初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

サイドマーカーランプの取り付け方から車検での保安基準を満たすおすすめ商品も

車のフェンダーに取り付けられたウィンカーランプやトラックの荷台に等間隔で取り付けられるサイドマーカーなどは側方灯と呼ばれ、夜間の横方向の視認性、非視認性を確保するための安全装備です。サイドマーカーの取り付けには保安基準で細かな規定がされており、安易に交換したり、取り付けしてしまうと車検に通らない恐れがあります。保安基準を満たすおすすめパーツと、その取り付け方をご紹介します。

サイドマーカーとは?

サイドウィンカー ターンシグナル

© MOBY

車の側面に取り付けられた灯火はサイドマーカーと呼ばれます。

乗用車のフェンダーに装着されるウィンカーランプもサイドマーカー。
トラックの荷台部分の夜間の視認性を良くするための幾つも連なるランプもサイドマーカー。
また、北米仕様車などで採用される、前後を認識するための灯火もサイドマーカーと呼ばれます。
それぞれ目的が違いますので、本来であれば「サイドマーカー」という一言で括ることはできません。
それぞれに目的があり、道路運送車両保安基準により光の色や光量などが厳格な取り決めされています。
曖昧なサイドマーカーの区別を再確認したいと思います。

自動車のウィンカーについての詳しい解説はこちら

サイドターンシグナル ウィンカー

ウィンカー 点灯

車のフェンダーに取り付けられた小さなサイドマーカーは方向指示器としての役割を持ち、横方から見たときに車がどちらの方向に動くかを明示するための装備です。
サイドターンシグナル、サイドウィンカーとも呼ばれます。
近年では、ドアミラー内蔵型のサイドターンシグナルが増え、フェンダーに取り付けられるタイプのサイドマーカーは少なくなってきています。

LEDのサイドターンシグナルは車検が通らない?

ハイフラッシュ状態の動画です。LEDの光り方も合わせてご覧ください。

ウィンカーをLEDバルブに交換すると、LED独特のキレのある点滅をするようになります。
しかし、ウィンカーバルブのLED化には注意が必要です。
LEDは少ない消費電力が特徴ですが、安易に取り付けただけでは電気回路の抵抗値が変わってしまい、ウィンカーは球切れしたときのように高速で点滅してしまいます。
これは俗に言う「ハイフラッシュ」という現象です。
保安基準ではウィンカーの点滅回数は一分間に60回~120回と規定されているため、車検には通らなくなってしまうのです。

LEDウィンカーの装着自体は、車検では問題がないのですが、ハイフラッシュになってしまうのが車検に通らない原因です。
その対策の一つとして、ウィンカーリレーという部品をIC式ウィンカーリレーに交換することでハイフラッシャー状態を解消することができます。

LEDバルブにはクリアレンズのサイドマーカーがベスト

古めの車のサイドマーカーはカットレンズが施されたものになっています。
これを透明なクリアレンズのサイドマーカーに交換すると印象がキリッと引き締まります。
さらに、クリアレンズはLED独特の繊細な光をさらに魅力的に見せる効果のあるサイドマーカーでもあるのです。

LEDウインカーに関連するおすすめ記事はこちら

サイドウィンカーのおすすめ用品

最近の純正サイドウィンカーレンズは、バルブ交換が出来ないタイプのサイドウィンカーが多くなってきています。
バルブ交換のみをする場合は、交換できるタイプであるかを、あらかじめ確認しましょう。

多くのスズキ車に対応するクリスタルサイドマーカー

在庫情報無し
(2017年11月21日現在)

サイドウィンカーによく用いられるT10規格のLEDバルブ

参考価格: ¥ 1,933
(2017年11月21日現在)

LEDウィンカーと同時に交換したいICウィンカーリレー

参考価格: ¥ 1,339
(2017年11月21日現在)

サイドウィンカーの交換方法

サイドウィンカーの交換方法を解説した動画です。

ほとんどのサイドウィンカーは、プラスチックのフックで固定されています。
前後どちらかに押しこんで、引っ張るだけで簡単に外れます。
バルブ交換はウィンカー本体のソケットをひねると外れます。
ソケットにバルブを付け替え、元に戻して作業完了です。

