明ですが、可能性は高いでしょう。

可変圧縮比「VC-Turbo」を搭載した新開発の2.0L 直列4気筒エンジンを採用し、ガソリンエンジン車でもハイブリッドやディーゼルに近い高効率とトルクを実現しています。
また、プロパイロットを搭載し、安全性や快適性も大幅に強化されています。

【出展確定】インフィニティ 新型QX80

インフィニティ QX80 現行型

日産 サファリや日産 テラノレグラスをルーツに持ち、インフィニティ向けに仕立て直されたフルサイズSUVのQX80が、4代目にフルモデルチェンジされます。

2017年11月開催のドバイモーターショー2017にて初公開され、今回のロサンゼルスモーターショーでも出展が公表されています。

【レクサス】ロサンゼルスモーターショー2017

【出展確定】レクサス 新型RX350L

レクサス新型RXの3列7人乗りモデル「RX350L」が発表されました。
日本では「RX450hL」の車名で12月より発売されます。

7~8人乗りモデルがなかったレクサスにおいて、3列7人乗りモデルの登場は大きな転換期になりそうです。
電動格納式のサードシートを採用したRX350Lは、全長5,000mmに拡大し、居住性のラグジュアリー感も確保。
オフロード志向のLSとは異なる方向性でユーザーにアピールします。

【出展予想】レクサス 新型LX570

レクサス LX 現行型

レクサス LX 570は北米で主に発売されており、2015年にようやく日本デビューを果たしたばかりのフラグシップSUVです。

ボディサイズはランドクルーザーと並ぶほどでありながら、ラグジュアリーSUVの要素を持ち合わせています。
元々北米メインの自動車なので、新型発表が行われる可能性は高いでしょう。

【アウディ】ロサンゼルスモーターショー2017

【出展予想】アウディ 新型A7 スポーツバック

アウディ A7 スポーツバック(2017年)

フルモデルチェンジして2代目となった、新型A7の公開が噂されています。

A7は本格的なスポーツセダンで、フルモデルチェンジによりコネクテッドドライブやオートパーキングシステムなどの先進技術や、新開発のシャシーとマイルドハイブリッドエンジンが搭載されています。

【ジープ】ロサンゼルスモーターショー2017

【出展確定】ジープ 新型ラングラー

リーク画像によって登場が確実と言われていた新型ラングラーが、ロサンゼルスモーターショーで正式発表されました。

約10年ぶりとなるモデルチェンジとなりましたが、従来通り2ドアと4ドアがラインナップしています。
ジープ伝統の走破性やタフさを受け継ぎつつ、軽量化と燃費向上を追求した次世代のラングラーとなりました。

新型ラングラーには、2.0L直列4気筒ガソリンターボエンジンに、マイルドハイブリッドの「eTorque」システムを搭載したハイブリッドモデルを追加。
最大出力270hp、最大トルク40.8kgmのパワーに新開発の8速ATを組み合わせ、力強い走りを実現しました。

「eTorque」は、アイドリングストップ、電動アシスト、インテリジェントなバッテリ充電および回生ブレーキなどの機能を備えています。

その他、3.6L V6エンジンと3.0L V6エコディーゼルエンジンをラインナップしています。

【ボルボ】ロサンゼルスモーターショー2017

【出展予定】未定

新型ボルボXC60 ※東京モーターショー2017出展モデル

東京モーターショー2017では新型SUV・XC60の展示をメインに行ったスウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」。

ロサンゼルスモーターショーでは新たなモデルの発表を予定しています。
北欧デザインが人気を呼ぶボルボの新型車の情報に期待です。

【ジャガー】ロサンゼルスモーターショー2017

【出展確定】車種未定

ジャガー I-PACE(アイ-ペース)

東京モーターショー2017では出展が行われなかったイギリスメーカーの1つであるジャガーは、ロサンゼルスモーターショーでの出展予定があります。

ジャガーは2016年の同モーターショーでは、「I-PACE(アイ-ペース)」というスポーツSUVのEVコンセプトを発表しました。

【BMW】ロサンゼルスモーターショー2017

BMW i8ロードスター

出展車種が不明だったBMWからはi8のオープンモデル、i8ロードスターが初公開されました。
i8ロードスターは直3エンジンとモーターで走るPHVオープンスポーツで、性能が大きく向上したモーターと徹底したライトウェイトの賜物で、総出力275kW(374hp)を叩き出します。
販売は2017年5月から開始します。

【メルセデス・ベンツ】ロサンゼルスモーターショー2017

ルセデス・ベンツ CLSクーペ

メルセデス・ベンツは、フルモデルチェンジして3代目となるCLSクーペを発表しました。
外装は、メルセデス・ベンツのクーペらしいダイヤモンドグリルも採用された伝統的なデザインでありながら、スポーティーさを兼ね備えたデザインとなっています。
エンジンラインナップは、EQブーストと48Vの電気システムを併用するマイルドハイブリッドの6気筒ガソリンエンジンと、2種類のディーゼルエンジンで、マイルドハイブリッドのモデルは最高出力270kW(367hp)を誇ります。
発売は2018年3月から発売予定です。

【ランドローバー】ロサンゼルスモーターショー2017

【出展確定】車種未定

レンジローバー ディスカバリー SVX

ランドローバーは新型車の出展を予定していますが、詳細は不明です。

直近の動きを見ると、9月12日にドイツで開幕されたフランクフルトモーターショー2017において、『ディスカバリーSVX』が初公開となりました。
開発陣によると、シリーズ第1弾として新型ディスカバリーに設定された「SVX」は、究極のオフロード性能の実現を目指して開発されたとのことです。

ロサンゼルスモーターショー2017の開催は2017年12月1~10日!

ロサンゼルスモーターショー ※画像は2015年

新たに50以上の新型車が公開される予定のロサンゼルスモーターショーは、2017年12月1日~10日の期間で開催されます。

東京モーターショーやフランクフルトモーターショーと同様の出展になるブースもあると思いますが、今回の新型車出展の規模はかなり大きなものです。
出展車に関する新たな情報に期待しましょう。

その他の出展予定の車に関する記事はこちら

東京モーターショー2017についてはこちら

2017年開催のモーターショーについてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!