初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産新型リーフ ニスモ(NISMO)最新情報!スポーツEVの発売日と価格や航続距離は

日産新型「リーフNISMO(ニスモ)」最新情報!日産のEV「リーフ」のNISMOモデルが、東京モーターショー2017で公開されます。この記事では、新型リーフNISMOの最新情報についてまとめているので、是非ご覧になっていってください。

日産新型リーフ ニスモ(NISMO)の最新情報!

NISMO ロゴ

日産自動車は、10月25日から開催される東京モーターショー2017に、同社のEV「リーフ」のカスタムモデル「リーフ NISMO コンセプト」を参考出品します。
リーフ ニスモ(NISMO)は、日産のスポーツ部門「NISMO」が開発したEVコンセプトカーです。

NISMO(ニスモ)とは?

日産新型リーフ ニスモ(NISMO)の注目ポイントまとめ

書類 チェックリスト

新型リーフ ニスモ(NISMO)の注目ポイントは、以下の3点となります。

・専用の外装パーツを装着
・専用の内装色を採用
・専用のチューニングを施す

リーフ ニスモ(NISMO)コンセプトは、EVが持つ環境性能に加えて、NISMOらしいスポーティーな走りを実現したいという想いの下に企画された、EVコンセプトモデルです。

EV(電気自動車)についてはこちら

その他のニスモ(NISMO)モデルはこちら

日産新型リーフ ニスモ(NISMO)の外装(エクステリア)デザイン

日産 新型 リーフ NISMO 2017
日産 新型 リーフ NISMO 2017
日産 新型 リーフ NISMO 2017

NISMOがレースで培ってきた技術を用いた新型リーフ ニスモ(NISMO)専用の外装パーツは、Cd値(空気抵抗係数)を悪化させることなくリフト量を低減し、優れた空力性能を実現しています。

参考:リーフ(標準モデル)のボディサイズ

全長全幅全高
4,4801,7901,540
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7001,765-1,7955
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

日産新型リーフ ニスモ(NISMO)の内装(インテリア)デザイン

日産 新型 リーフ NISMO 内装 2017

新型リーフ ニスモ(NISMO)の内装は、ブラックカラーを基調として、各所にNISMOのアイコニックカラーであるレッドのアクセントをあしらうことで、走りへの期待感を高める空間を演出しています。

参考:リーフ(標準モデル)の室内寸法

リーフ
室内長2,030
室内幅1,455
室内高1,185
[単位]mm

日産新型リーフ ニスモ(NISMO)の専用チューニング

新型リーフ ニスモ(NISMO)には、専用チューニングのサスペンションや高性能タイヤなどが採用されています。
また、電動駆動という特性を活かし、どこからでも瞬発力の高い加速感を提供する、専用チューニングが施されたコンピューター(VCM)を搭載しました。
これらの専用チューニングは、リーフ ニスモ(NISMO)のドライバーに、NISMOらしい走りの楽しさを提供します。

参考:リーフ(標準モデル)のパワートレインスペック・航続距離

バッテリー種類リチウムイオン電池
バッテリー容量40kWh
最高出力110kW[150PS]/3,283-9,795rpm
最大トルク320N・m[32.6kgf・m]/0-3,283rpm
航続距離(JC08モード)
約400km
充電時間(普通充電)約16時間(3kW)/約8時間(6kW)
80%までの充電時間(急速充電)約40分

日産新型リーフ ニスモ(NISMO)の価格は?

自動車 金額 価格 円

新型リーフ ニスモ(NISMO)はコンセプトモデルなので、販売価格は設定されていません。
しかし、リーフ ニスモが市販された場合には、リーフのラインナップ中で最も高額になると思われます。

参考:リーフのグレード別新車価格

日産 リーフの新車価格
リーフ S315万
リーフ X351万
リーフ G399万
[単位]円(消費税込み)

日産 リーフとは?

日産 リーフ 2017

リーフとは、日産自動車が2010年から製造・販売している100%電気自動車です。
本格的な量産電気自動車の先駆けとして登場したリーフは、現在までに累計35万台以上を販売しており、世界で最も売れている電気自動車となっています。
そのコンセプトや環境性能も世界的に高く評価されており、「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」や「世界・カー・オブ・ザ・イヤー」、「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」など、数々の名誉ある賞を受賞しています。

リーフが発売された当初、その航続距離はフル充電で約160kmでしたが、現行型の航続距離は当初の約2.5倍である400kmにまで伸び、実用性が大幅に向上しています。
また、国内の充電スポットの数も着実に増加しており、普通充電機が20,727基、急速充電器は7,108基の計27,000基以上が、日本全国に設置されています。

2017年の9月に発売された新型「リーフ」からは、高速道路の単一車線上における自動運転機能「プロパイロット」や、駐車操作のすべてを自動制御する国産車初の本格的自動駐車システム「プロパイロットパーキング」を搭載するほか、アクセルペダルのみで停発進から加減速までを操作できる「eペダル」も採用しています。

日産 リーフ、プロパイロット、eペダルについての記事はこちら

日産新型リーフ ニスモ(NISMO)は東京モーターショーで公開!

日産 リーフ NISMO 2017年

新型リーフ ニスモ(NISMO)は、10月25日から開催される東京モーターショー2017で公開される予定です。
コンセプトモデルなので、発売日などは決まっていませんが、かなりはっきりとしたデザインを示しているため、近い将来の市販化も期待できます。

MOBYでは、今後も新型リーフ ニスモ(NISMO)の最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください。

日産新型車について記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

ライターをやっております。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車など色々です。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK