初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【アストンマーチン 新型ヴァンテージ最新情報】価格やスペックからV8・V12など歴代モデルまで

2017年11月に実に13年ぶりのフルモデルチェンジを果たした、アストンマーチン 新型ヴァンテージ。新型ヴァンテージのデザイン、スペックや価格などの最新情報をお届けします。また、V8ヴァンテージ、V12ヴァンテージやヴァンテージロードスターなどの歴代モデルについても徹底解説していきます。

アストンマーチン ヴァンテージとはどんな車?

アストンマーチン新型ヴァンテージ

アストンマーチン ヴァンテージは、1977年に初代が登場した車です。
「ヴァンテージ」という名は、1951年に「アストンマーチン DB2」の高性能エンジン搭載バージョンにサブネームとして初めて使用されました。
「ヴァンテージ」の名前は、アストンマーチンの中核を構成するスポーツマインドを象徴するサラブレッド・スポーツカーに引き継がれています。

※「アストンマーティン」が正式名称ですが、本記事では便宜上「アストンマーチン」の表記となっています
※本記事ではアストンマーチン新型SUVについて「DBX」および「ヴァレカイ」どちらの表記も使用しています

アストンマーチン ヴァンテージの発売日

アストンマーチン ヴァンテージは、単独の車名として1977年に登場以来、40年間3代に渡り引き継がれてきました。

 初代  1977〜1989年
 2代目 1993〜1999年
 3代目 2005〜2017年

そして、4代目の新型ヴァンテージが2017年11月21日に発表され、2018年の第2四半期(4〜6月)に発売を予定しています。

新型ヴァンテージのコンセプト

新型ヴァンテージは「美しきものを飼いならすことはできない」という哲学を具現化しています。
先代は英国車らしい紳士的な控え目な印象でしたが、4代目ヴァンテージは獰猛でアグレッシブを特徴としています。
流線型のボディラインは、野生のハンターを表したデザインです。

新型ヴァンテージの特徴

新型ヴァンテージは、先代から大きく変革した新時代のヴァンテージ として以下の特徴を備えています。

・新しいスタイリングながらもアストンマーチンと認識されるエクステリア
・AMG製4.0L V8ツインターボと、ZF製8速ATを搭載
・最高速度:314km/h、0~60mph(約97km/h)加速:3.5秒
・アストンマーチン初のEデフ(エレクトロニック・リア・ディファレンシャル)を採用
・理想的な前後重量配分(50:50)を実現

【アストンマーチン新型ヴァンテージ】エクステリアデザイン(外装)

アストンマーチン新型ヴァンテージ 「カラー:ライムエッセンス」

アストンマーチン新型ヴァンテージ 「カラー:ライムエッセンス」

アストンマーチン新型ヴァンテージ 「カラー:ライムエッセンス」

アストンマーチン新型ヴァンテージの外装デザインは、サーキット専用車ヴァルカンからインスピレーションを得て、肉食獣のようなフォルムが表現されています。

ヘッドライトとテールライトには、従来のアストンマーチンにはなかった新しいデザインを採用。スリムなLEDライトは美しい視覚的効果を生み出すとともに、アストンマーチンの新しいシグネチャーとして、新型ヴァンテージ独特の力強い個性を主張しています。

新型ヴァンテージは、どこから見ても従来のアストンマーチンとは異なる新時代のアストンマーチンを象徴する存在と言えます。

【アストンマーチン新型ヴァンテージ】インテリアデザイン(内装)

アストンマーチン新型ヴァンテージのインテリア

アストンマーチン新型ヴァンテージのインテリア

アストンマーチン新型ヴァンテージの内装は、新しいコンセプトに基づいて設計されました。ドライバー中心のコクピット感覚の新デザインは、優れた操作性だけでなく美しさが備わり、一目見てアストンマーチンと認識できる秀逸さがあります。

ドライビングにより集中できるようにシートポジションは低く設定され、サイドサポートで乗員の体がしっかりサポートされます。
また、容量350Lのトランクだけではなく、シート背後にも使い勝手の良い収納スペースを設けています。

次のページ

この記事の執筆者

猫田 久太郎この執筆者の詳細プロフィール

漫画「サーキットの狼」がきっかけとなり、1970年後半のスーパーカーブームに感化され未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化とデザインに魅了された車好きです。 簡単な修理・整備は自分で行うので車の記事だけでなく、DIYやカー用品についての記事も執筆して...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!