初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ケンウッドが彩速ナビ新型「TYPE M」発表|8V型大画面を採用!3機種の違いや価格は?

ケンウッドが彩速ナビの最新モデル発表!新モデルには8V型大画面を採用!いったいどの様な点が進化したのか!?3機種の違いや価格についても解説します。

ケンウッドが彩速ナビの最新モデル3機種発表!

© MOBY

カー用品の老舗メーカー、ケンウッドのカーナビブランド「彩速ナビ」から設立70周年を記念した新製品が発表されました!
今回、発表された彩速ナビゲーションの新シリーズの名称は「TYPE M」シリーズ。『MDV-M705』『MDV-M705W』『MDV-M805L』の全部で3モデルが展開されます。

先進技術や新しい機能に期待が高まる「TYPE M」シリーズ。
前モデルの彩速ナビゲーションと比べてどのような点が進化したのか、各モデルではどのような違いがあるのか、機能や性能についても紹介します!

新シリーズ彩速ナビ「TYPE M」から採用される新機能

© MOBY

彩速ナビの新シリーズ、「TYPE M」は大画面モデルの投入、ドライブ情報の提供強化、ハイレゾリスニングの拡充をコンセプトに機能が強化されています!

そのため大画面のディスプレイを採用している最上位モデルが新たに登場。
また全モデル共通で渋滞情報や速度履歴、交差点案内といったドライブに役立つ情報が表示されるようになりました。さらにハイレゾ音源も全モデルにワイヤレス対応しており、気軽に高品質なサウンドを楽しむことができるようになっています!

ケンウッド新発表の彩速ナビ『TYPE M』シリーズ!3機種の違いは?

彩速ナビ『TYPE M』シリーズ①『MDV-M705』

© MOBY

『MDV-M705』は彩速ナビ新シリーズ「TYPE M」の3モデルのなかで基本となる最もベーシックなモデルとなっています。
従来のモデルに比べて、主に以下の機能が新しく追加されています。

・自分にあった情報でドライブを快適にする新infoウインドウモードを搭載
・ハイレゾ音源のBluetooth接続による再生に対応
・フロント/リヤ用ドライブレコーダーに対応
・音楽配信アプリ「SMART USEN」に対応


また、スマートフォン置き忘れ機能や2時間ごとに音声で休憩を促すリフレッシュ通知なども搭載。よりユーザーを考えた機能が追加されています。

彩速ナビ『TYPE M』シリーズ②『MDV-M705W』

© MOBY

『MDV-M705W』は『MDV-M705』に搭載された新機能に加えて、200mmのフルフラットパネルが搭載されたワイドモデルとなっています。

彩速ナビ『TYPE M』シリーズ③『MDV-M805L』

© MOBY

『MDV-M805L』は『MDV-M705』と同じ全モデルに採用されている新機能に加え、大画面の8V型の大画面が採用されたTYPE Mの最上位モデル。
地デジ、DVDにも対応しており、車内空間で大画面の映像を楽しむことができます。
ナビゲーション内のアイコンや文字も大きく表示されているため、テレビ番組やDVDだけじゃなく地図もより見やすくなっています。

彩速ナビ新シリーズ『TYPE M』の発売日や価格は!?

© MOBY

発売時期は10月中旬となっています。価格はどのモデルもオープン価格となっており、『MDV-M705』は¥90,000前後、『MDV-M805L』は¥110,000前後とのこと。

実際に実機を操作してみると、操作性に全くストレスはなく、サクサクと操作することができます。また画面の鮮やかさや明るさも彩速ナビシリーズの名に恥じないカーナビとなっていました!

こちらの記事もおすすめです!

この記事の執筆者

安全太郎この執筆者の詳細プロフィール

なにごとも安全第一!車のおもしろ情報をメインに記事を書いていきます。よろしくお願いいたします。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す