初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

激安韓国製バッテリー「アトラス」の口コミ評判と価格をまとめ!

アトラス(ATLASBX)は、韓国のバッテリーメーカーです。 日本車に対応した製品もラインナップされており、他社のバッテリーと比較して低価格であることから人気があるバッテリーです。 韓国製で安価と聞くと敬遠されがちですが、製品の性能や品質はどうなのでしょうか? そんなアトラスのバッテリーについてまとめてみました。

アトラスとは?

ALRASBX_LOGO

アトラス(ATLASBX)は、第二次世界大戦中の1944年に設立され、バッテリーの研究・開発・製造を手掛けている韓国のバッテリー専門のグローバル企業です。
韓国初のメンテナンスフリー電池などを開発、70年以上の歴史があるバッテリー業界のリーダーとなり、今日に至ります。
その歴史は伊達ではなく、現在世界130ヶ国にその製品を輸出しています。
2000年と2013年には新工場を増設し、年間1,300万台以上のバッテリーを供給できる体制を確立しました。

アトラスの歴史

アトラスは設立当初、「イサン株式会社」としてバッテリーの極板を修理しており、再生バッテリーの販売をしていました。
翌年の1945年に社名を「朝鮮電池株式会社」にを改め、バッテリーを生産する企業を目指していましたが、朝鮮戦争により大きな打撃を受けてしまいます。
1952年には工場を立て直し、「韓国電池株式会社」という社名で再出発をしました。
2000年、世界中で自動車バッテリーが供給過剰状態となり再び危機が訪れましたが、そこで事業を縮小するのではなく、最新の工場を建設し、最先端の設備と技術力で他社を引き離すことによって危機を脱しています。

アトラスバッテリー:ATLASBXの特徴

アトラスのバッテリーの特徴は、まずその極板にあります。
バッテリーの極板を修理して販売していたので、極板に関しては第一人者です。
アトラスの極板は新カルシウム合金を採用しており、優れた減液特性・自己放電特性を実現しています。
そして、鋳造式一体型ストラップを採用し、妥協しない極板の固定と集電効率の増加にて、優れた振動耐震性と高始動性能を実現しました。

アトラスバッテリーの価格

アトラスバッテリーは、カタログに定価の記載はなく、事実上オープン価格扱いです。
実売価格にて他社のバッテリーに比べ安価になっています。
ネットで検索するとお店によって若干の差があります。
セールによって更に安価になるケースもあります。

日本にはアトラスの代理店があり、代理店経由で販売されている製品が正規品扱いになります。
ネットでは正規代理店経由ではなく直接海外から輸入された製品もあり、その製品は日本の代理店で正規の保証が得られないケースがありますので、購入の際には注意が必要です。

カーバッテリーについてさらに詳しく

アトラスバッテリー:安定した性能で長寿命「ATLASBX」

アトラスの日本車用バッテリーは、オープンベント型とシールド型(メンテナンスフリー)があります。
低価格にも関わらず、2年または4万キロの製品保証が付いています。

主な特徴は以下の通りです。
 ・カルシウムとスズの合金グリッドの採用
 ・腐食防止性能、液減り、自己放電を最小限に抑制
 ・低抵抗包装セパレーター採用による高い始動性能
 ・極板間におけるショートを防ぐ高い安全性
 ・鋳造式一体成型ストラップによる始動性と振動耐久性

アトラスバッテリー:ハイブリッド車専用のALTASBX HV

ATLASBX HVは、ハイブリッド車用補機バッテリーです。
制御弁式 ( VRLA ) バッテリーで下記の特徴があります。
 ・AGM(Absorbent Glass Mat)テクノロジー
 ・長寿命
 ・VRLAテクノロジー(ガス再結合技術)
 ・ハイブリッド車専用排気構造の採用
 ・防爆フィルターの採用

製品保証期間は、2年もしくは3万km 製品保証です。
適合車種は、ハイブリッド車で、プリウス、プリウスα、プリウスPHV、レクサスCT200hなどになります。

アトラスバッテリー:充電制御車対応 ATLASBX PREMIUM

アトラスバッテリー上級モデルである ATLASBX PREMIUMは、充電制御対応車用のバッテリーです。
2年もしくは4年の製品保証が付いています。
 ・充電制御車対応
 ・充電受入性が25%向上
 ・バッテリーの充電容量を確認できるインジケーターを内蔵
 ・バッテリー交換に便利な取って付き
 ・頑丈な構造が振動と衝撃から保護

アトラスバッテリーの評判

口コミ 評判

アトラスのバッテリーは製品により保証期間が異なりますが、保証期間としては大方満足といった評判です。
保証期間は大体
 ・1年 もしくは2万キロ
 ・2年 もしくは3万キロ
 ・2年 もしくは4万キロ
となっています。

また日本において、これらの保証はアトラス代理店経由での購入製品のみに適応されるケースがありますので、購入時には保証内容について確認することが必要です。

では、ここで実際にアトラスバッテリーを使用しているからの口コミを紹介します。

「Amazon」によるATLASBX(日本車用)のレビュー

間もなく、新車購入から20年になる高年式車に使用しています。
チョイ乗りがメインで、年5000Kmくらいしか走行しませんが夏は短距離でエアコンフル回転、冬はヒーターとリヤデフロスター使用でバッテリーを酷使しています。
エアコンシーズン前と、リヤデフロスター、ヒーターでのバッテリー酷使の前には補充電をして延命させています。
シガーライターソケットには、電圧計を装着して電圧は常にチェックしています。

出典:https://www.amazon.co.jp/

「Amazon」によるATLASBX(輸入車用)のレビュー

韓国製と言う事ですが大手のの安バッテリーも韓国製と言う事もあり割り切って買ってみました。
車は2007年製VW GOLF5です。
サイズはばっちりで問題なく交換する事が出来ましたが、バッテリーの固定部分の形状が違っていて、でも無理矢理固定しました。ちなみにバッテリー固定ボルトの大きさは13ミリ、端子を絞めるナットは10ミリです。
今まで使用していたバッテリーは純正で、7年間も取り替えずにいまだに使用できていました。

出典:https://www.amazon.co.jp/

「Amazon」によるATLASBX PRUMIUMのレビュー

正直、韓国製とのことで半信半疑であったが、値段に魅力があり失敗してもいいぐらいの思いで、購入した。
購入から現在に至るまで、安定して使えている。
定期点検時もバッテリーに関しては問題なかった。
長期の使用に関しては、まだ未知ではあるがコスト的に見ても
損はない買い物ではないでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp/

アトラスバッテリーを装着!

バッテリー交換

アトラスのバッテリーは、製品品質の信頼性が求められる世界の高級車にも採用されています。
またバッテリーの交換はその手順されしっかり守ればDIYで簡単に行うこともできます。
ただし、車種によっては指定バッテリーの使用、車載コンピューターの操作やセキュリティー設定などが必要になる場合がありますので、バッテリー交換前に確認してください。
DIYで交換できる場合、一度アトラスのバッテリーを使用してみてはいかがでしょうか?

バッテリーに関する記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す