自動車のナンバープレートの無駄な豆知識。使われていない平仮名とその理由!

ナンバープレートの数字の前にある、ひらがな。レンタカーなどは必ず「わ」か「れ」を使う、などのルールがあるようですが、実は、全く使ってはいけないひらがながあるのはご存知でしょうか?今回の記事ではそれらを紹介します。

使えない文字・その1「お」

出典:

なぜ、「お」は使えないのでしょうか?
特に、縁起が悪い言葉でもないです。
正解はこちらです。

『お』は『あ』と誤認される恐れがあるため

出典:http://nikkan-spa.jp/

すでに使われている、「あ」と見間違えるということなんです。
その代用として「を」が使われているそうです。

「あ」に形が似ているので、間違いやすいという理由

出典:http://form.allabout.co.jp/

使えない文字・その2「し」

出典:

なぜ「し」は使えないのでしょうか?
これは、もしかしたら、見当がつくかもしれません。

正解は死を連想させるので、縁起が悪いということだそうです。

使えない文字・その3「ん」

出典:

なぜ「ん」は使えないのでしょうか?
縁起も悪くなければ、他に見た目の似ている文字もない。

正解は、読みづらいからです。
例えば「お車の移動をお願いします。ナンバーは“ん”」
といったときに、読みづらいからということらしいです。

ラストの使えない文字「へ」

出典:

なぜ「へ」は使えないのでしょうか?
縁起も悪くないし、他に似ている文字もない。
かといって、読みにくくもない。

正解は諸説ありまして
一つ目は「屁」を連想させて、不潔である。
二つ目は自動車名だけに「屁」は「排気ガス」をイメージさせるというものです。

この使用されない文字について、つぶやいてる人もいました。

「ぬ」と「め」は確かに「あ」と「お」より遠くから見ると、見づらいですよね。

なぜか使えない文字の覚え方まで提案している人もいます。

まとめの一言です。

出典:

いかがでしたでしょうか?

いろいろなtwitterを見ていると、ナンバーをひらがなも含めて語呂合わせしたい人もいるようですね。
そういう人のなかには、お、し、ん、へ、を使いたかった方もいるでしょう。
また、なにかの縁起を担いで、お、し、ん、へを使いたかった方もいたでしょう。

そういう方にとっては、残念ですが、気を取り直して、この文字を使わない
うまい語呂あわせを考えてください。

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す