初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型GR HVスポーツコンセプト発表!東京モーターショーで初披露

MOBY編集部ごめすが現地リポート!トヨタの新型HVピュアスポーツカー「GR HVスポーツコンセプト」が東京モーターショーで初公開されました。この記事では、新型GR HVスポーツコンセプトの最新情報についてまとめています。

トヨタ新型「GR HVスポーツコンセプト」東京モーターショーにて初公開!

MOBY編集部ごめすが東京モーターショーにて現地リポート!

東京モーターショー2017にて公開された新型コンセプトカー「GR HVスポーツコンセプト」をMOBY編集部のごめすが現地リポートをしてきました。

東京モーターショー2017にて公開されたGR HVスポーツコンセプト

トヨタ GR HV SPORTS concept

トヨタ自動車は、10月25日から開催される東京モーターショー2017において、新型スポーツカーの「GR HVスポーツコンセプト(GR HV SPORTS CONCEPT)」を世界初公開しました。
GR HVスポーツコンセプトは、スポーツカーと環境技術を融合した新たなクルマの楽しさを提案するコンセプトカーです。

トヨタの新スポーツシリーズ「GR」について詳しくは以下の記事で解説しています。

ごめす試乗の記事はこちら

LSもリポートしています!

東京モーターショーについてはこちら

東京モーターショーのコンパニオンについてはこちら

トヨタ新型「GR HVスポーツコンセプト」の注目ポイントまとめ

書類 チェックリスト

新型GR HVスポーツコンセプトの注目ポイントは、以下の3点となります。

・レーシングマシン「TS050 ハイブリッド」を想起させるデザイン
・「トヨタスポーツ800」や「スープラ」にも設定された「エアロトップ」スタイルを採用
・「TS050 ハイブリッド」で鍛えたハイブリッド技術「THS-R」を搭載

GR HVスポーツコンセプトには、GAZOOレーシングが世界耐久選手権(WEC)で戦わせているレーシングマシン「TS050 ハイブリッド」で培った技術が用いられています。

トヨタ新型「GR HVスポーツコンセプト」の外装(エクステリア)デザイン

新型GR HVスポーツコンセプトの外装は、ピュアスポーツカーとしての機能性を徹底的に追求すると同時に、TS050 ハイブリッドをイメージさせるLEDヘッドランプやアルミホイール、リヤディフューザーを採用することで、トヨタモータースポーツとのつながりを感じさせるデザインとしています。
ボディカラーは、力強さと迫力を感じさせるマットブラックです。
ルーフは、スープラやスポーツ800にも設定された「エアロトップ」を採用しており、解放感抜群の走りを楽しむことができます。

ボディサイズは、全長4,395×全幅1,805×全高1,280mmと、同社の86と同じくらいの大きさです。
ホイールベースは公表されていません。

新型「GR HVスポーツコンセプト」と「86」のボディサイズ

GR HVスポーツコンセプト86
全長4,3954,240
全幅1,8051,775
全高1,2801,285(アンテナ含まず)
1,320(アンテナ含む)
ホイールベース-2,570
車両重量-1,210-1,270
乗車定員24
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ 86、スープラ、スポーツ800とは?

トヨタ新型「GR HVスポーツコンセプト」の内装(インテリア)デザイン

トヨタ新型「GR HVスポーツコンセプト」のインパネ周り

トヨタ新型「GR HVスポーツコンセプト」のシフトノブ

新型GR HVスポーツコンセプトの内装は、センタークラスターにオートマチックのギアポジションスイッチを配置することで、レーシーな雰囲気を演出しています。
また、プッシュ式のスタートスイッチを開閉式のシフトノブ内に設置し、遊び心を持たせたとのことです。
男心をくすぐる、ワクワクするようなデザインになっていますね。

トヨタ新型「GR HVスポーツコンセプト」のパワートレイン

車体中央付近に搭載された駆動用バッテリー

新型GR HVスポーツコンセプトのパワートレインには、「GAZOOレーシング」が「TS050 ハイブリッド」の運用で鍛えたハイブリッド技術「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」が搭載されています。
重量物となる駆動用バッテリーを車両中央付近に搭載することで、ピュアスポーツカーとしての走行性能の向上にも貢献しました。

また、ボタンひとつでマニュアルモードへ切り替えることができ、AT車でありながら、6速MT車のような操作を楽しめるHパターンシフトを採用しています。

TS050 ハイブリッドとは?

トヨタ TS050 ハイブリッド

TS050 ハイブリッドとは、トヨタ・モータースポーツが2016年の世界耐久選手権(WEC)用に開発したハイブリッドレーシングカーです。
最先端のエアロダイナミクスとハイブリッド技術を取り入れて開発されました。

パワートレインには、2.4LのV型6気筒ツインターボエンジンと、前後輪で二つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「THS-R」を搭載します。
その最高出力は1,000馬力にも達し、最高速度は334.9km/hを記録しました。

TS050 ハイブリッドのスペック

全長全幅全高
4,6501,9001,050
ホイールベース車両重量乗車定員
-8781
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
エンジン種類V型6気筒直噴ツインターボ
排気量2.4L
最高出力367[500]/-
最大トルク-
モーター最高出力367[500]/-
最大トルク-
トランスミッション6速AT
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

トヨタ新型「GR HVスポーツコンセプト」に期待!

トヨタ新型「GR HVスポーツコンセプト」は、東京モーターショー2017にてついに初公開されました。
トヨタがレースで鍛えたハイブリッド技術を搭載するピュアスポーツカーということで、かなりの注目を集めることは間違いないでしょう。

MOBYでは、今後もトヨタ新型「GR HVスポーツコンセプト」に関する最新情報を入手次第、読者の皆様にお伝えしていくので、どうぞご期待ください。

2015年の東京モーターショーで出展されたSF-Rについてはこちら

東京モーターショーに関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す