初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ジャガーXJ 2018年モデル発売開始!実燃費と試乗の評価や故障など重要事項◯点

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは10月13日から、2018年モデル新型XJの受注を開始しました。エンジンは3種類と、XJシリーズで史上最もパワフルな「XJR575」を新たに追加し、高級サルーンとしてさらに磨きがかかりました。

2018年モデル ジャガー新型XJの受注開始

ジャガー 新型 XJR575

ジャガーは2018年モデルの「XJ」の受注を10月13日に開始しました。
新型XJのパワートレインは、今まであった2.0L 直列4気筒エンジンを無くし、3.0L V型6気筒ディーゼルターボ、3.0L V型6気筒スーパーチャージ、5.0L V型8気筒スーパーチャージで、最上級モデル「XJR575」では、XJシリーズで史上最強の最高出力575PSを発揮します。

機能面では、内装に10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメントシステムTouch Proを搭載し、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールが利用できる「InControl」を標準装備しています。
また、コネクティビティ機能も強化し、4G通信に対応してWi-Fiホットスポットを介して最大で8台の機器を接続可能です。

ジャガー新型XJのエクステリアデザイン(外装 )

ジャガー新型XJR575

ジャガー新型XJR575

新型と従来モデルを比較すると、新型XJの外装に大きな変更はありません。

ボディカラーは、フジホワイト、コリスグレー、インダスシルバー、フィレンチェレッド、サントリーニブラック、ブリティッシュレーシンググリーン、ロワールブルー、ユーロンホワイト、ナルヴィクブラック、カルパチアングレー、ロゼッロレッド、ファラロンブラック、ヴェロシティブルー、サテンコリスグレーの14色から選べます。
このうち、ヴェロシティブルーとサテンコリスグレーのエクステリアカラーはXJR575のみのSVO(スペシャル・ビークル・オペレーションズ)です。

2015年モデル ジャガーXJR

ジャガー新型XJのインテリアデザイン(内装)

ジャガー新型XJR575

新型XJの内装は、従来モデルよりも大きくなった10.2インチインフォテインメント・システム「Touch Pro」を装備し、静電式タッチスクリーンとなったため操作性が向上されています。
InControlの通信機能を備えたプロテクトを標準装備しているため、緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールが利用できます。
通信機能も強化され、4G対応となり最大8台の通信機器のWi-Fi接続が可能となっています。

2015年モデル ジャガーXJR

ジャガー新型XJのパワートレイン・スペック

ジャガー新型XJR575のエンジン

ジャガー 新型 XJR575 エンジン

新型XJは、従来モデルと比べて、ボディサイズやホイールベースに数ミリの変化があり、車両重量が軽量化されています。
パワーはXJR575のみで、最高出力25PS、最大トルク20N・mと向上しています。

【参考情報】ジャガー新型XJと従来モデルのスペック比較

XJラグジュアリー
XJプレミアムラグジュアリー
XJポートフェリオ
XJ R-スポーツ
XJR575
XJ オートバイオグラフィー
ロングホイールベース
全長5,130
〈2016年モデル:5,135〉
5,255
〈2016年モデル:5,260〉
全幅1,899
〈2016年モデル:1,900〉
1,899
〈2016年モデル:1,900〉
全高1,460
〈2016年モデル:1,455〉
1,460
〈2016年モデル:1,455〉
ホイールベース3,032
〈2016年モデル:3,030〉
3,175
〈2016年モデル:3,155〉
車両重量1,765〜1,875
〈2016年モデル:1,890〜1,960〉
1,899
〈2016年モデル:1,970〉
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
XJラグジュアリー
XJプレミアムラグジュアリー
XJポートフェリオ
XJ R-スポーツ
XJR575XJ オートバイオグラフィー
ロングホイールベース
エンジン種類V型6気筒
スーパーチャージド
V型8気筒
スーパーチャージド
V型8気筒
スーパーチャージド
排気量3.0L5.0L5.0L
最高出力250[340]/6,500
〈2016年モデル:250[340]/6,500〉
423[575]/6,250〜6,500
〈2016年モデル:405[550]/6,500〉
375[510]/6,000〜6,500
〈2016年モデル:375[510]/6,000〜6,500〉
最大トルク450[45.8]/3,500〜5,000
〈450[45.9]/2,500〉
700[71.3]/3,500〜4,500
〈2016年モデル:680[69.3]/3,500〉
625[66.2]/2,500〜5,500
〈2016年モデル:625[63.7]/2,500〜5,500〉
トランスミッション8速AT8速AT8速AT
駆動方式FRFRFR
使用燃料ハイオクハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ジャガー新型XJの安全性能

