理解していないとキケン!二段階右折とは?

自動車教習所の学科教習でも取り上げられている「二段階右折」ですが、正しく理解できている人は以外と少ないようです。改正道路交通法で自転車も車道走行が一般的になったので、今まで以上に注意が必要となりました。理解していないとキケンな「二段階右折」についてご紹介します。

「二段階右折」ってナニ?

「二段階右折」は「道路交通法第34条』に基づいて「自転車を含む軽車両」と「50cc以下の
原動機付自転車」に義務づけられる交差点での右折方法で「原動機付自転車」の場合は、これを
怠ると「交差点右左折方法違反」となります。

出典:http://www.takamagahara.info/

上の図は、原動機付自転車で右折車線を含む三車線交差点を右折方法です。

進行車道の左端から一旦交叉点を直進して、渡った先で進行方向を右に変更。
右折先の信号が青になってから直進するので、青信号中の対向車線を横断することがありません。
目的は、小回り右折を禁止することで自転車や原付バイクを保護することにあるようです。

自転車を含む軽車両

自転車を含む軽車両が交差点で右折方法は「道路交通法第34条第3項」に規定されています。

車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない

出典:https://goo.gl/

つまり、自転車が右折する際は交通整理の有無を問わず、いかなる場合でも全ての交差点で
二段階右折を行わなければならないというのが「道路交通法」で定められたルールです。

原動機付自転車

原動機付自転車が定められた条件の交差点で右折する方法は「道路交通法第34条第5項」に規定されています。

交通整理が行われている以下の条件に該当する交差点では「あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない」

出典:https://goo.gl/

交通整理の行われている交差点において「原動機付自転車の右折方法(2段階)」(標識番号 327の8)の道路標識がある場合

出典:https://goo.gl/

出典:https://goo.gl/

(標識番号 327の8)

交通整理の行われている交差点において、右左折車線(右左折通行帯)も含めて道路の片側(一方通行では道路)に3以上の通行帯がある場合(多通行帯道路)。ただし、交通整理の行われている交差点において「原動機付自転車の右折方法(小回り)」(標識番号 327の9)の道路標識がある場合を除く。

出典:https://goo.gl/

出典:https://goo.gl/

(標識番号 327の9)

法令の条文は読みづらいので要約すると

・信号のある交差点で、上にある青い標識がある場合は二段階右折をしなければなりません。

・上にある赤枠標識がある場合を除いて、交差三車線以上の道路にある交差点では二段階右折を
しなければなりません。

ということになります。

二段階右折(交差点右左折方法違反)については、4分40秒あたりからになります。

他人事ではない!四輪ドライバーも理解が必要!

「自転車や原付バイクを利用しないので私には関係ない」と思ってしまうのは大間違いです。

次の動画で実際に左折専用車線のある交差点で二段階右折をしている様子が見ることができます。

二段階右折の際は左車線を直進します

当たり前のことなのですが、注意しないと左折時の巻き込み事故につながります。

横断歩道のある交差点を左折する際に、歩行者ばかりに気を取られていると左車線を直進してくる
自転車や原付バイクの存在を見落としがちです。

右ウインカーを点滅させて左車線を走行してきます

原付バイクの場合、右ウインカーを点滅させながら左車線を交差点に進入しようとしていたら、
二段階右折をしようとしていると予測するのが無難でしょう。

また、改正道路交通法で自転車も左車線を走行してきますので、左折の際は常に注意することが
安全運転には必要であることを再認識しておいたほうがよいでしょう。

左折専用車線も制限除外がされています

左折可の交差点などでは左折専用車線が設けられていますが、自転車や原付バイクが二段階右折を
する場合には左折車線を直進して交差点に進入してきます。

2015年6月の道路交通法改正で、自転車の車道走行が義務付けられたことを受けて二段階右折時の
安全を確保するために左折可を取りやめた交差点もあります。

禁止交差点では複数車線をまたぐ無理な車線変更も...

赤枠標識のある二段階右折禁止交差点では、原付バイクでも通常の小回り右折をします。

慣れていない三車線以上の道路を進行中の原付ライダーが二段階右折しようとして左車線を
走行中に赤枠の禁止標識を発見した際に、右折車線に移ろうとして複数車線をまたぐ車線変更を
行うことななりますが、多車線道路は交通量も多いので無理な車線変更になることがあります。

赤信号停止中の交差点の最前に出てくる

赤信号で停止している時に、交差している道路から二段階右折で進入してきた原付バイクや
自転車は、信号待ちしている車列の最前に入り込んできます。

自動二輪車と違って、発進加速の鈍い原付バイクや自転車の存在に気付かずに、思わぬ幅寄せを
してしまうことのないようにすることも安全運転のマナーとして気を配る必要があります。

上の動画は、二段階右折をしようとした原付バイクが「禁止標識」確認したのちに二段階右折を
中止して右折専用車線まで一気に移動する様子を見ることができます。

自己防衛のためにも「二段階右折」の理解を!

出典:http://cysoku.com/

ブログ「消費せず働きもしない未来を歩む遊民の独白」より

ドライバーにとって安全運転は常に心かけていることですが「他者の行動を予測できなかった」
といったことが原因で起こってしまった交通事故には「引責」と呼ばれて不注意による過失を
責任を問われることがあります。

自転車や原付バイクが「こんな行動をとるとは思わなかった...」として接触事故など起こして
しまうと、その責任が四輪ドライバーに課させることもあることを認知しておきましょう。

教習所の学科教習でも取り扱われている「二段階右折」は普通自動車免許の保持者にとって
「知らなかったでは済まされないこと」なのです。

ブログ「流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)日隅一雄」より

車の免許取得をお手伝い | 全69教習項目のポイント公開

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す