初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

三菱電機「xAUTO」自動運転技術はここまで進んだ!EMIRAI4も徹底解説

三菱電機「xAUTO」最新情報!三菱電機は、次世代の自動運転技術を搭載した新型コンセプトカー「xAUTO」と「EMIRAI4」を東京モーターショー2017に出展します。この記事では、xAUTOが持つ自動運転機能と、EMIRAI4について解説しています。

xAUTOとは?

東京モーターショー2017に出展された xAUTO

xAUTOとは、三菱電機が開発した次世代の自動運転技術を搭載するコンセプトカーです。
「大切にしたいのは、どんな時でも人を想うこと」というテーマのもとに開発されたxAUTOは、近未来の車に求められる安全と快適を実現しました。
すでに高速道路上における実証実験も行われており、10月25日から開催される第45回東京モーターショー2017に出展されています。

この記事では、xAUTOが持つ各種機能と東京モーターショー2017での公開が予定されている次世代の自動運転コンセプトカー「EMIRAI4」について解説しています。

東京モーターショーについての記事はこちら

xAUTOの予防安全技術

EMIRAI3 xAUTO(2015年公開)

三菱電機 EMIRAI3 xAUTO

xAUTOには、自動運転を支える高度な予防安全技術が搭載されています。
東京モーターショー2015に出展された「EMIRAI3 xAUTO」に関するプレスリリースびよれば、三菱電機の技術力を結集して開発した以下の予防安全技術により、2020年以降に安全・快適な自動運転を実現することが目標ということです。

・高精度のセンサーによる車両周辺の把握と人工知能技術
・GPSを活用した高精度の位置測定と高精細な三次元地図
・自動車と道路間の連携通信技術による周辺情報
・高精度の車両運動制御技術


東京モーターショー2017に出展された新型xAUTOに搭載されている装備は、2015年当時と比較すると数も多く、高精度になっています。

xAUTOの自動運転システム例

xAUTOに搭載される自動運転システムは、以下で紹介している先進技術を用いて、安全で快適な自動運転を実現しています。

リモコン式自動駐車

■周辺監視・駐車区画認識・車両誘導技術
・駐車運転を全て自動化し、リモコンによる快適で安全な自動駐車を実現します。

夜間対応自動ブレーキシステム

■ミリ波レーダー+センサー統合技術
・夜間でも高精度な歩行者検知を実現し、自動ブレーキの安全性を高めます。

■遠赤外線カメラ技術
・夜間動物検知により、安全性が高い自動ブレーキを実現します。

自動車線維持システム

■車線維持制御技術
・車線の白線を安定的に検知し、常に車線を維持する走行を実現します。

■全車速対応車間維持制御技術(アダプティブクルーズコントロール)
・前車に追従して、一定の速度と車間距離を保った自動運転を行います。

駐車・車車連携通信システム

■自動車・道路間の連携通信を活用した合流支援技術
・道路や他車の状況に応じて、情報通知や自動減速を行い、本線への安全な合流を支援します。

EMIRAI4が東京モーターショー2017に出展

三菱電機 EMIRAI4

三菱電機 EMIRAI4

「EMIRAI4(イーミライフォー)」は、三菱電機が開発したコンセプトカーです。
「Feelings with you ~一人ひとりに、やさしく、安心で心地よく~」をテーマに開発されました。

EMIRAI4には新開発のHMI(ヒューマンマシンインターフェース)技術やドライバーセンシング技術、ライティング技術など、次世代の運転支援技術を搭載しています。

最新のHMI技術を搭載し、安心・安全・快適なコックピットを実現

三菱電機 EMIRAI4 内装

・高精度の位置測定と、新開発のAR(拡張現実)対応
HUD(ヘッドアップディスプレイ)の組合せにより、視界の悪い環境下においても、自車が進むべきルートをHUD上にAR表示することができます。

・新開発のKnob-on-display(ノブオンディスプレイ)の採用
タッチ操作の多機能性とノブ操作の安心感を両立しました。
さらに、インフォメーションディスプレイ周りのシンプルなレイアウトも実現しています。

・新開発のクロッシングディスプレイを搭載
メーター表示部の高い視認性を保ちつつ、リアルな浮遊感・奥行き感のある表示も実現しています。

広角カメラ型ドライバーモニタリングシステムにより安全運転を支援

・高性能の広角カメラ
1台の広角カメラで、運転席・助手席搭乗者を同時にモニタリングすることができます。

・運転者の顔をモニタリングして危険を予防
運転手に脇見・居眠りなどの異変がないかを事前に確認し、自動運転から手動運転への安全でスムーズな切り替えを支援します。

・快適環境の自動設定
乗員の好みや状態に合わせて、室内空間が常に快適な状態に保たれるよう、エアコンの温度設定などが自動で設定されます。

ライティングにより人と車のコミュニケーションを実現

・自動運転時代の到来に向けた、他車・歩行者に自車の状況を知らせるライティング技術が搭載されます。

・路面ライティングやボディライティング機能を搭載することで、事故防止やスムーズな交通に貢献します。

東京モーターショー2017における三菱電機の出展内容

三菱電機 東京モーターショー2017

10月25日から開催される東京モーターショー2017における、三菱電機の出展内容は以下の通りです。

メーンステージ

「Feel the EMIRAI ~未来はここにある~」をコンセプトに、三菱電機が提案するスマートモビリティー時代の車社会を、「電動化」「自動運転」「コネクテッド」の3つの視点から映像を通して紹介します。

電動化ゾーン

48Vハイブリッド車向けエンジン出力軸直結型ISGシステムをはじめ、三菱電機が提案する将来の電動化システムを紹介します。

自動運転ゾーン

・xAUTOを紹介します。
・次世代自動運転技術の公道での走行映像を紹介します。
・xAUTO搭載の各種製品を、AR対応可動式ディスプレイを用いて紹介します。
・高精度3次元地図に関連する各種技術や製品を展示します。

コネクテッドゾーン

AI活用の次世代カーナビをはじめ、ドライバーの運転支援に寄与する各種技術を紹介します。

三菱電機の次世代自動運転車「xAUTO」と「EMIRAI4」に期待!

自動運転 イメージ画像

©iStockphoto.com/ Chesky_W

この記事で紹介した「xAUTO」と「EMIRAI4」は、10月25日から開催される東京モーターショー2017で展示が行われます。
自動車メーカーではない三菱電機が開発した「EMIRAI4」は、私たちにどのような自動運転車の未来を見せてくれるのか、今から期待が高まりますね。

MOBYでは、今後も「xAUTO」と「EMIRAI4」に関する最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

東京モーターショーに関連する記事はこちら

自動運転を搭載した最新モデルについてはこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す