ジャガー 新型 XJR575

新型XJの安全装備は、レーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)、レーンキープ・アシスト、ドライバー・コンディション・モニターが標準装備されています。
また、ドライバーアシスト機能にアダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付)、パークアシスト、360°パークディスタンスコントロール、サラウンドカメラシステム、リバーストラフィックディテクションも装備されています。

レーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)

方向指示器を出さずに車線から逸脱しそうになると、メーターでの警告とステアリングの振動によりドライバーに注意を促します。

レーンキープ・アシスト

レーンデパーチャーワーニングから、さらに上のシステムは、ドライバーが意図せず車線から逸脱しそうになると、自動的にステアリングを制御して車線維持をアシストします。
※レーンキープ・アシストはAWDモデルでは選択できません。

ドライバー・コンディション・モニター

ステアリングの操作状況から、車がドライバーの疲れや眠気を検知し、警告音とビジュアルメッセージで休息を促します。

アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付)

先行車の加減速や停止を車がモニターし、自動的に速度を調整して安全な車間距離を保ちます。
キューアシストとは、停止状態から先行車が動き出すと、再び一定の車間距離で追走する機能で、渋滞時の運転をアシストします。

パークアシスト

縦列駐車やバックでの駐車の際に、システムが自動でステアリング操作を実行し、ドライバーはギアを選択とアクセルとブレーキを操作するだけで駐車できます。

360°パークディスタンスコントロール

駐車時にリバースギアを選択すると、車両の各部に設置したセンサーが自動的に作動します。
タッチスクリーンの表示と音で障害物との距離を示し、安全な駐車をサポートします。
システムは手動で作動することも可能です。

サラウンドカメラシステム

車の周囲360°の映像をタッチスクリーンに表示し、縁石沿いの駐車や狭い場所での出入庫、交差点などで安全な操作をサポートします。

リバーストラフィックディテクション

駐車スペースからバックで出庫する際に、左右両側から接近してくる車や歩行者を検知して、音と視覚でドライバーに警告します。
視界がさえぎられる場所でも、車が後方の状況を把握し、注意を払えます。

AWDについての記事はこちら

ジャガー新型XJの燃費

新型XJの燃費については、まだ公表されていません。
今回のモデルチェンジでは、XJR575以外は大きな変更がされておらず、パワートレインと最高出力・最大トルクともに変更がないため、従来モデルと変化はないと予想されます。

2017年モデル ジャガーXJの燃費

XJラグジュアリー
XJプレミアムラグジュアリー
XJポートフェリオ
XJ R-スポーツ
XJR575XJ オートバイオグラフィー
ロングホイールベース
JC08モード燃費7.66.86.8
実燃費6.0〜7.04.5〜5.54.5〜5.5
[単位]km/L

ジャガー新型XJの新車車両価格

車 購入 商談 ディーラー

新型XJの価格は、2017年モデルから27万~31万円アップしています。

2018年モデル 新型XJ2017年モデル XJ
XJラグジュアリー1,149万1,122万
XJ プレミアムラグジュアリー1,253万1,226万
XJ ポートフォリオ1,403万1,373万
XJ R- スポーツ1,434万1,404万
XJR5751,887万1,856万
XJ オートバイオグラフィー ロングホイールベース2,069万2,042万
[単位]円(消費税込み)

ジャガー XJの口コミや試乗の評価

ジャガーXJの試乗レビュー

車内の各パーツが道具ではなくアクセサリーかのような完成度は素晴らしく、
国産高級車やドイツ車では追い付けない領域にあると感じます。

出典:http://review.kakaku.com/

街中では、乗り心地も非常に滑らかで、リムジンに使用するにも最適。道の継ぎ目や段差もキャビンにショックをほとんど伝えてこないのは、ジャガーの「猫足」そのもの。

出典:http://review.kakaku.com/

ATがスムーズかつ的確に変速してくれるので、低回転をキープしたまま、スムーズに速度を上げていってくれることも好印象です。100km/hでの回転数は1500rpm以下で、静粛そのものです。