ICウィンカーリレーの交換

ICウィンカーリレーの交換動画。
車種によりウィンカーリレーの位置は異なりますが、単純に差し替えるだけで交換可能です。
機械式のリレーから、ICウィンカーリレーに交換すると「カチカチ」音がしなくなる製品もありますので、ウィンカーの戻し忘れにご注意ください。

トラックのサイドマーカー

トラック サイドマーカー

© MOBY

大型トラックのように長大な車は、夜間の車体の視認しづらさを解消するためにサイドマーカーの装着が推奨されます。
周囲からその形状が把握しやすくする意味と、後退時のドライバーの車両感覚のサポートに効果を発揮するのがトラック等のサイドマーカーランプの役割です。
保安基準上では側方灯と呼ばれます。

トラックのサイドマーカーの保安基準

トラックに限らず全長6m以上の普通乗用車、また6m以下の牽引車にはサイドマーカーランプの装着が義務づけられています。
サイドマーカーの色は、黄色または橙色であること。
ランプの明るさは夜間に150mの距離から点灯を確認できるほどの明るさであり、かつ他の交通を妨げないものである必要があります。
取り付け位置は、地上0.25m以上、1.5m以下。
最前部のランプは車両前端から3m以内。
最後部のランプは車両後端から1m以内。
隣のランプとの間隔は3m以下と細かく規定されています。

サイドマーカーのおすすめ商品

トラック用サイドマーカーとして、多くの製品が販売されています。
普通車の12V電源に対し、トラックの電源は24Vです。
対応する製品かどうか、ご購入前にご確認ください。

サイドマーカー見た目や視認性も大事ですが、防水性も大事な要素です

参考価格: ¥ 2,780
(2017年11月21日現在)

LEDバルブに交換することで、既存のサイドマーカーをLEDにすることができます

参考価格: ¥ 2,599
(2017年11月21日現在)

トラックのLEDサイドマーカーの取り付け方

自動車整備士 工具

すでにサイドマーカーが付いているのであれば、サイドマーカー内のバルブをLEDに交換するだけでLED化が可能になります。

既存のサイドマーカーランプをLEDランプに交換するのなら、付いているランプと交換して、元の通りに配線するだけです。

新規に取り付ける場合は、ポジションランプかナンバー灯の+と-の配線にサイドマーカー用の配線をそれぞれ分岐させ、一番遠いサイドマーカーの位置まで配線を伸ばします。
その上で、さらに各サイドマーカーに配線を分岐させる必要があります。
分岐には、信頼性にはやや劣りますが、電線に挟み込むだけで電気が流れるエレクトロタップが便利でしょう。
電気工作の知識があれば、ギボシ端子などをつかい、しっかりと配線することをおすすめします。
雨水のかかる恐れがある部分なので、収縮チューブなどで、防水処理も確実におこないたいところです。

LEDには電気極性があります。
+は赤い配線。
ーが黒い配線。
逆に接続すると点灯しないのでご注意ください。

USDM仕様のサイドマーカーは注意!

USDMとは、United Stetes Domestic Marketの略で「アメリカ国内市場」のこと。
つまり車でいうUSDMとは、アメリカの安全基準に沿って作られた仕様にカスタムする手法を意味します。
アメリカと日本では安全基準が違うので、アメリカの仕様のサイドマーカーやヘッドライト、テールライトを取り付けても、日本では車検に通らないのです。

特に気をつけたいのがフェンダー付近に取り付けられるサイドマーカー。
アメリカでは横から見たときに前後の区別を付けやすくするため前側に橙色、後側に赤色のサイドマーカーを取り付けることになっています。
USサイドマーカーと称して、前後のフェンダー付近に装着する汎用のサイドマーカーが販売されていますが、それらをそのまま取り付けると、日本では車検が通らないので注意が必要です。

ややこしい灯火の保安基準は安全のため

夜間 交差点 ブレーキランプ

サイドマーカーと一言でいっても、車や種類でさまざまな意味があります。
サイドマーカーに限らず、灯火類の保安基準は特に難しく表現されているので理解しづらい項目です。

保安基準は、前方は白色、側方は橙もしくは黄色、後方は赤色と定めることで、周りから見て夜間の車両の状態を把握しやすいうように共通意識を保つための規定と訳することができます。
要するに、「車の状態を把握する上で、紛らわしい灯火は控えるように」ということです。
道路運送車両保安基準はカーユーザーの自由を縛るためではなく、あくまで安全に車を使うためにあるのです。

車初心者におすすめの記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す