初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタが人工知能を持つ「愛iシリーズ」を公開!人を理解する完全自動運転車の登場はいつ?

MOBY編集部ゴメスが現地レポート!トヨタは東京モーターショーにて人工知能を搭載したコンセプトカー「愛i」シリーズを発表しました。当記事では「愛i」シリーズに見る人工知能と完全自動運転の組み合わせがもたらす新しいクルマの形や、近年の技術動向について解説していきます。

愛iシリーズが東京モーターショー2017にて公開!

愛iシリーズを東京モーターショーにて編集部ごめすが現地リポート!

東京モーターショー2017にて公開された新型コンセプトカー「愛i-Walk」と「愛i-Ride」をMOBY編集部のごめすが現地リポートをしてきました。

東京モーターショーの他の最新現地リポートについてはこちら!

トヨタ 新型 愛iシリーズ

TOYOTA Concept-愛i

2017年1月に登場した「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」に加え、ユニバーサルな小型モビリティと歩行領域で使用可能なモビリティを「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)シリーズ」として追加されることが公式から発表されました。

同シリーズは東京モーターショー2017にて出展されました。

TOYOTA Concept-愛i RIDE

「愛i-Ride」は、車いすを利用する方々も使いやすい機構を備えることで、パーソナルモビリティへのバリアフリーアクセスを実現する、というコンセプトのもと開発されました。

TOYOTA Concept-愛i WALK

TOYOTA Concept-愛i WALK

「愛i-Walk」は、車が通行できないところにも移動の自由をもたらす、というコンセプトのもと開発されました。

東京モーターショーについてはこちら

東京モーターショーのコンパニオンについてはこちら

人工知能搭載の「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」とは?

TOYOTA Concept-愛i

TOYOTA Concept-愛i

「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」とは、トヨタが2017年1月開催の「2017 International CES」に出展した四輪駆動のコンセプトカーです。
当コンセプトカーは、人工知能を搭載することでクルマが「人を理解」し、人とクルマが共に成長するためのパートナーの関係となるモビリティ社会の未来像を具現化しており、デザインは従来のモビリティのイメージを覆すような未来感のある仕上がりとなっています。

トヨタは、「クルマは“愛”がつく工業製品」という想いを掲げ、「愛車」という考え方を一方的なものから相互的なものに変えていくというビジョンを当コンセプトによって示す狙いがあるようです。

Concept-愛iとトヨタの他のEVについてはこちら

愛iシリーズの人工知能と自動運転技術がもたらすものとは?

TOYOTA Concept-愛i 概要

「人を理解する」技術(Learn)

「TOYOTA Concept-愛i」シリーズ全体でコアとなる技術は、人工知能を応用しドライバーの表情・動作・声色から感情認識や嗜好推定を行うことで「人を理解する」技術です。

「安全・安心」(Protect)

「人を理解する」技術は、ドライバーの状態を推定し、ドライバーとクルマの信頼度をモニターすることをも可能にするといいます。
クルマの信頼度が高く、ドライバーが運転するには危険な状態であったり、ストレス状態に陥っている場合、人工知能が自動的に自動運転モードに切り替え、ドライバーの「安全・安心」のために最適なタイミングでサポートします。

「新しいFun to Drive」(Inspire)

ドライバーの感情や嗜好をクルマが理解することで、クルマがドライバーが興味のある話題を、ドライバーの気分に合わせて提案するなど、人とクルマの双方向のコミュニケーションが実現します。
走りの愉しさに留まらない「Fun to Drive」を提供するのも「愛i」の役割です。

自動車業界が総力をあげて目指す完全自動運転の実現はいつ?

コンピュータ 人工知能

トヨタは2016年に、AI研究専用の新会社「TRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)」をシリコンバレーに設立し、「愛i」が搭載する人工知能の研究を進めています。
しかし、人工知能研究に心血を注ぐのはトヨタだけではありません。
現在、人工知能技術の開発が最も発達しているのは自動運転技術の分野であり、各自動車メーカーが各々努力している最中です。

経済産業省は自動運転の完全形態とも言えるレベル5(完全自動運転)を2030年代までに実現することを目標としていましたが、社会課題の早急な解決のために地域限定的2020年代に前倒しする姿勢が日本全体に打ち出されています。
法整備や倫理的な観点では課題が山積みですが、技術的には完全自動運転の実現は十分に可能であるのが現況と言えるでしょう。

自動運転車の現状についてはこちら

人工知能搭載の完全自動運転車を開発する各メーカーの動向

世界

国内では、トヨタは当然として、ホンダ、日産が人工知能技術の開発について言及しています。
ホンダは自車単独での自動運転車の開発を断念したグーグル社と技術連携を図り、完全自動運転の共同研究を進めています。
日産自動車も2017年より国内における完全自動運転社の走行試験を開始することを明らかにしました。

海外でもメルセデスベンツでお馴染みのダイムラー社、BMW、米フォード・モーターなどが相次いで自社の技術開発状況を公表しています。

東京モーターショー2017にも出展した三菱電機の自動運転車についてはこちら

人とクルマが共生する社会の鍵を握る「人工知能」と「完全自動運転」

自動運転 イメージ画像

©iStockphoto.com/ chombosan

ここまで、トヨタが発表した「TOYOTA Concept-愛i(コンセプト・アイ)」の概要、人工知能と完全自動運転の開発動向についてご紹介してきました。
東京モーターショー2017にて出展されるトヨタの「愛i」シリーズによって、我々は「人工知能」・「完全自動運転」が融合した自動車という未来の形を先取りして目にすることができます。

人とクルマが共生するという夢のような話も、今回のトヨタの発表をきっかけに、実現の日が着実に近づいていることを実感することができるでしょう。

自動運転機能を搭載予定の新型車についてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す