初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

BMW新型7シリーズが2018年秋にビッグマイナーチェンジ!価格やスペックなど徹底予想

BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」が、2018年の秋にビッグマイナーチェンジを計画しているようです。新型7シリーズにレベル3の自動運転機能が搭載されるという噂も。この記事では、新型7シリーズのスペックや価格などの予想と最新情報を紹介!

BMW 7シリーズが新型にビッグマイナーチェンジか?

BMWの大型セダン「7シリーズ」が、ビッグマイナーチェンジを計画しているようです。
すでに新型7シリーズのプロトタイプ車両もスクープされています。

この記事では、新型7シリーズのスペックや価格などの予想と最新情報を紹介しています。

BMWに関する記事はこちら

BMW新型7シリーズのビッグマイナーチェンジの注目ポイントまとめ

新型7シリーズのビッグマイナーチェンジの注目ポイントは、以下の2点となります。

・外装デザインの大幅な変更
・「レベル3」の自動運転機能を搭載か?

今回のマイナーチェンジのメインは、外装の変更と自動運転のアップグレードにあるようです。

BMW新型7シリーズの外装(エクステリア)デザイン

BMW新型7シリーズの外装デザインはまだ公式に発表されていませんていませんが、テスト車両が公道を走行している様子が目撃されています。

【2018年1月】ウィンターテスト中をスクープ

BMW新型7シリーズが北欧にてウィンターテストをしている様子がスクープされました。
スクープされたプロトタイプはヘッドライトにダミーが装着されており、グルルやバンパーにはカモフラージュされたままとなっています。

【2017年9月】公道を走行している様子がスクープ

新型7シリーズのプロトタイプ車両には、フルモデルチェンジにも匹敵する大掛かりなカモフラージュが施されており、ヘッドライトはダミーを装着し、バンパーは完全に覆われています。

今回のビッグマイナーチェンジによって、ヘッドライトやテールライト、キドニーグリル、エアダクト、ツインエキゾーストパイプなどが再設計されるとのことです。

参考:現行型7シリーズのボディスペック

7シリーズ
G11
7シリーズ
G12(ロングホイールベース)
全長5,1105,250
全幅1,9001,900
全高1,4801,485
ホイールベース3,0703,210
車両重量1,900-2,1001,980-2,320
乗車定員54-5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

BMW新型7シリーズのパワートレインを予想

現行型7シリーズ 6.6L V型12気筒ツインターボエンジン

新型7シリーズのパワートレインがどうなるかは、まだ明らかになっていません。
ただ、今回は外装の変更と自動運転のアップグレードがメインのマイナーチェンジとされているので、パワートレインに大きな変更がある可能性は低いでしょう。

参考:現行型7シリーズのエンジンスペック

740e iPerformance
2.0L ターボ+PHEV
740i/Li
3.0L ターボ
740d/Ld xDrive
3.0L ディーゼルターボ
エンジン種類直列4気筒DOHCターボ直列6気筒DOHCターボ直列6気筒DOHCディーゼルターボ
排気量2.0L3.0L3.0L
最高出力190[258]/5,000240[326]/5,500235[320]/4,400
最大トルク400[40.8]/1,550-4,400450[45.9]/1,380-5,000680[69.3]/1,750-2,250
モーター最高出力83[113]/3,170--
最大トルク250[25.5]/3,170--
トランスミッション8速AT8速AT8速AT
駆動方式FRFR4WD
使用燃料ハイオクハイオク軽油
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
750i/Li
4.4L ツインターボ
M760Li xDrive
6.6L ツインターボ
エンジン種類V型8気筒DOHCツインターボV型12気筒DOHCツインターボ
排気量4.4L6.6L
最高出力330[450]/5,500448[610]/5,500
最大トルク650[66.3]/1,800-4,500800[81.6]/1,550-5,000
トランスミッション8速AT8速AT
駆動方式FR4WD
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

BMW新型7シリーズには「レベル3」自動運転が搭載される?

自動運転 イメージ画像

©iStockphoto.com/ Chesky_W

新型7シリーズには、自動運転の技術的なレベルで「レベル3(最高はレベル5)」に相当する自動運転機能が搭載されるといいます。
現行型の7シリーズにも、運転支援システムの「ドライビング・アシスト・プラス」が搭載されていますが、自動運転のレベルでいえば「レベル2」相当なので、新型7シリーズの自動運転機能は大幅にアップグレードされたものになるはずです。

近頃では、7シリーズのライバルであるアウディ「A8」が、世界初の「レベル3」自動運転機能を搭載したことも話題となったので、BMWも遅れを取るわけにはいかないということですね。

自動運転の定義についてはこちら

アウディ A8についての記事はこちら

BMW新型7シリーズの価格を予想

新型7シリーズの価格設定がどうなるかは、まだ明らかになっていません。
ただ、新型7シリーズには「レベル3」相当の高度な自動運転機能が搭載されるということなので、価格も現行型より高くなると思われます。

参考:現行型7シリーズの価格

BMW 7シリーズの価格
740e iPerformance1,066万~1,283万
740i1,345万~1,395万
740Li1,491万~1,583万
740d1,396万~1,468万
740Ld xDrive1,535万~1,611万
750i1,581万~1,589万
750Li1,748万~1,756万
M760Li xDrive2,471万
[単位]円(消費税込み)

7シリーズの中古車情報はこちら

最新「7シリーズ」中古車情報!

本日の在庫数 414
平均価格 430.8万円
本体価格 23〜1575万円
Pick up!
Pick up!

BMW 7シリーズとは?

現行型7シリーズ

7シリーズとは、BMWが1977年から販売している大型高級セダンです。
BMWのフラッグシップであり、ベンツ・Sクラスやジャガー・XJなどをライバルとしています。

現行型の7シリーズは6代目モデルであり、2015年に発売されました。
シリーズ最高クラスの高級感と優れた機能性を特長としており、ボディには炭素繊維技術を用いた革新的なボディ構造「カーボン・コア」を採用することで、ボディ剛性の向上と軽量化の両立を実現しています。
パワートレインのラインナップは、3種類のガソリンエンジンと1種類のディーゼルエンジン、そして1種類のプラグインハイブリッドの全5種類です。

BMW 7シリーズについての記事はこちら

BMW新型7シリーズのワールドプレミアは2018年秋か?

新型7シリーズのビッグマイナーチェンジに関する予想と最新情報についてお伝えしました。

新型7シリーズのワールドプレミアは、2018年の秋に行われると予想されています。
このことから、日本での発売は2019年以降になるでしょう。
アウディ「A8」やレクサス「LS」など、強力なライバル車がひしめく大型高級セダンの市場において、新型7シリーズは今後どのような存在感を示していくのでしょうか?

MOBYでは、今後も新型7シリーズの最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

BMWの新型車に関連する記事はこちら

7シリーズのライバル車の記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す