初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【メルセデス・ベンツ新型Sクラス最新情報】フルモデルチェンジは2020年?発売日と価格やスペックは?

メルセデス・ベンツ新型「Sクラス」フルモデルチェンジ最新情報!ベンツのフラッグシップセダン「Sクラス」のフルモデルチェンジ予定や予想変更点などを解説します。発売日は2020年になるとも言われていますが、価格やスペックなどはどうなるのでしょうか。

メルセデス・ベンツ新型Sクラスが2020年にフルモデルチェンジか?

メルセデス・ベンツ新型Sクラスのスパイショット

メルセデス・ベンツのフラッグシップセダン「Sクラス」の次回フルモデルチェンジは2020年とも言われています。
メルセデス・ベンツ Sクラスの最後のフルモデルチェンジは2013年ですので、7~8年のモデルチェンジスパンを考えると可能性は高いでしょう。

2018年2月時点でまだSクラスのフルモデルチェンジ情報はほとんど出ていませんが、予想や現行モデル情報などをご紹介します。

現行のメルセデス・ベンツ Sクラスについてはこちら

【メルセデス・ベンツ新型Sクラス】エクステリア(外装)

メルセデス・ベンツ新型Sクラスのエクステリア(外装)については情報がありませんが、2月にスパイショットが撮影されています。

新型AクラスやCLSなど、メルセデス・ベンツ最新モデルに採用されている「プレデターフェイス」の迫力が感じられます。
新型Sクラスはトレッドが拡大されインテリアも広くなると見られ、後席の快適性が高まると考えられます。

メルセデス・ベンツ現行Sクラスのエクステリア(外装)

メルセデス・ベンツ新型Sクラス S400(2017年8月モデル)

メルセデス・ベンツ新型Sクラス S63(2017年8月モデル)

2017年モデルのメルセデス・ベンツ Sクラスは、アイコンとなるフロントデザインを共通としながらも各グレードで個性を出しています。

メルセデス・ベンツ新型Sクラス AMGライン(2017年8月モデル)

現行モデルにはAMG風の外観の「AMGライン」があり、他グレードと差別化を図っています。
メルセデス・ベンツ新型Sクラスのグレードに「AMGライン」が残されるかは現時点では不明です。

【メルセデス・ベンツ新型Sクラス】インテリア(内装)

メルセデス・ベンツ新型Sクラスのインテリア(内装)についての情報はありません。

フルモデルチェンジにあたって内装の質感や居住性はさらにアップすると見られています。
また後述しますが新型SクラスがEVを採用する場合、後席の居住性がどう変化するかにも注目です。

メルセデス・ベンツ現行Sクラスのインテリア(内装)

現行Sクラス ワイドディスプレイ

現行Sクラス 左右独立型のリアシート(ファーストクラスパッケージ)

現行のメルセデス・ベンツ Sクラスは、メルセデス・ベンツ最新のインフォテイメントシステムを搭載しています。
中でも特徴的なのがワイドディスプレイで、最新のベンツラインナップのアイコン的存在となりました。

また、4人乗りグレード「ファーストクラスパッケージ」のリアシートは独立型となっており、くつろぎの空間となっています。

メルセデス・ベンツ現行Sクラスのシート

現行メルセデス・ベンツ S400インパネ

現行メルセデス・ベンツ S63インパネ

現行メルセデス・ベンツ AMGラインインパネ

現行Sクラスのインテリア(内装)はグレードによって異なった趣です。

【メルセデス・ベンツ新型Sクラス】ボディサイズ

メルセデス・ベンツ新型Sクラスのボディサイズについての情報はありません。

新型Sクラスは現行モデルからホイールベースを拡大し、車内空間を広げると見られています。
したがって、全長およびホイールベースの数値が大きくなる可能性が高いでしょう。

メルセデス・ベンツ現行Sクラスのボディサイズ

S400S560 longS600 long
全長5,1255,2555,255
全幅1,9001,9001,900
全高1,4951,4951,495
ホイールベース3,0353,1653,165
車両重量1,9702,1602,290
乗車定員555
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【メルセデス・ベンツ新型Sクラス】エンジンスペック・燃費

メルセデス・ベンツ新型Sクラスのエンジンスペックや燃費について、確定的な情報はありません。

現行モデルはガソリンエンジンがラインナップ、さらに過去にはディーゼル、ハイブリッドやPHVがラインナップしていました。
メルセデス・ベンツはフランクフルトモーターショー2017で新型PHVグレードである「S560e」を公開していますので、近々ラインナップに追加されると見られています。

また、メルセデス・ベンツ新型SクラスにはEVも登場すると予想されていますが、フルモデルチェンジ時のスターティングラインナップにはまだ追加されないと言われています。
これは、フルモデルチェンジが予想されている2020年時点では新型Sクラスのスペックに対して十分な性能のバッテリーがない可能性があるためです。
EVとなればバッテリーの搭載により後席スペースが圧迫されるため、広い車内空間が重視されるSクラスとしても簡単に採用できないと考えられます。

