MOBY

てんとう虫こと「スバル360」が機械遺産に|その魅力と中古車情報は?

みなさんは社会科の授業で「新・三種の神器」こと「3C」という言葉は習いましたか? 三つのCは「カー」「クーラー」「カラーテレビ」のC。その「カー」の例として、教科書でスバル360の写真を見たことがある人もいるでしょう。今回はそんな教科書に載るほどの日本車史が誇る大衆車スバル360を紹介していきます。

日本の大衆車として親しまれたスバル360

日本の自家用車の普及に貢献したスバル360

出典:http://www.ookami-museum.com/

スバル360は、日本の自動車メーカー富士重工業(スバル)が1958年から1970年まで12年間にわたり生産していた軽自動車です。戦後日本の自動車史において、非常に重要な役割を果たした自動車でした。

スバル360が開発されたきっかけは、1955年(昭和30年)に当時の通産省が施行した国民車構想。全国民の家庭に自家用車を普及させることを推進している政府の意向に沿い、スバル360は開発されました。

1958年(昭和33年)に発売されると、日本独自の軽自動車規格を採用した自動車の先駆けとして大人気となりました。

スバルが世に初めて送り出した名車スバル360。かわいらしいボディながら、乗用車に負けない走行性能と乗り心地を持つこのクルマが、まだ舗装が行き届いていなかった日本の道路をどこまでも走り続けるその姿は人々を驚かせました。

出典:http://members.subaru.jp/

スバル360人気の理由


スバル360は1958年(昭和33年)に発売されました。日本独自の軽自動車規格を採用した自動車の先駆けとして、大人気となりました。

戦後間もない頃、日本の一般庶民にとって自家用車など夢のような存在。しかし、スバルは庶民でも購入できるような低価格の自動車の開発を目指します。そして旧中島飛行機(今の富士重工業)が飛行機開発の技術を応用してスバル360を製造することとなりました。

スバル360は低価格の自家用車として、家族を乗せて運転することが想定されています。そのため大人が4人乗れること、まだ完全に補装されていない日本の道路を走行出来ることが実現できるように設計されました。
このように家庭用に乗用車をパッケージングし、低価格で販売したことがスバル360が人気となった理由でしょう。

スバル360の販売台数

スバル360は独自の航空機技術を自動車に応用することで、最高速度83km/hを発揮。さらに軽量のモノコックボディや大人4人が乗車可能なスペースを実現することができました。

スバル360の当時の販売価格は36.5万円。このような性能と愛らしいデザインが人気を博し、1970年に生産終了となるまでに販売台数は39万台にも上りました。

スバル360の愛称は「てんとう虫」

出典:http://engineerlive.jp/

そのボディ形状とモデルとなったフォルクスワーゲン・タイプ1の愛称「ビートル」(甲虫・かぶと虫の意味)に倣って「てんとう虫」の愛称で親しまれました。小さくて丸いデザインは、今見ても色褪せず可愛らしいですね!

スバル360は子供からお年寄りに愛されるデザイン

「乗って3年が経ちますが、普段使いには十分だし、買い物で近所のスーパーに停めていると、子供からお年寄りまで近寄ってきてカワイイとか懐かしいとか言って喜んでくれる。こんなクルマは他にないですよ」

出典:http://engineerlive.jp/

スバル360の性能は?

Consecutive holidays #正月休み #スバル360 #てんとう虫 #360cc #駅裏

pekinan-zameさん(@samezame98)が投稿した写真 -


スバル360は航空機開発の技術が活用されている

富士重工業の前身である中島飛行機が培ってきた航空機由来の技術は、曲面構成されたフル・モノコックボディや車体の軽量化など多岐にわたり活用されています。

「スバル360」の名前の由来である356ccのエンジンは大人4人を乗せても快適に走ることができます。これは車体を限界まで軽量化したからこそ、できたことです。
しかし、高速道路を走るとなると少々辛いものがあるようですね。

マニュアル3速で、シフトパターンが今日のものと多少異なりますが、整備が行き届いていることも手伝って、スムーズに走ります。かつて「スバルクッション」と呼ばれたふんわり柔らかい乗り心地も健在でした。

出典:http://engineerlive.jp/

スバル360
全長×車幅×全高:2995×1300×1335mm
車輌重量:385kg
エンジン:強制空冷直列2サイクル2気筒 リアエンジン
総排気量:356㏄

出典:http://www.ookami-museum.com/

スバル360のテレビCM

自動車の開発と進化に興味のある方にオススメの記事

次のページ