初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ダイハツ新型ビーゴ最新情報!東京モーターショー出展&価格や発売日なども徹底予想

ダイハツ新型DN TREC(トレック)最新情報!ダイハツ「ビーゴ」の後継車種と噂される新型コンパクトSUV「DN TREC」が、東京モーターショー2017で初公開される予定です。この記事では、新型DN TRECの最新情報についてまとめています。

ダイハツ新型DN TREC(トレック)最新情報!ビーゴの後継車種か?

ダイハツ DN TREC ディーエヌ トレック

ダイハツ工業は、10月25日から開催される東京モーターショー2017において、新型コンセプトカーのDN TREC(トレック)を世界初公開します。
2016年に生産を終了した「ビーゴ」の後継車種になると噂されるDN TRECは、日常と趣味の両立を実現するコンパクトでスタイリッシュなSUVです。

東京モーターショーについての記事はこちら

ダイハツ新型DN TREC(トレック)の注目ポイントまとめ

書類 チェックリスト

新型DN TRECの注目ポイントは、以下の3点となります。

・ダイハツ「ビーゴ」の後継車種になると予想されるコンパクトSUV
・ハイブリッドとターボの2種類のエンジンをラインナップ
・日常と趣味の両立を実現するアクティブビークル

新型DN TRECのコンセプト

街中でもアウトドアでも使いやすいSUVを、身近なものにする一台。
乗りこなしやすいサイズ感と高いユーティリティに、ハイブリッドならではの低排気ガス性能をプラス。
街と郊外を自在に結ぶ、環境にもうれしいSUVができました。

出典:https://www.daihatsu.co.jp/

ダイハツ新型DN TREC(トレック)の外装(エクステリア)デザイン

ダイハツ DN TREC ディーエヌ トレック 外装
ダイハツ DN TREC ディーエヌ トレック 外装

新型DN TRECは、「アクティブ」「ファン」「タフ」をテーマとした、上質でスタイリッシュなデザインの外装を纏っています。
また、全長3,980mm×全幅1,695mm×全高1,600mmというコンパクトなボディサイズにより、取り回しも優秀です。

新型DN TRECとビーゴのボディサイズ

DN TRECビーゴ
全長3,9804,005
全幅1,6951,695
全高1,6001,690-1,705
ホイールベース-2,580
車両重量-1,160-1,200
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ダイハツ新型DN TREC(トレック)の内装(インテリア)デザイン

ダイハツ DN TREC ディーエヌ トレック 内装

DN TRECの内装は、外装と同様に「アクティブ」「ファン」「タフ」をテーマとしています。
スタイリッシュで未来的なデザインになっていることがわかります。

ダイハツ新型DN TREC(トレック)のパワートレイン

新型DN TRECのパワートレインには、1.2Lのハイブリッドエンジンが搭載されます。
また、1.0Lのターボエンジンも搭載可能です。
流行りのハイブリッドとダウンサイジングターボであるDN TRECのエンジンは、ビーゴに搭載されている1.5Lの直列4気筒NAエンジンよりも、動力性能で勝ることが予想されます。

参考:ビーゴのパワートレインスペック

エンジン種類直列4気筒DOHC
排気量1.5L
最高出力80[109]/6,000
最大トルク141[14.4]/4,400
トランスミッション4速AT
駆動方式FR/4WD
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ダイハツ新型DN TREC(トレック)の燃費性能を予想

新型DN TRECの燃費性能は、まだ公表されていません。
ただ、DN TRECはハイブリッドエンジンを搭載し、ターボエンジンの排気量もビーゴのNAエンジンより小さいので、ビーゴよりも優れた燃費性能を発揮することが予想されます。

参考:ビーゴの燃費性能

ビーゴ FRビーゴ 4WD
JC08モード燃費13.813.2
実燃費--
[単位]km/L

ダイハツ新型DN TREC(トレック)の価格を予想

自動車 金額 価格 円

新型DN TRECの販売価格は公表されていません。
また、市販されるかどうかも不明です。
ビーゴの販売価格が198~226万円に設定されていたことを考慮すると、DN-TRECの市販モデルの価格は、大体200~300万円程度になるのではないでしょうか。
また、ダイハツのラインナップの価格帯からしても、あまり高い価格設定にはならないと思われます。

ダイハツ ビーゴとは?

ダイハツ ビーゴ 2008年型

ビーゴとは、ダイハツが2006年から2016年まで製造・販売していたコンパクトSUVです。
ダイハツ「テリオス」の後継車種として開発されたビーゴは、日本と中国以外の地域では「テリオス」の名称がそのまま使用され、2代目テリオスとして扱われています。

ラダーフレームとモノコックを一体化させた構造の「ビルトインラダーフレーム式モノコック」を採用したボディには、1.5Lの直列4気筒エンジンが横置きで搭載され、駆動方式はFRと4WDになっています。
トランスミッションは4速ATと5速MTがありますが、日本向けの5速MT車(4WDのみの設定)は、マイナーチェンジによって廃止されました。

なお、トヨタが2008年から2016年まで販売していた「ラッシュ」は、ビーゴのOEM車です。

ダイハツ ビーゴ、トヨタ ラッシュについての記事はこちら

ダイハツ新型DN TREC(トレック) ビーゴの後継車種の発売日を予想

ダイハツ DN TREC ディーエヌ トレック

新型DN TRECは、東京モーターショー2017で初公開される予定です。
ビーゴの後継車種となるかは分かりませんが、デザインに関しては、かなりはっきりとしたものが示されているので、市販化にも十分期待できるでしょう。
そして発売日に関しては、全体的なデザインの完成度から早ければ2018年内になることが予想されます。

MOBYでは、今後もダイハツ新型「DN TREC」に関する最新情報を入手次第、読者の皆様にお伝えしいきますので、どうぞご期待ください。

ダイハツの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK