初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型プリウス マイナーチェンジ最新情報!発売日は2018年初頭?価格やデザイン・燃費などの変更点は?

トヨタ プリウスが2018年にマイナーチェンジする可能性があります。マイナーチェンジによって、新型プリウスはデザインが改善されると予想されます。新型プリウス マイナーチェンジのデザインや性能、燃費などに関する最新情報をご紹介します。

トヨタ新型プリウス マイナーチェンジ【最新情報】

現行型トヨタ プリウス

トヨタ プリウス 2015年

2015年に現行の4代目となったトヨタ プリウスですが、今後マイナーチェンジが予定されているという噂があります。
世界に先駆ける低燃費車として活躍するプリウスですが、今や低燃費車カテゴリにおいては日産ノートやホンダ フリードなどにじわじわと追い付かれようとしています。
燃費性能だけではもはや勝負することが厳しい状況になりつつある中、現行プリウスで評判の悪い外装デザインをメインに、マイナーチェンジによるテコ入れが行われる可能性があります。

トヨタ新型プリウス マイナーチェンジ後の外装(エクステリア)

プリウスPHVベースのデザインに変更?

現行型トヨタ プリウス

トヨタ プリウス A ツーリングセレクション 2015年

トヨタ プリウス PHV

トヨタ 新型 プリウス PHV

新型プリウス マイナーチェンジの外装は、当マイナーチェンジで最も注目される点です。
残念ながら現行プリウスは、豊田章男社長が自身で認めているように、「カッコ悪い」デザインであるという評判が出回っています。
対して、フロントマスクのデザインが異なるプリウス PHVは、「カッコ良い」という評判を受けています。
外装の印象を良くするため、マイナーチェンジによってプリウスの顔をPHVの顔に切り替える、あるいはプリウスPHVのフロントデザインと似たデザインが再設計される方針で動いている可能性があります。

プリウス PHV最新情報はこちら!

トヨタ新型プリウス マイナーチェンジ後の内装(インテリア)は?

トヨタ プリウス 2015年型 内装

トヨタ プリウス 2015年型 内装

トヨタ プリウス 2015年型 内装

トヨタ プリウス 2015年型 内装

新型プリウスのマイナーチェンジによる内装デザインの変更についての情報は現時点では入っていません。
プリウスの内装設計は、座席の高さやアームレストの位置などを、最適な居心地となるように工夫されています。
直感的な操作ができるようなスイッチの配置や操作方法もアピールポイントであり、この辺りはユーザーレビューによってブラッシュアップされる可能性もあります。

トヨタ新型プリウス マイナーチェンジ後の性能・スペック

トヨタ プリウス 2ZR-FXEエンジン

トヨタ プリウス 2ZR-FXEエンジン

現時点で、新型プリウスのマイナーチェンジによるエンジン性能とスペックの変更点は確認できません。
現行型のデータを以下に掲載します。

エンジン性能

エンジン種類水冷直列4気筒DOHC
排気量1.8L
最高出力72[98]/5,200
最大トルク142[14.5]/3,600
トランスミッションCVT
駆動方式FF
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ボディスペック

全長全幅全高
4,4801,7451,490
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7001,3805
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ新型プリウス マイナーチェンジの安全装備

トヨタセーフティセンスP PCS(プリクラッシュセーフティシステム)

トヨタセーフティセンスP PCS(プリクラッシュセーフティシステム)

トヨタセーフティセンスP レーダークルーズコントロール

トヨタセーフティセンスP レーダークルーズコントロール

新型プリウスのマイナーチェンジによって、安全装備自体が変更される可能性は低いですが、グレード「E」または「S」ではオプション装備だった「トヨタセーフティセンスP」が全車標準装備となると予想されます。
最近では多くのメーカーが自社モデルの安全装備を全車標準装備とする動きが見られるようになりましたので、安全性能に需要が集まる世界に向けたマーケティングを行うトヨタがその動きに乗らないとは考えにくいでしょう。

トヨタ新型プリウス マイナーチェンジ後の燃費性能は?

新型プリウスのマイナーチェンジによる燃費性能の変更は現時点で確認できません。
エンジン性能やスペック、またはハイブリッドシステムに変更があれば、燃費性能が向上する形となるかもしれませんが、マイナーチェンジにおけるそれらの変更可能性は低いでしょう。
以下に現行型のカタログ燃費と実燃費を掲載します。
※実燃費は編集部調べ

JC08モード燃費40.8
実燃費23.5~26.2
[単位]km/L

トヨタ新型プリウス マイナーチェンジの新車車両価格

新型プリウスのマイナーチェンジによって、安全装備の全車標準装備の予想を前提とすると、新車車両価格はその分上がることになるでしょう。
トヨタ セーフティセンスPがオプション装備となるグレード「E」または「S」については、約10万円程度上がることと予想されます。
参考に、現行型の新車車両価格を以下に掲載します。

現行型トヨタ プリウス価格
E242万
S247万
A277万
[単位]円(消費税込み)

トヨタ プリウスについておさらい!

トヨタ プリウス 初代10系

2000 トヨタ 初代 プリウス

トヨタ プリウスとは、トヨタ自動車が1997年より製造・販売を続けている世界初の量産ハイブリッド専用車です。
初めてプリウスを世に知らしめたのは1995年の第31回東京モーターショーで、「人と地球にとって快適であること」というコンセプトを携え、プリウスのプロトタイプが展示されました。
初代10系が登場したのはそのわずか2年後であり、トヨタがハイブリッド自動車で世界に先駆けたいという想いが伝わってきます。
事実、「PRIUS」というのは「~に先駆けて」という意味を持つラテン語です。

トヨタ 新型プリウスマイナーチェンジの発売日は?

現行型トヨタ プリウス

トヨタ プリウス カラーバリエーション

新型プリウスのマイナーチェンジは、通常のマイナーチェンジ周期の3年を考えると、来年の2018年の末に行われると予想できます。
ただ、冒頭で述べたように、他メーカーのハイブリッドの追い上げに対し、早めに手を打ちたいところでしょうから、2018年の初頭にマイナーチェンジされる可能性も十分にあります。

新たなPHVフェイスを携え、車にとって欠かせない「見た目のカッコ良さ」を克服した新生プリウスに期待しましょう。

プリウスに関連するおすすめ記事!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!