初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【新型ステップワゴン&スパーダ vs 日産セレナ】ミニバン徹底比較!ハイブリッドの違いも

先月マイナーチェンジモデルが発売されたばかりのホンダ新型ステップワゴンですが、カスタムグレードである「スパーダ」には、ハイブリッドモデルが新規追加されました。 今回は、ステップワゴン&スパーダと、ライバル車であるセレナで、価格や燃費、ハイブリッドシステムの違いなどの点で徹底比較していきます。

マイナーチェンジされたホンダ新型ステップワゴン&スパーダ

ホンダ 新型ステップワゴン

ホンダ 新型ステップワゴン

ホンダ 新型ステップワゴン スパーダ

ホンダ ステップワゴンスパーダ2017年マイナーチェンジ(ハイブリッドモデル)

ホンダ ステップワゴン&スパーダとは?

ホンダ ステップワゴンは、車高の高さが特徴のミドルサイズのミニバンです。
オデッセイが実現した底床設計はステップワゴンにも適用されており、昇降のし易さ、居住性や走行安定性に優れています。
ステップワゴンのカスタムグレードである「スパーダ」は、フロント部分に目立つメッキデザインが特徴で、標準モデルよりもスポーティな雰囲気を感じさせるモデルとなっています。

マイナーチェンジの内容とは?

ホンダ ステップワゴンは、2017年9月29日にマイナーチェンジモデルが発売開始されたばかりです。
主な変更点には、スパーダのデザイン変更やホンダ センシングの全車標準装備が挙げられ、そして最注目となるのは、スパーダにのみハイブリッドモデルが追加されたという点です。

日産 セレナとは?

日産 セレナ

日産 セレナ 5台目 現行車

日産 セレナは、現在の日産車のデザインコンセプトである「Vモーション」を採用し、精悍な顔つきとなった日産のミドルサイズミニバンです。
2016年8月のフルモデルチェンジで5代目となり、従来に感じられなかったスタイリッシュな印象が人気を集めました。
こうしたデザインの変化や、衝突安全性の高さも影響し、2017年上半期のミニバン販売台数では見事1位を記録しています。
エネルギー回生機構を利用したマイルドハイブリッド「S-HYBRID」を「S」グレードを除く全2WD車に採用しており、優秀な燃費性能も人気の秘訣です。

【新型ステップワゴン&スパーダ vs 日産セレナ】新車価格で比較

新型ステップワゴン&スパーダとなり、ホンダ センシング機能が全車標準装備となったため、新車価格は多少値上がりしました。
ステップワゴンと比較すると、セレナは価格設定が低めとなっており、上級グレード「G」の価格がステップワゴンの廉価グレードと同等程度です。

新型ステップワゴン&スパーダVSセレナの新車価格比較
ステップワゴンガソリン:246万~308万
ステップワゴン スパーダガソリン:285万~325万ハイブリッド:330万~356万
セレナガソリン(S):243万ハイブリッド:248万~284万
[単位]円(消費税込み)

【新型ステップワゴン&スパーダ vs 日産セレナ】燃費性能で比較

ガソリンモデルに関しては、ステップワゴンもセレナ(S)も同等ですが、ハイブリッドを搭載し、リッター25kmを実現したスパーダがセレナを圧倒しました。

ステップワゴンステップワゴン スパーダセレナ
JC08モード燃費ガソリン:15.0~17.0ガソリン:15.0~16.0ハイブリッド:25.0ガソリン(S):15.0ハイブリッド:15.0~17.2
実燃費
[単位]km/L

燃費の良いミニバンが知りたい方はこちら

【新型ステップワゴン&スパーダ vs 日産セレナ】外装デザインで比較

新型ステップワゴン&スパーダの外装デザイン

新型ステップワゴン スパーダの外装

ホンダ ステップワゴンスパーダ2017年マイナーチェンジ(ハイブリッドモデル)

スパーダについては、マイナーチェンジによって外装デザインが変更されています。
N-BOXやシビックハッチバックにも採用された、フロントグリルが横に伸びてヘッドランプ部分と一体化したデザインによって、スタイリッシュさが増しています。

日産 セレナの外装デザイン

日産 セレナ

2016 日産セレナ

現行型のセレナの外装の特徴は、フロントのVモーショングリルが立体的で押し出しの強いデザインです。
フロントドア部分に段差をつけた「シュプールライン」と呼ばれるサイドウィンドウもセレナの象徴と言えるもので、スタイリッシュな印象を与えるだけでなく、ドライバーの視界を広げる効果もあります。

N-BOXとシビックハッチバックについてはこちら

【新型ステップワゴン&スパーダ vs 日産セレナ】内装デザインで比較

新型ステップワゴン スパーダの内装デザイン

ホンダ 新型ステップワゴン 内装

ホンダ 新型ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン 内装 2015年

ホンダ ステップワゴンスパーダ シート 2015年

画像を見て比較しても、マイナーチェンジ前後で内装デザインにほとんど変化は見られません。
車高の高さと徹底した底床設計は、5ナンバー車でもゆとりのある3列シートを実現しています。

5ナンバーについて知りたい方は以下の記事をご覧ください。

日産 セレナの内装デザイン

日産 セレナ 内装

日産 セレナ X 内装 2016

セレナの内装は、開放的でモダンな雰囲気を感じさせます。
ダッシュボードデザインが横方向の流れを意識したデザインや、薄型化されたメーター、先程紹介したシュプールラインが造るプラスαの視界が、そのような雰囲気を作り出しています。

【新型ステップワゴン&スパーダ vs 日産セレナ】ハイブリッドシステムで比較

新型ステップワゴン スパーダが搭載する「SPORT HYBRID i-MMD」

SPORT HYBRID i-MMD

ホンダ オデッセイ ハイブリッドシステム

マイナーチェンジによってスパーダのみに搭載されたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」は、発電用モーターと走行用モーターの2モーターによる機構です。
高効率なシステムにより、「モーターの力」で走行する時間が増え、高い燃費性能を引き出しています。

日産 セレナが搭載する「S-HYBRID」

日産 セレナ

新型 日産 セレナ

日産 セレナが搭載する「S-HYBRID」は、エンジンの走行をモーターがサポートする、いわゆるマイルドハイブリッドシステムです。
ブレーキ時に発生するエネルギーをモーターの充電に使用し、効率の良いエネルギー運用が燃費性能を高めています。

マイルドハイブリッドシステムについては以下の記事をご覧ください。

ホンダ ステップワゴン&スパーダと日産 セレナのあなたはどちらを選ぶ?

ホンダ ステップワゴン

2015年式 ホンダ ステップワゴン

日産 セレナ

日産 セレナ 2016年型

ミドルサイズクラスのミニバンでライバル関係にあるホンダ ステップワゴン&スパーダと日産 セレナについて紹介してきました。

新たにハイブリッドモデルが投入されたステップワゴン スパーダによって、燃費性能はセレナを大きく突き放したという形となります。
しかし、価格設定に関してはセレナの方が手の出しやすい価格帯です。
さらには、2018年にセレナがe-POWERハイブリッドを搭載するという噂も立っているので、まだまだ甲乙をつけられる日は訪れないでしょう。

現状では、デザインの好みはさて置き、価格よりも燃費性能を求める方はステップワゴン スパーダがおすすめ、価格の安さを求める方はセレナがおすすめでしょう。
皆さんはどちらに乗りたいですか?

ホンダの新型車情報はこちら

ミニバンランキングはこちら

ステップワゴンとライバル車比較はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す