初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ジャガー新型F-TYPEがマイナーチェンジして発売開始!GoPro連携や価格とスペックなど

ジャガーF-TYPEの2018年モデルが発売開始となりました!GoProとの連携にも対応するとのことで注目が集まっています。ジャガー新型F-TYPEのデザインや性能から価格まで最新情報をご紹介します。

ジャガー新型F-TYPE(エフタイプ)マイナーチェンジ【最新情報】

2017年9月30日より全国のディーラーにて受注開始

ジャガー新型F-TYPE

ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社は2017年9月30日より、ジャガーF-TYPEの2018年モデルを販売開始しました。

ジャガー新型F-TYPE(エフタイプ)のマイナーチェンジの主な変更点まとめ

今回新型へとマイナーチェンジするジャガー新型F-TYPEの主な変更点は

・最高出力300PSを発揮する4気筒INGENIUMガソリンエンジンの追加
・2018年モデル限定グレード「400 SPORT」の追加
・GoProと連携したアプリ「ReRun」に対応

となっています。
ジャガー新型F-TYPEのデザイン、性能、価格など最新情報をご紹介していきます。

ジャガー新型F-TYPE(エフタイプ)クーペの外装デザイン

ジャガー新型F-TYPE
ジャガー新型F-TYPE
ジャガー新型F-TYPE
ジャガー新型F-TYPE

ジャガー新型F-TYPEはスポーツカーというのにふさわしいデザインとなっています。
LEDヘッドライやフロントバンパーのデザインが一新され、よりスポーティーかつアグレッシブなデザインに仕上がっています。

ジャガーF-TYPEは特徴的なデザインが登場以来世界中で高評価を受け、多くの賞を獲得しています。
今回のマイナーチェンジで個性的なデザインがさらに際立ちました。

ジャガー新型F-TYPE(エフタイプ)クーペの内装デザイン

ジャガー新型F-TYPE
ジャガー新型F-TYPE

ジャガー新型F-TYPEの内装はシンプルかつ高級感のあるデザインとなっています。
タッチパネルのインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」が全車に標準装備され、GoPro社と共同開発されたアプリにも対応しています。

またシートには軽量マグネシウムフレームを使った新開発のパフォーマンスシートが採用されています。
これにより、足元のスペースを確保し、8kg以上の軽量化を実現しました。

ジャガー新型F-TYPE(エフタイプ)コンバーチブルの外装デザイン

ジャガー新型F-TYPE
ジャガー新型F-TYPE
ジャガー新型F-TYPE
ジャガー新型F-TYPE

ジャガー新型F-TYPEのコンバーチブルモデルです。
コンバーチブルモデルもイギリス車らしい高級感のあるデザインとなっています。

ジャガー新型F-TYPE(エフタイプ)コンバーチブルの内装デザイン

ジャガー新型F-TYPE
ジャガー新型F-TYPE
ジャガー新型F-TYPE

ジャガー新型F-TYPEのコンバーチブルモデルにも新開発のパフォーマンスシートが採用されています。

ジャガー新型F-TYPE(エフタイプ)のエンジン性能・スペック

ジャガー新型F-TYPE

ジャガー新型F-TYPEのスペック

全長全幅全高
4,470~4,4751,9251,310~1,300
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6201,720~1,8602
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ジャガー新型F-TYPEのパワートレイン

F-TYPEF-TYPE 400 SPORTF-TYPE SVR
エンジン種類2.0リッター直列4気筒INGENIUMターボチャージドガソリン3.0リッターV型6気筒スーパーチャージドガソリン5.0リッターV型8気筒スーパーチャージド・ガソリン
排気量2.0L3.0L5.0L
最高出力300PS400PS575PS
最大トルク400Nm460Nm700Nm
トランスミッション8速AT8速AT8速AT
駆動方式FFAWDAWD
使用燃料ハイオクハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

*パワートレインは排気量ごとに最上位モデルのものを比較しています。

2018年モデルから新たに4気筒INGENIUMガソリンエンジンがラインナップに追加されました。
4気筒INGENIUMガソリンエンジンは2.0Lでありながら、最高出力は300PSにも達します。

最上位グレードである「F-TYPE SVR」には5.0LのV8スーパーチャージドガソリンエンジンが搭載され、最高出力は575PSにも及びます。
F-TYPE SVRはもはやスーパーカーと言っていいほどのスペックを持ち合わせています。

ジャガー新型F-TYPE(エフタイプ)の燃費

ジャガー新型F-TYPEの燃費については公式発表はまだありません。
新たに搭載された2.0Lのエンジンは低燃費であることが予想できます。

参考(2017年モデル JC08モード燃費
F-TYPE:9.6~9.8km/L
F-TYPE SVR :8.1km/L

ジャガー新型F-TYPE(エフタイプ)の新車車両価格

車 買取 値段

ジャガーF-TYPE COUPE

F-TYPE COUPE
F-TYPE COUPE794万~1,141万
F-TYPE R-DYNAMIC COUPE861万~1,208万
F-TYPE 400 SPORT COUPE1,291万~1,362万
F-TYPE R COUPE1,468万
F-TYPE SVR COUPE1,787万
[単位]円(消費税込み)

F-TYPE CONVERTIBLE

F-TYPE CONVERTIBLE
F-TYPE CONVERTIBLE959万~1,306万
F-TYPE R-DYNAMIC CONVERTIBLE1,026万~1,373万
F-TYPE 400 SPORT CONVERTIBLE1,456万~1,527万
F-TYPE R CONVERTIBLE1,633万
F-TYPE SVR CONVERTIBLE1,952万
[単位]円(消費税込み)

ジャガー新型F-TYPEは価格帯にかなりの差があります。

クーペモデルで比較するとエントリーモデルが794万円からであるのに対し、ハイパフォーマンスモデルである「F-TYPE SVR」は1,787万円から、とスーパーカー並みの価格となっています。

【おさらい】ジャガーF-TYPE(エフタイプ)とは

ジャガー F-TYPE 2017年モデル

ジャガー F-TYPE

ジャガー F-TYPEとはジャガーが2013年より発売している2シータースポーツカーです。
ジャガーは「毎日のライフシーンに応える実用性と洗練性を兼ね備えたスポーツカー」ということをコンセプトにしています。

2011年に開催されたフランクフルトモーターショーにて、コンセプトモデルが初公開されました。
最初はコンバーチブルモデルが発表され、その後クーペモデルが発表されました。

ジャガー F-TYPEはデザイン面において世界中で高評価を受けており、今までに数々の賞を獲得しています。

ジャガー新型F-TYPE(エフタイプ)に期待!

ジャガー新型F-TYPE

マイナーチェンジされた2018年モデルのジャガー新型F-TYPEについてご紹介してました。
新たに2.0Lの小排気量モデルが追加されたということで注目が集まっています。
ジャガー新型F-TYPEはどのような車に仕上がっているのでしょうか。

ジャガー新型F-TYPEに期待ですね!

ジャガーの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

MOBY編集部の車好き大学生。大学では自動運転について研究中。好きな車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。現在の愛車は18歳のころ20万円ほどで購入した9年落ちのキューブキュービック。日々自分で修理・カスタムしながら乗っています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!