出典:http://review.kakaku.com/

試乗レビューのまとめ

2010年から販売される現行型(4代目)の試乗レビューを見ると、Fセグメントのセダンでありながら、スポーツカーのような運動性能とサルーンとしての乗り心地を兼ね備えたモデルであると言われています。

この辺りは、ライバルのレクサスLSやメルセデスベンツSクラスと違ったXJの個性的なところでしょう。
日本車やドイツ車とは違う高級感が欲しい方なら、イギリス車ジャガーXJがおすすめできる高級大型セダンです。

ジャガーXJの故障について

整備工場

©Shutterstock.com/Lucky Business

ジャガーの故障に関する口コミ

故障しない車は無いですけど

ジャガーは世間で言われる程故障は少ないです。

1970年台とV12は別ですが

出典:http://bbs.kakaku.com/

ジャガーに乗ったことのない人程、ジャガーは壊れやすいと言います。
そんなことはありません。
他の輸入車と比べてジャガーが劣ることはありません。
それは1970年代の話です。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

想像するよりもトラブルは少ない

ジャガーの車については、壊れやすいというイメージが定着しているようですが、3代目モデル以降は普段乗りで使う分には十分な性能と故障が少ないです。
これはメルセデスベンツやBMWといったドイツ車と同等で、極端に古いものやV12気筒エンジン搭載モデル以外では、消耗品の交換や定期的なメンテナンスを行えば、頻繁な故障で維持できないという心配はないでしょう。

ジャガーXJのカスタム

A post shared by Thomas Pinai (@speed_addict) on

3代目までのジャガー XJは、VIPスタイルでのカスタムベースとして人気の外車であったため、大径のホイール、ローダウン、エアロパーツがカスタムされています。
また、カスタムパーツも多く販売されており、ヤフオクなどで中古パーツを安く購入することも可能です。

一方、現行型では3代目までのようなVIPスタイルにカスタムをしている車が少なく、カスタムされている車両は、ホイール交換のみライトチューンされています。

ジャガー XJとは

現行型 ジャガーXJ

ジャガーXJは、1968年から販売されているFセグメントのセダンであり、今まで3度フルモデルチェンジがされ、現行で4代目となります。
3代目であるX350系まで、丸型4灯ヘッドランプや「ロングノーズ・ロングデッキ」の伝統的なスタイリングを継承していましたが、2010年発売のX351型でデザインが一新が変更され、次世代アルミニウムボディ構造を初採用したことで約150kgの軽量化がなされました。

3代目 ジャガーXJ

ジャガーの歴史、ルーツについてはこちら

新型登場で中古車価格はどうなる?

新車 中古車 購入 店

XJの中古車は、現行型で約250万円からと高額で、2018年モデルはこれまでのマイナーチェンジなため、中古車市場価格に大きく影響することはないと予想されます。
3代目以前のモデルが好みの方であれば、2003年~2009年まで製造された3代目モデルが低走行距離で良質車も多いため、おすすめです。

ジャガーXJ中古車価格
モデル価格
初代・2代目(~2002)18万~324万
3代目(2003~2009)33万~285万
現行型(2010~)248万~1,693万
[単位]価格:円
(参考:中古車サイト「グーネット」)

ジャガーXJの中古車情報はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


次期モデルへのフルモデルチェンジ時期は

ジャガーXJは、2019年にフルモデルチェンジで新型がデビューすると見られます。
外装はヘッドランプとリアランプなどのデザイン変更と、新型エンジンの搭載が予想されます。
新型エンジンは、3.0L V型6気筒ディーゼルエンジンや新世代V型6気筒エンジンとモーターのハイブリッドが登場すると一部で噂されています。

国産車やドイツ車とはひと味違うジャガー新型XJに注目

今回のマイナーチェンジでは、安全性能の強化や、さらにハイパワーとなったXJRの登場となり、歴史あるXJが日本車・ドイツ車と同等な性能を手に入れました。
1,000万円以上という高額ですが、その価値は十分です。
国産高級車やドイツ車も魅力的ですが、英国メーカー・ジャガーの新型XJも注目です。

ジャガーの関連記事がこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す