初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

三菱新型ランエボSUVはEVで東京モーターショーで登場?発売日や価格は?

三菱は東京モーターショー2017で「e-レボリューションコンセプト(e-EVOLUTION CONCEPT)」が世界初披露されました。レボシューションと付くだけに、ランエボの後継モデルではないかという噂も多く上がっています。e-レボリューションコンセプトについて様々な観点から紹介していきます。

【最新情報】三菱 新型e-レボリューションコンセプトを東京モーターショーで世界初披露

新型e-レボリューションコンセプト

公開前の ティザー画像

三菱が新たなEVコンセプトカー「e-レボリューションコンセプト(e-EVOLUTION CONCEPT)」を10月25日より開催される第45回東京モーターショー2017で世界初披露しました。
新型e-レボリューションコンセプトは、三菱が今までの開発で高めたEV技術、AI技術やSUVノウハウを搭載したクロスオーバーSUVタイプのハイパフォーマンスEVです。

ランエボの復活!またはランエボのSUV版

三菱ランサーエボリューションX

新型e-レボリューションコンセプトは、各方面からランエボ復活という見方が強いです。
たしかに車名に「エボリューション」と付くだけに、ファン待望のランエボ復活が予想できます。
しかし、今回はSUVと位置付けているため、ランエボのようなセダンではないでしょう。
そこで考えられるのは、ランエボに負けず劣らずの速さをもったスポーツSUVであることです。
最近発表したエクリプス クロスもSUVでありながらコンパクトで全高もそこまで高くなく、スポーティーなデザインの車でした。
そして名前に含まれている「e」は、「Electronic(電動)」を示唆するものでしょう。
これらのことを考慮して、新型e-レボリューションコンセプトは電気で走るハイパワーSUVと思われます。

ランサーエボリューション復活に関する記事はこちら

三菱 新型e-レボリューションコンセプトの外装(エクステリア)デザイン

三菱 新型e-レボリューションコンセプトのリア周りのデザイン

新型e-レボリューションコンセプト

新型e-レボリューションコンセプトで公開された画像はでは、細かいディテールなどは把握できません。
しかし、テールランプをみると2017年インドネシア国際オートショーで公開された新型エクスパンダーのL字型テールランプに似ています。
今後、三菱新型車のテール周りはこのようなデザインが共通になっていくことでしょう。

新型エクスパンダー

三菱 新型e-レボリューションコンセプトのフロント周りのデザイン

新型e-レボリューションコンセプト

リア周りに新型エクスパンダーのデザインを継承しているのであれば、フロント周のデザインも三菱車共通のダイナミックシールドが採用されると予想されます。
新型e-レボリューションコンセプトがSUVとなれば、2017年上海国際モーターショーで出展した、GT-PHEVコンセプトのようなフロントマスクが有力です。
車体のサイズにおいても、新型エクリプス クロスと同格になる可能性があります。

三菱 エクリプスクロス

三菱 GT-PHEVコンセプト

三菱 新型e-レボリューションコンセプトの内装(インテリア)デザイン

三菱 エクリプス クロス

三菱の新型エクリプス クロスの内装から新型e-レボリューションコンセプトの内装を考察すると、EVとAI搭載ということから、ドライバーが得る車体の状況を知る情報が多くなります。
おそらく、エクリプス クロスからナビゲーションモニターが大きくなり、テスラモデルXのような大型ディスプレイへとなり、操作がタッチパネル式になるでしょう。

メーターパネルは全て液晶画面となり、インパネに取り付けられた大型モニターと情報を共有することができるでしょう。
シートやセンターコンソール、ドアの内張は質感向上のために革張りとなり、インパネには最近装着されることが多くなった木目調のパネルや、センターコンソールに光沢のあるピアノブラックのような塗装がなされると予想されます。

三菱 新型e-レボリューションコンセプトの性能/スペック

アウディe-tron スポーツバックコンセプト

三菱 新型e-レボリューションコンセプトの自動運転技術

新型e-レボリューションコンセプトは、AI技術搭載を示唆しているため、高性能な自動運転技術が投入されるでしょう。
実際にフランクフルトモーターショーでは、多くのEVと自動運転技術が発表され、中にはレベル5に達するコンセプトカーも発表されました。
また、テスラモデルXでは自動運転レベル3に達しています。
新型e-レボリューションコンセプトのライバルとしてアウディe-tronスポーツバックコンセプトが挙げられます。
e-tronスポーツバックコンセプトは、2017年4月19日に開幕した上海モーターショーで公開されたモデルで、自動運転レベル4のEVです。

新型e-レボリューションコンセプトでもライバル車に追従するために、自動運転をレベル4まで達成すると予想します。

三菱 新型e-レボリューションコンセプトのスペック

三菱 新型e-レボリューションコンセプトのスペックを探る前に、ライバル車となるアウディ e-トロンスポーツバックコンセプトとテスラモデルXのスペックや走行性能を見ていきます。

