初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型カローラアクシオがマイナーチェンジし発売開始!安全装備や価格・燃費などの変更点は

2018年にフルモデルチェンジを控えているトヨタ カローラアクシオの現行型で最終となるマイナーチェンジが今月にされると予想されています。本記事では今回は、マイナーチェンジによる新型カローラの安全装備や価格などの変更点についてご紹介していきます。

トヨタ新型カローラアクシオがマイナーチェンジ【最新情報】

新型 トヨタ カローラアクシオ ハイブリッド

トヨタ カローラアクシオ HYBRID 2017

トヨタが販売するカローラシリーズは、2018年にフルモデルチェンジを予定していますが、その前に現行型最後となるマイナーチェンジが2017年10月11日に行われました。
トヨタのカローラシリーズは、セダン型のカローラアクシオ、ステーションワゴン型のカローラフィールダーがラインナップされており、両車ともにマイナーチェンジをしました。
「カローラフィールダー」については詳しくは下記の記事をご覧ください。

トヨタ カローラのフルモデルチェンジに関してはこちら

トヨタ新型カローラアクシオ マイナーチェンジ【主な変更点】

トヨタ カローラアクシオ HYBRID G,G"WxB" 2017年型

トヨタ カローラアクシオ HYBRID G

今回のマイナーチェンジによる新型カローラアクシオの主な変更点は以下の通りです。
・新パッケージ "WxB"の設定
・内外装デザイン変更
・全車にトヨタセーフティセンスCを標準装備、予防安全装備を充実
・ハイブリッド車の燃費向上
・フロントバンパーやグリルデザインの変更
・衝突被害軽減、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)の設定
・グレードXの車両価格アップ


フルモデルチェンジを来年に控えていますが、今回のマイナーチェンジでも安全装備やデザインを充実させています。

トヨタ新型カローラアクシオのエクステリア(外装)デザイン

新型 カローラアクシオ マイナーチェンジ 2017年 フロントデザイン

トヨタ カローラアクシオ HYBRID 2017

新型 カローラアクシオ マイナーチェンジ 2017年 リアスポイラー

マイナーチェンジ後の新型カローラは、フロントバンパー・ グリル・リヤコンビネーションランプ等が意匠変更によりスポーティなデザインになりました。
また、“W×B”専用色のほか、オプション設定新色カラー「アバンギャルドブロンズメタリック」「クールボルドーガラスフレーク」がラインナップに加わりました。

従来、Gグレードにオプション設定(73,000円)とされている「Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)」が標準装備となることが予想されていましたが、LED装備はオプション設定のままでした。

新パッケージ "WxB" のエクステリア(外装)デザイン

新型 カローラアクシオ HYBRID G“W×B” 2017年 フロントデザイン

トヨタ カローラアクシオ HYBRID G “W×B” 2017

新型 カローラアクシオ HYBRID G“W×B” 2017年 リアデザイン

トヨタ カローラアクシオ HYBRID G “W×B” 2017

新型 カローラアクシオ HYBRID G“W×B” 専用色 ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

今回のマイナーチェンジで新たに"WxB"パッケージが追加されました。
エクステリアにメッシュパターンの専用グリルを採用したことでスタイリッシュなデザインとなっています。

トヨタ新型カローラアクシオのインテリア(内装)デザイン

新型 カローラアクシオ マイナーチェンジ 2017年 内装 ブラック

トヨタ カローラアクシオ HYBRID G 2017

新型 カローラアクシオ マイナーチェンジ 2017年 内装 ブラック

トヨタ カローラアクシオ HYBRID G 2017

マイナーチェンジ後の新型カローラの内装は、助手席側のインストルメントパネルにメッキ加飾が施され、ハイブリット、1.5X、1.3Xのシートの色にブラックを採用したことで全体的に上質感が向上しました。

新パッケージ ”WxB”のインテリア(内装)デザイン

トヨタ カローラアクシオ HYBRID "WxB" 2017年 内装

トヨタ カローラアクシオ HYBRID "WxB" 2017年 内装

トヨタ カローラアクシオ HYBRID

新パッケージの"WxB"装備車のシートは、カローラフィールダーの専用色で人気のある、ホワイト(オプション設定)を、カローラアクシオにも採用しています。
また、シートバックにグレーのストライプを施したことで白にメリハリが生まれ、スタイリッシュなデザインになっています。

トヨタ 新型 カローラアクシオ マイナーチェンジで燃費性能の向上は?

ガゾリンモデルはエンジンスペック等の変更はありませんが、ハイブリット車はエンジン、モーター、インパーター共に改良されており、燃費性能が向上しております。

新型 カローラアクシオの燃費性能は以下の通りです。

ガソリン車(2WD)ガソリン車(4WD)ハイブリット車
JC08モード燃費18.0〜23.416.434.4
実燃費---
[単位]km/L

トヨタ新型カローラアクシオの安全装備の変更点は?

トヨタセーフティセンスC (Toyota Safety Sense C)

プリクラションセーフティー PCS トヨタセーフティセンスC (Toyota Safety Sense C)

安全運転支援機能としては、従来のカローラは「トヨタセーフティセンスC」がオプション設定(54,000円)でしたが、マイナーチェンジによって全車標準装備になりました。
それに加え、アクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)」が新設定されました。

トヨタセーフティセンスC、インテリジェントクリアランスソナーの詳細を見て行きます。

トヨタセーフティセンスC・プリクラッシュセーフティシステム

トヨタセーフティセンスP PCS(プリクラッシュセーフティシステム)

搭載されたレーダーと単眼カメラによって道路上の障害物や車を感知して、衝突の危険が迫るとディスプレイや警告音でドライバーに注意し、その際にドライバーがブレーキを踏むとブレーキ力のアシストが入ります。
万が一ブレーキが踏まれない場合でも、自動ブレーキが作動して、衝突の軽減または回避を行います。

トヨタセーフティセンスC・レーンディパーチャーアラート

単眼カメラによって同路線を認識して、ドライバーがウィンカー操作を行わないで車線を逸脱した場合、ブザーとディスプレイ表示で注意してくれます。

トヨタセーフティセンスC・オートマチックハイビーム

トヨタセーフティセンスP オートマチックハイビ ーム

夜間走行時にハイビーム・ロービームを自動的に切り替えしてくれるもので、夜間走行の安全運転をサポートしてくれます。

インテリジェントクリアランスソナー・踏み間違い発生

トヨタ カローラ インテリジェントクリアランスソナー 2017

アクセルの踏み間違いで起こる衝突を緩和し、被害の軽減させるシステムです。
低速(約10km/h以下)での運転時、超音波センサーが障害物との接近を感知します。

インテリジェントクリアランスソナー・エンジン/ハイブリッドシステム出力抑制

障害物を検知している場合、接近を表示とブザーで知らせる「クリアランスソナー」が備わっています。
また後退時、ドライバーが誤ってアクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、エンジン出力を抑えて急発進・急加速を抑制します。

インテリジェントクリアランスソナー・ブレーキ制御

車庫入れなどの運転時障害物に接近すると表示、ブザーで知らせます。
また、障害物を検知している場合、さらに距離が縮まるとエンジン出力を抑制し、自動的にブレーキをかけます。

新型 カローラアクシオの安全装備解説動画を公開!

トヨタの公式Youtubeチャンネルで、カローラアクシオに搭載されている安全装備の解説動画を公開したので、紹介します。

トヨタ新型カローラアクシオのグレードごとの価格

今まで、グレードXにはなかった「トヨタセーフティセンスC」が全車標準装備されたことや、パーキングサポートブレーキシステムが新たに加わったことで車両価格が全体的に10万円〜20万円ほどアップしていますが、安全装備がこれだけ充実しているところを見れば、妥当な値段ではないでしょうか。

新型 カローラアクシオの価格設定は以下の表を参考にしてください。

カローラアクシオの現行価格

カローラアクシオ
1.3X150万
1.5X149万〜177万
1.5G172万〜222万
ハイブリット207万
ハイブリット G230万〜248万
[単位]円(消費税込み)

【おさらい】トヨタ カローラアクシオとは?

トヨタ カローラ

トヨタ カローラ

トヨタ カローラはトヨタのブランドの1つであり、車名でもあります。
1966年から製造・販売が継続している古株で、現在のカローラアクシオはシリーズ通算で11代目に当たります。
アクシオとフィールダーのラインナップに絞られた2006年以降は「トヨタ カローラ」という自動車は日本では発売されていません。

カローラアクシオは、元々3ナンバーサイズであった「カローラセダン」を日本向けに小型化(5ナンバー化)したセダンです。
カローラアクシオの初の登場2006年で、カローラの通算10代目に相当します。

トヨタ カローラやカローラフィルダーに関する記事はこちら

トヨタ新型カローラアクシオのマイナーチェンジは10月11日?

カローラアクシオ マイナーチェンジ HYBRID G 2017年

トヨタ カローラアクシオ HYBRID 2017

マイナーチェンジした、新型 カローラアクシオは2017年10月11日から全国のトヨタカローラ店で発売されました。

今回のトヨタ カローラアクシオのマイナーチェンジは、来年のフルモデルチェンジに向けた最終調整という形に捉えられます。
新しいパッケージ設定に加え、安全装備トヨタセーフティセンス C の標準装備やパーキングサポートブレーキの新設定などは、フルモデルチェンジ前ですが、かなり充実した装備になりました。


トヨタの新型車に関する記事はこちら

この記事の執筆者

小真太郎この執筆者の詳細プロフィール

マツダ車がお気に入りです。車全般に興味を持って、日々過ごしています。 どうぞ宜しくお願いします。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ビッグモーター、ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • 査定相場をチェックするだけでもOK