初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型ヤリスはヴィッツ後継に!発売日は2020年で価格と燃費は?

東京モーターショー2015で公開されたコンセプトカー「S-FR」の開発が中止されたという情報が入ってきました。確かな情報ではありませんが、そのかわりに新型ヤリスにあたる1.6Lエンジン搭載のコンパクトな4WDスポーツを開発すると見られています。

S-FR開発中止!代わりに4WDスポーツの新型ヤリス登場か

S-FR レーシングコンセプト

トヨタ S-FR Racing Concept 2015年

トヨタが東京モーターショー2015で発表したコンセプトカー「S-FR」に関して、MOBYで開発終了したのではないかとお伝えした事がありましたが、正式に開発中止になった情報が入っています。

トヨタから正式な発表がないため、不確かなところはありますが、S-FR開発中止の代わりにトヨタ ヴィッツの海外版「ヤリス」に4WDターボを搭載したホットハッチを開発されると見られています。

新型ヤリス4WDターボの車名が変わる?

トヨタ ヴィッツは、次のフルモデルチェンジで世界共通の車名「ヤリス」に変わると見られています。
4WDターボは、ヤリスのモデルラインナップに追加されると予想され、新型ヤリスでは「GR SPORT」「HYBRID GR SPORT」「GR SPORT“GR”」さらに、4WDターボと、スポーツモデルの充実が図られるでしょう。

新型ヤリスの特徴や変更点

・国内車名の「ヴィッツ」から海外車名「ヤリス」へと変更
・最上級スポーツモデルに1.6L 3気筒エンジンとターボの組み合わせ
・ハイブリッドは1.0Lエンジン+モーター
・フルモデルチェンジ時期は2020年予想

トヨタ新型ヤリスのエクステリアデザイン(外観)

新型ヤリスの外装は

現行型プリウスPHV

新型プリウスPHV

新型ヤリスのエクステリアデザインにつていは、現在でスパイショットがないため、はっきりとしたことは不明です。

しかし最近のトヨタのデザイントレンドとしてヘッドライトを今まで以上に細くしているため、新型ヤリスもプリウスPHVのような片側に薄型4連LEDヘッドライトを搭載する傾向に倣う可能性があります。
また、それに合わせフロントグリルをヘッドライト一直線上に細くしつつも、フロントバンパーの開口部を現行型のように、新型ヤリスも台形型で大きくすると予想されます。

現行型ヴィッツGR

トヨタ ヴィッツ GR 外装

新型ヤリス4WDスポーツは、ダウンサイジングターボに合わせ、インタークーラー搭載のため空気を送り込む量を多くする必要があります。
それは、最近登場したヴィッツGRのような長方形型の大きな開口部をもったフロントバンパーの採用です。

さらに、走行安定性重視のためスポイラー、サイドスカート、ワイドフェンダーなどの変更が専用設計のものになると予想されます。

コンセプトモデル「FT-Bh」は新型ヤリスのデザインか

新型ヤリスのハイブリッドモデルについては、独自のデザイン案と考えられるコンセプトカーが出ています。

上画像は「FT-Bh」(Future Toyota B-segment hybrid)というコンセプトカーで、車体サイズが現行ヴィッツと同じため、FT-Bhが次期ヤリスのデザインではないかと言われています。
しかし、新型ヤリスがガソリン車とハイブリッド車でデザインを変えることは考えにくいため、FT-Bhがデビューするのであれば新型ヤリスと別車種で出ると見られます。

トヨタ新型ヤリス4WDターボのインテリアデザイン(内装)

現行型ヴィッツの内装

トヨタ ヴィッツハイブリッド 内装デザイン

新型ヤリスの内装についても、現状で情報がないため明確なことはわかりませんが、C-HRや現行型カムリなどから予想してみます。

最新のトヨタ車をみるとメーターパネルで2眼筒型タイプに真ん中にTFT液晶モニターを搭載しています。
また、国産車・外車共通でメーター内のTFT液晶モニターを大型、またはメーター全体を液晶モニターにしている新車が多くなっています。

新型ヤリスでも今の4.2インチカラーTFT液晶のサイズを大きくし、ナビゲーションモニターとの連動や、車両状況、安全装備、モーター・バッテリーの状況をドライバーが詳細に理解できるようように設計すると予想されます。

