初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

テスラ新型セミトラック/EVトレーラー「セミ(semi)」11月16に正式発表!航続距離や価格は?

EVに特化し、クールな車を開発・製造することで知られるテスラから、ついにEVトレーラー「セミ(semi)」が発表されました。本記事は、テスラ初となるEVセミトラック・通称「テスラ・セミ」の航続距離やスペックなど、業界大注目の最新情報を紹介しています。

テスラの新型EVセミトラック/トレーラー「セミ(semi)」が公開!

テスラモーターズは11月16日、EVセミトラック/トレーラー新型テスラ セミの公開イベントを開催、公式サイトにてライブストリーミング配信を行いました。
商業トラック業界への進出は電気自動車メーカー初となるため、今回の発表には注目が集まっています。
テスラはEVトレーラー新型テスラ セミを、2019年に生産に入ると言明しました。

EVセミトラック/トレーラーの新型テスラ セミの注目ポイント

・4つの独立電気モーターを搭載したEVトラック
・米最大規模の積載量
・ディーゼルトラックより優れたトルクと加速性能
・自動ブレーキ、車線維持システムなどを含む自動運転機能「オートパイロット」の搭載
・航続距離は320〜480kmに相当
・小型SUVや小型バン、ミニバス、ピックアップトラックなど他モデルのデビューも検討

テスラ 新型「セミ(semi)」の予定車両価格を発表

テスラは新型セミトラック/EVトレーラーである「セミ(semi)」の予定車両価格を明らかにしました。

予定車両価格は
航続距離483kmモデル:15万ドル(約1,690万円)
航続距離805kmモデル:18万ドル(約2,030万円)
導入記念モデル:20万ドル(約2,250万円)
となっています。

また、ベースモデルの予約金は2万ドル(約225万円)となります。

テスラがEVセミトラック/トレーラーを開発する理由は?

テスラは、米国・カリフォルニア州シリコンバレー・バロアルトに拠点を置き、EVに特化した車を開発・製造することで知られる会社です。
そのテスラは近年、EV商用車の開発に着手した旨の情報で業界を賑わせていました。

数々の奇抜とも言えるプランを打ち出し、実際に実現させてしまうことでも知られるテスラCEO「イーロン・マスク」は何故、EVセミトラック開発に踏み切ったのでしょうか?

国土の広い米国には多種多様なトラックが存在しますが、トラックの貨物を輸送するコストは大きく、その大半は燃料に費やされます。
また、長距離輸送のためのトライバーの安全性も重視する必要があります。

テスラは、このトラックの「燃料コストの削減」と「ドライバーの安全性の向上」には、得意とするEV技術、自動運転技術を最大限生かすことが可能だと着眼します。

開発競争に打ち勝ち主導権を握る!

世界的に見ても、現在トラックで燃料の主流となっている「ディーゼル」は、この先さらに厳しい規制にさらされるでしょう。
他メーカーもディーゼルから燃料シフトを実施する必要が出てきます。

燃料やドライバーコストを考えるにあたり、テスラのEVトレ-ラー開発では、ディーゼルトラックよりトータルコストを抑えることにこだわります。
その結果、新型テスラ セミは優れた加速性能や自動運転機能を搭載することとなったのです。

乗用車市場では、まだまだ新興勢力とみなされることが多いテスラは、いち早くEVトラックすなわち「商用車」の分野で高性能の自動運転技術搭載のEV車を開発し、主導権を握ることで新たな勢力図を描きたいという思惑があるようです。

テスラ EVセミトラック/トレーラーは2度の発売延期で2017年11月発表に!

EVセミトラック 発表延期の真相は?

テスラは当初、EVセミトラックの発表を2017年9月としていました。
しかし、9月に入り、テスラCEO「イーロン・マスク」は、発表が伸び「10月26日にホーソンにて発表・試乗会を行う」旨をツイート。
さらに、10月に入り「EVセミトラックの発表を11月16日に延期する」と、公式ツイッターにてコメントを発表したのです。

2度に渡る発表延期の真相には何があったのでしょうか?

情報によると、EVセミトラック発表延期の理由について、販売中の「モデル3」の出荷が7月~9月期で2割程度と、思うように伸びておらず、その生産体制へのテコ入れを優先させるためだとされています。
また、大型ハリケーンにより停電が続くプエルトリコを救済するため、同国向けのバッテリー生産を増やすことを言及していることとも関係しているようです。

新型テスラ「セミ(semi)」のエクステリア(外装)は?

イベントでお披露目されたテスラ セミのボディは、エアロダイナミクスを考慮した形状であることが見て取れます。
ボディサイズなどは不明ですが、米最大規模の積載量を謳っていることから、実用にあたっては申し分のない大きさでしょう。

テスラはテスラ セミの空力性能について「ブガッティ シロンを上回る」としています。
発表されたテスラ セミの抗力係数(値が小さいほど抵抗が少なく、空力性能がよい)は0.36。
一般的なディーゼルトラックが0.65~0.70、ブガッティ シロンが0.38とのことですので、セミトラックらしからぬ驚きの数値です。

新型テスラ「セミ(semi)」のインテリア(内装)は?

中央に1人用シートがある運転席

右ハンドルの運転席

折りたたまれた後席があるタイプ

公開された新型テスラ セミの運転席は、2つのタッチスクリーンに挟まれた1人用コクピットでした。
窓が大きく、視野が広く開放的な印象を受けます。
フロントガラスは耐熱ガラスとのことで、テスラのソーラールーフガラスの開発に関連していると推測されます。

また、右側に寄った運転席のイメージ画像や、後席を設けたインテリア(内装)のイメージ画像と思しきものもあるため、今後の豊富なモデル展開を示唆しているとも考えられます。

新型テスラ「セミ(semi)」の航続距離やスペックは?

テスラ初となるEVセミトレーラー「テスラ セミ」の航続距離やスペックはどのようになるのでしょうか?

テスラ側から正式なスペックなどの詳細は明らかにされていませんが、マイアミに拠点を置くトラックのレンタル・リースを行う「Ryder System」の幹部がロイター通信に語ったところによると、テスラ セミの航続距離は、200マイルから300マイル(約320km~480km)ということです。

また、テスラ セミはテスラの充電サービス「メガチャージャー」により、400マイルの航続分の充電を30分で完了するとのことです。

テスラ EVセミトラックの自動運転技術は?

自動運転 イメージ画像

©iStockphoto.com/ Chesky_W

テスラの新型EVセミトラック「テスラ セミ」には自動運転技術「オートパイロット」が搭載されています。
自動ブレーキや車線維持システムなどの予防安全技術はもちろん、先導役トラックとそれに追従する後方の無人トラックが複数台の編隊を組んで自動走行する「プラトーン走行(隊列走行)」も実現できるということです。

すでに欧州では、高速道路上での長距離トラックの自動運転試験がダイムラーなどによって実施されています。
テスラ セミのエンジニアにはダイムラーのビジネスイノベーションディレクターなども参画しているとのことで、そのノウハウを十分に活かしたEVトレーラー作りをしてきたと推測できます。

テスラ EVセミトラックは輸送業務をガラリと変える?

2度の延期の末、ついにベールを脱いだテスラ EVセミトレーラー「テスラ セミ」。
テスラが提唱している「主な形態の地上輸送手段を全て電動化する」というマスタープランの一環でもあるモデルで、今後も事業を拡大していくと思われます。

デビューしたテスラ セミはまず、ネバダ州のテスラ バッテリー工場からカリフォルニア州にある自動車組立工場に部品を運ぶ仕事で活躍するとのことです。
数々のアイデアとプランで夢を実現してしまうテスラとイーロンマスクが、トラックの分野で何を新たに打ち出そうとしているのか、非常に興味深いですね。

テスラに関するおすすめ情報はこちら

自動運転に関するおすすめ情報はこちら

注目のPHEVはこちら

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す