●アウディ e-トロンスポーツバックコンセプト
全長全幅全高
4,9001,9801,530
ホイールベース車両重量乗車定員
2,930-4
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
アウディ e-トロン スポーツバック コンセプト
最高出力320[435]
最大トルク525[53.6]
バッテリー容量95
[単位]最高出力:kW[PS] 最大トルク:N・m[kgf・m] バッテリー容量:kWh
アウディ e-トロンスポーツバックコンセプト
0-100km/h加速4.5
最長航続距離500
[単位]0-100km/h加速:秒 最長航続距離:km
●テスラモデルX
全長全幅全高
5,0392,0701,680
ホイールベース車両重量乗車定員
3,0612,4687
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
75D100DP100D
最高出力248[328]568[762]568[762]
最大トルク525[53.6]967[98.6]967[98.6]
バッテリー容量75100100
[単位]最高出力:kW[PS] 最大トルク:N・m[kgf・m] バッテリー容量:kWh
75D100DP100D
0-100km/h加速3.13.13.1
最長航続距離417565542
最高速度210250250
[単位]0-100km/h加速:秒 最長航続距離:km 最高速度:km/h

ライバル車のスペック/性能と比較して、新型e-レボリューションコンセプトの性能を見積もれば、新型e-レボリューションコンセプトの0-100km/h加速は、ライバル車の枠3.1~4.5秒で収まり、最高速度もテスラモデルXと同じ約200km/hに達すると予想されます。

アウディe-tronスポーツバックについての記事はこちら

自動運転のレベル別解説はこちら

三菱 新型e-レボリューションコンセプトの航続距離

テスラ モデル X

新型e-レボリューションは、EVであることが発表されているため、フル充電からの最長航続距離がどれほど走るのかが重要になります。
特に、SUVのEVとなれば、テスラモデルXしか量産されていないため、テスラモデルXのような航続距離565キロと同等、もしくはそれ以上の航続距離の性能はあるとよいでしょう。
もともと三菱は、EV開発で国産メーカーの中で早くEV開発に乗り出したメーカーであり、日産が新型リーフで航続距離400kmを達成したため、三菱も高い性能のEVをそろそろ出しても良いころです。
日産新型リーフとライバル車のテスラモデルXの航続距離から、新型e-レボリューションは航続距離600kmを達成を目指して開発されるでしょう。

テスラモデルXについての記事はこちら

三菱 新型e-レボリューションコンセプトの価格

今回、三菱の発表では、「e-レボリューションコンセプト」というコンセプトモデルだけに、実際に発売まで至るのか不明ですが、今後の三菱がどのようにEVやSUVを作る方向性を示すものです。
尚且つ、新型e-レボリューションコンセプトをベースに、噂される次期ランサーエボリューションが登場する可能性も考えられます。

しかし、ハイテクEVと考えれば、価格はかなり高くなることが予想できます。
ライバル車のテスラモデルXが1,078万~1,845万円もするため、新型e-レボリューションコンセプトがそのまま高性能スポーツSUVとして発売したり、次期ランサーエボリューションとして発売されたとしても、1,000万円以上するでしょう。

ランエボの中古車情報

ランサーエボリューションVII

ランエボの価格は、Ⅰ~Ⅹまでモデルがある中で、やはり最終モデルのⅩが一番高いです。
しかし、その前の型でⅦ~Ⅸはタマ数が一番多く価格もピンキリです。
さらに、ランエボはトランスミッションがマニュアルで高いのですが、オートマになると断然安くなるため、マニュアルのこだわりがなければオートマが安く購入するために断然おすすめです。

車体本体価格
ランエボⅠ~Ⅲ52~259.9万
ランエボⅣ~Ⅵ39.8~209万
ランエボⅦ~Ⅸ45~410万
ランエボⅩ148.8~580万
[単位]車体本体価格:円

最新「ランサーエボリューション」中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

歴代ランサーエボリューションについての記事はこちら

三菱 ランサーエボリューション(ランエボ)とは

ランサーエボリューションは、三菱が当時のセダン車・ランサーをベースに開発したスポーツカーです。略名は「ランエボ」。
駆動方式4WDで2.0Lエンジン搭載車の最速を目指し、WRC(世界ラリー選手権)に出場するためのホモロゲーションモデルな存在でもあったため、デビュー当時から海外メーカーの車を圧倒する速さで、WRCで年間タイトルも獲得したほどです。
そのため、国内のみだけで海外からも人気車種であり、2016年4月に販売が終了しましたが、大人気車種だけに中古車市場はどんどん高騰している傾向にあります。

三菱 新型e-レボリューションコンセプトの発売日

新型e-レボリューションコンセプトの公開は、第45回東京モーターショー2017であり、公開日時はプレスデー初日の10月25日(水)になるでしょう。
そして、実車の発売日は現段階で想定することができません。
しかし、今後EVの新型がどんどん登場し、ライバル車の2019年に発売予定であることを発表しています。
そこで、新型e-レボリューションコンセプトの実車モデルは2019~2020年に登場することが予想できます。

これからSUVやEVの需要がどんどん上がることが予想され、いずれも三菱が得意とする分野です。
さらに、衝突回避システムや自動運転の開発が進んでいれば、国産メーカーで新型e-レボリューションコンセプトが最も近未来的なSUVとなるでしょう。
これはかなり期待できる車でしょう。
さらなる最新情報や、第45回東京モーターショー2017での公開になったとき、新情報をお伝えしたいと思っているため、ご期待ください。

東京モーターショー2017に出展する注目車に関する記事はこちら

人気SUVランキングについての記事はこちら

三菱の新型車に関連するおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す