トヨタ新型ヤリスのエンジン性能・スペック

ヴィッツ搭載 1.3Lエンジン

トヨタ ヴィッツ エンジン 1.3L

新型ヤリスのエンジンについての情報は、ネット上で多くの噂がたっていますが、現状不確定で信ぴょう性の乏しいものが多いですが、パワートレインについて以下のように予想します。

新型ヤリスのエンジンは

現行型ヴィッツのエンジンは、1.0Lが3気筒、1.3L・1.5Lが4気筒です。
新型ヤリスでは、すべての排気量で3気筒の新型エンジンになると見られます。

1.5Lエンジンは、現在トヨタと提携関係にあるBMW製のBMW118iに搭載される1.5Lエンジンは3気筒を搭載すると予想されます。
1.0Lエンジンは開発元であるダイハツが、今のエンジンを改良してパワーと燃費を向上し、現行の1.3L 4気筒エンジンを廃止し、代わりにBMW製1.5L 3気筒エンジンが搭載される思われます。

新型ヤリス4WDターボエンジンは

2017年 世界ラリー選手権(WRC)に参戦するトヨタ ヤリス

WRC2017 トヨタ ヤリス ヴィッツ

4WDターボエンジン搭載モデルは、排気量1.6Lで3気筒のものが搭載されると見られます。
1.6Lとなれば4気筒が普通ですが、1.0〜1.5Lのエンジンが3気筒であるため、1.6Lでも統一したエンジン形状を維持すると思われます。

しかし、3気筒になったことにより4気筒よりパワーダウンするのではなく、最高出力250PS、最大トルク343N・m以上のパワーと引き出すと予想しています。
ちなみにWRCを参戦するトヨタ ヤリスは、1.6L直列4気筒ターボエンジンで最高出力380PSも出ており、トヨタの技術力なら街乗りで使える1.6L 3気筒エンジンで250PSは十分開発できるでしょう。

ハイブリッドモデルのパワートレインは

「トヨタ新型ヤリスのエクステリアデザイン(外装)」で紹介したコンセプトカーFT-Bhでは、1.0L 2気筒エンジンとモーターのハイブリッドシステムで57.2km/Lの燃費性能を発揮すると言われ、新型ヤリスハイブリッドではこのパワートレインを採用すると見られます。

しかし、この燃費値は空気抵抗をかなり低く抑えたFT-Bhの特殊な車体形状で実現できる燃費値で、新型ヤリスのハイブリッドモデルではここまで燃費性能を実現するの難しいでしょう。

現行型ヴィッツのスペック

1.0L、1.3LGRハイブリッド
全長3,9453,9753,945
全幅1,6951,6951,695
全高1,5001,5001,500
ホイールベース2,5102,5102,510
車両重量970〜1,0801,030〜1,0401,110
乗車定員555
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
1.0L、1.3LGRハイブリッド
エンジン種類1.0L:直列3気筒DOHC
1.3L:直列4気筒DOHC
直列4気筒DOHC直列4気筒DOHC
排気量1.0L、1.3L1.5L1.5L
最高出力1.0L:54[64]/4,800
1.3L:73[99]/6,000
80[109]/6,00054[74]/4,800
最大トルク1.0L:92[9.4]/6,000
1.3L:121[12.3]/4,400
138[14.1]/4,400111[11.3]/3,600
モーター最高出力--45[61]
最大トルク--169[17.2]
トランスミッションCVTCVT、5MTCVT
駆動方式1.0L:FF
1.3L:FF、4WD
FFFF
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ新型ヤリスの安全装備

トヨタセーフティセンス

現行型ヴィッツには、衝突回避支援システム「トヨタセーフティーセンスC」が搭載されています。
トヨタセーフティーセンスCはトヨタの小型車向けに搭載されています。

他自動車メーカーでみると、現在のコンパクトカーや軽自動車なども中型車・大型車と同じ性能を安全装備が搭載されているため、新型ヤリスでも衝突回避支援システムをアップグレードさせ「トヨタセーフティーセンスP」を搭載すると予想されます。

