初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型カローラハッチバック最新情報!発売日と価格は?オーリス後継か

トヨタ オーリスの後継モデルと思われる新型カローラハッチバックが公道テストを行っている姿の目撃情報がいくつか出ており、新型カローラハッチバックの開発は着々と進んでいる模様です。ここでは新型カローラハッチバックに注目し、外装、内装、エンジン性能・スペック、燃費、価格、発売日などを紹介したいと思います。

【最新情報】トヨタ新型カローラハッチバックの最新スパイショット

2018年1月に撮影されたスパイショット

トヨタ新型カローラハッチバックの最新スパイショットが、2018年1月に公開されました。
昨年10月に捉えられたスパイショットと比較して、外観があまり変化がないことから、ほぼ市販型が完成しているものと考えられます。

最新の外装・内装のスパイショットを詳しくご紹介します。

オーリスの後継モデルとなるトヨタ新型カローラハッチバック登場か

2017年10月に撮影されたスパイショット

新型カローラハッチバックのテスト走行姿が世界各地で目撃されています。
最新のスパイショットがSNSや自動車情報サイトで多く出回っており、新型カローラハッチバックのスタイルがわかってきました。

この新型車は、オーリスに続く新たな車名になると見られます。
どのような車名になるかは現時点で不明ですが、そのまま「カローラ ハッチバック」と名乗る可能性があるといわれています。
カローラアクシオやカローラフィールダーもフルモデルチェンジで新プラットフォーム採用やハイブリッドの燃費性能大幅アップが見込まれており、50年続くカローラシリーズは今大きく進化することに期待が持てます。

新型カローラハッチバックの主な変更点

・トヨタ新世代プラットフォームTNGAの採用
・ヘッドランプ・ガラス形状・バンパーなど大幅なエクステリアデザイン変更
・最上級モデルに2.0Lターボエンジン搭載モデルを追加

トヨタ新型カローラハッチバックのエクステリアデザイン(外装)

2018年1月に撮影されたスパイショット

新型カローラハッチバックのスパイショットが2018年1月にも撮影されました。

昨年ご紹介したスパイショットの車体とほぼ変わらない外観であることから、トヨタ新型カローラハッチバックはこの姿が市販型としてデビューすることがほぼ確実と考えられます。

また、今回はヘッドライトとテールライトのアップの画像も届いています。
こちらも薄くワイドな形状であることは変わらず、プリウスPHVやC-HRを思わせるスタイリングです。

2017年10月に撮影されたスパイショット

2017年10月のスパイショットから、新型カローラハッチバックのヘッドランプは現行型オーリスより薄くワイドな形状になっており、プリウスPHVのようなスタイルになることが予想できます。

また、バンパーの下部にあるメッシュで覆われた開口部は、裏側にインタークーラーが配置されていると見られます。

サイドビューでは、CピラーとDピラーにあるリアクォーターガラスがなくなり、リアウィンドウが現行型オーリスより、かなり傾斜したデザインとなっています。

トヨタ現行型オーリスのエクステリアデザイン(外装)

トヨタ新型カローラハッチバックのインテリアデザイン(内装)

2018年1月に撮影されたスパイショット

新型カローラハッチバックの内装はこれまでスパイショットが出ていませんでしたが、2018年1月についに内装の様子が判明しました。
ダッシュボードにはカモフラージュがされていますが、おそらくトヨタ最新のインフォテインメントシステムが搭載されると予想されます。

また、TNGAプラットフォームが採用されることで、ホイールベースは長くなると見られており、車内空間が広くなることが予想されます。

トヨタ現行型オーリスのインテリアデザイン(内装)

トヨタ新型カローラハッチバックのエンジン性能・スペック

1.2L直噴ターボエンジン 「8NR-FTS」

新型カローラハッチバックのプラットフォームは

新型カローラハッチバックのプラットフォームは、TNGAプラットフォームが採用すると見られています。
ホイールベースは現行オーリスの2,640mmより長くなり、走行安定性、軽量化、高剛性により乗り心地や燃費性能も向上することが予想できます。

新型カローラハッチバックのパワートレインは

現行型オーリスのパワートレインは、排気量が1.5L、1.8L、1.2Lターボ、そして1.8Lエンジンとモーターのハイブリッドがあります。
新型カローラハッチバックでは、現行オーリスと同じ1.2Lターボエンジンと1.8Lエンジン、1.8L+モーターのハイブリッドが用意され、1.5Lエンジンがなくなると見られています。

そして、新モデルにハリアーやクラウンに採用されている2.0Lターボエンジンを搭載するモデルが追加され、最高出力260PSまで引き上げられると予想されています。
このモデルは現行オーリスの「RS」に値し、ライバルとなるフォルクスワーゲン ゴルフGTIの最高出力230PSを上回るパワーとなります。

現行型オーリスのスペック

全長全幅全高
4,3301,7601,480(1,500)
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6001,515~1,5355
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 ( )内は4WD
1.8L+モーター1.2Lターボ1.8L
エンジン種類直列4気筒DOHC直列4気筒DOHCターボ直列4気筒DOHC
排気量1.8L1.2L1.8L
最高出力73[99]/5,20085[116]/5,200~5,600105[143]/6,200
最大トルク142[14.5]/4,000185[18.9]/1,500~4,000173[17.6]/4,000
モーター最高出力60[82]--
最大トルク207[21.1]--
トランスミッションCVTCVT6速MT、CVT
駆動方式FFFFFF
使用燃料レギュラーハイオクレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ新型カローラハッチバックの安全装備

現行型オーリスの衝突回避支援パッケージに、トヨタセーフティセンスCが搭載されています。
新型カローラハッチバックでは、トヨタセーフティセンスPにアップグレードされ、また、トヨタ C-HRに装備されるオートワイパー(雨滴感応式)や自動防眩インナーミラーも採用されると予想されます。

トヨタ新型カローラハッチバックの燃費

ガソリンスタンド 給油 クラシックカー

©everystockphoto.com/ reynermedia

現行型オーリスのJC08モード燃費値は、ハイブリッド車で30.4km/L、1.2Lターボエンジンで19.4km/L、1.8Lエンジンで16.2km/Lです。

新型カローラハッチバックでは、4代目プリウス並みの燃費性能を実現させ、37.0km/Lまで伸びると見られます。
また、ガソリン車でもTNGAプラットフォーム搭載や、今使われているエンジンが改良されることで、1.0~3.0km/Lの若干な燃費改善がなされるでしょう。

2.0Lターボエンジン搭載モデルは、13.0~15.0km/Lになると予想しています。

新型カローラハッチバックの予想燃費値

ハイブリッド1.2Lターボ、1.8L2.0Lターボ
JC08モード燃費37.01.2Lターボ:20.4~22.4
1.8L:17.2~19.2
13.0~15.0
実燃費27.0~30.01.2Lターボ:15.0~18.0
1.8L:12.0~16.0
10.0~12.0
[単位]km/L

トヨタ新型カローラハッチバックの価格

現行型オーリスの新車車両価格は、1.2Lターボエンジン搭載車で259万円、1.8Lエンジン搭載車で237~246万、ハイブリッド車で262~283万円です。
新型カローラハッチバックの車両価格に関する情報がないため特定することはできませんが、機能の充実や新プラットフォームの採用で5~10万円高くなることが予想されます。

2.0Lターボエンジン搭載モデルは、フォルクスワーゲンゴルフGTIを下回る350~370万円程度(日本円換算)になると見られており、海外の2.0Lターボを搭載するFFスポーツより安く高性能なコストパフォーマンスを実現してくれるでしょう。

オーリスとは?歴代のカローラハッチバックモデルも紹介

現行型オーリス

オーリスは、トヨタが日欧戦略車として開発した5ドアハッチバックです。
デビューは2006年であり、2012年にフルモデルチェンジして登場した2代目が現行モデルです。
トヨタは、“スポーツハッチバックの新基準確立”をテーマに開発し、日本のみではなく海外からの人気も高いモデルです。

歴代のカローラハッチバックモデルは

カローラFX

オーリスの先代にあたるカローラのハッチバックモデルは、さかのぼると5代目カローラの派生モデルとして登場したカローラFXとなります。
エンジン排気量は、1.5Lと1.6Lがあり、最上級モデルの「1600 FX-GT」は、カローラレビン86と同じ4AGエンジンが搭載されていました。

カローラFXは、1984年10月から1995年5月まで販売されました。
その後、2001年1月に後継モデルとなるカローラランクス、2006年9月にオーリスが登場しました。

現行モデルの中古車価格はどうなる?

トヨタ初代オーリス

オーリスの中古車価格帯は、19~299万円で平均価格が93.1万円です。(中古車サイト「グーネット」参考)
初代オーリスの中古車価格は19~165万円、2代目が88~299万円となり、中古車市場のタマ数が多いため古くなるにつれて価格が下がりやすいです。

新型カローラハッチバックが登場すれば、現行型オーリスも、初代オーリスと同じぐらいの価格まで安くなることが予想されます。


中古車情報
システムメンテナンス中


トヨタ新型カローラハッチバックの発売日は

カレンダー 日程 発売日

©Shutterstock.com/ Laborant

新型カローラハッチバックの発表は、2018年の夏から秋にかけて行われると見られています。
その後海外では5~9月にデビュー、国内では遅れて12月頃までに発売となる可能性が高いでしょう。

そして、2.0Lターボエンジン搭載車は新型カローラハッチバック登場から半年または1年後と予想されており、早くても2018年後半から2019年初旬になると見られます。
また、米国では「カローラiM」としてブランド化され発売されることも予想されています。

新型カローラハッチバックは、世界各地で公道テスト走行を行っており、世界基準での性能へさらに磨きがかかることでしょう。
フォルクスワーゲンゴルフを筆頭とする激戦のCセグメントハッチバックで、カローラのハッチバックモデルが日本だけでなく世界のスタンダード車になる日もそう遠くないと思います。
新型カローラハッチバック登場は見逃せません。

東京モーターショー2017についての記事はこちら

トヨタ カローラの関連記事はこちらのフルモデルチェンジに関する記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!