メルセデス・ベンツ現行Sクラスのエンジン

3.0L V型6気筒ツインターボエンジン

3.0L V型6気筒ツインターボエンジン「BlueDIRECT(ブルーダイレクト)」は、エントリーモデルである「S400」に搭載されています。

4.0L V型8気筒直噴ツインターボエンジン

4.0L V型8気筒直噴ツインターボエンジンは、現行モデルの「S 560 long」「S 560 4MATIC long 」に搭載されています。

6.0L V型12気筒ツインターボエンジン

6.0L V型12気筒ツインターボエンジンは現行モデルの「S 600 long 」に搭載されています。

現行Sクラスエンジン一覧

S400S560 longS600 long
エンジン種類V6ツインターボV8直噴ツインターボV12ツインターボ
排気量3.0L4.0L6.oL
最高出力270[367]/6,000345[469]/5,500390[530]/5,300
最大トルク500[51.0]/1,600700[71.4]/2,000830[84.6]/1,900
トランスミッション9AT9AT7AT
駆動方式FRFRFR
使用燃料ハイオクハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

メルセデス・ベンツ現行Sクラスの燃費

S400S560 longS600 long
JC08モード燃費10.59.8-
実燃費---
[単位]km/L

【メルセデス・ベンツ新型Sクラス】新車車両価格

メルセデス・ベンツ新型Sクラスの価格についての情報はありませんが、現行モデルよりアップする可能性が高いです。
新型SクラスにPHVやEVが採用される場合は、価格アップは確実となるでしょう。

エントリーガソリンモデルで1,200万円~と予想します。

メルセデス・ベンツ現行Sクラスの価格

メルセデス・ベンツ Sクラス
S4001,140~1,214万
S560 ロング1,664~1,742万
S560 4マチック ロング1,699~1,777万
S600 ロング2,357~2,410万
S600 ロング ファーストクラスパッケージ2,415~2,469万
[単位]円(消費税込み)

メルセデス・ベンツ Sクラスの中古車価格

最新「Sクラス」中古車情報!

本日の在庫数 998
平均価格 464.7万円
本体価格 14.8〜2588万円
Pick up!
Pick up!

【メルセデス・ベンツ新型Sクラス】予防安全装備・自動運転

メルセデス・ベンツ現行Sクラスの予防安全装備・自動運転

アクティブエマージェンシーストップアシスト(現行モデル搭載)

メルセデス・ベンツ新型Sクラスの予防安全装備・自動運転について確定的な情報はありません。

現行Sクラスに自動運転技術が搭載された際にも。ベンツは完全自動運転の実現を目指していることについて言及、さらにライバル車のアウディが自動運転レベル3を実現しているため、フラッグシップモデルにレベル3以上の自動運転技術を搭載しないわけにはいかないはずです。
新型Sクラスはフルモデルチェンジにより「インテリジェントドライブ」を強化され、レベル3以上の自動運転技術が搭載されるでしょう。

現行型に搭載されている自動運転技術

リモートパーキングアシスト(現行モデル搭載)

現行モデルのメルセデス・ベンツ Sクラスは、メルセデスの「インテリジェントドライブ」の最新版を搭載しています。
代表的な機能は、進化した「レーダーセーフティパッケージ」です。

「レーダーセーフティパッケージ」で強化・追加されたのは以下機能となります。

・アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック
自動再発進機能付の先行車追従機能です。
高速道路などの走行シーンにおいて先行車に追従、さらに先行車の停止・再発進を検知してくれます。
自動での減速や停止、ドライバーへの警告を行います。

・アクティブステアリングアシスト
ステアリング操作をアシストしてくれる新機能です。
車線のカーブと先行車、またはガードレールなどを認識して、車線を維持してくれます。

・ 渋滞時緊急ブレーキ機能
・ アクティブレーンチェンジングアシスト
・ アクティブエマージェンシーストップアシスト
・ アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し検知機能付
・ 緊急回避補助システム
・ トラフィックサインアシスト
・ アクティブレーンキーピングアシスト
・ アクティブブラインドスポットアシスト
・ リア CPA(被害軽減ブレーキ付後方衝突警告システム)<
・ PRE-SAFE®サウンド

【メルセデス・ベンツ新型Sクラス】「SEC」の復活も?

メルセデス・ベンツ 560 SEC

かつて2代目Sクラス(1979-1991)のクーペモデルとして設定されていた「SEC」の名称が、新型Sクラスで復活するという噂が流れています。

歴代SECは2ドアクーペですが、現代のメルセデス・ベンツ Sクラスにおいて2ドアが発表される可能性は低いと考えられます。
しかし、現行のSクラス4ドアクーペがフルモデルチェンジして発表される際に「SEC」の名称がつく可能性もあります。

メルセデス・ベンツ新型SECについてはこちら

【メルセデス・ベンツ新型Sクラス】発売日は?

メルセデス・ベンツ新型Sクラスの発売日についての確定的な情報はありません。
しかし、メルセデス・ベンツ Sクラスのこれまでのフルモデルチェンジは7~8年であることから判断すると、最後にフルモデルチェンジした2013年から7年後の2020年を目標としているとも予想できます。

メルセデス・ベンツ新型Sクラスのフルモデルチェンジ情報が入り次第、この記事でお伝えしますのでご期待ください!

メルセデス・ベンツの新型車についてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!