トヨタ新型ヤリス4WDターボのカタログ燃費・実燃費

現行型ヴィッツのJC08モード燃費値はガソリン車で17.2〜21.6km/L、ハイブリッド車で34.4km/Lであり、BMW118iが18.1km/Lです。

新型ヤリスが改良型の3気筒エンジンやBMWのエンジンを採用するのであれば、1.0L、1.3L、すべての排気量のエンジンで2.0〜5.0km/Lの燃費改善が予想されます。
また、ハイブリッドモデルは1.0L 2気筒エンジンを採用したハイブリッドユニットを搭載したとし、現行のプリウスを超える40.0〜45.0の燃費になるでしょう。
さらに、4WDターボモデルでは、ターボ非搭載の1.5L 4気筒エンジンを搭載するヴィッツGRがJC08モード燃費値19.6 km/Lであり、外気量アップとターボ搭載の4WDとなれば16.0〜18.0km/Lになると見ています。

現行型ヴィッツのカタログ燃費と実燃費

1.0L、1.3LGRハイブリッド
JC08モード燃費1.0L:21.6〜24.0
1.3L:18.0〜25.0
-34.4
実燃費1.0L:約15.0
1.3L:約13.0
-約28.0
[単位]km/L

トヨタ新型ヤリスの新車車両価格

自動車 金額 価格 円

新型ヤリスの価格は現状で情報が全くないため不確定ですが、昨日の1.3Lエンジンが1.5LのBMW製エンジンになるため、価格が大きく高くになることが予想されます。

しかし、1.0Lエンジンは同じダイハツ製エンジン、ハイブリッドはエンジンがダウンサイジングターボであるため、現在の価格から若干な価格変動になると予想されます。
そして、4WDターボは現在のヴィッツGRスポーツ"GR"から20万円ぐらいの高くなり250万円程度になるでしょう。

現行型ヴィッツの新車車両価格

現行型ヴィッツの新車車両価格
1.0L118万〜155万
1.3L148万〜195万
GRスポーツ"GR"230万
ハイブリッド181万〜232万
[単位]円(消費税込み)

トヨタ S-FRとは?

トヨタ S-FR

トヨタ S-FR コンセプト 2015年モデル

1965年式 トヨタ スポーツ800

S-FRはトヨタが東京モーターショー2015で発表したコンセプトカーです。

トヨタが若い方にもライトウェイトなスポーツを楽しんで欲しいという目的から、小排気量のエンジンに2ドアクーペスタイルのFRスポーツカーを示したもので、旧車トヨタ・スポーツ800(通称:ヨタハチ)の現代版とも言われていました。
現在市販化についての情報はなく、一方で開発中止という見方のほうが多くなっています。

トヨタ ヤリスとは?歴代モデルも紹介

初代ヴィッツ

ヤリスは、日本で発売されるトヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」の海外で発売される時の車名です。
次期ヴィッツが登場するときは、日本で発売される時の車名もヤリスに変更されると見られています。

トヨタ ヴィッツの歴代モデル

ヴィッツが登場したのは1999年であり、トヨタ スターレットの後継者として登場しました。
ヴィッツの開発は、ダイハツとの共同で行われ、搭載されるエンジンは、ダイハツが開発・生産を行っています。

デビューから現在まで2度のフルモデルチェンジが行われ、現行モデルは3代目となります。
現行モデルではハイブリッドモデルが追加され、Gazoo Racingによる「G's」と最近登場した「GR」モデルが登場したことで、再びコンパクトスポーツとして注目を集めています。

トヨタ新型ヤリスの発売日

トヨタ ヴィッツ 2017

新型ヤリスの発売は2020年になると見られていますが、具体的な時期は不明です。
2代目と3代目に変わるときは5・6年でフルモデルチェンジが行われましたが、3代目モデルが登場した2010年から今までに2度のマイナーチェンジがされており、4代目登場までは、まだ時間がかかりそうです。
それだけ、3代目が評判が良いと思われますが、Bセグメントのコンパクトカーは売れ筋車種であるため、世界中のメーカーが力を入れて新型モデルを続々を出しています。

特にヤリスは欧州でのユーザーが多いため、厳しくなる排ガス規制や、イギリスのようなガソリン車とディーゼル車販売禁止に踏み切る国にも対応できる車になってほしいところです。
新型ヤリスが、高燃費・低排出ガスのエコカーから高いスポーツ性能のホットハッチまでオールラウンドで活躍できるコンパクトカーになることに期待したいと思います。

トヨタ ヴィッツの関連記事はこちら

トヨタ ヴィッツのライバル車についてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK